鈴木勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木すずき いさお
Isao Suzuki.jpg
2016年
基本情報
出生名 鈴木すずき 勲夫いさお[1]
生誕 (1933-01-02) 1933年1月2日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (2022-03-08) 2022年3月8日(89歳没)
日本の旗 日本神奈川県川崎市中原区
学歴 立教大学
ジャンル ジャズ
職業 ベース奏者、作曲家編曲家バンドマスター
担当楽器 ベース
活動期間 1953年 - 2022年
公式サイト http://isaosuzuki.com/

鈴木 勲(すずき いさお、1933年1月2日 - 2022年3月8日[1][2])は、日本ジャズベースコントラバス奏者及び作曲家。ニックネームはオマスズオマさん東京都出身。

来歴[編集]

立教大学在学中、来日したルイ・アームストロング・オールスターズの公演を聴き特にベース奏者のミルト・ヒントンに衝撃を受ける[3]1956年には米軍ベースキャンプで演奏を始める[4]。その後松本英彦カルテット、渡辺貞夫グループに入り活動[5]。また自己のグループ結成後ファイブスポット等でライブ活動を行う[6]1963年の「幻の銀巴里セッション」でも菊地雅章富樫雅彦金井英人とのセッションを残している。1970年、来日したアート・ブレイキーにスカウトされ渡米、ジャズ・メッセンジャーズ英語版の一員となり全米、欧州をツアー[4]。帰国後TBMレーベルで『ブロー・アップ』(日本ジャズ賞受賞)等の名作を録音[6]。 その後もジャンルを問わず多くの内外ミュージシャンと共演し、後年は日本の若手ミュージシャンの教育にも力を注いだ[7]

豪快さの中に哀感を忍ばせた演奏に定評があった。2009年に南里文雄賞を受賞した[8]

2022年3月8日新型コロナウイルス感染症による肺炎のため、川崎市中原区の病院において死去した[2]。89歳没。

ディスコグラフィ[編集]

  • TBM-15 Blow Up (1973)
  • TBM-24 Blue City (1974)
  • TBM-36 All Right (1974)
  • TBM-44 Oran-Utan (1975)
  • TBM-57 Touch (1975)
  • TBM-63 Black Orpheus (1976)
  • TBM-76 Ako's Dream (1976)

その他多数。

脚注[編集]

  1. ^ a b ジャズベーシスト鈴木勲さん死去 アート・ブレイキーに請われ渡米」『朝日新聞デジタル』、2022年3月10日。2022年3月13日閲覧。
  2. ^ a b ジャズベーシストの鈴木勲さんが死去」『共同通信』、2022年3月9日。2022年3月10日閲覧。
  3. ^ 山本将志「【鈴木 勲】現役生活60年─ いまも“新しい音”を探求中。」『ARBAN』、2019年11月20日。2022年3月20日閲覧。
  4. ^ a b ジャズベーシスト鈴木勲さんが死去、89歳 新型コロナウイルスによる肺炎」『日刊スポーツ』、2022年3月10日。2022年3月20日閲覧。
  5. ^ 【訃報】鈴木勲さん」『otonano』、2022年3月10日。2022年3月20日閲覧。
  6. ^ a b キーパーソンが語る渋谷の未来 鈴木勲さん」『渋谷文化プロジェクト』、2015年10月14日。2022年3月20日閲覧。
  7. ^ 「JAZZ GOD FATHER」ジャズ・ベーシストの鈴木勲さんが逝去。享年89歳」『タワーレコード』、2022年3月10日。2022年3月20日閲覧。
  8. ^ 『読売新聞』2022年3月11日。

外部リンク[編集]