杉の柩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
杉の柩
Sad Cypress
著者 アガサ・クリスティー
訳者 恩地三保子
発行日 イギリスの旗1940年3月
日本の旗1976年8月31日
発行元 イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 そして誰もいなくなった
次作 愛国殺人
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

杉の柩』(原題:Sad Cypress)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティ1940年に発表したエルキュール・ポアロシリーズの長編推理小説

作者作品で唯一の法廷ものである。

あらすじ[編集]

メアリイがモルヒネ中毒で死亡する原因となったサンドウィッチを作ったエリノアは殺人容疑で起訴される。彼女の婚約者ロディーがメアリイに心変わりし婚約を破棄した点が強力な動機と判断され、陪審におけるあらゆる状況が彼女に不利な中、ポアロが真相究明に動き出す。

主な登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ - 私立探偵
  • ローラ・ウエルマン - 金持ちの未亡人
  • エリノア・キャサリーン・カーライル - ローラの姪
  • ロディー・ウェルマン - エリノアの婚約者
  • メアリイ・ジェラード - ウェルマン家の門番の娘
  • エマ・ビショップ - ウェルマン家の召使頭
  • ピーター・ロード - 医師。ポアロに事件解決を依頼
  • アイリーン・オブライエン - 看護婦
  • ジェシー・ホプキンズ - 看護婦
  • テッド・ビグランド - メアリイに想いをよせている青年
  • エドウィン・ブルマー卿 - 弁護士。エリノアの弁護を担当
  • サミュエル・アテンブリイ卿 - 検事。エリノアの起訴を担当

日本語訳[編集]

本作品は早川書房の日本語翻訳権独占作品である。

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
杉の柩 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-11 恩地三保子 ポアロ・シリーズ作品リスト 真鍋博 1976年8月31日 329 4-15-070011-7 絶版
杉の柩 早川書房 クリスティー文庫18 恩地三保子 「図書館の天使」 山野辺若 Hayakawa Design 402 4-15-130018-X

映像化[編集]

TV作品

ラジオドラマ