浅川マキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅川 マキ
生誕 1942年1月27日
出身地 日本の旗 日本石川県石川郡美川町[1](現:白山市
死没 2010年1月17日(満67歳没)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
学歴 石川県立金沢二水高等学校卒業
ジャンル ジャズ
ブルース
職業 歌手
作詞家
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
活動期間 1967年 - 2010年
レーベル ビクター1967年
EMIミュージック・ジャパン
1968年 - 2010年
公式サイト MAKI
ビリー・ホリデイ
ベッシー・スミス
マヘリア・ジャクソン

浅川 マキ(あさかわ マキ、1942年1月27日[2] - 2010年1月17日[3])は、日本歌手作詞家作曲家編曲家淺川マキと綴られることもある。

略歴[編集]

石川県石川郡美川町(現:白山市)出身。石川県立金沢二水高等学校卒業[1]

町役場で国民年金窓口係の職に就くも程なくして上京する。マヘリア・ジャクソンビリー・ホリデイのようなスタイルを指向し、米軍キャンプキャバレーなどで歌手として活動を始める。

1967年にビクターからシングル『東京挽歌/アーメン・ジロー』を発表するも本人と事務所の音楽的指針に大きな乖離があり、当時の出来事がその後の活動に影響を与えた。

1968年、寺山修司に見出され新宿のアンダー・グラウンド・シアター「蠍座」で初のワンマン公演を三日間に渡り催行、口コミで徐々に知名度が上がる。 東芝音楽工業株式会社(現:ユニバーサルミュージック合同会社内EMIレコーズ・ジャパンレーベル)に移籍。

1969年7月1日、寺本幸司のプロデュースによる『夜が明けたら/かもめ』(EXPRESS-レーベル)で正式にレコード・デビュー。以後移籍することなく作品を発表しつつステージを主体に音楽活動を行う。特に池袋文芸坐ル・ピリエ」で1997年まで催行した大晦日連続定期公演は有名である。

1992年、ゼロアワー・シリーズと題して、宮沢昭トリスタン・ホンシンガー植松孝夫の3氏のアルバムをプロデュース。当初、ゼロアワー・シリーズはこの3枚のためのだけのものだったが、以後発売した浅川自身の作品にも使われる。

2000年以降はジャズ・クラブ「新宿 PIT INN」を本拠地として定期公演を再開。2000年3月26日から11月26日の「新宿PIT INN」では、『毎月・最終の日曜日 浅川マキを聴く』と題し、アカペラによる公演を行った(全9日、昼夜2回。計18公演)。

「渇いたブルースをうたわせたら右に出る者はいない」と言われ[4]ジャズブルースフォークソングを独自の解釈で歌唱した。

2010年1月17日、ライブ公演で愛知県名古屋市に滞在中、宿泊先ホテルで倒れていたところを発見され、搬送された病院で死亡が確認された。愛知県警中警察署によると、死因は急性心不全とみられる[3]

2010年3月4日、「新宿 PIT INN」にてお別れの会『浅川マキ「こんな風に過ぎて行くのなら・浅川マキがサヨナラを云う日」』が催行された。ここでは真赤なバラの花の献花台とメッセージ・ボックスが用意され、彼女の生前の作品が流された。翌2011年5月、北陸放送が彼女を題材にしたラジオドキュメント「浅川マキ ロング・グッド・バイ」を制作し放映された。

CDの音質に対して懐疑的であったため、1998年より新譜を発表していなかったが、2004年に映像集『幻の男たち LIVE1984』のDVD化、2007年にベスト・アルバム『DARKNESS IV』を発売するなど、徐々に作品が発売されるようになり、2008年にオフィシャルサイトにて「今年は久しぶりに新しい作品造りに入ります。」[5]とメッセージが出たものの、実現しなかった。オリジナルアルバムでは亡くなる12年前に発売した1998年のアルバム『闇のなかに置き去りにして-BLACKにGOOD LUCK-』が最後の作品になった。

存命中は、本人の意向により作品のほとんどが廃盤[6]だったが、2010年から2011年にかけて、相次いで発売された(詳細は後述)。
2010年に『浅川マキの世界 CD10枚組BOX 自選作品集』(1990年)の復刻盤発売。正式なアナウンスはなかったが、アルバム『黒い空間』(1994年)、『こんな風に過ぎて行くのなら』(1996年)が再生産された。

一周忌にあたる2011年1月に、ファースト・アルバム『浅川マキの世界』から、『寂しい日々』までの70年代アルバム10作、6月に『ONE』からレコードが発売された最後のアルバム『Nothing at all to lose』まで80年代のアルバム14作がデジタルリマスタリングされた音源に、オリジナルレコード(LP盤)の歌詞カード(一部の作品に例外、及び色や紙質などの差異あり)、レコードレーベルを再現した、紙ジャケット仕様で復刻(初CD化作品含む)。但し、帯は紙ジャケットシリーズで新たにデザインされたものに統一され、オリジナルレコード帯は再現されていない。また『WHO'S KNOCKING ON MY DOOR』以降はオリジナルレコード盤に元々帯がなく、帯代わりのステッカー(シール)が添付されていたが、こちらも再現されていない。 『夜のカーニバル』(1989年)、『STRANGER'S TOUCH』(1989年)、『BLACK-blackにgood luck-』(1991年)の3作品は再生産も復刻もされなかった。

2013年4月にEMIミュージック・ジャパンがユニバーサルミュージック合同会社に吸収合併されたため、EMIが運営していた浅川マキオフィシャル・サイトが閉鎖、変わりにユニバーサル ミュージックの統一のシンプルなサイトに切り替わった。

作品観[編集]

作品に対する姿勢[編集]

浅川マキは音楽そのものに限らず音質ジャケットデザインライナーノートポスターの配置などにも一貫した美意識を持ち、終生その姿勢を崩すことはなかった。

日本国内に於けるアンダーグラウンドを主体とした音楽活動の第一人者であるが、“アンダーグラウンド”と“(いわゆる)アングラ”を混同してはならないと主張。独自の美意識を貫く姿勢を「時代に合わせて呼吸をする積りはない」と自ら表現している[4]

自らの作品に於いて“作詞”の表記を“”ではなく、“”を用いている。

外国作品を自ら日本語で唄う場合、原作の保つ世界観を損なわぬよう先ず対訳を依頼し、メロディーから受けるイメージも採り入れたうえで推敲し新たに詩作を行った。そのため表記を“訳詩”とせず“日本語詩”としている。ちあきなおみの歌唱で知られる「朝日のあたる家(朝日楼)」やダミアの歌唱にて有名である「暗い日曜日」、ビリー・ホリデイのナンバー「マイ・マン」等に於いて独自に制作した日本語詩などは特に著名である。

ライターになる前の藍渕邪子が楽屋を訪れ、「『東京挽歌』の音源を持っている」と告げたところ即座に「棄ててください」と返答した経緯がある。『東京挽歌』が世に出たこと自体は否定せぬものの“歌手・浅川マキ”の意向が反映されていないためディスコグラフィーから外しているという。その経緯はステージ公演中に本人も話題にすることがあった。

1993年東芝EMIが“音蔵シリーズ”と称するアルバム作品群のCD化企画を行い、その中に浅川マキのアルバムが4タイトル含まれていたが発売するも短期間で自ら廃盤にした。「音質が気に入らなかったの、特に『マイ・マン(『マイ・マン+1』)』の(CDの)音はジャズではないんです」と語った。後日別件でEMIを訪ねた藍渕が「浅川マキの作品は浅川本人の意向により廃盤せざるを得なかった」と当時の担当者より取材している。生涯、CDの音質について懐疑的な姿勢を示した。

楽曲『ロング・グッド・バイ』について[編集]

当時、浅川マキは本作の歌唱に難色を示したが、寺山本人から「マキがこの作品を唄わないならば、僕(寺山)が演出する意味が無くなる」と説得され、唄う決意を固めた。作曲を担当した山木幸三郎も新幹線の車中にて懊悩したという。蠍座での公演は録音され、初のアルバムである『浅川マキの世界』ではB面にその殆どが収録されたが本作のみは東芝も発表および録音を拒絶、1968年当時の公式な録音は現存しない。音楽出版ジュンアンドケイは出版権を持つものの詩・曲・譜面データは社内に資料が現存していないと2003年9月に取材を行った藍渕への問い合わせに回答している。

本作はノンフィクションであり、実名も出てくること、また1968年当時「更に重大な約束があり」(浅川マキ、談)、以上の理由から今後も録音、出版される可能性は極めて低い。但しステージ公演にてアカペラにて披露される機会は稀にあり、本作の歌唱前には必ず発表までの詳細な経緯が語られたうえで披露された。

2001年8月5日青森県三沢市三沢市寺山修司記念館」での開館4周年記念イベント『テラヤマ・ワールド2001 IN 三沢』(副題:寺山修司と【賞】)では、第3部がコンサート『ロング・グッドバイ』と題され浅川マキがアカペラで寺山作品を歌唱。本作も披露された。

エピソード[編集]

  • 愛煙家であり、ステージ上でも煙草を燻らせていた。喫煙する姿が多くのポートレートに残されている。
  • 自他共に認める大の劇画通であった。
  • 緑魔子とはレコード会社が同じ東芝EMIであることもあり、自らファンだと語っていた。

音楽作品[編集]

シングル[編集]

  1. 東京挽歌/アーメン・ジロー(1967年4月5日/SV-1001)
    アビオン・レコード株式会社制作、ビクターレコード発売。目録上では1967年6月とされている。
  2. 夜が明けたら[7]/かもめ(1969年7月1日/EP-1156)
    「夜が明けたら」は、蠍座での実況録音。歌の終わりには機関車の出発音、航空機の離陸音も入っている。
  3. ちっちゃな時から/ふしあわせという名の猫[7](1970年2月5日、東芝/EP-1202)
    「ふしあわせという名の猫」は、編曲のスコアも歌唱も別のテイク。
  4. 港の彼岸花[7]/赤い橋(1971年4月5日/ETP-2413)
    「港の彼岸花」は、歌唱のみ別テイク。
  5. 少年/めくら花(1971年10月5日/ETP-2524)
  6. こんな風に過ぎて行くのなら/さかみち(1972年7月1日/ETP-2691)
    「こんな風に過ぎて行くのなら」は深町純の編曲。シングル・ヴァージョン。アルバム『裏窓』にはアルバム・ヴァージョンで収録。
  7. 裏窓/翔べないカラス(1973年6月1日/ETP-2862)
    「翔べないカラス」はシングル・ヴァージョン。
  8. 夕凪のとき/それはスポット・ライトではない(1976年4月1日/ETP-20237)
  9. マイ・マン/ちょっと長い関係のブルース(1982年2月21日/ETP-17296)
    「マイ・マン」はシングル・ヴァージョン。
  10. 心隠して/むかし(1982年10月1日/ETP-17412)
    「心隠して」はシングル用に尺を短く編集したヴァージョン。
  11. コントロール/時代に合わせて呼吸する積りはない(1983年8月21日/ETP-17518)
  12. 見えないカメラ/アメリカの夜(1988年12月21日/RT07-2244)

コンパクト盤[編集]

  • 「浅川マキ」 A面:1)夜が明けたら(Single Version.) 2)かもめ B面:1)港の彼岸花(Single Version.) 2)ちっちゃな時から(Album Edition.)1971年、東芝/ETP-4277)

アルバム[編集]

ベスト・アルバム[編集]

アルバムBOX[編集]

その他のアルバム[編集]

  • 寂しい日々(1981年)
    • カセットのみの発売。その他、カセットのみのベスト盤が数種あり。
  • 夜が明けたら(1999年)
    • The CD Club通信販売限定。
  • スキャンダル 京大西部講堂1982
    • 浅川マキのコンサートを主催した、京都にあるライブハウス「ピッグノーズ」が制作したCD。[8]

映像作品[編集]

本人が生前に企画監修・編集を行っていたドキュメンタリー作品。

上記の他、1970年開催の第2回中津川フォークジャンボリーで『かもめ』を唄う模様を記録したフィルムが現存する。

プロデュース作品[編集]

以下作品は「ゼロアワー・シリーズ」と題して3タイトル同時発売。

  • 野百合 - 宮沢昭(1992年08月26日)
  • From the Broken World - トリスタン・ホンシンガー(1992年08月26日)
  • COME FROM WITH - 植松孝夫(1992年08月26日)


著書[編集]

出演[編集]

制作は1970年。制作順では全13話中の12番目のエピソードに当たる。原作は山田風太郎『黒幕』。
『夜が明けたら』を唄う歌手として出演。

関連項目[編集]

生前交流があったアーティスト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、28頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ 『ロング・グッドバイ 浅川マキの世界』 / 著:浅川マキ・他 2011年1月17日 白夜書房 ISBN 978-4-86191-698-4 P 291
  3. ^ a b 歌手の浅川マキさんが死去、心不全か”. 中日新聞. 中日新聞社 (2010年1月18日). 2010年1月19日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ a b 『きれいな歌に会いにゆく』 / 著:長谷川博一 1993年11月21日 大栄出版 ISBN 4886825621
  5. ^ MAKI(リンク切れのためウェブ・アーカイブ)
  6. ^ ベストアルバム『DARKNESS I』~『DARKNESS IV』、アルバム『闇のなかに置き去りにして -BLACKにGOOD LUCK-』、VHS/DVD『幻の男たち LIVE1984』を除く
  7. ^ a b c LPやCDに収録された実績の無い音源。2011年6月15日よりダウンロード形式で購入可能となった。
  8. ^ [http:/www.pignose.net/ ピッグノーズのオフィシャルサイト]より

外部リンク[編集]