樋口康雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

樋口 康雄(ひぐち やすお、1952年10月13日 - )は、日本作曲家東京都品川区出身。愛称はピコ。父はソニー創業メンバーの一人、樋口晃[1][2]

来歴・人物[編集]

両親になかなか子供が授からず、養子をもらおうと本気で考え始めていた時に生まれたのが康雄であった。その時、母親は33歳で、女性の厄年の歳に生まれた子はラッキー・ボーンだという外国の風習を鑑み、海外のプレス向けのプロフィールの最初には、そのことが明記されている。

幼少時よりバイオリンやピアノを嗜む父の影響で音楽に親しむ。ちなみに、父以外に親族では音楽を嗜むのは母方の祖母が琵琶の師範をしていたという。ピアノは3歳時より先生について正式に始めたが、両親は康雄を音楽家にしようと英才教育を施すつもりはなく、小学校3年からはボーイスカウトの活動にも参加した。天分として絶対音感が備わっており、小さな頃から一度聴いた音楽は再現でき、幼稚園のお遊戯の時間には先生のオルガンを代弾きしたこともあった。小学校時代からピアノ曲やアンサンブルの作曲を始め、中学時代には立教大、慶応大のジャズ研に参加し、ピアニスト、アレンジャーとして活躍する。麻布中学在学時には、ビートルズに傾倒、コピーバンドを結成し文化祭で演奏を披露。当時から早くもその才能を開花させ、ピアノのインプロヴィゼーション(即興演奏)では、その地域でも名の知れた存在であった。学校の近くにあったMRA(Moral Rearmament 道徳再武装)のバンドでピアノのエキストラを経て、NHKのチーフ・ディレクター末盛憲彦(代表的な番組は『夢であいましょう』)に見出され、高校在学中に『ステージ101』で、ボーカル・インストゥルメンタルグループ、シング・アウトのメンバーとしてデビュー。その時、番組の音楽監督をしていたのが中村八大(シング・アウトのデビュー・シングル「涙をこえて」を作曲したのも中村)で、樋口はここで音楽番組の作り方のテクニックを体得する。その後、同番組の音楽スタッフとなり作曲家としてのキャリアをスタートさせる。

ラジオやテレビなどの出演を経て、1971年12月、日本人として初めて米国MCAとポピュラー音楽のアレンジャーとして専属作家契約を交わす。しかし樋口は、自身の日本人としてのアイデンティティーを大切したいと、外国での活動は控えていた。上智大学進学後は、学内では音楽には一切関わらず学業に専念していたが、初期の『レッツゴーヤング』の音楽をはじめ、レコード、テレビドラマ、映画、舞台、CM音楽の仕事は増え、クラシックのスコアの書ける数少ない若手作曲家として業界での注目を集めていった。

MCAとの契約直後より、樋口はクラシック音楽も手がけたいとの思いが一層募り、1976年頃からテレビドラマなどの仕事と並行して弦楽四重奏曲やピアノ協奏曲といった純音楽作品をコツコツと書き溜めるようになって行く。1978年、MCAの契約終了に伴い独立。1979年にはワーナーパイオニアから管弦楽作品『オリエンテーション』とフュージョンアルバム『ニューヨーク・カット』を同時リリース。

1976年以降、管弦楽作品の発表の機会を得たいと思っていた矢先、ニューヨーク・フィルハーモニア室内管弦楽団の責任者と出会い、新作の委嘱を受ける。1979年7月には、この楽団の特別演奏会がニューヨークと東京で開催され、樋口の新作が披露された。その時、東京の公演にたまたま聴きに来ていた手塚治虫ヴァイオリン協奏曲“KOMA”を大いに気に入り、アニメ映画火の鳥2772 愛のコスモゾーン』の音楽を依頼するまでに発展する。手塚のこの劇場作品では、“KOMA”だけではなくアルバム『オリエンテーション』にある多くの旋律が使われている。そしてこの年、1980年にはカラー版新作テレビアニメ『鉄腕アトム』の音楽を担当するのがほぼ決まっていたにもかかわらず、その話が流れてしまう。それを申し訳なく思った手塚は、翌81年の『ブレーメン4』で音楽が物語の中心に来るアニメを樋口に用意し、再び組むことになる。以後、樋口は『小公女セーラ』や『機動新世紀ガンダムX』といったアニメ音楽を手がけている。なお、『ママは小学4年生』の音楽も「樋口康雄」と記されていることがしばしばあるが、この作品ではオープニング・テーマとエンディング・テーマを担当しただけである。

付随音楽を主とするが、純音楽からポピュラー音楽までの活動範囲は多岐に渡り、これまでに楽曲、プロデュースを手がけたアーティストは多数。2003年には鉄腕アトムの生誕を記念して製作されたアルバム『MUSIC FOR ATOM AGE』を発表。久々のアニメ音楽では富野由悠季監督作品『リーンの翼』(2006年)。

NHKで放送中の10分間番組『あの人に会いたい』のテーマ音楽は、冨田勲から引き継いで現在樋口康雄が担当している。

作品[編集]

個人名義[編集]

純音楽[編集]

  • ピアノ・コンチェルティーノ (1975)
  • 組曲 『SAKURAHIME』(1976)
  • 管弦楽曲 『A Thousand Calabashes』(1979)
  • バイオリン協奏曲 『コマ』(1979)
  • 七重奏曲 『ボイルドエッグ』(1979)
  • ワルチング・マチルダ変奏曲 (1980)
  • ピアノ協奏曲 『ミ』 (1981)             
  • 木管、マリンバ、コントラバスと打楽器のための五重奏曲 『ステージドア』(1981)
  • 無伴奏オーボエのための小品 『アイシクル』(1982)
  • 三台のマリンバのための小品 『チェスボード』(1982)
  • コルネット協奏曲 (1983)
  • 室内楽曲 『フェイム』(1983)
  • トランペット協奏曲 (1984)
  • ピアノ協奏曲 『展覧会の絵』 (1984)
  • 二台のギターと弦楽四重奏のための小品’87 (1987)
  • 弦楽四重奏のための小品’87 (1987)
  • コンピュータによる音楽 『Geometric Love』(1987)
  • 三台のマリンバのための小品 『タッチ・ウッド (1988)
  • 三重協奏曲 『シンフォニック・ダンス』 (1988)
  • ピアノのための小品’88 (1988)
  • 6台のチェロと4台のコントラバスとピアノのための小品’89 (1989) 
  • 木管五重奏曲 『カレイドスコープ』(1990)
  • 管楽器、打楽器とハープのための小品 『アクアファンタジー』(1990)
  • バイオリン協奏曲 『ティファ』(1990)           
  • 『さくら変奏曲』(1991)            
  • 『芍薬変奏曲』(1993)

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • みんなの図書室 うそと本当の箱 (1974、NHKラジオ第1
  • ポックリソング (1975、NHK-FM
  • 黒蜥蜴 (1976、NHK-FM)
  • 甲子園少女 (1978、NHK-FM)

演劇[編集]

  • 私はルビィ (1975、劇団青年座
  • 桜姫東文章 (1976、都民芸術フェスティバル)
  • ブンナよ木からおりてこい (1978、劇団青年座)
  • 地球のぐあいはどうだい? 廻ってますぜ 大将! (1981、五月舎 / 俳優座
  • DANCING HEROES (1979、パルコ劇場
  • 三文オペラ (1981、劇団青年座)
  • ゆかいな海賊大冒険 (1982 - 1984、JACミュージカル宮川晶と合作
  • 弥次喜多 (1985、劇団青年座)
  • 補陀楽山へ 詣ろうぞ - 枝折谷の記 (1987、新劇団協議会)           
  • 盟三五大切 (1989、 劇団青年座)
  • ザ・シンギング (1994、ミュージカル)
  • 怪談 橋姫 (1998、ホリ・ヒロシ人形公演)

映画・アニメ・ドキュメンタリー[編集]

  • 哀愁のサーキット (1972、日活
  • 赤い鳥逃げた?(1973、東宝
  • エロスは甘き香り (1973、日活)
  • ㊙色情めす市場(1974、日活)
  • OL日記 濡れた札束 (1974、日活)
  • あれはだれ? (1976、短編アニメーション)  
  • りすのパナシ(1978、エコー社)
  • ガキ大将行進曲 (1979、青銅プロダクション)
  • 火の鳥2772 愛のコスモゾーン (1980、東宝)
  • ブレーメン4 地獄の中の天使たち (1981、日本テレビ)
  • 愛しき日々よ(1984)
  • 世界名作劇場 小公女セーラ (1985、フジテレビ)[3]
  • 映画の肖像 黒澤明 大林宣彦 映画的対話(1990、黒澤プロ/PSC)
  • 北限に生きるA2-84群 (1996、フジテレビ)
  • 機動新世紀ガンダムX (1996、テレビ朝日)
  • あらしのよるに ビデオ紙芝居(1999、メディアファクトリー) 
  • リーンの翼(2005-06)
  • あの人に会いたい (2009、NHK総合)

レコード/CD[編集]

  • パセリと野の花 /石川セリ (1972、キャニオン
  • abc PICO first /PICO(樋口康雄 1972)
  • 赤い鳥逃げた? オリジナル・サウンドトラック (1973、ポリドール
  • かもめのジョナサン (1974、東芝)               
  • 分裂唄草紙 /野坂昭如(1974)        
  • PAPER MOON /大橋純子(1976)
  • 上田知華 + KARYOBIN (1979)
  • 上田知華 + KARYOBIN Ⅱ(1979、ワーナー)
  • オリエンテーション(1979、ワーナー)
  • ニューヨーク・カット(1979、ワーナー) 
  • 火の鳥2772 PHOENIX2772(1980)
  • 火の鳥2772 ドラマ編(1980、コロムビア)
  • 神崎愛ファースト /神崎愛 (1980、日本フォノグラム
  • 三文オペラ (1981、トリオ
  • ブレーメン4(1981)
  • ブレーメン4 ドラマ編(1981、キングレコード)
  • 月の光、トロイメライ ~ 美しいものを愛するあなたへのニュー・クラシック / INVITATION TO THE NEW CLASSIC、リチャード・キャップ指揮、ニューヨーク室内楽団 (1983、日本フォノグラム)
  • DOUBLE FOCUS /アル・ヴィズッティ<tp>、高瀬アキ<pf>、漆原啓子<vn> 金洪才(キム・ ホンジェ)指揮 友田啓明合奏団(1984、バップ
  • SFX シンフォニー アビイ・ロード (1985、日本コロンビア
  • 弥次喜多 (1985、CBSソニー
  • 素晴らしきかな賛美歌 /由紀さおり安田祥子 (1988、東芝)  
  • 芍薬時代 /芍薬トリオ(1988) 
  • DANCE /芍薬トリオ (1988、ビクター
  • 甘蕉ヶ丘 ~バナナ・ヒル /アンナ・バナナ (1989、シックスティ)
  • 歌のおくりもの 時すぎぬ間に /安田祥子 (1989、東芝)
  • 誕生 /益田宏美(岩崎宏美 1989)
  • Sing selah /アンナ・バナナ(1990、シックスティ)
  • 家族 /岩崎宏美 (1991、ビクター)
  • きょうだい /岩崎宏美 (1992、ビクター)
  • 機動新世紀ガンダム X SIDE 1(1996)
  • 機動新世紀ガンダム X SIDE 2(1996)
  • 機動新世紀ガンダム X SIDE 3(1997、キングレコード)
  • 美しい夕暮れ ~バラード・セレクション /須川展也(1997、東芝EMI)
  • 20th Anniversary Concert Symphonic GUNDAM /渡邊一正 指揮 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(1999、キングレコード)
  • 愛のつばさを ~シング・アウトの旅 /シング・アウト、 ピコとアーチー・フレンズ (ビクター、2001再発)
  • 喫茶ロック at.日比谷野外音楽堂レディメイド編(2002、レディメイド)
  • アワータイム ~ソフトロック・ドライヴィン・エクストラ・トラックス(2002、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • ミュージック フォー・アトム エイジ(2003、ソニー)
  • Seri sings Pico パセリと野の花+13 /石川セリ(2003、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • 樋口康雄作品集 上田知華+KARYOBIN (2003、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • きみになりたい。小西康陽作品集 for girls(岩本千春。2004、レディメイド)
  • POPCONシングルコレクション70’s(田島裕子。2005、ヤマハ)
  • もんた&ブラザーズ ベスト10 /もんた&ブラザーズ(2005、ユニバーサル)
  • メモリアル音楽館「小公女セーラ」(2005、コロムビア)
  • メゾン・ド・ショコラ「シュガシュガルーン」イメージ・アルバム(2005、キングレコード)
  • ゴールデン☆ベスト /荒木一郎(2006、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • やけっぱちロック ~やさぐれ歌謡最前線 ビクター編(安田南。2006、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • わかってくれるともだちはひとりだっていい /秋山奈々(2006、ビクター)
  • 荒木一郎 名選集 /荒木一郎(2006、プライエイド)
  • ちょんまーじゅ(2006、ソニー)
  • のこいのこ大全 /のこいのこ(2006、ビクター)
  • ソフトロック・ドライヴィン 美しい誤解(リバティベルズ。2006、ソニー)
  • DQ*The Live! /菊池ひみこ Double Quartet(2007)
  • 春の歌集 /手嶌葵(2007、ヤマハ)
  • 樋口康雄 CM WORKS ON アソシエイツ・イヤーズ 1972-1991(2007、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • ブレイク /ブレイク(2008、ユニバーサル)
  • 永遠のピュア・ヴォイス /ヘイリー(2008、ユニバーサル)
  • 伊藤アキラCM WORKS ON アソシエイツ・イヤーズ(2008、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • 「誕生」「家族」「きょうだい」BOX /岩崎宏美(2008、ビクター)
  • Re:Sexy /石川セリ (2008、ユニバーサル)
  • Tea For Tears /大橋純子(ユニバーサル。2009再発)
  • ジブリ名曲セレクション Dear GHIBLI /井上あずみ(2010、ユーキャン)
  • Chopin de cristal /豊田裕子(2010、キングレコード)
  • ティーンエイジ・ベスト /秋山奈々(2010、ビクター)
  • Collection Blue /手嶌葵(2011、ヤマハ)

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元ソニー副社長の樋口晃さん死去朝日新聞デジタル 2015年10月6日 2015年10月7日閲覧
  2. ^ 樋口晃氏が死去 元ソニー副社長 日本経済新聞 2015年10月6日 2015年10月7日閲覧。
  3. ^ 小公女セーラ”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。

関連項目[編集]