アポモルヒネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アポモルヒネ
Apomorphine.png
Apomorphine 3d.gif
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • C
法的規制
  • JP: 劇薬、処方箋医薬品
  • (Prescription only)
投与方法 経口, 皮下
薬物動態データ
生物学的利用能 100% 皮下注射
血漿タンパク結合 ~50%
代謝 Hepatic
半減期 40 分(30-60分の間)
識別
CAS番号
41372-20-7
ATCコード G04BE07 (WHO) N04BC07 (WHO)
PubChem CID: 6005
IUPHAR/BPS 33
DrugBank APRD00531
ChemSpider 5783 チェック
UNII F39049Y068 チェック
KEGG D07460  チェック
化学的データ
化学式 C17H17NO2
分子量 267.322 g/mol

アポモルヒネ(英:apomorphine)とはイソキノリンアルカロイドの一つ。モルヒネから水1分子を取り除くことにより作られる。麻薬には指定されていない。ドーパミン受容体D1D2のアゴニストで、塩酸アポモルヒネ水和物としてパーキンソン病の治療に用いられる。 製品名は「アポカイン皮下注30mg」(協和発酵キリン製造販売)。化学受容器引き金帯 (CTZ) のに作用して嘔吐中枢を刺激することにより嘔吐を引き起こす。CAS登録番号は [41372-20-7]。嘔吐作用はイヌで感受性が高く、ネコでは低い。

適応症[編集]

パーキンソン病におけるオフ症状の改善(レボドパ含有製剤の頻回投与及び他の抗パーキンソン病薬の増量等を行っても十分に効果が得られない場合)

薬理[編集]

ドパミンD1様及びD2様受容体作動薬であり、線条体においてD1/D2受容体を刺激することによりパーキンソン病における運動機能障害を改善させる。 

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104
  • 吐山豊秋著 『新編家畜薬理学 改訂版』 養賢堂 1994年 ISBN 4842594047
  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018

関連項目[編集]