安田南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安田南
生誕 1943年11月14日
出身地 日本の旗 日本
死没 未詳(2009年以前)
ジャンル ジャズ
職業 歌手
担当楽器 ヴォーカル

安田 南(やすだ みなみ、1943年11月14日 - 未詳)は、日本の女性ジャズシンガー北海道札幌市生まれ。俳優座養成所(16期)中退[注 1]

来歴[編集]

中学の時、北海道から東京目黒区の区立中学校に転入する。同級生に佐藤信(劇作家・演出家)がいた。一人で演劇部を創設するなど、活動的な生徒であった。高校を卒業後の1961年、18歳でテレビ番組、勝ち抜きジャズボーカル部門に出演し優勝、世界一周をした実力派。1964年頃から米軍キャンプでもステージに立つようになり、ジョージ川口とビッグ4、鈴木勲トリオなどを経てフリーに。

ジャズの枠にとらわれない奔放・個性的な歌唱スタイルで、1970年代に熱狂的な人気を集めた。1974年から1977年まで4枚のアルバムを発表しているが、他の歌手と比べ残した音源は多くなく、「アングラの女王」の異名があった。

1971年、第三回中津川フォークジャンボリーのメインステージの安田南のライヴは、暴徒のため演奏中にステージを占拠されてぶち壊しになり、フォークジャンボリーは二度と開催されなくなった[1]

歌手活動以外でも、自由劇場黒テントを中心とした舞台出演・ラジオのDJ・エッセイの執筆などにマルチな才能を発揮した。西岡恭蔵の「プカプカ」(みなみの不演不唱)のモデルとも言われる[注 2]。また、写真家で、アルバム『Some Feeling』のジャケットを手がけた中平卓馬とは、恋愛関係にあった[2][3]

1972年には、若松孝二監督の映画『天使の恍惚』で、主要人物の「金曜日」役で出演が決まっていたが、撮影途中に突然行方をくらまして降板し、後任は横山リエがつとめた[4]。なお、同映画のサウンドトラックに収録されている「ウミツバメ Ver.2」は、クレジットでは横山の歌唱とされているが、演奏の山下洋輔は安田の歌声であると証言している[5]

音楽プロデューサーで、長年内外の数多くのミュージシャンを間近で観て来た大木雄高は、安田を「ジャズのスタンダードを日本で初めて歌いこなした歌手」と評している[6]。親交のあった作家の瀬戸内寂聴も、歌手としての実力とともに、文才を高く評価していた[7]

1990年代以降、事実上引退していたが、2004年7月アルバム『Some Feeling』が27年ぶりにCDで復刻された。

映画評論家の梅本洋一が、2009年初めに安田の知人の森山大道(写真家)に、彼女の消息を聞いた所、「既に鬼籍に入っている」という返答であったという[8]。また、雑誌「ジャズ批評」2013年7月号の佐藤信のインタビューでも、「既に亡くなった」という旨の証言がなされているが[9]、正確な没年月日・死因等については不明である。

作品リスト[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

オムニバス盤[編集]

  • 『おんがくぐーん! / 音楽の学校・音楽の劇場 vol.7』(1970) - 「センチメンタル・ジャーニー」(加藤直作詞 / 林光作曲)収録

参加作品[編集]

  • 岡林信康 『堕ちた鳥のバラード』(1970) - B面の「いくいくお花ちゃん」でコーラス参加

出演[編集]

舞台[編集]

自由劇場[編集]

  • おんなごろしあぶらの地獄(1969)
  • トラストDE -イリヤ・エレンブルグによる-(1969 - 1970)

演劇センター68/70(劇団黒テント)[編集]

  • 翼を燃やす天使たちの舞踏(1970)
  • 喜劇・阿部定=昭和の欲情(1973)

ラジオ番組[編集]

書籍[編集]

  • みなみの30歳宣言(1977, 晶文社)
  • FOR LADIES BY LADIES - 女性のエッセイ・アンソロジー(2003, ちくま文庫,エッセイ1篇収録)

出典・脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同期に古谷一行鶴田忍峰岸徹大林丈史大出俊などがいる。
  2. ^ 「劇団黒テント」のメンバーであった安田と、同劇団の大阪公演で前座を務めた西岡とは面識があった。だが、西岡の友人によると、歌のモデルは安田一人だけではないと言う。(『「あん娘」のモデルは誰 - 西岡恭蔵作詞作曲「プカプカ」』朝日新聞 2011年2月26日)

出典[編集]

  1. ^ マイタウン岐阜 【聞き書き「でっかいこと」の育て方】 第5回:追及討論が起き終幕に”. 朝日新聞デジタル (2013年10月16日). 2013年11月8日閲覧。
  2. ^ 津野、369 - 371頁
  3. ^ 『中平卓馬 来たるべき写真家』、6頁
  4. ^ 『ジャズ批評』2013年7月号、23頁
  5. ^ 『ジャズ批評』2013年7月号、63頁
  6. ^ 『「あん娘」のモデルは誰 - 西岡恭蔵作詞作曲「プカプカ」』朝日新聞 2011年2月26日
  7. ^ 瀬戸内、223 - 225頁
  8. ^ ベスト2009”. nobodymag.com (2013年10月16日). 2014年3月12日閲覧。
  9. ^ 『ジャズ批評』2013年7月号、30頁

参考文献[編集]