宵々山コンサート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宵々山コンサート(よいよいやまコンサート)は、京都の祇園祭の開催期間に合わせ京都市の「円山公園音楽堂」で1973年から2011年の間に30回(途中、中断)開催された有料の屋外音楽イベント

歴史[編集]

開催までの経緯[編集]

高石ともや & ザ・ナターシャー・セブン」のマネージャー・プロデューサーの榊原詩朗、高石ともや、永六輔の3人が、京都の祇園祭の前日を「宵山(よいやま)」と言うことに因み、さらにその前日の7月15日を「宵々山(よいよいやま)」と呼ぶことを提案し、コンサートを企画した。場所は京都の円山公園音楽堂。

1973年7月15日、第1回宵々山コンサートが開催。渥美清など毎回、多彩なゲストが顔を見せ、若い世代を中心に多くの人を集めた。関西周辺では、1969年8月から岐阜県椛の湖全日本フォークジャンボリー、1971年5月から大阪で春一番が開催されていたが、出演者が一部共通するものの、必ずしも、人脈的なつながりは特にない。

中断[編集]

コンサートは当初の7月15日にこだわらず、土日などに日程を移しながら、毎年開催され、京都の梅雨明けを告げる若者のまつりとして定着したが、1982年2月、裏方の中心である榊原詩朗がホテルニュージャパン火災で亡くなり、中心的な出演者であるザ・ナターシャー・セブンも解散をしてしまうと、1985年の13回で一端は幕を閉じた。

関連イベント「コンサート 夏の時代」[編集]

1982年から1985年まで宵々山コンサートの関連イベントとして、京都市の円山公園音楽堂、日比谷公会堂などで、北山修企画・構成によって、「コンサート 夏の時代」が開催された。本体イベントである宵々山コンサートが1985年で一端中断したことにより、継続されず、1985年に東京、2000年に大阪で開催されたのみで、今後も開催される予定はない。

復活と終焉[編集]

1994年に永六輔らによって、復活。1998年の18回コンサートで、15年ぶりにザ・ナターシャー・セブンが復帰した。2009年、世話方会をまとめていたスタッフ(三宅誠孝)が死去し、継続が困難になり[1]、同年の29回宵々山コンサートで一旦「中締め」としたが、関係者やファンの中から復活を望む声が多く、世話方会が永六輔・高石ともやとともに最後の宵々山コンサートの開催を決定し、2011年7月2日から7月10日の日程で「第30回宵々山コンサート」を開催する事になった[2]。30回の最終日には、人間国宝で落語家の桂米朝が登場する等[3]、多くのサプライズがあった。

主な出演者[編集]

レギュラーに近い出演者
高石ともやザ・ナターシャー・セブン(高石ともや、城田じゅんじ金海たかひろ坂庭省悟)、杉田二郎、自切俳人(北山修ヒューマン ズー諸口あきら永六輔らがおり、他に毎回、多彩なゲストが登場した。
1973年から中断する1985年まで
渥美清小坂一也小沢昭一倍賞千恵子桂米朝石川鷹彦木ノ実ナナ山谷初男黒柳徹子高橋竹山ミヤコ蝶々赤塚不二夫宮城まり子淀川長治谷啓安田伸坂本九竹腰美代子ザ・キングトーンズ君原健二おすぎピーコ松山千春タモリ岩崎宏美岸田今日子中村八大金井克子南こうせつ笑福亭鶴瓶由紀さおり林英哲嘉門達夫、桂三枝(現・六代目桂文枝)ら。
1994年から2000年まで
岡本文弥喜納昌吉なぎら健壱三波春夫宇崎竜童灰谷健次郎大槻ケンヂ高田渡中川イサト桑名正博トワエモア巻上公一波乃久里子海援隊武田鉄矢中牟田俊男千葉和臣)、JAYWALK鈴木聖美ら。
2001年から2009年まで
かまやつひろし佐川満男道上洋三上田正樹有森裕子中島啓江笠木透と雑花塾、村崎修二上條恒彦浜村淳趙博らが登場した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 高石ともや 『さあ、陽気にゆこう フォーク・ソング年代記』 大月書店〈大月CDブック〉、1993年11月ISBN 4-2726-1029-5 録音ディスク1枚付録
  • 高石ともやとザ・ナターシャー・セブン 『宵々山コンサート』 EMIミュージック・ジャパン、2008年10月 ライナーノーツ (生産限定盤CD/紙ジャケット仕様2枚組、品番 TOCT-26703/4)

外部リンク[編集]