田村義進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田村義進(たむら よしのぶ、1950年11月20日- )は、日本の翻訳家。大阪府大阪市出身。日本推理作家協会会員。翻訳学校フェロー・アカデミー講師。

金沢大学法文学部中退。大学中退後、ヨーロッパ放浪の旅に出、帰国後の1975年に翻訳をはじめる。

主な訳書にサンダーズ「無垢の殺人」、ハートランド「裏切りのネットワーク」、バグリイ「爆走大陸」、マーフィ「探偵トレース・シリーズ」、カミンスキー「ツンドラの殺意」、エド・ゴーマン「夜がまた来る」、ウィリアム・D.ピーズ「冬の棘」「暗黒底流」など多数。

翻訳[編集]

  • ウォルター・ウェイジャー合衆国最後の日徳間書店 1977
  • マイケル・バー=ゾウハー『二度死んだ男』1978 ハヤカワ文庫
  • ダンカン・カイル『恐怖の揺籃』早川書房 1978
  • ウィリアム・マッキルヴァニー『夜を深く葬れ』レイドロウ警部シリーズ 早川書房 1979
  • コリン・フォーブス『アバランチ・エクスプレス』早川書房 1979 のち文庫 
  • ロバート・L・フィッシュ『密輸人ケックの華麗な手口』1980 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • マイケル・バー=ゾウハー『エニグマ奇襲指令』1980 (ハヤカワ文庫)
  • ダン・キャヴァナー『顔役を撃て 事件屋ダフィ』早川書房 1981
  • ブライアン・ディ・パーマ,キャンベル・ブラック『殺しのドレス』1981 (ハヤカワ文庫)
  • ダンカン・カイル『緑の地に眠れ』1981 (ハヤカワ文庫)
  • ロバート・L.フィッシュ編『あの手この手の犯罪』共訳 1982 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ローレンス・サンダーズ『欲望の殺人』1982 (ハヤカワ文庫)
  • ダン・キャヴァナー『愚か者の街 事件屋ダフィ』早川書房 1982
  • チャールズ・ウェッブ『エルシノーって誰?』1982 (ハヤカワ文庫)
  • ダンカン・カイル『謀殺ポイントへ飛べ』1983 (ハヤカワ文庫)
  • デイヴィッド・ビショフ『ウォー・ゲーム』1983 (ハヤカワ文庫)
  • アイザック・アシモフ他編『ミニ・ミステリ100 中』1983 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ローレンス・サンダーズ『無垢の殺人』1983 (ハヤカワ文庫)
  • デレク・ランバート『シャトル亡命軌道』1984 (ハヤカワ文庫)
  • ショーン・フラナリー『裏切りのネットワーク』1985 (ハヤカワ文庫)
  • ウォーレン・マーフィー『二日酔いのバラード』1985 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • マイケル・ハートランド『スパイは黄昏に帰る』1985 (ハヤカワ文庫)
  • ダン・ブレナン『三たび敵地へ』1986 徳間文庫
  • ウォーレン・マーフィー『伯爵夫人のジルバ』1986 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ウォーレン・マーフィー『仮面のディスコテーク』1986 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • デズモンド・バグリイ『爆走大陸』1986 (ハヤカワ文庫)
  • ウォーレン・マーフィー『豚は太るか死ぬしかない』1987 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ブライアン・フォーブス『エンドレス・ゲーム』1987 サンケイ文庫
  • トニー・フェンリー『おかしな奴が多すぎる』1988 扶桑社ミステリー
  • ウォーレン・マーフィー『のら犬は一生懸命』1988 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • マイケル・キリアン『大統領狙撃さる』1988 二見文庫
  • パーネル・ホール『探偵になりたい』1989 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ロバート・クレイス『モンキーズ・レインコート』1989 新潮文庫
  • ウォーレン・マーフィー『チコの探偵物語』1989 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • スチュアート・M・カミンスキー「ロストニコフ捜査官シリーズ」新潮文庫
『ツンドラの殺意』 1990
『反逆者に死を』1990
  • ウォーレン・マーフィー『愚か者のララバイ』1990 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • トマス・パーマー『世界の終わりのサイエンス』早川書房 1992
  • ウィリアム・D.ピーズ『密告遊戯』1992 文春文庫
  • マーク・ジョーゼフ『タイフーン謀叛海域』1992 (文春文庫)
  • ロバート・クレイス『追いつめられた天使』1992 (新潮文庫)
  • エド・ゴーマン『夜がまた来る』1992 創元推理文庫
  • エリザベス・ピーターズ『裸でご免あそばせ』1993 (徳間文庫)
  • カルヴィン・トリリン『アメリカン・ストーリーズ』早川書房 1993
  • マックス・アラン・コリンズマーヴェリック』1994 (新潮文庫)
  • ウィリアム・D.ピーズ『冬の棘』1994 (文春文庫)
  • ウィルバー・スミス『アフリカの牙』1995 福武文庫
  • カルヴィン・トリリン『惜別』早川書房 1995
  • P.バルソッシーニ『ミッション・インポッシブル』1996 (徳間文庫)
  • ウィリアム・ディール『真実の行方』1996 (福武文庫)
  • ローレンス・サンダーズ『怒りの殺人 第四の大罪』1996 (ハヤカワ文庫)
  • ジェイムズ・エルロイ『ハリウッド・ノクターン』文芸春秋 1997 のち文庫 
  • ビル・フィッチュー『優しい殺し屋』徳間書店 1997
  • ジェイムズ・エルロイ『アメリカン・タブロイド』文藝春秋 1998 のち文庫 
  • エド・ディー『アイリッシュの誇り』1999 (創元推理文庫)
  • リチャード・ノース・パタースン『サイレント・スクリーン』1999 (扶桑社ミステリー)
  • ウィリアム・D.ピーズ『暗黒底流』1999 (文春文庫)
  • ロバート・ウィルスン『リスボンの小さな死』2000 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ロス・キング『謎の蔵書票』早川書房 2000
  • フィリップ・マクドナルド『迷路』早川書房 2000
  • ジェイムズ・エルロイ『クライム・ウェイヴ』文藝春秋 2000 のち文庫 
  • ロバート・L・フィッシュ『シュロック・ホームズの迷推理』深町眞理子ほか共訳 光文社文庫 英米短編ミステリー名人選集 2000
  • ケント・ハリントン『死者の日』扶桑社 2001
  • ジェイムズ・エルロイ『アメリカン・デス・トリップ』文藝春秋 2001 のち文庫 
  • ウィリアム・パウンドストーン『大秘密 噂・都市伝説・憶測の真相あばきます』2001 (ハヤカワ文庫
  • ピーター・タスカ『カミの震撼する日 2005年の日中米大衝突』講談社インターナショナル 2002
  • ウィリアム・パウンドストーン『大暴露 あの超有名人・企業が闇に葬りたかったすべて』伊藤文英共訳 2002 (ハヤカワ文庫
  • ウィリアム・パウンドストーン『大疑惑 「部外者ご遠慮ください」の内幕、すべてあばきます』伊藤文英共訳 2002 (ハヤカワ文庫
  • ロバート・ウィルスン『スパイは異邦に眠る』2003 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • エリザベス・ピーターズ『ベストセラー「殺人」事件』2003 (扶桑社ミステリー)
  • アラン・グリン『ブレイン・ドラッグ』2004 (文春文庫)
  • デイヴィッド・フルマー『快楽通りの悪魔』2004 (新潮文庫)
  • カール・ハイアセン『ロックンロール・ウイドー』2004 (文春文庫)
  • ロバート・ウィルスン『セビーリャの冷たい目』2005 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • アイザック・アシモフ他編『ミニ・ミステリ100』山本俊子,佐々田雅子共訳 2005 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ネルソン・デミル,オットー・ペンズラー編『ベスト・アメリカン・ミステリ スネーク・アイズ』共訳 早川書房 2005
  • ジェス・ウォルター『市民ヴィンス』2006 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • ジェイムズ・エルロイ『獣どもの街』2006 (文春文庫)
  • ピーター・タスカ『ハゲタカの饗宴』講談社インターナショナル 2006
  • エリック・エイブラハムソン,デイヴィッド・H.フリードマン『だらしない人ほどうまくいく』青木千鶴共訳 文藝春秋 2007
  • ロバート・ウォード『四つの雨』2007 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • カール・ハイアセン『復讐はお好き?』2007 (文春文庫)
  • アガサ・クリスティー『メソポタミヤの殺人』早川書房 クリスティー・ジュニア・ミステリ 2008
  • ジェイムズ・リーズナー『聞いてないとは言わせない』2008 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • カール・ハイアセン『迷惑なんだけど?』2009 (文春文庫)
  • ジョシュア・クーパー・ラモ『不連続変化の時代 想定外危機への適応戦略』講談社インターナショナル 2009
  • スコット・プラット『最終弁護』2009 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • マーティン・クラーク『州検事』2010 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • アガサ・クリスティー『ゴルフ場殺人事件』2011 (ハヤカワ文庫)
  • ジェイムズ・エルロイ『アンダーワールドUSA』文藝春秋 2011
  • マシュー・クワーク『The 500』早川書房 2012
  • アンドリュー・レーンヤング・シャーロック・ホームズ静山社 2012
vol.1 (死の煙) 2012
vol.2 (赤い吸血ヒル) 2012
vol.3 (雪の罠) 2013
  • スティーヴン・キング『書くことについて』2013 小学館文庫
  • ハンク・スタインバーグ『アウト・オブ・レンジ 射程外』2013 (ハヤカワ文庫)
  • カール・ハイアセン『これ誘拐だよね?』2014 (文春文庫)
  • サム・ドライデン『闇を駆けた少女』サム・ドライデンシリーズ 1 2014 (小学館文庫)
  • ミック・ヘロン『死んだライオン』2016 ハヤカワ文庫
  • ヘレン・ギルトロウ『謀略監獄』文藝春秋 2016

出典[編集]

  • 日外アソシエーツ現代人物情報
  • 下記インタビュー

外部リンク[編集]