凰稀かなめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おうき かなめ
凰稀 かなめ
本名 池口 梨花(いけぐち りか)
生年月日 (1982-09-04) 1982年9月4日(35歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
身長 173cm
血液型 A型
職業 舞台女優
活動期間 2000年 -
活動内容 2000年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2009年星組に異動
2011年宙組に異動
2012年:宙組トップスター就任
2015年:宝塚歌劇団退団
同年:芸能活動開始
公式サイト https://kaname-ouki.jp/
主な作品
宝塚歌劇
太王四神記 Ver.II
ロミオとジュリエット
銀河英雄伝説@TAKARAZUKA
ベルサイユのばら-オスカル編-

凰稀 かなめ(おうき かなめ、1982年9月4日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップスター。

神奈川県川崎市出身。身長173cm、血液型A型。愛称は「かなめ」「りか」

来歴[編集]

1998年宝塚音楽学校入学。入団時の成績は20番[1]86期生

2000年宝塚歌劇団入団。花組公演『源氏物語 あさきゆめみし』で初舞台。同年雪組に配属される。

2001年、『猛き黄金の国』新人公演で若手スター音月桂の役に抜擢される。

2002年山科愛とともにTAKARAZUKA SKY STAGE第1期スカイ・フェアリーズを務める。

2005年、『霧のミラノ』で新人公演初主演。

2006年、『Young Bloods! -魔夏の吹雪-』でバウホール公演初主演。

2007年の『エリザベート』では、ルドルフを演じる。同年夏には、世界陸上大阪大会開会式にあわせて結成されたユニット・AQUA5のメンバーにも選ばれた。

2009年4月14日付で、星組へ組替え。新トップである柚希礼音に次ぐ2番手に昇格。6月初め、稽古中に左足小指を骨折しAQUA5のコンサートを休演。同月の『太王四神記 Ver.II』宝塚大劇場公演には回復し出演している。

2010年には、テレビ朝日とのコラボレーションで発売された『le sac des TAKARASIENNES(ル サック デ タカラジェンヌ)』のプロデュースメンバーに選ばれた。

2011年2月25日付で、宙組へ組替え。蘭寿とむ花組異動により、引き続き2番手で活躍。

2012年7月2日付で、大空祐飛の退団により、宙組トップスターに就任。相手役には花組から実咲凜音を迎える。お披露目公演は『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』。

2015年2月15日、『白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-』/『PHOENIX 宝塚!! -蘇る愛-』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

同年、公式サイトを開設し芸能活動開始。

2016年、ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』のマリー・アントワネット役で、舞台復帰。

2017年、ミュージカル『花・虞美人』で宝塚歌劇団退団後、舞台初主演[2]

人物[編集]

習い事はしていなかったが、歌も芝居も好きな学生時代を過ごし、将来はモデルか俳優になろうと思っていた。

中学3年生の時にテレビで宝塚を知り、初めて舞台を見た後、すぐに東京アートスクール[3]に通い一発で宝塚音楽学校に合格した。

愛称「てる」は、GLAYTERUに似ていることから貴城けいが名付けた。

宝塚歌劇団の同期には緒月遠麻星条海斗陽月華(元宙組トップ娘役)、和涼華城咲あいらがいる。

主な出演[編集]

舞台[編集]

宝塚歌劇団・雪組時代[編集]

  • 2001年2月 - 6月、『猛き黄金の国/パッサージュ』新人公演:川上音二郎(本役:音月桂
  • 2002年4月、日生劇場風と共に去りぬ』ブレント
  • 2002年5月 - 9月、『追憶のバルセロナ/ON THE 5th』新人公演:フェイホオ(本役:音月桂)
  • 2002年10月 - 11月、バウホール『ホップ・スコッチ』ディック・スロリー
  • 2003年1月 - 5月、『春麗の淡き光に/Joyful!!』新人公演:源頼信(本役:壮一帆
  • 2003年3月、バウホール公演ワークショップ『春ふたたび』三郎次
  • 2003年6月 - 7月、バウホール『アメリカン・パイ』ネイズ
  • 2003年10月、新神戸オリエンタル・日本青年館 樹里咲穂コンサート『JUBILEE-S』テリー
  • 2003年8月 - 12月、『Romance de Paris/レ・コラージュ』イブラヒム、新人公演:ムシャヒド・ナセル(本役:貴城けい
  • 2004年1月 - 2月、中日劇場『Romance de Paris/レ・コラージュ』イブラヒム
  • 2004年4月 - 7月、『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』新人公演:月読(本役:壮一帆)
  • 2004年8月 - 9月、日本青年館・ドラマシティ『あの日見た夢に』ロッキー
  • 2004年11月 - 2005年2月、『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』チャン、新人公演:フィンセント・マクノートン(本役:朝海ひかる
  • 2005年4月 - 5月、バウホール公演ワークショップ『さすらいの果てに』エドウィン中尉
  • 2005年6月 - 10月、『霧のミラノ/ワンダーランド』オットー、新人公演:ロレンツォ・クローチェ(本役:朝海ひかる) *新人公演初主演
  • 2005年11月、全国ツアー『銀の狼/ワンダーランド』トランティニアン
  • 2006年2月 - 5月、『ベルサイユのばら』ラサール、新人公演:アンドレ(本役:貴城けい水夏希、他組よりの出演湖月わたる春野寿美礼瀬奈じゅん
  • 2006年7月、バウホール公演ワークショップ『YoungBloods!』ロバート三浦一彦 *バウWS初主演
  • 2006年9月 - 12月、『堕天使の涙/タランテラ!』サリエル、新人公演:ルシファー(本役:朝海ひかる) *新人公演主演
  • 2007年2月、中日劇場『星影の人/Joyfull!!II』桂小五郎
  • 2007年5月 - 8月、『エリザベートルドルフ
  • 2007年10月、ドラマシティ、日本青年館『シルバー・ローズ・クロニクル』クリストファー・クレム
  • 2008年1月 - 3月、『君を愛してる/ミロワール』アルセスト
  • 2008年5月 - 6月、バウホール公演ワークショップ『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅-』クライド・バロウ *バウWS主演
  • 2008年8月 - 11月、『ソロモンの指輪/マリポーサの花』ロジャー
  • 2009年1月、バウホール、日本青年館『忘れ雪』鳴海昌明
  • 2009年3月 - 4月、宝塚大劇場公演のみ『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア』オリバレス総督

宝塚歌劇団・星組時代[編集]

宝塚歌劇団・宙組時代[編集]

  • 2011年5月 - 8月、『美しき生涯/ルナロッサ』疾風
  • 2011年10月 - 12月、『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』レナード・デルーカ(レニー)
  • 2012年1月 - 2月、バウホール、日本青年館『ロバート・キャパ 魂の記憶』アンドレ・フリードマン(ロバート・キャパ) *バウ・青年館主演
  • 2012年4月 - 7月、『華やかなりし日々/クライマックス』アーサー・シェルドン

宝塚歌劇団・宙組トップ時代[編集]

宝塚歌劇団退団後[編集]


テレビドラマ[編集]

宝塚歌劇団所属時代
宝塚歌劇団退団後

ラジオ[編集]

宝塚歌劇団退団後
  • 凰稀かなめのLet’s TALK! 〜肝心KA・NA・MEのPhoenix〜(2017年4月5日 - 、FM-FUJI

ライブ・コンサート[編集]

  • 凰稀かなめコンサート『The Beginning』(2015年4月、EXシアター六本木
  • 凰稀かなめコンサート『The Beginning2』(2016年9月、EXシアター六本木)


ディスコグラフィー[編集]

参加作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日)p.112
  2. ^ a b “凰稀かなめ主演ミュージカル「花・虞美人」ユナクと清水良太郎が劉邦と項羽に”. ステージナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/stage/news/199191 2016年8月25日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。 

外部リンク[編集]