小倉多加志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小倉 多加志(おぐら たかし、1911年 - 1991年)は、日本イギリス文学者翻訳家実践女子大学名誉教授。本名・小倉皐(読みは同じ)。1934年京都帝国大学英文科卒。戦後、定年退職まで実践女子大教授を務め、オスカー・ワイルドを専攻とする研究活動をする傍ら、対訳の英語教科書の執筆のほかに、推理小説などの数多くの文芸作品を翻訳した。日本バートランド・ラッセル協会設立発起人の一人。

著書[編集]

  • 『高等英文法』 小倉皐名義 南雲堂 1953
  • 『明解英文解釈法』 大学書林 1960
  • 『イギリス文学史要説』 南雲堂 1975

翻訳[編集]

  • 『イギリス世紀末文学』 1890年代 ホルブルック・ジャクスン 千城書店 1955
  • 『ギャスケル短篇集』 小倉皐名義 南雲堂 19521952
  • 『乾草の中の恋』 D・H・ローレンス 日本服飾新聞社出版局 1956
  • 『時計の中の骸骨』 カーター・ディクスン 早川書房 1957 のち文庫
  • 『別れた妻たち』 カーター・ディクスン 早川書房 1957(世界探偵小説全集)
    • 【改題】『青ひげの花嫁』文庫
  • 『消えた街燈』 ビヴァリイ・ニコルズ 早川書房 1958(世界探偵小説全集)
  • 『ヴェルフラージュ殺人事件』 ロイ・ヴィカーズ 早川書房 1958(世界探偵小説全集)
  • 『貴婦人として死す』 カーター・ディクスン 早川書房 1959 のち文庫
  • ポアロ登場 エルキュール・ポアロ事件簿』 アガサ・クリスティー 早川書房 1959 のち文庫
  • 『血ぬられた報酬』 ニコラス・ブレイク 早川書房 1960 のち文庫
  • 『旅人の首』 ニコラス・ブレイク 早川書房 1960(世界ミステリシリーズ)
  • 『破船』 ヒューバート・クラッカンソープ 白帝社 1960
  • 『聖者・水夫・悪い仲間・にれの木』 V.S.プリッチェット アンガス・ウィルソン 坂本和男、来住正三共訳 南雲堂 1960(双書20世紀の珠玉)
  • 『どこからでも十マイル・他』 P.H.ニュービー 南雲堂 1960(双書・20世紀の珠玉)
  • 『死人の鏡』 アガサ・クリスティー 早川書房 1960 のち文庫
  • 『証拠の問題』 ニコラス・ブレイク 早川書房 1962
  • 『迷宮課事件簿 迷宮課シリーズ1』 ロイ・ヴィカーズ 村上啓夫吉田誠一共訳 早川書房 1962
  • アーサー王宮廷のヤンキーマーク・トゥウェイン 早川書房 1963 のち文庫
  • 『引き潮の魔女』 ジョン・ディクスン・カー 早川書房 1963 のち文庫
  • 『殺人の色彩』 ジュリアン・シモンズ 早川書房 1963(世界ミステリシリーズ)
  • 『生活の知恵』 A.モーロア 南雲堂 1964(南雲堂版現代の教養)
  • 『死のジョーカー』 ニコラス・ブレイク 早川書房 1964(世界ミステリシリーズ)
  • 『罠』 アンドリュウ・ガーヴ 早川書房 1964(世界ミステリシリーズ)
  • 『囚人の友』 アンドリュウ・ガーヴ 早川書房 1964
  • 『失踪者』 ヒラリイ・ウォー 早川書房 1965(世界ミステリシリーズ)
  • 『悪の断面』 ニコラス・ブレイク 早川書房 1965 のち文庫
  • 『ダイヤモンドの味』 ノエル・クラッド 早川書房 1965(世界ミステリシリーズ)
  • 『暗い燈台』 アンドリュウ・ガーヴ 早川書房 1965(世界ミステリシリーズ)
  • アイ・スパイ』 ジョン・タイガー 早川書房 1966(世界ミステリシリーズ)
  • ナポレオン・ソロ
    • 『にせ札偽造団 ナポレオン・ソロ4』 ジョン・オーラム 早川書房 1966
    • 『放射能キャラバン追跡 ナポレオン・ソロ7』 ピーター・レスリー 早川書房 1966
    • 『恐怖の巨人衛星 ナポレオン・ソロ9』 デイヴィッド・マクダニエル 早川書房 1967
    • 『世界木枯し作戦 ナポレオン・ソロ11』 J.ハンター・ホーリー 早川書房 1967
    • 『消えた怪飛行船 ナポレオン・ソロ12』 トーマス・ストラットン 早川書房 1967
    • 『犯罪王レインボー ナポレオン・ソロ14』 ディヴィッド・マクダニエル 早川書房 1968
    • 『スラッシュ株式会社 ナポレオン・ソロ15』 フレドリック・デイヴィス 早川書房 1968
  • 『精神寄生体』 コリン・ウィルソン 早川書房 1969 のち学研M文庫
  • 『疾風の年齢』 キャメロン・ホーリイ 早川書房 1970(ハヤカワ・ノヴェルズ)
  • 『叔母との旅』 グレアム・グリーン 早川書房 1970
  • 『大学二年生』 バリー・スパックス 早川書房 1970(ハヤカワ・ノヴェルズ)
  • 『デラニーの悪霊』 ラモナ・スチュアート 早川書房 1971(ハヤカワ・ノヴェルズ)
  • 『秘められた傷』 ニコラス・ブレイク 早川書房 1971(ハヤカワ・ミステリ)
  • 『死の猟犬』 アガサ・クリスティー 早川書房 1971 のち文庫
  • 『神々の糧』 H・G・ウエルズ 早川書房 1972 のち文庫
  • 『山荘綺談』 シャーリイ・ジャクスン 早川文庫 1972
  • 怪談・奇談』 L.ハーン 潮文庫 1972
  • 『グリーン・マン』 キングズリィ・エイミス 早川書房 1974(ハヤカワ・ノヴェルズ)
  • 『大地震』 ジョージ・ホックス 早川書房 1974
  • 『課外教授』 フランシス・ポリーニ 早川書房 1974(ハヤカワ・ノヴェルズ)
  • ブラジルから来た少年アイラ・レヴィン 早川書房 1976 のち文庫
  • 風とライオンジョン・ミリアス 早川書房 1976(Hayakawa books)
  • 火刑法廷』 ジョン・ディクスン・カー 早川文庫 1976
  • 『家』 ロバート・マラスコ 早川書房 1977 のち文庫
  • 『リーインカーネーション』 マックス・エールリッヒ 早川書房 1977
  • 『リヴァーサイドの殺人』 キングズリイ・エイミス 早川書房 1977
  • ドーヴァーシリーズ
    • 『誤算 ドーヴァー3』 ジョイス・ポーター 早川書房 1965 のちハヤカワミステリ文庫 1980 
    • 『切断 ドーヴァー4』 ジョイス・ポーター 早川書房 1969 のち文庫
    • 『人質 ドーヴァー8』 ジョイス・ポーター 早川書房 1978.4(世界ミステリシリーズ)
    • 『楽勝 ドーヴァー9』 ジョイス・ポーター 早川書房 1979.9(世界ミステリシリーズ)、1989.5(ハヤカワ・ミステリ)
    • 『昇進 ドーヴァー10』 ジョイス・ポーター 早川書房 1981
  • 『侵略の惑星』 アラン・ディーン・フォスター サンリオ 1978.7
  • 『透きとおった部屋』 フェリース・ピカーノ 早川文庫 1979
  • 『アイランド』 ピーター・ベンチリー 早川書房 1979.12(Hayakawa novels)
  • 『ドラキュラのライヴァルたち』 マイケル・パリー編 早川文庫 1980
  • 『愛の探偵たち』 アガサ・クリスティー 早川文庫 1980
  • 『ポケット英語で怪奇小説を読もう』 編訳 南雲堂 1982.3(英語文庫)
  • 『ファー・コール』 ゴードン・R.ディクスン 早川書房 1982.6(海外SFノヴェルズ)
  • 『雪原の炎』 アリステア・マクリーン 早川書房 1983 のち文庫
  • 『レッド・ドラゴン』 トマス・ハリス 早川書房 1985 のち文庫
  • 『海ふかく』 ウィリアム・ホープ・ホジスン 国書刊行会 1986.8(アーカム・ハウス叢書)
  • 『呪われし地』 クラーク・アシュトン・スミス 国書刊行会 1986.4(アーカム・ハウス叢書)
  • 『母親を喰った人形』 ラムジー・キャンベル 早川文庫 1987
  • 『アルバート公売ります』 マイクル・バタワース 早川文庫 1988
  • 『総統の頭蓋骨』 マイクル・F.アンダースン 早川文庫 1988
  • 『11の物語』 パトリシア・ハイスミス 早川文庫 1990
  • 『デーモン・ナイト』 J.マイケル・ストラジンスキー 早川文庫 1990
  • 『魔の淵』 ヘイク・タルボット 早川書房 2001.4(ハヤカワ・ミステリ)