原田芳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はらだ よしお
原田 芳雄
本名 原田 芳雄
生年月日 (1940-02-29) 1940年2月29日
没年月日 (2011-07-19) 2011年7月19日(71歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市足立区
死没地 日本の旗 日本東京都
身長 175cm
血液型 A型
職業 俳優歌手タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1967年 - 2011年
配偶者 あり
著名な家族 原田喧太(息子)
原田麻由(娘)
主な作品
テレビドラマ
五番目の刑事
春の坂道
独眼竜政宗
砂の器』(2004年版)
エンジン
映画
竜馬暗殺
祭りの準備
ツィゴイネルワイゼン
浪人街
鬼火
大鹿村騒動記
 
受賞
日本アカデミー賞
第35回最優秀主演男優賞
大鹿村騒動記』(2011年
会長特別賞
ブルーリボン賞
助演男優賞
祭りの準備』『田園に死す』(1975年
1990年 主演男優賞
浪人街』『われに撃つ用意あり』(1990年
特別賞2011年
その他の賞
紫綬褒章2003年
旭日小綬章2011年
毎日映画コンクール
男優主演賞
1997年『鬼火』
男優助演賞
1989年『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』『夢見通りの人々』
#受賞歴も参照
テンプレートを表示

原田 芳雄(はらだ よしお、1940年昭和15年)2月29日 - 2011年平成23年)7月19日)は、日本俳優歌手タレント

東京府東京市の下町(現:東京都台東区三ノ輪)生まれ[1](足立区出身とも言われている)。ギルドB所属。紫綬褒章はじめ、俳優として各種表彰受賞。息子はギタリスト原田喧太。娘は女優・原田麻由。

来歴[編集]

俳優デビュー[編集]

本所工業高校を経て1962年に俳優座養成所に14期生として入団。ただし養成所の授業料を払えなくなって1年留年したため[1]、15期生として卒業(後年「花の15期生」と呼ばれた[注 1])。この頃月謝滞納により大手ホテルで花屋のバイトもしていたこともあり、長嶋茂雄の結婚披露宴の飾りつけを行っている。俳優座準座員を経て座員となる。

1967年に『天下の青年』(フジテレビ)でデビューし、翌1968年には『復讐の歌が聞える』で映画デビューを果たす。デビュー当時こそ純朴な青年風なキャラクターだったが、その後浅黒いワイルドなアウトロー風キャラへと大々的なイメージチェンジを図り、その風貌を印象づけていった。1971年、俳優座の体質を批判して市原悦子菅貫太郎中村敦夫らとともに退座。中村敦夫が『木枯し紋次郎』で人気を博すと、原田芳雄も脳腫瘍に冒されたテストドライバーを演じた『冬物語』で人気を博し、女性視聴者から助命嘆願が殺到した[2]1974年には映画『竜馬暗殺』で主役の竜馬を演じ、ワイルドで大胆不敵な演技により「竜馬役の新境地を開いた」と評された[1]

その後の活躍[編集]

その後も圧倒的な存在感と的確な演技力を武器に、日本を代表する映画監督はもとより若手の監督からも絶大な信頼を受け、生涯で100本を超える映画に出演。原田の仕種や台詞廻しに影響を受けた俳優も多く、松田優作は一時期その一挙手一投足を研究し、模倣したとも言われる[3]。その一方で年齢とともに演技力は円熟味を増し、宮沢りえとダブル主演した『父と暮せば』の演技をめぐっては「動的な笠智衆」(的田也寸志)とも評された[4]

キャリアと共に数多くの映画賞を受賞する一方、2003年には、功績が讃えられ紫綬褒章を受章。他にも独特の渋い声を生かして映画などのナレーションを担当したり、ミュージシャンブルース歌手としても数多くの作品を発表し、精力的にライブ活動を行うなどの活躍をみせた。また『タモリ倶楽部』(詳しくは後述「鉄道」の欄)などのバラエティ番組にも出演。

晩年[編集]

元々病院嫌いだったため定期検診を受けていなかった所、2008年10月に急に胃の調子が悪くなった。翌11月に診察を受けて早期の大腸癌が発見され入院し[5]、がんの摘出手術を受けて1か月間静養ののち同年末から仕事に復帰し、その後は抗がん剤治療を受けながら俳優活動を続けた[1]。しかし、がんが発見された時点で既に末期の状態にあり、余命宣告がなされていたことが没後明かされた。

2011年7月19日肺炎のため東京都内の病院で死去[6]。71歳没。遺作は自らが企画し、映画化を進めた『大鹿村騒動記』(死去3日前の7月16日に封切)。2011年7月11日に都内で行われた同映画のプレミア試写会で、長女が押す車椅子で登壇した姿が公での最後となった。

葬儀・告別式は同年7月22日に東京都港区青山葬儀所で営まれ、2,000人の弔問客がその死を悼んだ[1]。喪主は長男・喧太が務め、弔辞は石橋蓮司石橋冠が読んだ[7]。告別式では原田が生前愛飲していた日本酒が蔵元の協力により参列者に振舞われ、出棺の際は佐藤浩市江口洋介ら原田の「門下生」によって棺が担ぎ出された後、品川区桐ヶ谷斎場荼毘だびに付された。

日本政府は原田の映画界への貢献などを多とし、8月9日の閣議で旭日小綬章を授与することを決定した。その際に原田の戸籍上の年齢が70歳となっていることも併せて判明した[8]。また、映画雑誌『キネマ旬報』が創刊95周年を記念して実施したアンケート企画「オールタイム・ベスト日本映画男優・女優」では男優部門で第6位に選ばれた[9]

人物[編集]

生い立ち[編集]

父は、日本人形作りの職人だった。戦時中だったため原田が生後まもない頃に栃木県に疎開し、小学4年生までそこで過ごす[1]。この頃は浪曲や落語が好きで、東京に戻ってからは美空ひばりを真似て歌った。ほどなくしてジャズに目覚め、当時戦争による焼け跡のバラックに住んでいたため、将来はプロのジャズシンガーになって新しい家を建てるのが夢だった。しかし中学時代にラジオ局主催のジャズののど自慢大会に出場し、本選に進出したがティーブ・釜萢(かまやつひろしの父)に鐘一つの評価で落とされたとのこと[1]

その後父に厳命されて本所工業高校に進学したが、元々機械が苦手だったため成績はオール1だった。これがもとで対人恐怖症になり好きな登山で気を紛らわしていたが、ある日演劇部の同級生から入部を勧められ対人恐怖症を克服するつもりで演劇を始めた。高校卒業後は、「銀座で働きたい」との考えがあったことからその一心で農業機械の会社に就職するも、約一年半で退社[1]

俳優座時代[編集]

その後俳優座に入団したが 本人によると「入団試験の前日に胃痙攣を起こしたが、試験当日の課題でたまたま「失意落胆の演技」をするよう言われ、体調が万全でない中演じると、その様子がうまい具合に評価されて合格できた」としている[1]

1968年に芝居の中で狂人の役を演じることになったが、役作りにのめり込むあまり苦悩した。その頃出会った俳優座制作部の1人の女性職員から「狂ったっていいじゃないの」とアドバイスをされたことで、とにかく思い切って演じることの大切さに気付かされた[注 2]。この出会いがきっかけで彼女と親しくなり、1970年に長男・喧太ができて結婚(今で言う“できちゃった婚”)した[1]

遺作映画『大鹿村騒動記』[編集]

NHKドラマ『おシャシャのシャン!』(2008年1月放送)のロケで長野県の寒村・大鹿村に訪れると、そこで観た大鹿歌舞伎に大変感激した。「あれこそ日本芸能の原点だ」と思った原田は、何としてもこの村歌舞伎を自分の手で映画化し主役を演じることを強く望むようになる[1]

古希を迎えた2010年、阪本順治監督との次回作の映画について、原田は持参した大鹿歌舞伎に関する大量の資料を見せて打ち合わせに臨んだ。その結果『大鹿村騒動記』の製作が決まり、翌11月に約2週間の大鹿村ロケを敢行し作品を完成させた[1]

2011年7月11日に開かれたプレミア試写会の会見では車椅子で登場し、「この少し前に腸閉塞誤嚥肺炎を発症。さらに腰部脊柱管狭窄症を悪化させ、喉にも炎症を起こす満身創痍そういの中、本人の強い意志で参加」と説明されたが、実際は癌が進行・転移して既に歩行もままならない状態にあった。試写会あいさつでは同作の共演者にして友人の石橋蓮司が原田のメッセージを代読。観客の喝采を浴びる中、原田が感極まって涙をぬぐう場面もあった[10]。同作品で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、授賞式が行われた2012年時点で故人に同賞が贈られたのは初めてのことだった[1]

映画の味方[編集]

原田が亡くなった際、荒戸源次郎は彼を評して「一言で言うと、映画の味方だった数少ない人。映画にとりつかれ、いい映画を作りたい一心でした。普段はおだやかだけど、仕事場ではとても怖い人でしたから、かけらでも手を抜けなかった」と語った[11]

中上健次日輪の翼』を、原田芳雄監督で映画化する計画があった。中上自身による脚本の第一稿もでき上がっており、その後、手直しを経て映画化に取り掛かる計画だった。1992年の中上健次の死で頓挫を余儀なくされたものの、その後も原田芳雄は映画化を諦めず、2008年当時のインタビューでは「今は迂回しながら怠け心に鞭打っているところです。今、あと何年位ということは言えませんが、必ずやる」と語っていた[12]

対人関係[編集]

石橋蓮司は、1974年の映画『竜馬暗殺』で原田と初共演し[注 3]、同世代でとても馬が合ったことから飲み友達となった。それ以降、原田の遺作となった『大鹿村騒動記』まで何度も共演することとなった。後年石橋は、「芳雄は役者仲間の中でも抜群の感性を持っていた。だからどんな役でも自由に演じることができた。そこには計算などは微塵もなく天性の才能だった」と評している。ちなみに原田も生前、長女から「お父さんにとって一番すごい役者は誰?」と聞かれた時に「石橋蓮司」と答えておりお互いにその才能を評価していた。原田の死後、石橋は「芳雄は肉体を通して“思想”を表現していた。あんな役者はもう出ないだろう」と評している。[1]

松田優作は、同じく『竜馬暗殺』で竜馬の元恋人の弟役を演じた。デビュー前から松田は、原田の大ファンで、9歳年上の彼を「兄貴」と呼び慕っていた。原田もまた松田の演技に心を捕まれ、「優作とは前世からの縁だ」と言ってかわいがっていたという。生前松田は、原田家の裏の家を借りて住んでいた時期があるとのこと[1]

阪本順治監督は、原田の才能に惚れ込み、『どついたるねん』から遺作の『大鹿村騒動記』までの計7作品で起用した。後年阪本は、「最初の作品では芳雄さんの演技を信じて彼にお任せしたら、『オレには演技指導しないのか』と毒づかれました。しかし、その後公私に渡って多くのことを教えてもらいました」と語っている。2010年に映画の次回作について原田と打ち合わせをした阪本は当初ハードボイルド物を構想していたが、原田の「大鹿歌舞伎を題材にした映画を作りたい」という並々ならぬ熱意に押さて『大鹿村騒動記』を制作することとなった[1]。原田の死後、阪本は「芳雄さんと撮影すると絶対に雨が降らなかった。今でも芳雄さんの遺影を自宅に飾り、もう一枚の写真を普段は手帳に挟み、撮影時にはその写真を脚本に挟んでいます。『芳雄さんに認めてほしい』という気持ちで映画を撮っているのです」と語った[1]

私生活[編集]

鉄道[編集]

アウトロー的な風貌に似合わず、実は乗る・見る・作ること全てにおける大の鉄道ファンとしても知られる。子供の頃から都電育ちなこともあり、“電車好き芸能人の先駆け”とも言われている[1]。同じく鉄道ファンであるタモリが司会を務める『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」にゲスト出演するたびに鉄道ネタで盛り上がるほど思い入れは深かった(総出演回数は15回)。.

鉄道を介したタモリとの親交は、2003年に初出演した『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)内の鉄道企画を通してより深まる。これが「タモリ電車クラブ」という企画が始まり不定期でバラエティ番組唯一のレギュラーゲストとして出演。番組内でもお互いを「タモさん」「ヨシオちゃん」と呼び合うほどの間柄となった。同番組での実績が評価され、タモリ電車クラブゴールド会員(会員No.002。会員No.001はタモリ)に認定され、生前はこの会員証を常に携帯していたとのこと[1]。なお、番組内での企画として行われた入部審査では、写真のみ登場している。2011年に他界後は「タモリ鉄道クラブ 名誉会員」の称号を手にした。

鉄道模型趣味については、かつて高価だったHOゲージ(16番ゲージ)の車両(国鉄80系電車)を自分の身の回りにあるものを駆使して作り上げたことから始まる。自宅ではNゲージレイアウトを製作、『タモリ倶楽部』では所有するコレクションの車両(機関車)を紹介し、息子の喧太とともに雑誌(RM MODELS)の企画でホビーセンターカトーを訪れ、展示車両やレイアウトを見ながら親子で熱く語った。ちなみに喧太は、芳雄から蒸気機関車のレコードを聴かされるなど、幼いうちから「英才教育」を施されたという。

飛行機嫌いなことも相まって、仕事で遠出する時は北海道から九州に至るまで基本的に電車で移動していた[1]。また晩年は「寝台特急のチケット」を出演の条件にするようになり、『ウルトラミラクルラブストーリー』(横浜聡子監督、2009年)はカシオペア[13]、『奇跡』(是枝裕和監督、2011年)は北斗星の乗車を条件に出演した。

餅つき会[編集]

原田の生前には毎年12月28日に自宅で餅つき会を行うことが年末の恒例行事になっていた。この餅つき会は桃井かおり江藤潤勝村政信を代表とし、松尾貴史柄本明などが参加している。彼らは息子・原田喧太が幼い頃からの常連である。

原田の長女・麻由によるとこの餅つき大会は、兄・喧太が小さい頃に一度も餅をついたことがないことを原田が知り、「子どもたちに餅つきを体験させよう」との軽い思いつきがきっかけで始まったとのこと。1973年12月28日に第1回目となる餅つきをやると近所の人や親戚が参加し、翌年もやることになった。その後徐々に家族の友人、原田の役者仲間、映画関係者なども参加するようになった。朝から夕方まで入れ替わり立ち替わり原田家に人が訪れては餅をつき、そのあとは宴会が延々と続き、多い時には200人も集まる大イベントとなったとのこと[1]

晩年は金山一彦芳本美代子柄本佑柄本時生や、高岡蒼甫宇梶剛士須賀健太神木隆之介ベッキー江口洋介妻夫木聡など原田を慕っていた多くの俳優・女優・子役・タレント・歌手などが参加するようになっていた。開始から48年目だった2020年はコロナ禍により初めて中止となった。

その他[編集]

酒好きだっが外に飲みに出ることは少なく、家に人が集まるのが好きだったため、夕食時に家族や自宅に来た知人と飲むことが多かった。酒ではI.W.ハーパーやビールなどを好んで飲んでいたが、原田がバーボンを飲むようになったのは、元々愛飲していた松田優作の影響によるもの[1]

撮影のない日は午後に2時間ほど、庭に吊るしたサンドバッグ相手に黙々とボクシングの練習に汗を流していた。これは「年を重ねてもどんな役が来るか分からないため、日頃の鍛錬が欠かせない」との考えによるもの。また、歌手としてライブの予定が決まると毎日家で歌の練習をしていたという[1]

俳優座時代からヘアセットとメイクは自分自身で行っていた[1]

高校時代からカメラが趣味になり、俳優になってからは出演作の撮影前にロケ地に下見に行き、現地を写真撮影して回っては自身の役のイメージを高めていたという[1]

トレードマークはサングラスで、お洒落目的だけではなく役のキャラクターによってその都度使い分けていた[1]。 

黒澤明監督の映画『影武者』は、主演予定だった勝新太郎の降板後に原田にオファーされたが、自ら黒澤のもとに出向いて丁重に断わりを入れたとのこと[1]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 鹿の園(1969年、俳優座 作:ノーマン・メイラー 演出:安井武
  • 狂人なおもて往生をとぐ(1970年、俳優座 作:清水邦夫 演出:西木一夫)
  • あなた自身のためのレッスン(1970年、俳優座 作:清水邦夫 演出:西木一夫)

ゲーム[編集]

バラエティ[編集]

  • 笑っていいとも! (フジテレビ) ※「テレフォンショッキング」のコーナーには15回出演していた。
  • タモリ倶楽部 (テレビ朝日) ※「タモリ電車クラブ」企画にバラエティ番組として唯一のレギュラーゲスト。原田の趣味の一つである鉄道風景が趣味で「タモリ電車クラブ」の企画に随時出演。長年タモリとは親交があり、2003年頃から不定期出演していた。2011年に他界後は「タモリ電車クラブ 名誉会員」の称号を与えられた。

ラジオドラマ[編集]

  • FMラジオ劇場「優しさごっこ」(1979年、NHK-FM
  • アドベンチャーロード「山猫の夏」(1985年、NHK-FM)※原作:船戸与一
  • FMシアター「原生林に降る雨」(1986年、NHK-FM)※原作:開高健『耳の物語』
  • FMシアター「飛ばせハイウェイ、飛ばせ人生」(2011年、NHK-FM)※第38回放送文化基金賞「ラジオ番組賞」受賞

ナレーション[編集]

  • 九州旅客鉄道(JR九州)ネットムービー『鉄道物語』
  • 鉄子の旅(テレビアニメ)
  • 鉄道模型ちゃんねる「究極の鉄道模型製作プロジェクト 夢のヨーロッパ世界遺産鉄道に挑む!」(2008年8月30日、BSジャパン

PV[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

  • キネマ旬報賞
    • 1975年 助演男優賞 『祭りの準備』
    • 1989年 助演男優賞 『どついたるねん』『キスより簡単』『夢見通りの人々』『出張』
    • 1992年 主演男優賞 『寝盗られ宗介』
    • 2000年 主演男優賞 『スリ』『ざわざわ下北沢』『PARTY 7』
    • 2011年 主演男優賞 『大鹿村騒動記』
  • ブルーリボン賞
    • 1975年 助演男優賞 『祭りの準備』
    • 1990年 主演男優賞 『浪人街』『われに撃つ用意あり』
    • 2011年 特別賞
  • 報知映画賞
    • 1989年 助演男優賞 『どついたるねん』
    • 2004年 助演男優賞 『美しい夏キリシマ』『父と暮せば』『ニワトリはハダシだ』
  • 毎日映画コンクール
    • 1989年 男優助演賞 『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』『夢見通りの人々』
    • 1997年 男優主演賞 『鬼火』
  • 日刊スポーツ映画大賞
    • 1990年 主演男優賞 『浪人街』『われに撃つ用意あり』
    • 1992年 主演男優賞 『寝盗られ宗介』
  • ヨコハマ映画祭
    • 第11回 助演男優賞 『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』
    • 第19回 主演男優賞 『鬼火』
    • 第33回 ヨコハマ映画祭最優秀男優賞※日本映画とヨコハマ映画祭に忘れ得ぬ偉大な足跡を残した名優の名をわが映画祭の永久欠番とするために。
  • 日本アカデミー賞
    • 第35回 最優秀主演男優賞 『大鹿村騒動記』[15]
    • 第35回 会長特別賞※この年『大鹿村騒動記』に主演、堂々たる演技の結実を見せたが公開直後に死去した。『寝取られ宗介』『浪人街』『われに撃つ用意あり』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞。永年に渡り俳優として日本映画界を牽引し続けたその業績に対して贈られた。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1973年 ポリドール EP DR-1741 A 赤い鳥逃げた? 福田みずほ 樋口康雄 歌唱:安田南

映画「赤い鳥逃げた?」オリジナル・サウンドトラック

B 愛情砂漠
1976年1月 ビクターレコード

ディスコメイト

EP DSK-107 A 風が吹きます 桃井かおり 田山雅充 クニ河内
B 赤坂・一ッ木・どん底周辺 阿木燿子 宇崎竜童 山木幸三郎
1978年 EP DSK-126 A 赤い靴の憂歌 篠塚満由美 荒木一郎 小谷充
B 護送車を見送って 篠塚満由美 戸塚修
1979年5月 EP DSK-129 A レイジー・レディー・ブルース 阿木燿子 宇崎竜童
B Iigusa = いいぐさ 桃井かおり 荒木一郎 山木幸三郎
1980年 EP DSK-202 A I Saw Blues 阿木燿子 宇崎竜童 大木トオル

D.T.F.B.W.B

J.H.コンセプション

演奏・ダウウンタウン・ファイティング・ブギウギバンド
B 10 Dollars Angel(10ドルの天使) 大木トオル

訳:宇崎竜童

大木トオル 演奏・ダウウンタウン・ファイティング・ブギウギバンド
1982年5月 EP DSK-205 A It's All Right 島武実 宇崎竜童 キリン「ライトビール」 CMソング

演奏・サッキング・ルージュ

B ブルースで死にな 阿木燿子 宇崎竜童 演奏・サッキング・ルージュ
1983年 フィリップス EP 7PL-131 A ニューヨーク漂流 阿木燿子 井上大輔 椎名和夫 松竹映画「魚影の群れ」主題歌
B Bright light, in the sea 東海林良 玉置浩二 デュエット:アンリ菅野
1985年 EP 7PL-197 A It's All Right 島武実 宇崎竜童
B ミッドナイト・カフェ 松本一起 船山基紀 大野久雄
1989年11月8日 東芝EMI 8cmCD TODT-2448 1 HONEY 大津あきら NOBODY 川村栄二 映画「どついたるねん」主題歌
2 DON'T WORRY
1989年12月20日 8cmCD TODT-2567 1 新宿心中 阿木燿子 宇崎竜童 中村暢之 映画「われに撃つ用意あり READY TO SHOOT」主題歌
2 魂の1/2
1994年3月16日 8cmCD TODT-3203 1 味な関係 宇崎竜童 中村暢之
2 悪な女たち

アルバム[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム 備考
1977年12月 ビクターレコード

ディスコメイト

LP DSK-5001 LAST ONE

Side:A

  1. いとこ同志(作詞:藤田敏八、作曲:宇崎竜童、編曲:山木幸三郎)
  2. 風が吹きます(作詞:桃井かおり、作曲:田山雅充、編曲:クニ河内)
  3. 斜陽(作詞:藤田敏八、作曲:荒木一郎、編曲:江夏健二)
  4. 帰らぬあいつら(作詞:林美雄、作曲:宇崎竜童、編曲:山木幸三郎)
  5. プカプカ(作詞:西岡恭蔵、作曲:西岡恭蔵、編曲:クニ河内)
  6. 原田芳雄のこもりうた(作詞:吉井亜彦、作曲・編曲:坂田晃一)

Side:B

  1. 青い蝶(ブルーバタフライ)(作詞:原田章代、作曲:原田芳雄、編曲:クニ河内)
  2. 赤坂・一ツ木・どん底周辺(作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:山木幸三郎)
  3. 花づくし(作詞:夏文彦、作曲:朝コータロー、編曲:クニ河内)
  4. ひとりがたりの赤い爪(作詞:福田みずほ、作曲・編曲:クニ河内)
  5. 地中海ラヴ・ソング(作詞:石橋冠、作曲・編曲:坂田晃一)
  6. 川向こうのラスト・デイ(作詞:松田優作、作曲:荒木一郎、編曲:江夏健二)
2011年12月14日 EMIミュージック・ジャパン CD(紙ジャケ) TOCT-11416
1978年 ビクターレコード

ディスコメイト

LP DSK-5007 Lazy Lady Blues
  1. 怠け女のブルース(レイジー・レディー・ブルース)(作詞:阿木耀子、作曲:宇崎竜童)5:53
  2. ブルースを素姿で(作詞・作曲:荒木一郎)3:30
  3. iigusa ?いいぐさ(作詞:桃井かおり、作曲:荒木一郎)2:34
  4. 舌切り雀(作詞:寺山修二、作曲:宇崎竜童)2:40
  5. 赤い靴の憂歌(作詞:篠塚満由美、作曲:荒木一郎)3:58

Side:B

  1. 護送車を見送って(作詞・作曲:篠塚満由美)3:21
  2. わんすもあぽーず(作詞・作曲:芝紀美子)5:08
  3. トドのダンスブルース(作詞・作曲:佐藤博)2:20
  4. 「りんご追分」を歌うなよ(作詞:篠塚満由美、作曲:荒木一郎)7:07
1981年 ビクターレコード

ディスコメイト

LP DSK-8002 JUST SOME BLUES

※ 宇崎竜童、大木トオル共同プロデュース

※ 全編曲、大木トオル・D.T.F.B.W.B・J.H.コンセプション

Side:A

  1. シャッフルへようこそ (大木トオル)0:50
  2. レイジー・レディー・ブルース (作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)6:27
  3. 10 Dollars Angel(10ドルの天使) (作詞:大木トオル<訳:宇崎竜童>、作曲:大木トオル)4:36
  4. 待ち呆けのブルース (作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)5:36
  5. ディアー・ミスター・ブルース (作詞・作曲:宇崎竜童)5:30

Side:B

  1. 哀愁のブルー・ノート (作詞・作曲:宇崎竜童、宇崎竜童)4:44
  2. ショートピースとハイボール (作詞:篠塚満由美、作曲:宇崎竜童)5:33
  3. センチメンタル・ボクサー (作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)5:51
  4. アイ・ソー・ブルース (作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)5:50
2013年10月30日 ユニバーサルミュージック CD TYCN-80006
1982年 ビクターレコード

ディスコメイト

LP DSK-2001〜2 原田芳雄ライブ

※ 1982年10月7・8・9日の渋谷パルコ PART3でのライブ音源を収めた2枚組

Side:A

  1. B級パラダイス (作詞・阿木燿子、作曲・宇崎竜童、編曲・Sucking Rouge) 6:33
  2. 横浜ホンキートンク・ブルース (作詞・藤竜也、作曲・エディ藩、編曲・Sucking Rouge) 5:57
  3. センチメンタル・ボクサー (作詞・篠塚真由美、作曲・宇崎竜童、編曲・Sucking Rouge) 5:39
  4. 10 Dollars Angel(10ドルの天使) (作詞・大木トオル、訳・宇崎竜童、作曲・大木トオル、編曲・Sucking Rouge) 6:33

Side:B

  1. ジンハウス・ブルース (作詞・淺川マキ、作曲・H. Troy, F. Henderson、編曲・Sucking Rouge) 6:13
  2. Get Out Of My Life Woman (作詞・作曲・Allen Toussaint、編曲・Sucking Rouge) 3:55
  3. 山猫スト (作詞・阿木燿子、作曲・編曲・宇崎竜童) 3:36
  4. ブルースで死にな (作詞・阿木燿子、作曲・宇崎竜童、編曲・Sucking Rouge) 6:57

Side:C

  1. Going Down (作詞作曲・Allen Toussaint、編曲・Sucking Rouge) 4:44
  2. マッカーサーのサングラス (作詞・阿木燿子、作曲・編曲・宇崎竜童) 4:15
  3. Every Night Woman (作詞・作曲・大木トオル、編曲・Sucking Rouge) 5:32
  4. When A Man Loves Woman (作詞・島武実、作曲・A. Wright, C. H. Lewis、編曲・Sucking Rouge) 6:44

Side:D

  1. ショート・ピースとハイ・ボール (作詞・篠塚真由美、作曲・宇崎竜童、編曲・Sucking Rouge) 6:40
  2. レイジー・レディー・ブルース (作詞・阿木燿子、作曲・編曲・宇崎竜童) 7:18
  3. アイ・ソー・ブルース (作詞・阿木燿子、作曲・編曲・宇崎竜童) 5:31
1982年 ビクターレコード

ディスコメイト

LP DSK-4003 イッツ・オーライ 原田芳雄ブルース・ベスト・アルバム

Side:A

  1. イッツ・オーライ
  2. 待ち呆けのブルース
  3. 山猫スト
  4. ブルースで死にな
  5. Get Out Of My Life Woman

Side:B

  1. B級パラダイス
  2. マッカーサーのサングラス
  3. レイジー・レディ・ブルース
  4. 10 Dollars Angel(10ドルの天使)
  5. 横浜ホンキー・トンク・ブルース
1983年 ビクターレコード

ディスコメイト

LP DSK-8003 OH!YEAH!! BLUES PARADISE

※ プロデュース:宇崎竜童

Side:A

  1. B級パラダイス
  2. Baby I’m So Sorry
  3. 日曜日のマノン
  4. マッカーサーのサングラス
  5. 石榴

Side:B

  1. Tokyoタクシー・ドライバー
  2. Get Out Of My Life Woman
  3. 山猫スト
  4. ドンキホーテ世界一周
  5. ブルースで死にな
2013年10月30日 ユニバーサル ミュージック SHM-CD TYCN-80007
1983年 フィリップス LP 28PL-60 EXIT

Side:A

  1. ニューヨーク漂流(作詞:阿木燿子、作曲:井上大輔、編曲:椎名和夫)
  2. Never Change Your Mind(作詞:Lauren Wood<日本語詩:大野轟二>、作曲:Mark Pelsone、編曲:新川博)
  3. スリル+1(作詞:Chris Morton<日本語詩:三浦徳子>、作曲:Chris Morton、編曲:椎名和夫)
  4. TWO(作詞:S. Dorff<日本語詩:三浦徳子>、作曲:J. Wild、編曲:椎名和夫)
  5. 夜明けのボヘミアン(作詞:G. Deob<日本語詩:篠塚真由美>、作曲:J. Keller、編曲:椎名和夫)

Side:B

  1. 通り過ぎた女(作詞:D. Konecky<日本語詩:秋元康>、作曲:J. Wild、編曲:新川博)
  2. Getaway(作詞:P. Ogorman<日本語詩:秋元康>、作曲:D. Trevor、編曲:新川博)
  3. I Been Down(作詞:M. Keener<日本語詩:阿木燿子>、作曲:R. Galbraith、編曲:新井博)
  4. モーニング・ガール(作詞・作曲:BORO、BORO、編曲:新川博)
1985年 フィリップス LP 28PL-97 B

Side:A

  1. Rain Band
  2. Midnight Cafe
  3. Chasin
  4. A Blind Alley
  5. 砂の船くずれて

Side:B

  1. 八月の蜃気楼
  2. Nice Again「君と」
  3. 地獄天国一丁目
  4. ラハイナマドンナ
  5. 黄金の腕
1989年12月20日 東芝EMI CD TOCT-5584 OLD DOG
  1. レイジー・デイ
  2. オールド・フレンド
  3. トラブル・ママ
  4. ドント・ユー・フィール・ロンリー?
  5. 風のダウン・タウン・ストリート
  6. イエロー・ドッグ
  7. 鏡の中のマジシャン
  8. キング・オブ・ロード
  9. オー、シーズ・マイ・クイーン
  10. ドント・ウォリー
  11. ハニー
1990年7月18日 東芝EMI CD TOCT-5731 原田芳雄“BLUE”/横浜ホンキー・トンク・ブルース
  1. 横浜ホンキー・トンク・ブルース
  2. レイジー・レディー・ブルース
  3. ブルースで死にな
  4. センチメンタル・ボクサー
  5. わんすもあぽーず
  6. 待ち呆けのブルース
  7. ディア・ミスター・ブルース
  8. アイ・ソー・ブルース
  9. 石榴
  10. ブルーノート・ソウル(哀愁のブルーノート)
1990年7月18日 東芝EMI CD TOCT-5732 原田芳雄“RED”/B級パラダイス
  1. B級パラダイス
  2. ショートピースとハイボール
  3. 10ドルの天使
  4. イッツ・オーライ
  5. 赤坂・一ツ木・どん底周辺
  6. 護送車を見送って
  7. "りんご追分"歌うなよ
  8. いとこ同志
  9. iigusa
  10. Get Out Of My Life Woman
1991年9月20日 東芝EMI CD TOCT-6254 天然色
  1. 風天
  2. 花園アンモナイト
  3. オンリー・マイ・ソング
  4. ウェルカム・エイズ
  5. カラー・ミー・ライト
  6. シンジュク・ホーム・タウン・ブルース
  7. 新宿心中
  8. ビッグ・ママ・ブルース
  9. 夕日の中の少年
2006年6月21日 ユニバーサルミュージック CD ゴールデン☆ベスト
  1. LAZY DAY(OVER AND OVER)
  2. TROUBLE MAMA
  3. Color Me Right
  4. 花園アンモナイト
  5. 鏡の中のMAGICIAN
  6. Welcome AIDS
  7. 横浜ホンキー・トンク・ブルース
  8. マッカーサーのサングラス
  9. DON’T YOU FEEL LONELY?
  10. ブルースで死にな
  11. 風のDOWN TOWN STREET
  12. 新宿心中
  13. DON’T WORRY
  14. 川向こうのラスト・デイ
  15. 夕日の中の少年
  16. 原田芳雄のこもりうた
2006年デジタルリマスター盤
2011年11月23日 ユニバーサルミュージック CD TOCT-11111
2018年12月5日 ユニバーサルミュージック CD TYCN-60156

エッセイ・写真集・回想[編集]

  • 『B級パラダイス 俺の昨日を少しだけ 原田芳雄エッセイ集』(ベストセラーズ、1982年、復刻2011年)
  • 『原田芳雄 風来去』(原田章代企画・監修、日之出出版、2012年)
  • 『LiVE 原田芳雄写真集』(リトルモア、2012年)三浦麻旅子撮影、2008年2月28日のライブ写真
  • 『俳優 原田芳雄』(原田章代・山根貞男共著、キネマ旬報社、2020年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同期には夏八木勲栗原小巻竜崎勝前田吟林隆三地井武男高橋長英秋野太作浜畑賢吉赤座美代子太地喜和子小野武彦村井国夫柴田侊彦溝口舜亮などがいる。
  2. ^ 後年原田は、この時の様子について「後ろから袈裟固めを掛けられたような出会いだった」と語っている。
  3. ^ 石橋は、竜馬の友でありながら彼の命を狙う中岡慎太郎役を演じた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 週刊現代9月11・18日号「昭和の怪物」研究その135・原田芳雄「映画に取り憑かれた男」p25-32
  2. ^ 週刊TVガイド』通巻548号(1973年3月30日発行)「原田芳雄に助命嘆願が殺到‼」
  3. ^ 映画芸術』2011年秋号のインタビューで桃井かおりは文学座時代の松田優作が「抜け駆け」で原田芳雄の家に遊びに行ったとした上で、「忘れもしない、渋谷のNHKに行く交差点の横にメガネ屋があって、そこでレイバンのサングラス買ってね。その日から優作は原田芳雄になった(笑)」と語っている。それまでの松田優作は「もう少し田舎の青年ぽかった」という。
  4. ^ 『キネマ旬報』2004年9月上旬号
  5. ^ “原田芳雄が大腸がんで手術”. MSN産経ニュース. (2008年12月18日). オリジナルの2009年2月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090210130509/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/081218/tnr0812181256005-n1.htm 
  6. ^ “原田芳雄さん死去「竜馬暗殺」の個性派俳優”. サンケイスポーツ. 共同通信社. (2011年7月19日). オリジナルの2011年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110722123624/http://www.sanspo.com/geino/news/110719/gnj1107191336017-n1.htm 2011年7月19日閲覧。 
  7. ^ 石橋蓮司、原田芳雄さんの遺志継ぐ次回作を約束”. Sponichi Annex (2011年7月23日). 2020年6月22日閲覧。
  8. ^ 原田芳雄氏に「旭日小綬章」政府が閣議決定[リンク切れ] スポーツニッポン 2011年8月10日閲覧
  9. ^ KINENOTE「オールタイム・ベスト10 日本映画男優・女優
  10. ^ SANSPO.COM「闘病中の原田芳雄、車いすで涙のあいさつ」(2011年7月12日)
  11. ^ スポーツ報知「自宅で亡骸囲み酒宴 桃井かおりら50人笑って別れ…原田芳雄さん急死」(2011年7月20日)
  12. ^ 原田芳雄インタビュー「酔っぱいの与太話」(『牛王』通巻5号)
  13. ^ 「タモリ倶楽部」 2009年6月6日(土)放送内容 - 価格.com テレビ紹介情報
  14. ^ 番組エピソード 文豪の世界への誘い 〜大作家の作品のドラマ化〜 -NHKアーカイブス
  15. ^ 第35回日本アカデミー賞優秀賞発表!”. 日本アカデミー賞協会. 2012年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]