坂田栄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂田 栄一郎(さかた えいいちろう、1941年11月16日 - )は日本の写真家。週刊誌『AERA』での人物写真の撮影で知られる。東京都出身。

経歴[編集]

京北高等学校を経て、1965年日本大学芸術学部写真学科卒業。大学時代は写真屋などでアルバイトをしていた。卒業後、ライトパブリシティに入社。1966年に渡米し、ニューヨークにてリチャード・アヴェドンに師事した。

1970年銀座ニコンサロンにて、個展『Just Wait』でデビューした。その後1971年に帰国し、CMや雑誌で活躍する。1988年朝日新聞社がニュース週刊誌『AERA』を創刊から2016年3月28日号まで、ずっと表紙写真を担当してきた。1993年には「アルル国際写真フェスティバル」で「アルル名誉市民賞」を受賞した。2005年には今までの人物写真等の功績が讃えられ、「PIERCING THE SKY-天を射る」で第24回土門拳賞、日本写真協会作家賞をダブル受賞した。

1990年に指揮者レナード・バーンスタインが最後の来日をした時、札幌の「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」会場で彼の「最後の肖像写真」を撮影したのは坂田である。1991年にはF1ドライバーのアイルトン・セナの表紙写真を撮影したこともある。

写真集[編集]

外部リンク[編集]