真崎義博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

真崎 義博(まさき よしひろ、1947年9月23日-)は、日本翻訳家

人物[編集]

1960年代後半、明治大学文学部英米文学科[1]在学中に「ボロディラン」の名でシンガーソングライターとして活動。1972年から翻訳家として活躍。

経歴[編集]

1947年東京都生まれ。1960年代、中学生の頃からジャズ喫茶に入り浸り、ジョン・コルトレーンを知る。

明治大学在学中、カレッジフォーク全盛の東京で、高田渡遠藤賢司南正人、金子章平(後に音楽プロデューサーとして活躍)らと東京で「アゴラ」という日本語のフォーク・ソングのチームに参加[2]1968年8月に京都で行われた第3回フォークキャンプに「ボロディラン」の変名で出演した。単独で「いやなおまえ」、「カラス」、金延幸子と「アリス」を歌い、その音源がレコード化、CD化されている[3]。この頃、中山ラビと出会っているとされる[4]

大学卒業後、1972年の「未開社会における性と抑圧」(B・マリノウスキー著、社会思想社)を皮切りに、同年「呪術ドン・ファンの教え」(カルロス・カスタネダ著、二見書房)を翻訳。音楽評論家のポール・ウィリアムズ「ニューヨーク・ブルース」(音楽之友社、1975年)なども翻訳した。

1978年から、ジョー・エスターハズの「フィスト」を手始めに、海外ミステリー作品の翻訳を手がけるようになった。訳書には、アガサ・クリスティー「ポアロ登場」 (ハヤカワ文庫)、デイヴィット・グーディス「ピアニストを撃て」(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)といった話題作もあり、ミステリー小説の翻訳家として定着しているだけでなく、ヘンリー・D・ソロー『森の生活』なども手がけている。

現在は、翻訳専門学校でゼミの指導者としても活躍している[5]

エピソード[編集]

訳書[編集]

  • マリノウスキー『未開社会における性と抑圧』阿部年晴共訳 社会思想社 1972
  • カルロス・カスタネダ『呪術ドン・ファンの教え ヤキ族の知』 二見書房、1972年)
  • カスタネダ『分離したリアリティー』二見書房 1973
  • カスタネダ『呪師に成る イクストランへの旅』二見書房 1974
  • ポール・ウィリアムズ『ニューヨーク・ブルース』(音楽之友社、1975年)
  • レイモンド・マンゴー『河の旅、森の生活』片岡義男共訳 1977 角川文庫
  • カスタネダ『呪術の彼方へ 力の第二の環』二見書房 1978
  • ジョー・エスターハス『フィスト』サンリオ 1978
  • スーザン・アイザックス『殺しのあとで愛を』サンリオ 1979
  • ジョン・D.マクドナルド『紺碧の嘆き』早川書房 1979 世界ミステリシリーズ
  • トマス・チャスティン『死の統計』(サンリオ、1979年)のち文庫、ハヤカワ文庫
  • E.M.コーダー『ディアハンター』(サンリオ、1979年)
  • ウィリアム・L.デアンドリア『視聴率の殺人』早川書房、1980 のち文庫
  • ジョゼフ・ハンセン『死はつぐないを求める』早川書房 1980 世界ミステリシリーズ
  • バーバラ・ウッド『マグダラの古文書』サンリオ 1980
  • イージーライダーズ誌編『あるチョッパーの死 イージーライダーズ傑作選』小林宏明共訳 二見書房 1981 サラ・ブックス
  • レナード・ワイズ『ギャンブラー』早川書房 1981
  • ジョナサン・ヴェイリン『シンシナティ・ブルース』早川書房 1981 私立探偵ハリイ・ストウナー
  • ヘンリー・D・ソロー『新訳・森の生活 ウォールデン』JICC出版局 1981 のち宝島社文庫
  • ローレンス・サンダーズ『汝殺すなかれ』早川書房 1981 のち文庫
  • ウィリアム・L.デアンドリア『ホッグ連続殺人』1981 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • レスリイ・ウォラー『リンゴを喰う虫』サンリオ 1981
  • カスタネダ『呪術と夢見 イーグルの贈り物』二見書房 1982
  • デアンドリア『殺人オン・エア』1983 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • エイヴリル・ダンクワース『ジャズの音楽的基礎入門』(音楽之友社、1983年)
  • ショーン・ケリー他『謎とき 埋蔵した財宝は君のものだ!』二見書房 1983 サラ・ブックス
  • デアンドリア『ピンク・エンジェル』1983 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ショーン・ケリーほか『妖精の宝箱 謎を解くのはあなただ』二見書房 1983 サラ・ブックス
  • マリ・シンクレア『L.A.でバッド・ラック』1984 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ダグラス・ヒル『黄金のサイボーグ 宇宙戦士キール・ランダー』1984 ポプラ社のSF冒険文庫
  • ダグラス・ヒル『恐怖の改造人間 宇宙戦士キール・ランダー』1984 ポプラ社のSF冒険文庫
  • デアンドリア『五時の稲妻』1984 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ダグラス・ヒル『なぞの宇宙基地 宇宙戦士キール・ランダー』1984 ポプラ社のSF冒険文庫
  • J.H.ブレナン『暗黒城の魔術師』二見書房 1985 サラ・ブックス アドベンチャー・ブック
  • カスタネダ『意識への回帰 内からの炎』二見書房 1985
  • ダグラス・ヒル『最後の惑星戦争』1985 ポプラ社のSF冒険文庫
  • デアンドリア『殺人アイス・リンク』1985 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • デアンドリア『殺人ウェディング・ベル』1985 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • J.H.ブレナン『魔界の地下迷宮 ドラゴン・ファンタジー3』二見書房 1985 サラ・ブックス アドベンチャー・ブック
  • デアンドリア『クロノス計画』1986 ハヤカワミステリ文庫
  • ボブ・ライス『孤高の暗殺者』1986 ハヤカワ文庫
  • J.H.ブレナン『七つの奇怪群島 ドラゴン・ファンタジー4』二見書房 1986 サラ・ブックス アドベンチャー・ブック
  • ディクスン・カー『魔女のかくれ家』1986 ポプラ社文庫. 怪奇・推理シリーズ
  • ジョゼフ・ヘイズ『暗闇の道』1987 サンケイ文庫
  • スチュアート・ウッズ『潜行』早川書房 1987 のち文庫
  • ラリー・バインハート『ただでは乗れない』1987 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • J.H.ブレナン『幻し城の怪迷路 アドベンチャー・ゲーム』二見書房 1987 サラ・ブックス ドラゴン・ファンタジー
  • トマス・マクスウェル『悪の変奏曲』The Mysterious Press 1988
  • デアンドリア『スナーク狩り』1988 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ロバート・ウェストブルック『ノスタルジア・キルズ』1989 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • レナード・ワイズ『ビッグ・ゲーム』早川書房 1989
  • ラリー・バインハート『見返りは大きい』1989 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ジョン=アレン・プライス『レッド・デルタ浮上す』1989 光文社文庫
  • スティーヴン・P.コーエン『アイランド・オヴ・スティール』早川書房 1990
  • ジム・シーニ『裏切りのキス』1990 ミステリアス・プレス文庫
  • カール・ハイセン『大魚の一撃』1990 扶桑社ミステリー
  • カスタネダ『沈黙の力 意識の処女地』二見書房 1990
  • ジョージ・V.ヒギンズ『笑って騙せ』1990 扶桑社ミステリー
  • リチャード・ヘンリック『原潜、氷海に浮上す』1991 二見文庫
  • ピーター・フリーボーン『スタークの真実』早川書房 1991
  • ランドル・フレイクス『ターミネーター2』(二見文庫、1991年)
  • トム・フィルビン『ルーキー』1991 二見文庫
  • リチャード・ヘンリック『急速潜航、北西へ』第三次世界大戦シリーズ 1992 二見文庫
  • ジム・シーニ『不運な夜』1992 ハヤカワ文庫
  • マリオ・プーヅォ『四番目のK』早川書房 1992
  • リチャード・ヘンリック『黄金のUボート』第三次世界大戦シリーズ 1993 二見文庫
  • ヘンリー・D.ソロー著 ダドリ・C.ラント編『ザ・リバー』宝島社 1993
  • アラステア・マクニール『テロリスト・ゲーム』1993 光文社文庫
  • ジョン・サンドフォード『ブラック・ナイフ』早川書房 1993
  • ドナルド・スポト『マリリン・モンロー最後の真実』小沢瑞穂共訳(光文社、1993年)
  • ジョン・サンドフォード『消された眼』早川書房 1994
  • ジョナサン・コット『さまよう魂 ラフカディオ・ハーンの遍歴』文芸春秋 1994
  • ローレンス・サンダーズ『パームビーチ探偵物語』早川書房 1994
  • カスタネダ『夢見の技法 超意識への飛翔』二見書房 1994
  • アラン・ダフ『ワンス・ウォリアーズ』1995 文春文庫
  • ジョン・サンドフォード『獲物の眼』1996 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ジョン・サンドフォード『沈黙の獲物』早川書房 1996
  • ジョン・サンドフォード『冬の獲物』早川書房 1996
  • ジョン・サンドフォード『夜の獲物』早川書房 1996
  • ジョン・サンドフォード『心の獲物』早川書房 1997
  • ジャック・ケルアック『地下街の人びと』1997 新潮文庫
  • ジョン・フラートン『瓦礫の都市』早川書房 1999
  • ポー・ブロンソン『シリコンバレーを抜け駆けろ!』1999 角川文庫
  • ジョン・サンドフォード『一瞬の死角』2000 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • バリー・ギフォード『ナイト・ピープル』2000 文春文庫
  • ポー・ブロンソン『マネー!マネー!マネー!』角川書店 2000
  • バリー・ギフォード『アライズ・アンド・ウォーク』2001 文春文庫
  • リチャード・ジェサップシンシナティ・キッド』2001 扶桑社ミステリー
  • スティーヴ・オリヴァー『探偵ムーディ、営業中』2001 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • バリー・ギフォード『ベイビィ・キャットーフェイス』2001 文春文庫
  • マキシム・ジャクボウスキー『キスしたいのはおまえだけ』2002 扶桑社ミステリー
  • マイケル・コニック『ギャンブルに人生を賭けた男たち』2002 文春文庫
  • スティーヴ・オリヴァー『探偵はいつも憂鬱』2002 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ダニエル・チャヴァリア『バイク・ガールと野郎ども』2002 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • デイヴィッド・グーディス『狼は天使の匂い』早川書房 2003
  • リチャード・ドハティー『刑事マディガン』早川書房 2003
  • ベン・メズリック『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』アスペクト 2003
  • ロジャー・ブランズ『歴史にならなかった歴史』2003 文春文庫
  • キャロル・クィーン編『5分間エロティカ』2004 扶桑社セレクト
  • ハービー・ブレナン『暗黒城の魔術師』フーゴ・ハル訳監修 創土社 2004 グレイルクエスト
  • リチャード・マーカス『カジノのイカサマ師たち』2004 文春文庫
  • ベン・メズリック『東京ゴールド・ラッシュ』アスペクト 2004
  • デイヴィッド・グーディス『ピアニストを撃て』(早川書房、2004年)
  • 『ポアロ登場』(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫、2004年)
  • ジェイムズ・ハイム『ロデオ・ダンス・ナイト』2005 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ベン・メズリック『カジノは奴らを逃がさない! ブラックジャックで巨万の冨を手に入れた若き秀才ギャンブラーたちの物語』アスペクト 2006
  • ジェイムズ・マクマナス『殺人カジノのポーカー世界選手権』(文春文庫、2006年)
  • ラリー・バインハート『図書館員』2007 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ウォルター・テヴィス『ハスラー』2007 扶桑社ミステリー
  • アルマ・マルソー『秘められた欲望』扶桑社 2007
  • ベン・メズリック『ザ・オイルマネードバイ原油先物取引所を創った新卒米国人青年の奮闘記』(アスペクト、2008年)
  • ジョージ・クライル『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』2008 ハヤカワ文庫
  • C.J.ボックス『ブルー・ヘヴン』2008 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ロス・トーマス『暗殺のジャムセッション』(早川書房、2009年)
  • ピーター・G.エンゲルマン『マジシャン殺人事件』2009 扶桑社ミステリー
  • C.J.ボックス『さよならまでの三週間』2010 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • マーク・ストレンジ『ボディブロー』2010 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • アガサ・クリスティー『邪悪の家』2011 ハヤカワ文庫 クリスティー文庫

出典・脚注[編集]

  1. ^ カジノは奴らを逃がさない!(ベン・メズリック著、真崎訳、アスペクト刊、2006年)掲載の略歴
  2. ^ 「国境の南—元祖ジャパニーズ・バックパッカー1964/1966」(南正人著、マガジンファイブ刊、2006年)掲載の略歴
  3. ^ 「1968京都フォーク・キャンプ」(東芝EMI、1998年6月)楽曲リスト
  4. ^ 中山ラビのインタビュー記事による。「週刊朝日」1974年8月9日号掲載。
  5. ^ 〜翻訳の専門校〜フェロー・アカデミー【出版ゼミ】真崎ゼミ
  6. ^ 「替歌こそ本質なのだ」 - 片桐ユズル(『現代詩手帖』1975年3月号掲載)
  7. ^ 甲斐扶佐義 京都ほんやら洞'68〜'74 連載2 中尾ハジメの項
  8. ^ 1997年3月30日「容さんを偲ぶ会」東京経済大学教授・渡辺潤ウェブサイト内

外部リンク[編集]