松本恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松本 恵子(まつもと けいこ、1891年1月8日 - 1976年11月7日)は、日本の翻訳家推理作家エッセイスト。「中野圭介」の筆名でもミステリを発表している。

父は北海道庁初代水産課長の伊藤一隆。推理作家・翻訳家松本泰の妻。

来歴[編集]

北海道函館市(一部文献では札幌市[1][2])に生まれ、東京直江津(現在の新潟県上越市)で育つ[3]。直江津への移住は、父・伊藤一隆が、当時直江津で石油事業を手がけていたエドウィン・ダンの招聘を受諾して、一家で移り住んだためである[4]青山女学院英文専門科を卒業。ロンドンに日本語の家庭教師として赴任し、松本泰(本名は松本泰三)と知り合い、1918年結婚[5]。翌1919年に帰国し、夫婦で東京・谷戸で貸家業を始め、傍ら夫が刊行した『秘密探偵雑誌』に翻訳や小説を発表。1928年には、同棲中の小林秀雄長谷川泰子の大家でもあった。この家の向かいに田河水泡が住んでいたことから小林の妹の潤子との仲を取り持ち、夫婦で二人の仲人を務めた[6]。1939年に夫と死別後中国に渡り、北京キリスト教婦人団体施設「愛隣館」の事業を助ける。終戦後帰国し、横浜で翻訳に従事。また、一時桜美林大学でも教鞭を取った。

若草物語』など数多くの児童文学や、アガサ・クリスティなどの英米ミステリの翻訳書がある。1974年、第16回日本児童文芸家協会児童文化功労賞を受賞[7]。1976年11月7日死去。墓所は青山霊園にある。

創作活動[編集]

結婚前から、「伊藤恵子」名義で『開拓者』や『六合雑誌』などのキリスト教主義雑誌に「咲子」(『六合雑誌』1915年2月号)などの小説や翻訳を発表しており、ロンドン時代に『三田文学』に創作「ロンドンの一隅で」(高野恵名義)を寄稿、帰国後、同誌に「故国を離れて」「泣きおどり」、研究評論「ダンテ・ガブリエル・ロゼチ」などを寄稿している[8]

夫の主催する『秘密探偵雑誌』の第1巻第4号(1923年8月号)に、「中野圭介」名義で初の創作探偵小説「皮剥獄門」を発表、日本の女性探偵小説家の草分けの一人となる[9][10]。中野圭介名義で発表された探偵小説の創作には、このほか「真珠の首飾り」(『探偵文芸』第1巻第2号=1925年4月号)、「白い手」(同誌第1巻第3号=同年5月号)、「万年筆の由来」(同誌第1巻第9号=同年11月号)があり、その後は松本恵子名義で「手」(『サンデー毎日』第6年第2号=1927年1月2日号)などを発表している[11]。また、長谷川時雨の主催した『女人芸術』にも参加し、創作や随筆、翻訳を発表したほか、座談会にも出席している[12]

作品[編集]

翻訳[編集]

小説[編集]

随筆[編集]

  • 「猫」(1962年)

脚注[編集]

  1. ^ 「日本人名大事典」(平凡社、1979年7月)
  2. ^ 松本恵子『猫』(講談社、1978年)。著者紹介より
  3. ^ 松本恵子「思い出の黒井村」(上):『季刊 直江の津』通巻30号(上越なおえつ信金倶楽部発行、平成20年6月)、15-17頁、同(下):『季刊 直江の津』通巻31号(上越なおえつ信金倶楽部発行、平成20年9月)、13‐17頁。
  4. ^ 『日本海沿いの町 直江津往還―文学と近代からみた頸城野―』(監修/頸城野郷土資料室、編集/直江津プロジェクト、発行/社会評論社、平成25年11月、ISBN 9784784517206)、146-152頁。
  5. ^ 横井 2004, p. 340.
  6. ^ 『長く生きてみてわかったこと』高見沢潤子、大和書房 (1998/12)
  7. ^ 横井 2004, p. 343.
  8. ^ 横井 2004, p. 341.
  9. ^ 横井 2004, pp. 340-341.
  10. ^ 日本の女性探偵小説家としては、1925年に初の創作を発表した小流智尼(一条栄子)、1934年から探偵小説の創作を始めた大倉燁子よりも早い。
  11. ^ 横井 2004, pp. 346-347.
  12. ^ 横井 2004, p. 342.

参考文献[編集]

  • 「松本惠子遺稿『豊平川』より」(『彷書月刊』1988年5月号 - 12月号)
  • 「日本人名大事典」(平凡社、1979年7月)
  • 横井司、「解題」 『松本恵子探偵小説選』 論創社〈論叢ミステリ叢書〉、2004年5月30日、339-350頁。ISBN 4-8460-0419-8 

外部リンク[編集]