エッジウェア卿の死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エッジウェア卿の死
Lord Edgware Dies
著者 アガサ・クリスティー
訳者 福島正実 厚木淳
発行日 イギリスの旗1933年
日本の旗
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 火曜クラブ
次作 オリエント急行の殺人
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

エッジウェア卿の死』(原題:Lord Edgware Dies)は、1933年に発表されたイギリス小説家アガサ・クリスティの長編推理小説で、探偵エルキュール・ポアロが登場する、「エルキュール・ポアロ・シリーズ」の作品のひとつである。

あらすじ[編集]

元人気女優で現エッジウェア卿夫人である、ジェーン・ウィルキンスンから離婚を拒む夫を説得してくれと依頼されたポアロはエッジウェア卿を訪ねるが、彼は6か月前既に離婚に同意する旨を手紙で夫人に伝えたと供述する。その後、卿が他殺体で発見され、事件当日現場で目撃されたジェーンが有力な容疑者とされるが、彼女には離れた場所で行われていたパーティーへ出席していたというアリバイがあった。

登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ - 私立探偵
  • アーサー・ヘイスティングズ - ポアロの友人
  • ジェーン・ウィルキンスン - 元女優
  • エッジウェア卿 - ジェーンの夫
  • カーロッタ・アダムズ - 女優
  • ルシー・アダムズ - カーロッタの妹
  • ブライアン・マーティン - 映画俳優
  • ロナルド・マーシュ - エッジウェア卿の甥
  • ジェラルディン・マーシュ - エッジウェア卿の先妻の娘
  • キャロル - エッジウェア卿の秘書
  • ジェニー・ドライヴァー - カーロッタの友人
  • ドナルド・ロス - パーティにいた男
  • マートン侯爵 - 若い貴族
  • マートン侯爵夫人 - 侯爵の母
  • エリス - ジェーンの召使
  • アルトン - エッジウェア卿の使用人
  • ジャップ - 警部

出版[編集]

日本語訳は、他に『E男爵の死』の題名での出版もある。

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
エッジウェア卿の死 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-50 福島正実 アガサ・クリスティー
長篇著作リスト
真鍋博 1979年7月31日 339 4-15-070050-8 絶版
エッジウェア卿殺人事件 新潮社 新潮文庫 蕗沢忠枝 解説 蕗沢忠枝 1990年4月 401 4-10-213517-0 絶版
エッジウェア卿の死 早川書房 クリスティー文庫7 福島正実 「『エッジウェア卿の死』配役」
高橋葉介
Hayakawa Design 2004年7月15日 455 4-15-130007-3
晩餐会の13人 東京創元社 創元推理文庫 厚木淳 装画:ひらいたかこ
装幀:小倉敏夫
1975年7月11日 354 4-488-10523-5

映像化[編集]

ラジオドラマ

映画作品

  • Lord Edgware Dies(ロシア 1934年

TV作品

  • Thirteen at Dinner(アメリカ 1985年
  • 名探偵ポワロ「Lord Edgware Dies(邦題 エッジウェア卿の死)」(イギリス 2000年
  • Les Petits Meurtres d'Agatha Christie(フランス 2012年