バートラム・ホテルにて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バートラム・ホテルにて』(原題:At Bertram's Hotel)は1965年に刊行されたアガサ・クリスティの推理小説。

あらすじ[編集]

ロンドンにあるバートラムホテル。エドワード王朝時代のしつらえを残した歴史あるホテルであった。甥レイモンド・ウエストとその妻ジョーンの計らいでこのホテルに滞在していたミス・マープル。このホテルで常連客の牧師が行方不明になり、ある霧の日殺人事件が起こる。ミス・マープルが事件解決に乗り出した。

登場人物[編集]

ジェーン・マープル
探偵好きな独身の老婦人。
エルヴェイラ・ブレイク
若い娘
デリク・ラスコム
エルヴェイラの後見人
ペニファザー
牧師
ベス・セジウィック
女流冒険家
ラジスロース・マリノスキー
ハンフリーズ
ホテルの支配人
ミス・ゴーリンジ
マイケル・ゴーマン
ヘンリー
ローズ・シェルドン
リチャード・エジャトン
フレッド・デイビー
キャンブル

日本語訳[編集]

本作品は早川書房の日本語翻訳権独占作品である。

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
バートラム・ホテルにて 早川書房 クリスティー文庫 乾信一郎 解説 佳多山大地 2004年7月15日 414 4151300449


脚注[編集]

[ヘルプ]