愛の探偵たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

愛の探偵たち』(あいのたんていたち、英題:The Love Detectives)は、1980年(底本は1950年)に早川書房より刊行されたアガサ・クリスティ推理小説の中短編集および、収録されている短編のタイトル。中編「三匹の盲目のねずみ」以下、7つの短編、計8編からなる。

「三匹の盲目のねずみ」以外は、エルキュール・ポアロが2編、ミス・マープルが4編、ハーリ・クィンが1編という構成である。

底本と早川書房版[編集]

本作は1950年に刊行された短編集『Three Blind Mice and Other Stories』(「三匹の盲目のねずみ」ほか)を底本とする早川書房オリジナルの短編集である。本作は表題作が「三匹の盲目のねずみ」から「愛の探偵たち」へと変更されている他に、収録作品から「Four and Twenty Blackbirds」(二十四羽の黒つぐみ)が外されている。「二十四羽の黒つぐみ」は、早川書房では短編集『クリスマス・プディングの冒険』に収録されている。

三匹の盲目のねずみ[編集]

底本のタイトルからもわかるように、本作は中編「三匹の盲目のねずみ」が本来は表題作の短編集である。「三匹の盲目のねずみ」は、もともと1947年にクリスティが執筆したラジオドラマ「ねずみとり」(The Mousetrap)であり、これを小説化したものである(後に戯曲として再脚色している)。そのため、底本の米題は "Three Blind Mice" ではなく、そのまま "The Mousetrap" が用いられている。

この「ねずみとり」は、世界で最も長い連続上演をしている演劇である。

収録作品[編集]

( )内は、発表された年

三匹の盲目のねずみ(さんびきのもうもくのねずみ) - Three Blind Mice (1948年)
雪に閉ざされた山荘で連続殺人が起こる。詳細は『ねずみとり』を参照。
奇妙な冗談(きみょうなじょうだん) - Strange Jest (1944年)
マープルもの。あるカップルが大おじの隠し財産を探すも見つからない。友人の女優ジェーンは、彼らにマープルを紹介する。
昔ながらの殺人事件(むかしながらのさつじんじけん) - Tape-Measure Murder (1942年)
マープルもの。セント・メアリ・ミード村で殺人事件が発生。被害者の夫スペンローはマープルに電話で呼ばれたとしてアリバイを訴えるが、彼女に身に覚えは無い。警察はスペンローを疑っているが、彼を気に入っているマープルは事件の真相を調べ始める。
申し分のないメイド(もうしぶんのない-) - The Case of the Perfect Maid (1942年)
マープルもの。マープルの小間使いが彼女にいとこのメイドのことで相談する。そのいとこは、奉公先で宝石を盗んだと疑われて暇を出され、さらにその悪い評判によって新しい奉公先が見つからないという。さっそくマープルは手助けに出るが、元の奉公先では申し分のないメイドを雇っていた。
管理人事件(かんりにんじけん) - The Case of the Caretaker (1942年)
マープルもの。ヘイドック医師は、精神的にふさぎ込んでいるマープルへの処方箋として自身が書いたという小説を読ませる。それは、ある古い館に嫁いだ資産家の娘が、管理人の老婆の執拗な嫌がらせによって最終的に落馬、死亡して終わるという物だった。
後に似たようなプロットの非シリーズ長編『終わりなき夜に生れつく』が執筆されている。
四階のフラット(よんかい-) - The Third-Floor Flat (1929年)
ポアロもの。鍵を忘れて部屋に入れなくなった若者たちは、石炭用リフトで侵入を試みる。しかし、間違えた部屋に入り、しかもそこで女性の死体を発見する。
ジョニー・ウェイバリーの冒険(-ぼうけん) - The Adventure of Johnnie Waverly (1928年)
ポアロもの。英国でも有数の貴族の下に金を払わなければ息子を誘拐するという手紙が届く。いたずらと思い取り合わなかったが、日時まで指定された手紙の予告通りに誘拐事件が発生する。両親に助けを求められたポアロは、ヘイスティングズと奇妙な誘拐事件の解決にあたる。
愛の探偵たち(あいのたんていたち) - The Love Detectives (1926年)
クィンもの。サタースウェイトは友人の郡警察本部長の家にいると殺人事件の報告が入り、共に現場へ向かう。犯人の見当がまったく付かない帰り道、彼が乗った車は軽い衝突事故を起こす。その相手はクィン氏だった。さっそく、サタースウェイトは、クィンに事件について話す。