ひがしのひとし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひがしのひとし(本名 東野人志、別名 東野ひとし1948年もしくは1949年 - 2014年5月14日)は、1960年代から活動しているフォークシンガー京都古川豪高田渡中川五郎らと親交を深める。鍼灸師という肩書きもある[1]

略歴[編集]

1970年8月8日〜9日の第2回中津川フォークジャンボリーに参加して「鼻毛の伸長度に関する社会科学的考察」を歌う。この模様は、『中津川フォークジャンボリー1971』(ベルウッド)に両者とも収録されている。

URCレコードから、大量のアーティストが移籍した後も、同社のディレクターとして、古川豪とともに残留して、宮里ひろし中島光一よしだたかしらを発掘しデビューにつなげている。

1975年URCレコードから『マクシム~無頼のシャンソニエ』でアルバムデビュー。収録曲“シャンソンを歌おう”では古川豪がバンジョーで参加。その他に、豊田勇造江間あんぬらがバッキングして、シャンソンをテーマにしつつも、ジャジーでシニカルな、フォークソングを展開している。ジョルジュ・ブラサンス西岡恭蔵の作品も取り上げられている。また、オムニバスアルバム、『関西フォークの歴史2』『続関西フォークの歴史』(ともにURCレコード)には、ハナゲの歌(スタジオバージョン)、こがねの雨(新録)、このハイウェイを下って、を収録。

1977年には、セカンドアルバム『初めてのシャンソン』(URCレコード)をリリース。屁負比丘尼(へおいびくに)など、インパクトの強いナンバーを収録。また、毎日放送(MBS)で、ラジオ番組パーソナリティレポーターを務めた。80年代は京都で居酒屋を経営。ライター兼編集者としても活躍した。   2000年代初頭、26年振りのサードアルバム『水の記憶』(2003年 オフノート)を発表した。

古川豪・宮里ひろし渡辺勝オクノ修中川五郎藤村直樹などとオムニバスアルバムのフォークパルチザン『瓶の中の球体』(オフノート)をリリース。小川のほとり、学校で何を習ったの(高石ともやの作品のカバー曲。)などを収録。

古川豪、中山ラビ豊田勇造三浦久らと、『七夕コンサート』を毎年ひらいている。

2014年5月14日、肺炎のため大阪市内の病院で死去[2]。享年65歳。

ハナゲの唄[編集]

作詞・作曲した「鼻毛の伸長度に関する社会科学的考察」は、「ハナゲの唄」として、山本厚太郎のグループ「ソルティー・シュガー」がカヴァーして(アルバム『茶歌集』(ソウルフィット)に収録)、小ヒットしていた曲。

関連人物・項目[編集]

[編集]

  1. ^ 「古川豪に見たフォークの健在」 - 本間健彦(『街から』96号・2008年10月、街から舎)
  2. ^ 東野人志氏死去 シンガー、「ハナゲの…」 京都新聞 2014年5月30日