小倉エージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小倉 エージ(おぐら エージ、本名:小倉 栄司(おぐら えいじ)、1946年6月15日 - )は音楽評論家料理評論家

略歴[編集]

兵庫県神戸市出身。甲南大学卒業後、URCレコードディレクターとなり、はっぴいえんどのデビューアルバム『はっぴいえんど』の制作を手がけた(12弦ギターも演奏)。

またその頃、音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊に携わり、以後は主に音楽評論家として活動している。

洋楽から歌謡曲アジアンポップスまで評論の幅は広く、日本レコード大賞の審査員も務めるなど、音楽業界の重鎮の一人である。NHK-FMの人気番組だった「クロスオーバーイレブン」の選曲も長きに渡り担当していた。

1980年代からは夫人の小倉理都子とともに、料理評論家・香港文化研究家としても活動。NHK総合テレビの「男の食彩」「食彩浪漫」などに出演している。とりわけ中華料理東南アジア料理に造詣が深い。

著書[編集]