全日本フォークジャンボリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全日本フォークジャンボリー(ぜんにほんフォークジャンボリー)とは、日本初の野外フェスティバルである。岐阜県恵那郡坂下町(現在の中津川市)にある椛の湖(はなのこ)の湖畔にて、1969年から1971年にかけて3回開催された。中津川フォークジャンボリーという名でも良く知られている。

解説[編集]

特徴[編集]

フォークシンガーや日本に生まれたばかりのロックシンガー等、アンダーグラウンドサブカルチャーを代表するミュージシャン達が舞台に立ち、またアマチュアミュージシャンの飛び入りステージが準備された。

これより先に関西ではフォークキャンプコンサートのような自主的なコンサート企画があり、1969年の第4回フォークキャンプでは京都市の「円山公園野外音楽堂」で打ち上げコンサートが行われるなどの動きもあった。これらの動きがフォークジャンボリーに収斂された。

この頃、地方興行といえば興行師や興行会社が仕切るものであった。一部の音楽事務所やレコード会社が協力し、後には深く関与したとはいえ、自分達の手で開催したこのイベントには共感した若者達が日本各地から集まった。

位置づけ[編集]

1969年8月15日から17日開催されたアメリカのウッドストック・フェスティバルよりも先に開催されたこともあり、今日の野外大規模コンサートの先駆けとなるイベントでもあった。第3回目(1971年)の大規模な集客は、フォークソングに続くロックの隆盛、記録映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』の日本公開、若者の旅行ブーム、アウトドアライフの流行など、1970年前後の若者文化の状況を反映した社会現象のひとつとして捉えられる。

端緒と終焉[編集]

中津川労音事務局長の笠木透や事務局次長の安保洋勝[1]1938年生まれ)、近藤武典らが「フォーク・ジャンボリー実行委員会」を設立し企画・演出・開催した。1960年代後半より中津川市などで高石ともやらとフォークコンサートを開くなか生まれてきた企画であった。

しかし、地元の実行委員会のスタッフたちは、商業的なイベントになってきたこと、地元住民が楽しめるイベントではなくなったこと、規模が大きくなりすぎて運営上のトラブルが多発したこと(特に、第3回で、トラブルが多発し、収拾が付かなくなったことが大きな原因と言われている。第3回全日本フォークジャンボリーの項を参照のこと)などを理由に、レコード会社などの周囲の反対を押し切って、混乱した第3回全日本フォークジャンボリーを最後に、打ち切りを決定した[2]

その後の影響[編集]

フォークジャンボリーの経験は、1971年の大阪の春一番コンサートや1973年からの京都市の「円山公園野外音楽堂」の宵々山コンサートにも活かされていった。また、当時のフォークジャンボリーの参加者、関係者、当時の音楽状況を再現しようとする若い世代の人々がフォークジャンボリーという名称のイベントを各地で開催している[3]

参加アーティストたちも同イベントを忘れておらず、2005年、フォークジャンボリーの思い出を持つ斉藤哲夫、中川五郎よしだよしこあがた森魚三上寛らのアーティストが東京青山ライブハウスに集まり、ライブを開き、その音源は、「フォークジャンボリー[青山篇]」としてCD化されている[4]

2009年8月1日、38年ぶりに同じ会場で「09年椛の湖フォークジャンボリー」として復活イベントが開催された。

開催の記録[編集]

第1回[編集]

日時
1969年8月9日 18:00開幕、10日 9:30閉幕
参加者
約2,000 - 3,000人
入場料
800円
出演
五つの赤い風船中川イサト長野たかし西岡たかし、藤原秀子)、岩井宏遠藤賢司岡林信康上条恒彦ジャックス早川義夫木田高介、谷野ひとし、つのだひろ)、高石ともや高田渡、田楽座、中川五郎

第2回[編集]

日時
1970年8月8日 13:45開幕、9日 12:00閉幕
参加者
約8,000人弱
入場料
800円
出演
赤い鳥浅川マキ、アテンションプリーズ、五つの赤い風船岩井宏、インスタンツ(モンタ頼命、中川イサト他)、遠藤賢司、大田ぼう、岡林信康、小野和子、加藤ヒロシとP36、加川良金延幸子、上久保雄志、グループ愚、ケニーパイル、斉藤哲夫シバ杉田二郎と一億分の4、スルク大舞踊合唱団、ソルティーシュガー高田渡、高橋キヨシ、高橋照幸、田楽座、のこいの子はしだのりひことマーガレッツ、はっぴいえんど、藤原豊、松岡実とニューディメンション、南正人、村上律、山平和彦、リチャードパイン&カンパニー、六文銭、アマチュアグループ(なぎら健壱ひがしのひとし、酒井萠一、バラーズ 他)その他

第3回[編集]

日時
1971年8月7日開幕、9日閉幕
参加者
約20,000 - 25,000人
出演
あがた森魚はちみつぱい鈴木慶一鈴木博文本多信介渡辺勝)、浅川マキ五輪真弓岩井宏遠藤賢司岡林信康加川良金延幸子かまやつひろしカルメン・マキガロはしだのりひことクライマックス斉藤哲夫ザ・ディランIIシバシュリークス高田渡武蔵野タンポポ団、Dew、友川かずき友部正人中川イサト中川五郎なぎらけんいち長谷川きよしはっぴいえんど日野皓正クインテット、ブルース・クリエーション、本田路津子三上寛ミッキー・カーチス安田南山平和彦山本コータロー吉田拓郎、乱魔堂、六文銭、その他

後継イベント[編集]

地元でのコンサート[編集]

1970年、第2回全日本フォークジャンボリーの開催の年に、地元のフォークグループ「我夢土下座」が結成され、椛の湖ピクニックコンサート、さんさ酒屋のコンサートなどが開催された[5]

09年椛の湖フォークジャンボリー[編集]

日時
2009年8月1日12:00開幕、21:00閉幕
参加者
約1,300人
入場料
大人 5,800円、中高生 2,000円(当日券はそれぞれ500円高)
出演
青木まり子あがた森魚、アーリータイムスストリングスバンド、五つの赤い風船いとうたかお遠藤賢司大野真澄加川良茶木みやこ中川イサト中川五郎なぎら健壱早川義夫&佐久間正英早健、古橋一晃、松田幸一、宮武希、宮崎勝之、村上健、四角佳子笠木透土着民、我夢土下座

記録映画[編集]

  • 「だからここに来た - 全日本フォーク・ジャンボリーの記録」
    • 第2回の模様を収録した記録映画。監督:中本達男・野村光由、制作:秦政明、カラー16mm作品、75分。

DVD「だからここに来た!-全日本フォーク・ジャンボリーの記録-」として2010年12月15日、ポニーキャニオンより発売。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森と水の県土へ 第4部「明日への視点」農村で生きる道 安保洋勝さん(中津川市)「岐阜新聞」2006年12月10日付
  2. ^ NHKBShi「ハイビジョンふるさと発 響け 僕らのフォークソング~岐阜・伝説のコンサートから」2009年9月25日放送での関係者コメント
  3. ^ 2009年に第6回を数えた「浜名湖フォークジャンボリー」など。
  4. ^ アーティスト・収録曲リスト あがた森魚データベース〜山縣駄菓子店サイト内
  5. ^ 我夢土下座の歴史 我夢土下座ウェブサイト

関連項目[編集]

  • 近藤武典 - 岐阜県内の小中学校の教職員として働く傍ら、1950年代から演劇や音楽などの団体を立ち上げた。「ブテンさん」と慕われていた。全日本フォークジャンボリーでは実行委員長を務める。1976年に53歳で他界。
  • 関西フォーク

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

東谷護「ポピュラー音楽にみる『プロ主体』と『アマチュア主体』の差異ーー全日本フォークジャンボリーを事例として」、東谷護『ポピュラー音楽から問うーー日本文化再考』せりか書房、2014年、pp245〜275 ISBN-10: 4796703365。