山平和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山平 和彦
生誕 (1952-01-23) 1952年1月23日
出身地 日本の旗 日本 秋田県潟上市
死没 (2004-10-13) 2004年10月13日(52歳没)
ジャンル フォーク
活動期間 1970年 - 2004年

山平 和彦(やまひら かずひこ、1952年1月23日 - 2004年10月13日 )は、秋田県南秋田郡飯田川町(現・潟上市)出身のシンガーソングライター

経歴[編集]

1970年URCレコードから、山平和彦とザ・シャーマン名義でシングルをリリース。1972年アルバム『放送禁止歌』(ベルウッド)でアルバムデビュー。タイトル曲の放送禁止歌が文字通り放送禁止になり、収録曲の入れ替えなどで物議をかもす。『風景』(ベルウッド)、『ライヴ』(ベルウッド)、『星の灯台』(日本フォノグラム・ニューモーニングレーベル)、『女郎花の譜』(ポリドール)などの作品をのこす。また、バックバンドだったマイ・ペースをプロデュースし、『東京』のヒットも生んだ。

活動をほぼ休止していたが、1990年代末頃から再開していた。2004年10月12日夜、東京都足立区尾竹橋通りでひき逃げ事故に遭遇し、13日未明に死去[1]。享年52。加害者は2005年1月27日に検挙された[2]

その他[編集]

  • URC時代のシングルは、1960年代のロックを意識した曲で、後の作品にはない攻撃性が伺われる内容。
  • ベルウッドレコード在籍時には、民謡フォークソングの融合された素朴な作品がアルバムに多数収録されている。放送禁止歌など、現代詩に繊細なメロディーをつけたものも多く見られる。
  • 通信販売のみの特製マキシシングルを販売していた。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、2004年10月13日付夕刊、15面
  2. ^ 朝日新聞、2005年1月27日付夕刊、18面