マーティン・チャズルウィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーティン・チャズルウィット』(Martin Chuzzlewit)は、チャールズ・ディケンズの小説。1843年から1844年まで月刊連載されたディケンズ6作品目の長編小説。

あらすじ[編集]

利己心を鍵にマーティン・チャズルウィット青年の成長を描いた物語。途中、てこ入れの為マーティン青年はアメリカに旅立つこととなるが(これは作者自身のアメリカ旅行の経験から来ている)、それによって大きく成長する。

登場人物[編集]

マーティン・チャズルウィット (Martin Chuzzlewit, Senior)
チャズルウィット家の家長。
マーティン・チャズルウィット(青年) (Martin Chuzzlewit, the Younger)
マーティン老人の同名の孫。主人公
メアリー・グレアム (Mary Graham)
マーティン老人の付き添いをしている女性。マーティン青年の恋人。
セス・ペックスニフ (Seth Pecksniff)
建築家にして稀代の偽善者。実際に自分で設計した建物は一つもない。
トム・ピンチ (Tom Pinch)
ペックスニフの助手。
セアラ・ギャンプ (Mrs. Sarah Gamp)
看護婦助産婦。当時の実態をもとに創造されたこの人物は看護改革の一つのきっかけとなった。架空の友人「ハリス夫人」をなにかと引用する。
モンタギュー・ティッグ、 別名ティッグ・モンタギュー (Montague Tigg, alias Tigg Montague)
詐欺師で、「アングロ・ベンガル公正貸付生命保険会社」という架空会社を設立し、ペックスニフらから資金を騙し取る。

日本語訳[編集]

ドラマ化[編集]

1994年にイギリスでドラマ化され、日本でもDVDが発売されている。ペドロ・ジェームズ監督。

外部リンク[編集]

http://www.dickens.jp/archive/mc/mc-outline.html(ディケンズ・フェロウシップ日本支部による作品概要)