吉野金次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉野 金次 (よしの きんじ、1948年 - )は、日本レコーディング・エンジニアアレンジャー

経歴[編集]

東京都出身。東京都立葛西工業高等学校電子科卒業[1]。1967年に東芝音楽工業の録音部に入社。ザ・ランチャーズ喜多嶋修と共に匿名ユニット「ジャスティン・ヒースクリフ(Justin Heathcliff)」を結成。同名アルバムを発表するも不発に終わる。1970年仕事をめぐり上司と衝突し、録音部からの配転を命ぜられ、クビに近い形で退社する[1]。その後、かつての仕事仲間である細野晴臣に誘われてはっぴいえんどの『風街ろまん』にミキサーとして参加。以降、日本では初となるフリーのエンジニアとして活動。

ビートルズのプロデューサージョージ・マーティンに強い影響を受けたプロデューサー型のレコーディング・エンジニアで、細野晴臣を中心にはっぴいえんど・イエロー・マジック・オーケストラ周辺のミュージシャンからの信頼が厚い。

2006年に脳梗塞で倒れた際には、矢野顕子、細野晴臣の提唱により、「吉野金次の復帰を願う緊急コンサート」というチャリティライブが行われた(本公演の録画はDVD『音楽のちから』として発売)。2008年に、矢野のiTunesによるライブ配信『JAPANESE GIRL -Piano Solo Live 2008-』のミキシングから仕事に復帰したほか、アルバム『音楽堂』では録音現場に出ての仕事を再開した。

主な作品[編集]

出演作品[編集]

  • 映画『SUPER FOLK SONG -ピアノが愛した女。-』(坂西伊作監督、1992年) - 矢野顕子のドキュメンタリーに出演。

関連作品[編集]

  • 音楽のちから -吉野金次の復帰を願う緊急コンサート (2007年) - DVD

脚注[編集]

  1. ^ a b 立花隆『青春漂流』

外部リンク[編集]