秋山祐徳太子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秋山 祐徳太子(あきやま ゆうとくたいし、1935年 - )は日本の現代美術家・保守政治活動家。本名は秋山 祐徳(あきやま すけのり)で、雅号は聖徳太子をもじって付けた。1970年代の東京都知事選挙への出馬したことでも知られている。見世物学会理事。

経歴[編集]

  • 1935年 東京生まれ。都立工芸高図案科(現デザイン科)に入るも空手部部活動に精を出す。
  • 1960年 武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)彫刻科卒業。卒業後は工業デザイナーとして大手電機メーカーに勤務したのち、前衛芸術家に。
  • 1965年 岐阜アンデパンダン展に自分自身を出品。これ以後「ダリコ」をはじめ、ポップハプニングと称するパフォーマンスを展開。
  • 1973年 初の彫刻展を開催。以後、ブリキによる彫刻作品を次々と発表。
  • 1986年 ビデオ・デ・パップル「俺が秋山祐徳太子だ!」(インタビュアー:加藤よしこ、VE:目黒 子、ディレクター:樋川恵一)。
  • 1994年 池田20世紀美術館で「秋山祐徳太子の世界展」を開催。
  • 1999年から2003年まで札幌大学文化学部客員教授。赤瀬川原平高梨豊と「ライカ同盟」で活動中。

パブリックコレクション[編集]

立候補歴[編集]

政治の「ポップアート化」を目指し、「都市を芸術する!」とのスローガンを掲げて立候補。立候補時には既に前衛芸術家としてある程度名を知られており、全く無名の人物ではなかったが、自ら進んで「泡沫候補」と称して選挙運動を行った。当時の選挙ポスターは国立国際美術館などに収蔵されている[1]2002年には著書『泡沫桀人列伝―知られざる超前衛』を出版。落選後も自ら「泡沫のソムリエ」[2]等と称して芸術・執筆活動を展開している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 通俗的芸術論(土曜美術社、1985年)
  • 泡沫桀人列伝(二玄社、2002年)
  • ブリキ男(晶文社、2007年)
  • 天然老人(アスキー・メディアワークス 、2008年)
  • 恥の美学(芸術新聞社 、2009年)

共著[編集]

  • 西部邁)ポップコン宣言 偽りの戦後史を書き換える(光文社、カッパ・サイエンス、1995年)
  • 赤瀬川原平高梨豊)ライカ同盟NAGOYA大写撃!(風媒社、1996年)
  • 赤瀬川原平高梨豊)ライカ同盟 東京涸井戸鏡(カレイドスコープ)(アルファベータ、2004年)

TV出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 秋山祐徳太子独立行政法人国立美術館 所蔵作品総合目録検索システム
  2. ^ 秋山祐徳太子『泡沫桀人列伝―知られざる超前衛(2002年 二玄社 ISBN 4544020379)前書きに「泡沫のソムリエ秋山祐徳太子が愛をこめて綴る、純正泡沫烈士50名の恐れ入る人生」とある。
  3. ^ 秋山祐徳太子”. 西部邁ゼミナール 放送アーカイブ. 2017年2月26日閲覧。

Lua エラー mw.wikibase.entity.lua 内、88 行目: data.schemaVersion must be a number, got nil instead