早川義夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早川義夫
生誕 (1947-12-15) 1947年12月15日(69歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都千代田区
学歴 和光学園高校卒業
和光大学中退
ジャンル フォーク
サイケデリック・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターピアノ
活動期間 1965年 - 1971年
1986年
1994年 -
レーベル URC
ソニー
CONSIPIO RECORDS
ビクター
共同作業者 ジャックス
Ces Chiens
公式サイト 早川義夫公式サイト

早川 義夫(はやかわ よしお、1947年12月15日 - )は、日本シンガーソングライター、著述家。1960年代後半にロックバンドジャックスのメンバーとして活動。解散後はソロとして活動を継続している。東京都千代田区出身。和光学園高校卒業、和光大学中退。血液型はB型。

来歴[編集]

中学時代、日劇ウエスタンカーニバル尾藤イサオのステージ(演奏:ジャッキー吉川とブルーコメッツ)を見て、ロックに目覚める。1965年、高校時代に、同級生2人と「ナイチンゲイル」というバンドを結成。この頃、メジャーデビュー前のザ・スパイダースを見て、刺激を受けている。大学進学後、バンド名をジャックスと改め、ライブ活動を始める。1967年にメンバーが交替し、早川義夫、木田高介水橋春夫谷野ひとしの4人編成となる。デビューアルバムは『ジャックスの世界』。ジャックスはセカンドアルバム『ジャックスの奇蹟』を残して解散する。当時商業的に大きな成功を収めることはなかったが、彼らのジャズに影響を受けたオリジナルな音楽性、そして早川の狂気を秘めた歌声と異様で繊細な歌詞は、後に日本のパンク・ロック等のさきがけとして高い評価を受けるようになる。

ジャックス解散後、URCレコードのディレクターの傍ら、ソロアルバム『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』を発表する。このアルバムにも収められている「サルビアの花」は後に多くのミュージシャンによってカバーされるスタンダード曲となる。ディレクターとしては岡林信康加川良らを担当した。 しかし次第に音楽の仕事から離れ、1972年には川崎市内に早川書店を開店した。1994年に『この世で一番キレイなもの』で復帰するまで23年間音楽活動を停止していた。

2003年佐久間正英とCes Chiensを結成。佐久間正英はデビュー前のジャックスショウを観て衝撃を受けたという。

音楽作品[編集]

ジャックス時代の作品はジャックス_(バンド)#作品を参照

アルバム[編集]

  1. かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう (1969年、URC)
    • わらべ唄 / もてないおとこたちのうた / 無用ノ介 / シャンソン / サルビアの花 / NHKに捧げる歌 / 聖なるかな願い / 朝顔 / 知らないでしょう / 枕歌 / しだれ柳 / 埋葬
  2. この世で一番キレイなもの (1994年、ソニー)
    • この世で一番キレイなもの / 君のために / 君に会いたい / お前はひな菊 / H / サルビアの花 / 雪 / 桜 / 赤色のワンピース / いつか
  3. ひまわりの花 (1995年、ソニー)
    • 身体と歌だけの関係(4/4) / 堕天使ロック / 風月堂 / 屋上 / 『愛人』のように / ラブ・ゼネレーション / 花火 / いい娘だね / あと何日 / ひまわりの花 / 身体と歌だけの関係(6/8) / 僕らはひとり
    • 「身体と歌だけの関係」、「あと何日」、「僕らはひとり」はハイポジのカバー。
  4. 花のような一瞬 (1996年、ソニー)
    • 純愛 / パパ / 嫉妬 / グッバイ / あのころ / 君でなくちゃだめさ
  5. 恥ずかしい僕の人生 (1997年、ソニー)
    • 敵は遠くに / 嫉妬 / 君でなくちゃだめさ / 犬のように / パパ / 純愛 / グッバイ / 埋葬 / からっぽの世界 / 恥ずかしい僕の人生 / アメンボの歌
  6. 歌は歌のないところから聴こえてくる (2000年、ソニー)
    • 僕の骨 / 父さんへの手紙 / 猫のミータン / 天使の遺言 / 君の亭主 / My R&R / 人間のバラード / 音楽 / 悲しい性欲 / 躁と鬱の間で
    • 「My R&R」は仲井戸麗市のカバー、「人間のバラード」は筋肉少女帯のカバー。
  7. 言う者は知らず、知る者は言わず (2002年、CONSIPIO RECORDS) - 二枚組のライブ盤
    • (Disk A) 音楽 / 風月堂 / 犬のように / 僕の骨 / 身体と歌だけの関係 / H / 恋に恋して / 花のような一瞬 / パパ / グッバイ / 嵐のキッス / 父さんへの手紙 / 躁と鬱の間で
    • (Disk B) いい娘だね / マリアンヌ / われた鏡の中から / 天使の遺言 / 君でなくちゃだめさ / ロール・オーバー・ゆらのすけ / 猫のミータン / お前はひな菊 / 裏切りの季節 / からっぽの世界 / 批評家は何を生み出しているのでしょうか / 恋に恋して / いつか
  8. I LOVE HONZI (2008年、ビクター) - ライブ盤
    • サルビアの花 / からっぽの世界 / 君でなくちゃだめさ / パパ / 僕らはひとり / 猫のミータン / 暮らし / 父さんへの手紙 / 恋に恋して / I LOVE HONZI
    早川義夫(ボーカル、ピアノ)、佐久間正英(ギター)、HONZI(バイオリン、コーラス、メロディカ)の3人によるライブ演奏集

シングル[編集]

  1. 前口上 (1986年、クロヤマレコード
    • 前口上 / からっぽの世界
    • 黒澤進による自主製作盤。「前口上」は五つの赤い風船リサイタルでの演奏。「からっぽの世界」はジャックスショウでの演奏。
  2. 君のために (1994年、ソニー
    • 君のために / サルビアの花
  3. アメンボの歌 (1997年、ソニー) 
    • アメンボの歌 / 嵐のキッス
    • 「アメンボの歌」の作詞曲は桑田佳祐

VHS・DVD[編集]

  1. VHS 早川義夫ライヴ (1994年、ソニー)
    • 堕天使ロック / マリアンヌ / あのころ / 風月堂 / 君に会いたい / いい娘だね / 裏切りの季節 / お前はひな菊 / H / 桜 / 身体と歌だけの関係 / サルビアの花 / 赤色のワンピース / この世で一番キレイなもの / ラブ・ゼネレーション / いつか
  2. DVD ROOTS MUSIC DVD COLLECTION Vol.10 ROOTS MUSIC 音楽祭2 (2004年)
  3. DVD いい人はいいね、Ces Chiens Live (2005年)
    • (第一夜)風月堂 / 君に会いたい / H / 桜 / パパ / 君をさらって / 僕らはひとり / いい娘だね / 身体と歌だけの関係 / マリアンヌ / 人間のバラード / 批評家は何を生み出しているのでしょうか / 恥ずかしい僕の人生 / 躁と鬱の間で / 猫のミータン / 暮らし / 埋葬 / 堕天使ロック / ラブ・ゼネレーション / ひまわりの花 / 裏切りの季節
    • (第二夜)サルビアの花 / 赤色のワンピース / 君でなくちゃだめさ / 純愛 / 朝顔 / 恋に恋して / あと何日 / 僕の骨 / われた鏡の中から / 花が咲いて / からっぽの世界 / 嫉妬 / グッバイ / 犬のように / 雪 / 音楽 / 父さんへの手紙 / あの娘が好きだから / いつか / お前はひな菊

著書[編集]

出演[編集]

  • 映画 自己表出史「早川義夫」編(1970年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]