岡田勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田勉
出生名 岡田勉
別名 ベンさん
生誕 (1948-12-23) 1948年12月23日
出身地 日本の旗 日本 愛媛県南宇和郡
死没 (2013-10-02) 2013年10月2日(64歳没)
学歴 上智大学中退
ジャンル ジャズ
職業 ベーシスト作曲家
担当楽器 ベース
活動期間 1968年 - 2013年
公式サイト ben-okada.com

岡田 勉(おかだ つとむ、1948年12月23日 -2013年10月2日 )は愛媛県出身のベーシスト

略歴[編集]

上智大学在学中に音楽活動を開始。数々のジャズミュージシャンの作品に参加している。綾戸智絵のファースト及びセカンドアルバム、与世山澄子のデビューアルバムへの参加などもある。参加作品への楽曲提供も多い。

毎年、200回を越えるライブセッションをこなし、大野俊三大友義雄ケイコ・リー中本マリ日野元彦向井滋春丸山繁雄渡辺裕之…と共演者は数え切れない。

ジャズ以外でも、村上寛とともにSIONのアルバムやツアーへの参加などがある。

トゥーツ・シールマンス(Toots Thielemans)やリー・コニッツ(Lee Konitz)作品への参加、ルー・タバキン(Lew Tabackin)来日ツアーへの参加など、海外アーティストとの交流も多い。

2006年からは、イッセー尾形の舞台への参加など、活動の場を広げている。

2007年に、自己がリーダーを務めるカルテット<ヒコのりベンBand>によるファーストアルバム「HAPPINESS」を、2010年にセカンドアルバム「Zan Zaux」を発表。メンバーは、峰厚介野力奏一村上寛、岡田勉。

2013年、他界。

闘病中の応援ライブ,追悼ライブなど[編集]

  • 「ジャズベーシスト岡田勉メモリアル写真展」
  • 「CD:ONTOLOGY」
    • 2014年5月14日リリース
    • 参加ミュージシャン:後藤浩二
  • 『See You BEN-またね、BENさん』i-Phone、i-Pad用アプリ
    • 2015年3月11日リリース
    • 〈参加ミュージシャン・他〉AKI/秋山一将/石井彰/稲葉国光/宇根裕子/江藤良人/海老原淳子/大隅寿男/興津博規/加藤雅史/河合勝彦/岸田恵士/Q.いしかわ/グレース・マーヤ/黒田敦司/ケイコ・リー/小杉敏/後藤浩二/榊原洋子/清水絵理子/鈴木勲/鈴木良雄/豊崎圭介/中牟礼貞則/中本マリ/野力奏一/日野皓正/増尾好秋/峰厚介/山本剛/渡辺裕之/渡辺文雄(以上、敬称略)

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

主な参加作品[編集]

  • 『ライヴ・イン 根室 1977 (Live in Nemuro 1977)』 (2016年、渡辺貞夫
  • 『I Thought about You』 (2013年、竹田一彦
  • 『Quiet Thrill』 (2009年、the EROS
  • 『You Are So Beautiful』 (2008年、鈴木ウータン正夫
  • 『DREAMY』 (2008年、MATSU & HIS SUPER BAND feat. 渡辺明日香
  • 『ジャズ・イン・ジャパン:Legends of 70's (Jazz in Japan : Legends of 70's)』 (2007年、オムニバス)
  • 『QuietStoRm』 (2005年、QuietStoRm
  • 『WATARASE』 (2005年、板橋文夫
  • 『キューズ・グルーヴ (Q's GROOVE)』 (2003年、Q・いしかわ
  • 『ダイナ (DINAH)』 (2000年、山本剛
  • 『Day By Day』 (2000年、チカ・シンガー
  • 『スピーク・ロウ (Speak Low)』 (1999年、山本剛
  • 『メモリーズ・オブ・ビル・エヴァンス (Memories of bill evans a tribute to bill evans)』 (1999年、オムニバス)
  • 『YOUR SONGS』 (1998年、綾戸智絵
  • 『For All We Know』 (1998年、綾戸智絵
  • 『カッコ (Kakko)』 (1998年、カッコ
  • 『バランセ (BALANCEZ)』 (1997年、峰厚介
  • 『ボディー・アンド・ソウル<ウォーン・マーシュに捧ぐ (BODY and SOUL - dedicated to the memory of Warne Marsh )』 (1996年、 Lee Konitz & Gary Foster
  • 『ライブ・アット・ボディ・アンド・ソウル (Live at Body & Soul)』 (1996年、山本剛
  • 『イン・ナ・メイズ (In a maze)』 (1995年、峰厚介
  • 『リー・コニッツ ミーツ ドン・フリードマン (Lee Konitz meets Don Friedman)』 (1994年、Lee Konitz
  • 『EASE』 (1993年、本田竹曠
  • 『メジャー・トゥ・マイナー (Major to Minor)』 (1993年、峰厚介
  • 『TRUE LIVE / 1989-1992』 (1993年、SION
  • 『フォー・センチメンタル・リーズンズ (For Sentimental Reasons)』 (1992年、本居まみ
  • 『39th ストリート (39th STREET)』 (1991年、本田富士旺
  • 『ニューヨーク今日想曲 (Rhapsody In N.Y.)』 (1991年、阿見紀代子
  • 『マイ・ロマンス (My Romance )』 (1991年、亜樹山ロミ本田富士旺
  • 『夜しか泳げない』 (1990年、SION
  • 『ゲティング・トゥ・ノウ・ユー (Getting to know you)』 (1988年、上野尊子山本剛
  • 『ミスター・ソウルマン (Mr. Soul Man)』 (1987年、寒川敏彦 ウィズ 原信夫シャープス・アンド・フラッツ
  • 『サテン・ドール (Satin Doll)』 (1986年、山本剛
  • 『ファースト・コンサート・ライブ - ベース・クッキン (First Concert Live - Bass Cookin')』 (1985年、ジャパニーズ・ベースプレイヤーズ・クラブ
  • 『イントロデューシング (Introducing)』 (1983年、与世山澄子
  • 『In Tokyo』 (1979年、Toots Thielemans
  • 『ミッドナイトサン (Midnight Sun)』 (1978年、山本剛
  • 『バーニング・メン(バーニング・スーパー・セッション) (BURNING MEN(Burning super session))』 (1978年、鈴木勲
  • 『ブルース・トゥ・イースト (BLUES TO EAST)』 (1978年、山本剛
  • 『ジャズ・オブ・ジャパン・ライヴ・アンダー・ザ・スカイ’77 (Live Under The Sky '77 ・Jazz Of Japan )』 (1977年、オムニバス)
  • 『濤』 (1976年、板橋文夫
  • 『リサイタル (Recital)』 (1976年、渡辺貞夫
  • 『マンデイ・ブルース (Monday blues)』 (1975年、渡辺香津美
  • 『ホイール・ストーン Vol.2 (WHEEL STONE Vol.2)』 (1975年、日野皓正
  • 『ホイール・ストーン (WHEEL STONE)』 (1975年、日野皓正
  • 『ダフード (Daahoud)』 (1975年、山本剛
  • 『スピーク・トゥ・ロンリネス (SPEAK TO LONELINESS)』 (1975年、日野皓正
  • 『ライヴ・イン・コンサート (Live in concert)』 (1975年、日野皓正
  • 『サニー (Sunny)』 (1975年、安田南
  • 『イントゥ・エタニティ (Into eternity)』 (1974年、日野皓正
  • 『アウト・オブ・ケイオス (Out of Chaos)』 (1974年、峰厚介
  • 『トレイス (TRACE)』 (1974年、益田幹夫
  • 『モーニング・フライト (Morning flight)』 (1973年、福村博
  • 『ジャーニー・イントゥ・マイ・マインド (Journey into my mind)』 (1973年、日野皓正
  • 『ライブ-ファースト・フライト (LIVE - first flight)』 (1973年、福村博

関連項目[編集]

外部リンク[編集]