南正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南正人
生誕 1944年3月3日
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区
死没 (2021-01-07) 2021年1月7日(76歳没)
学歴 東京外国語大学スペイン語学科卒業
ジャンル フォーク
レゲエ
ロック
職業 フォークシンガー
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1967年 - 2021年
公式サイト 南正人 Official Website

南 正人(みなみ まさと、1944年3月3日 - 2021年1月7日)は、日本のフォークシンガーロックフォークレゲエの代表的歌手。

東京都杉並区出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。死去当日まで日本中のライブハウスツアーを行っており、ライブ中に逝去した。

人物・来歴[編集]

  • 1960年代後半、東京外国語大学スペイン語科在籍中、休学届けを出し、少年の頃からの夢を実現すべく日本を脱出。太平洋を船で渡り、アメリカ、メキシコ、ヨーロッパ各地を丸2年間放浪。帰国後、大学を卒業するものの就職せず、都内のバーで弾き語りのアルバイトをする。ベトナム戦争という時代背景のもと、反戦集会などで自作のメッセージソングを歌い始める。高田渡遠藤賢司真崎義博らと「アゴラ」という日本語のフォーク・ソングのチームに参加し、東京を拠点に活動する。
  • 1968年、「アゴラ」の仲間と共に、京都の第3回関西フォークキャンプに出演。「ジャン」、「こんなに遠くまで」などを唄う。他出演者に高石ともや岡林信康中川五郎豊田勇造中山ラビなど。
  • 1970年岐阜県で行われた中津川フォークジャンボリーに出演。
  • 1971年、ファーストアルバム『回帰線』(RCA) を発表(泉谷しげるに影響を与える[要出典])。細野晴臣水谷孝をバックに迎えている。シングル『ジャン』をリリース。
  • 1973年ベルウッドから、アルバム『南正人』を発表。シングル『上海帰り』もリリース。
  • 1975年、フィリップスから、アルバム『南正人LIVE』を発表。
  • 1977年、キングレコードから、アルバム『希望峰』を発表。
  • 1979年、日本コロムビアから、『LADY LET ME GO』を発表。
  • 1980年11月の薬物事件のため、音楽活動がしばらく停滞する。[要出典]
  • 1980年代、ライブ活動を中心に全国を回る。
  • 1988年、「NO NUKES ONE LOVE いのちの祭り」の中心メンバーとして祭りを開催。浅川マキらをゲストに迎え『スタート・アゲイン』(テトラ)をリリース。
  • 1995年、『恋心』(ペルメージ・レコード)をリリース。
  • 1999年、『馬尾馬尾 (mao-mao)』(テトラ)をリリース。
  • 2000年、『人生の楽屋裏』(キャプテン・トリップ・レコーズ)をリリース。
  • 2003年、『SONGS』(ペルメージ・レコード)をリリース。
  • 2004年、『Live on The Road 80s』(LA VIDA MUSIC COLLECTION) をリリース。九州にて還暦祝い第一回「ナミさん祭り」始まる。
  • 2005年、書籍『KEEP ON!』(マガジン・ファイブ)を出版。
  • 2006年、『風来坊の唄』(LA VIDA MUSIC COLLECTION) をリリース。書籍『国境の南』(マガジンファイブ)を出版。
  • 2007年、DVD『'88 いのちの祭り』(テトラ)を再発売。
  • 2008年、バンド「みどり組」結成(元Big Frogのton (dr), shimi (b) と元アナコンダの孝介 (g) と南正人が合体)。バンド活動も含め、引き続き、ギター片手に全国各地400箇所以上を回っている。
  • 2021年1月7日、横浜サムズアップでライブ中に意識を失い救急搬送された。搬送先の病院で家族立会いのもと、解離性大動脈瘤での死亡が確認された。76歳没[1][2][3]

作品一覧[編集]

アルバム[編集]

  • 回帰線(1971年、RCA/1982年、RVC (LP)、1994年、BMGビクター (CD))※紙ジャケット仕様CDが2004年に再発売された。
  • 南正人ファースト(1973年、ペルウッドレコード (LP)、1987年、キングレコード (CD))※紙ジャケット仕様CDが2004年に再発売された。
  • 南正人ライブ(1975年、フィリップス (LP)、1988年、徳間ジャパン (CD))
  • 希望峰(1977年、キングレコード (LP)、1982年、キングレコード (CD))
  • Lady Let Me Go(1979年、日本コロムビア) - LP
  • スタートアゲイン(1988年、テトラ)
  • 恋心(1995年、ペルメージ・レコード)
  • 馬尾馬尾 (mao-mao)(1999年、テトラ)
  • 人生の楽屋裏(2000年、キャプテントリップレコーズ) - 南正人&マイペンライバンド名義
  • SONGS〜歌たちよ〜(2003年、ペルメージ・レコード)
  • Live on the Road 80s(2004年、LA VIDA MUSIC COLLECTION)- 南正人&リバー名義
  • 風来坊の唄(2004年、LA VIDA MUSIC COLLECTION)

シングル[編集]

  • ジャン/青い面影(1969年11月、RCA)
  • ヨコスカブルース/赤い花(1970年5月、RCA)
  • 五月の雨/家へ帰ろう(1973年9月、ベルウッドレコード)
  • 上海帰り/川に沿って(1974年3月、ベルウッドレコード)
  • あたしのブギウギ/気ままなあの娘(1975年10月、フィリップス)
  • ヨコスカブルース/大森三丁目(1976年7月、フィリップス)

書籍[編集]

  • 風のように自由に旅するヒッピー人生(1993年、JICC出版局
  • KEEP ON!(2005年、マガジンファイブ)
  • 国境の南 元祖ジャパニーズ・バックパッカー1964/1966(2006年、マガジンファイブ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Facebook Live Schedule Minami Masato 2021年1月7日
  2. ^ フォークシンガーの南正人、ライブ中に死去”. 音楽ナタリー (2021年1月8日). 2021年1月8日閲覧。
  3. ^ シンガー・ソングライターの南正人氏が死去 ライブ出演中に倒れ”. 産経新聞 (2021年1月8日). 2021年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]