上原裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上原 裕
別名 ユカリ
生誕 (1953-12-14) 1953年12月14日(66歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京都市
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラムス
活動期間 1970年 (1970) - 1986年 (1986)
1996年 (1996) -
共同作業者 グラス・ブレイン(1970年 (1970) - 1971年 (1971)
村八分(1971年 (1971)
ごまのはえ(1972年 (1972) - 1973年 (1973)
ココナツ・バンク(1973年 (1973)
シュガー・ベイブ(1975年 (1975) - 1976年 (1976)
バイバイ・セッション・バンド(1976年 (1976) - 1977年 (1977)
EXOTICS(1981年 (1981) - 1984年 (1984)

上原 裕(うえはら ゆたか、1953年12月14日 - )は、日本のミュージシャンドラマー)。

来歴[編集]

16歳の頃、既にバンド“ハウス・グラス・ホッパー”でドラマーとして活動していた時に伊藤銀次と知り合い、1970年夏に伊藤らと“グラス・ブレイン”を結成。1971年には“村八分”、1972年には“ごまのはえ”に参加し、そのまま“ココナツ・バンク”のメンバーとなる。解散後の1975年にはシュガー・ベイブのアルバム『SONGS』のレコーディングに参加する一方、ハイ・ファイ・セットのバック・バンドに加入。同年3月には同バンドのメンバーだった伊藤、寺尾次郎とともにシュガー・ベイブのメンバーになり、以後1976年4月の解散まで活動。解散後は大瀧詠一主宰のナイアガラ・レーベルのセッションや、りりィのバック・バンド“バイバイ・セッション・バンド”、伊藤のアルバム『DEADLY DRIVE』など、レコーディングでも活動。その後、1981年から1984年まで沢田研二のバック・バンド“EXOTICS”に加入。1986年10月 (1986-10)TBSテレビで放送された伊藤出演のスタジオ・ライヴ番組収録をもって一時ドラマーを引退。

1996年 (1996)復帰、大滝のシングル「幸せな結末」のレコーディングや、忌野清志郎のバンド“ラフィータフィー”のメンバーとしての活動のほか、2002年には伊藤とココナツ・バンクを再始動させた。

愛称の“ユカリ”というミドル・ネームは、明治マーブルチョコレート」のCMに出演していた上原ゆかりに因んで付けられたもの[1]

レコーディング参加作品[編集]

ごまのはえ(1972年 - 1973年)[編集]

  • 「留子ちゃんたら」 (1972年9月25日 (1972-09-25))- 7":OF-6
  • 『春一番コンサート・ライブ』 (1972年8月5日 (1972-08-05))- 2LP:OFW-1/2
    • とめ子ちゃん ※クレジット・ミス
  • 『春一番』 (1973年3月 (1973-03))- 10LP:UGD3001~10 ※1972年5月6日 (1972-05-06),7日、大阪天王寺野外音楽堂で開催された『第2回春一番ライヴ』を収録した風都市自主制作による非売品10枚組LP。
    • お早う眠り猫君
    • まにあっています
    • 語呂合せ
    • しゃべりたいなあ
    • 留子ちゃんたら

ココナツ・バンク(1973年)[編集]

  • 布谷文夫「台風13号」 (1973年9月21日 (1973-09-21))- 7":DR-1799 ※布谷文夫&ココナツ・バンク
  • 布谷文夫『悲しき夏バテ / 布谷文夫I』 (1973年11月21日 (1973-11-21))- LP:DR-1799 ※布谷文夫 & ココナツ・バンク
  • はっぴいえんどライブ!! はっぴいえんど 』 (1974年1月10日 (1974-01-10))- LP:OFL-20 ※1973年9月21日 (1973-09-21)文京公会堂で行われたはっぴいえんどのラスト・ライヴ“CITY-Last Time Around”での演奏を収録したライヴ・アルバム。大瀧詠一とココナツ・バンク名義。
    • ココナツ・ホリデイ
    • 空飛ぶウララカサイダー
  • 1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出』 (1974年1月15日 (1974-01-15))- LP:3A-1014 ※三部構成のライヴ“CITY-Last Time Around”より、第一部の吉田美奈子南佳孝、ココナツ・バンク。第二部のムーンライダースの4組の演奏を収録[注 1]
    • 日射病
    • 無頼横町
  • 『1974 HOBO'S CONCERTS V(ありがとう ありがとう ありがとう)』 (1976年6月21日 (1976-06-21))- LP:OFM-16 ※1974年に池袋シアター・グリーンで行われた“ホーボーズ・コンサート”のライヴ・アルバム。布谷文夫 & ココナツ・バンク名義。
    • 冷たい女
    • 深南部牛追歌〜大阪へやって来た

シュガー・ベイブ(1975年 - 1976年)[編集]

  • SONGS』 (1975年4月25日 (1975-04-25))-LP:NAL-0001
    • 蜃気楼の街
    • 風の世界
    • ためいきばかり
    • いつも通り
    • すてきなメロディー
    • 今日はなんだか
    • 雨は手のひらにいっぱい
    • 過ぎ去りし日々 “60's Dream”

バイバイ・セッション・バンド(1976年 - 1977年)[編集]

  • りりィ『AUROILA』(1976年5月20日 (1976-05-20))- LP:ETP72168

EXOTICS(1981年 - 1984年)[編集]

  • 『Library』(1983年10月 (1983-10)

主なアルバム・ライブ参加アーティスト[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本盤収録のムーンライダースは松本隆を中心に結成されたソウル・ミュージック的なリズムを演奏したバンドで、後に鈴木慶一を中心とする“ムーンライダーズ”とは、メンバーに鈴木博文が重複する以外は、ほとんど別物。

出典[編集]

  1. ^ 小川真一「大滝詠一を頂点とした複合的な人脈のトライアングル」『レコード・コレクターズ』第25巻第4号、株式会社ミュージック・マガジン、2006年4月1日、 78-81頁。, JAN 4910196370466

外部リンク[編集]