教会で死んだ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
教会で死んだ男
Sanctuary
著者 アガサ・クリスティー
発行日 イギリスの旗1951年1961年
日本の旗1982年早川書房
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

教会で死んだ男』(きょうかいでしんだおとこ、英題:Sanctuary)は、1982年(底本は1951年1961年)に早川書房より刊行されたアガサ・クリスティ推理小説の短編集、および収録されている短編のタイトル。全13編からなる。

基本的に、それぞれエルキュール・ポアロ(11編)、ミス・マープル(1編)を主人公とする推理小説であるが、「洋裁店の人形」だけは怪奇小説である。

底本と早川書房版[編集]

本作は1951年に刊行された『The Under Dog and Other Stories』(『「負け犬」ほか』)と、1961年に刊行された『Double Sin and Other Stories』(『「二重の罪」ほか』)を底本とする早川書房オリジナルの短編集である。拾遺集である『マン島の黄金』を除いて、早川より出版された最後のクリスティ短編集であり、既に出版済みの短編集収録作品との重複を避けるため、底本と比較して以下の作品が収録されなかった。

  • The Under Dog and Other Stories
  • Double Sin and Other Stories
    • 「クリスマス・プディングの冒険」 (ここでは "The Theft of the Royal Ruby" という別題、『クリスマス・プディングの冒険』に収録)
    • 「グリーンショウ氏の阿房宮」 (『クリスマス・プディングの冒険』に収録)
    • 「最後の降霊会」 (『死の猟犬』に収録)

早川書房版としては最終の短編集となっているが、収録作品の発表自体は1920年代のものが多く、英版では『Poirot's Early Cases』(ポアロ初期の事件簿)として取りまとめられた初期のポアロシリーズ短編集との重複も多い。特に『ビッグ4』(1927年刊行)や『ヘラクレスの冒険』(1947年刊行)にも主要人物として登場するヴェラ・ロサコフ伯爵夫人の初登場作である「二重の手がかり」は1923年発表である。

他作品との関係[編集]

収録されたいくつかの話の中には、ほぼ同一プロットの別作品が存在する。

  • 潜水艦の設計図 - 短編「謎の盗難事件」(短編集『死人の鏡』収録)
  • プリマス行き急行列車 - 長編『青列車の秘密

また、「マーケット・ペイジングの怪事件」は短編「厩舎街の殺人」(短編集『死人の鏡』収録)と非常によく似ている。

先述のように、早川書房版では出版順序が逆転しているため、本作に収録されている方が初期作である。

収録作品[編集]

戦勝記念舞踏会事件 The Affair at the Victory Ball (1923年)
ポアロもの。戦勝記念舞踏会の最中、参加者の男の刺殺死体が見つかる。その翌朝、舞踏会を途中退席した彼の婚約者も薬物中毒で死亡しているのが発見された。パーティ参加者によると当夜2人は何故か喧嘩していたと言う。動機やアリバイ、2つの事件の関連性など、迷宮化しそうな事件にジャップ刑事はポアロに捜査を依頼した。
潜水艦の設計図 The Submarine Plans (1923年)
ポアロもの。夜遅く、ポアロに国防省から依頼の手紙が届く。急行すると、次期首相とも目される大臣から直々に数時間前に盗まれた最新鋭潜水艦の設計図の捜査を頼まれた。
クラブのキング The King of Clubs (1923年)
ポアロもの。一家でブリッジをやっている居間に突然、血だらけの女優が飛び込んできて気絶した。女優の話を聞くと、自分はある男の家を尋ねたが、彼は殺されており、自身も何者かに襲われ、何とか逃げたという。女優と懇意の仲の伯爵はポアロに事件の捜査を依頼する。
マーケット・ベイジングの怪事件 The Market Basing Mystery (1923年)
ポアロもの。お手伝いの女性と2人暮らしの独身男が自殺した。しかし、自殺にしては怪しい点が多すぎる。最近住み込み始めたパーカー夫妻も怪しい。自殺に見せかけた他殺の可能性も指摘される中、偶然居合わせたポアロが捜査を始める。
二重の手がかり The Double Clue (1923年)
ポアロもの。金庫からルビーが盗まれ、現場には犯人の遺留品と見られるイニシャルが書かれたシガーレットケースと秘書の手袋が残っていた。しかし、容疑者のパーティ参加者たちの中で遺留品に該当する者は動機が薄い。
呪われた相続人 The Lemesurier Inheritance (1923年)
ポアロもの。先祖の殺人によって代々、長男は短命で家を相続できないと云う曰く付きの一族がある。このことを話してくれたヘイスティングの友人(当時の当主の長男)も相続直前に亡くなった。それから数年後、現当主はその友人の叔父だったが、彼の幼い長男が3度死にかける。我が子が心配になった夫人は、ポアロに捜査を依頼する。
コーンウォールの毒殺事件 The Cornish Mystery (1923年)
ポアロもの。ポアロの下に夫に毒を盛られているらしいから調査して欲しいという夫人がやってくる。依頼を承諾し、後日、家を訪ねると夫人は30分前に死亡したと言う。検視を担当した医者は死因は胃炎と述べるが、信じないポアロは独自に捜査を始める。
プリマス行き急行列車 The Plymouth Express (1923年)
ポアロもの。プリマス行き急行列車の一等席、座席下から女性の死体が見つかる。彼女が身に着けていた高価な装飾品が無くなっていることから、強盗殺人に見えたが、下女の証言や殺人の動機を持つ者たちが列車に居合わせたことなど怪しい点が多かった。
料理人の失踪 The Adventure of the Clapham Cook (1923年)
ポアロもの。興味を引く事件がなく憂鬱気味だったポアロの下に、いなくなったうちの料理人を探してくれという依頼人が現れる。しぶしぶ承諾するポアロだったが、捜査を進めるうちに興味を引かれるようになる。
二重の罪 Double Sin (1928)
ポアロもの。ヘイスティングが気分転換にバス旅行を提案する。そのバスに居合わせた若い女性は、古美術商のおばの手伝いで高価な絵を売りに行くところだと言う。その後、ホテルに宿泊していたポアロの下に彼女が現れ絵が盗まれたと述べる。
スズメ蜂の巣 Wasps' Nest (1928)
ポアロもの。ある男の家に突然、知り合いのポアロが訪問してくる。ポアロはこれから行われる殺人を予防すると述べ、男が庭のスズメバチの巣を駆除するという話を聞くと、その仕事を依頼した青年に注意をしろと言って去っていく。
洋裁店の人形 The Dressmaker's Doll
洋裁店に身に覚えのない不気味な人形が現れた。誰かが動かしたわけではないのに気付くと勝手に動いている。
教会で死んだ男 Sanctuary (1954)
マープルもの。牧師の妻ハーモン夫人は教会で銃傷を受けた瀕死の男と出会う。男は「サンクチュアリ・・・」と言い残してそのまま息を引き取った。やがて、彼の親族を名乗る夫婦が現れ遺体を引き取りにくるが、怪しいものを感じたハーモンは、遺体の背広に縫い込んであった荷札の預り証のことは話さず、渡さなかった。そして、自身の名付け親であるマープルの下へ相談に行く。