芥川隆行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あくたがわ たかゆき
芥川 隆行
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京府東京市芝区
(現東京都港区
生年月日 1919年3月6日
没年月日 (1990-10-02) 1990年10月2日(71歳没)
最終学歴 慶應義塾大学経済学部
所属事務所 芥川企画
職歴 ラジオ東京アナウンサー
フリーアナウンサー・ナレーター・司会者
活動期間 1951年 - 1990年
ジャンル スポーツ、ラジオドラマの語り手、芸能、歌謡、時代劇
配偶者 本田節子
担当番組・活動

芥川 隆行(あくたがわ たかゆき、1919年3月6日 - 1990年10月2日[1])は、日本アナウンサーナレーター司会者。本名同じ[2][3]

東京府(1943年7月以後の東京都)出身[4]

1951年10月にTBS(ラジオ東京)にアナウンサー第1期生として入社。1959年12月にTBS(ラジオ東京)を退社。1960年1月にフリーとなり芥川企画を設立し司会者・ナレーターとしても活躍した。日本におけるナレーターの草分け的存在でもあり[2]、時代劇、演歌番組において、「芥川節」と呼ばれるめりはりのきいた渋い語り口で活躍[3]。代表作には『木枯し紋次郎』、『必殺シリーズ』、『水戸黄門』等[5]。”顔のない名優"といわれた[2]。妻はTBSアナウンサー第1期生の本田節子[6][7][注釈 1][9]

略歴[編集]

1941年慶應義塾大学経済学部[5]を卒業後、川西機械製作所兵庫県神戸市)に入社[10]。1941年12月、入隊[10]。復員後、大分県高等学校教員等を務める[10][11]1951年10月、ラジオ東京へアナウンサー第1期生として入社、放送界入り。1959年12月、TBSを退社。1960年1月、フリーとなり、芥川企画を立ち上げる。1990年10月2日肺癌により死去。71歳没。

人物[編集]

先祖は福岡県柳川市出身[2]。父は計器類製造・販売経営者[11]。弟がいる[12][注釈 2]

現在の東京都港区白金生まれ[10][11]。子供の頃から足が速く中学・大学では陸上部所属[13]。祖父は福沢諭吉の侍医の一人で、父も慶應義塾大学に通い、[11]慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部を経て、1941年慶應義塾大学経済学部を卒業後、「すべてが無計画で、その場その場のでき心で行動しているんです。」と、川西機械兵庫県神戸市)に入社したが出社したのがふた月だけだった[10]。1941年12月、入隊、北支那方面軍に配属され、以降中国戦線を転戦。仕官候補試験に合格して陸軍中尉となり、斎南の補給廠に勤めている時に敗戦を迎えた。[11]1946年、復員。[11]1948年、野球選手の芥田武夫と間違えられて大分県高等学校教員となり、[14]国東高等学校、森高等学校で教鞭[11]等を経て[10]1951年10月にラジオ東京へアナウンサー第1期生として入社[6][7]、アナウンサー募集に応募した際には既に32歳だったことから願書も受け付けてもらえなかったが、「役者にも老け役が必要であろう」との鶴の一声で受験可能となったため[14][11]。主に、スポーツ番組、ラジオドラマの語り手、芸能番組を担当した[15][16]。その間、編成局アナウンサー室[17](1953年2月編成局アナウンス課[18]→同年8月1日編成局アナウンス部[19])を振り出しに、1955年、ラジオドラマ『新撰組始末記』の語り手に抜擢され評判となったが、型破りなアナウンサーぶりが問題となり[11]、編成局テレビ演出部映画課兼アナウンス部(1957年6月)→テレビ編成局演出部兼アナウンス部(1958年5月)→テレビ編成局編成部兼アナウンス部(1959年5月)へそれぞれ在籍した[16]

1957年、TBSアナウンサー第1期生の本田節子と結婚。2男をもうける。[9]

芥川の声は美声というのではなく、音色(おんしょく)と語り口で聞かせるタイプで美声になっては雰囲気が台無しに。やはり風邪をひかないことを第一に心掛けていた[13]。幼少の頃、祖母に連れられて、浪花節や講談、無声映画の活弁になじんだことが、聞き手の耳へ分かりやすく伝える発声法につながり、人気に[10]

1959年12月の退社[15][16]後は、民放第1号のフリーアナウンサーへ転身[16][20]芥川企画を立ち上げ、主にナレーターとして活動、その際、「入社した時、クセがありすぎるというので、ほされる状態が8年続いた。のんきなのでそれでも気にせず、60年、行き先も考えず、フリーになった」[10]と語っている。

1961年から放映されたテレビドラマ新選組始末記』のTBSでのテレビドラマ化が決定すると、原作者の子母沢寛を訪ねて語り台本を自ら書く許可を得て、語り手としてドラマを盛り上げた。同番組はドラマの画面に語りを入れる番組作りの嚆矢ともなり、[21]語りに節をつけた彼独特の調子「芥川節」が誕生し「いまの時代のテンポに合わせていきたい。」と派手さがなかった[10]。番組の最後のほうで三橋美智也による主題歌をバックにしてのナレーションで当時の視聴者に強烈な印象を与え、同時に出世作となった。

以来、ナレーションの第一人者として、TBS『ナショナル劇場』、や『ザ・ガードマン』、『キイハンター』、『シークレット部隊』、『木枯し紋次郎』、『西遊記』、『Gメン'75』、『必殺シリーズ』、『スクール☆ウォーズ』、『ポニーテールはふり向かない』、『乳姉妹』、『もりもりぼっくん』、『三匹が斬る』など数々の人気時代劇・ドラマを手がけた[21]。中でもTBS系土曜21時台の歴代ドラマでは、多数の作品で芥川隆行がナレーターを務めていた(1986年の『親子ゲーム』は例外)。黄桜CMでも、『河童の歌』を使用していた時代にはナレーションも長期に亘り務めていた。

TBS紀行番組『兼高かおる世界の旅』では、ナレーションではなく、旅行家の兼高かおるの旅の様子の聞き手を務め30年に亘る長寿番組となる[21]

1970年大川栄策が恩師古賀政男の曲を歌ったカヴァーアルバム『大川栄策 古賀メロディーを歌う』では、語り部として起用され、これが日本初のナレーション入りアルバムにもなった[2]

ラジオでも、1971年、文化放送朝の生ワイド番組『オハヨー! 日本列島』の司会を務め、番組終了後は『お元気ですか 芥川隆行です』を担当[21]ラジオ日本では演歌専門番組『芥川隆行の演歌だヨ!』(1974年)と『芥川隆行演歌ひとすじ』のパーソナリティを務めた。イントロに独特の語りをいれる「ナレーション演歌」は、番組の名物となった。1980年終わりから1990年に亡くなるまでラジオ日本に朝から晩まで番組・コーナーを数多く持ち、ラジオ日本の顔となり人気番組に育て上げた[21]

1988年12月、仕事の集大成である『名調子芥川隆行が語る名作シリーズ・カセットブック(全15巻)』(デラ)を出版[3]

1990年7月31日、うだるような暑い日の中、ジャンパーを着込んでラジオ日本に出社し『芥川隆行の演歌だヨ!』の生放送終了後に帰宅後、体調不良を訴え入院、最初は芥川に知られないよう急性肺炎と診断されたが、8月1日の精密検査の結果、放射能治療も手術も不可能な肺癌と判明、親族にだけ知らされた[2][3]。芥川は1日で40本のタバコを吸う愛煙家でもあったという[2]。医師の許可をもらって、病院を抜け出して、レギュラー番組の収録にも出掛けていて、8月20日には『スクール☆ウォーズ2』の3 - 4話のナレーション収録を行ったが、それが遺作となり、最後の仕事でもあった(第5話以降のナレーションは城達也が務めた)[2][3]9月、芥川から『ナショナル劇場』の降板を申し出を受けて、ナレーションはTBSアナウンサー2年後輩の杉山真太郎(1953年入社)が務めた[2][3]9月4日、『兼高かおる世界の旅』最終回のナレーション収録時点では胸を押さえながら必死で挑んだが声が響いておらず、「芥川節」は本調子ではなかった[2]10月2日、肺癌のため死去。71歳没。芥川の死は芸能界にも衝撃が走った[2]。戒名は「信融院一竟日隆居士(しんゆういんいっきょうにちりゅうこじ)」[22][23]菩提寺立行寺[12][24]。ラジオ日本ではパーソナリティを務めていた『芥川隆行お昼の名作文庫』収録済みの内容については当面お断りを入れて放送[2][3]。『芥川隆行の演歌だヨ!』、『芥川隆行の懐しの演歌』についてはラジオ日本局アナウンサーが代役を務めていたが、追悼番組として放送された[2][3]10月3日、入院中の9月6日に書き下ろした『兼高かおる世界の旅』でコンビを組んだ兼高との思い出を振り返った「一つの旅の終焉」というタイトルで、雑誌『鳩よ!』(マガジンハウス)に絶筆掲載された[25]

好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」。自分の事を計画性がないと言いながらも硬派取り混ぜて朗読、対談、ナレーションと万能で、その語り口は品が良く、物静かだったという[10]

アナウンサー・ナレーター担当歴[編集]

テレビドラマ[編集]

※いずれも、ナレーター。

タイトル 放映年 放映局 備考
新選組始末記 1961 - 1962年 KRT
幕末 1964年 - 1965年 TBS
土曜日の虎 1966年 TBS
キイハンター 1968年 - 1973年 TBS 第24話「私たち人殺しなの」で顔出し出演
なんたって18歳! 1971年 - 1972年 TBS
アイフル大作戦 1973年 - 1974年 TBS
水戸黄門 (第一部) 1969年 - 1970年 TBS
水戸黄門 (第二部) 1970年 - 1971年 TBS
水戸黄門 (第三部) 1971年 - 1972年 TBS
水戸黄門 (第四部) 1973年 TBS
水戸黄門 (第五部) 1974年 TBS
水戸黄門 (第六部) 1975年 TBS
水戸黄門 (第七部) 1976年 - 1977年 TBS
水戸黄門 (第八部) 1977年 - 1978年 TBS
水戸黄門 (第九部) 1978年 - 1979年 TBS
水戸黄門 (第十部) 1979年 - 1980年 TBS
水戸黄門 (第十一部) 1980年 - 1981年 TBS
水戸黄門 (第十二部) 1981年 - 1982年 TBS
水戸黄門 (第十三部) 1982年 - 1983年 TBS
水戸黄門 (第十四部) 1983年 - 1984年 TBS
水戸黄門 (第十五部) 1985年 TBS
水戸黄門 (第十六部) 1986年 - 1987年 TBS
水戸黄門 (第十七部) 1987年 - 1988年 TBS
水戸黄門 (第十八部) 1988年 - 1989年 TBS
水戸黄門 (第十九部) 1989年 - 1990年 TBS
大岡越前 (第一部) 1970年 TBS
大岡越前 (第二部) 1971年 TBS
大岡越前 (第三部) 1972年 - 1973年 TBS
大岡越前 (第四部) 1974年 - 1975年 TBS
大岡越前 (第五部) 1978年 TBS
大岡越前 (第六部) 1982年 TBS
大岡越前 (第七部) 1983年 TBS
大岡越前 (第八部) 1984年 - 1985年 TBS
大岡越前 (第九部) 1985年 - 1986年 TBS
大岡越前 (第十部) 1988年 TBS
大岡越前 (第十一部) 1990年 TBS
東京警備指令 ザ・ガードマン 1965年 - 1971年 TBS OPのみ
清水次郎長 1971 - 1972年 CX
お祭り銀次捕物帳 1972年 CX
二人の素浪人 1972 - 1973年 CX
もりもりぼっくん 1986年 CX
木枯し紋次郎(第1シリーズ) 1972年 CX
木枯し紋次郎(第2シリーズ) 1972 - 1973年 CX
新 木枯し紋次郎 1977 - 1978年 12ch
江戸を斬る 梓右近隠密帳 1973年 - 1974年 TBS
江戸を斬るII 1975年 - 1976年 TBS
江戸を斬るIII 1977年 TBS
江戸を斬るIV 1979年 TBS
江戸を斬るV 1980年 TBS
江戸を斬るVI 1981年 TBS
江戸を斬る (第七部) 1987年 TBS
必殺仕置人 1973年 ABC
暗闇仕留人 1974年 ABC
必殺からくり人・血風編 1976 - 1977年 ABC
新・必殺仕置人 1977年 ABC
必殺仕事人 1979 - 1981年 ABC
必殺仕事人V・激闘編 1985 - 1986年 ABC
新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵 1987年 ABC
水滸伝 1973年 - 1974年 NTV
西遊記 1978年 - 1979年 NTV
西遊記II 1979年 - 1980年 NTV
猿飛佐助 1980年 NTV
松平右近事件帳 1982年 - 1983年 NTV OP冒頭口上のみ
バーディー大作戦 1974年 - 1975年 TBS
夜明けの刑事 1974年 - 1977年 TBS 次回予告のみ
Gメン'75 1975年 - 1982年 TBS
Gメン'82 1982年 - 1983年 TBS
新・夜明けの刑事 1977年 TBS 次回予告のみ
明日の刑事 1977年 - 1979年 TBS 次回予告のみ
疾風同心 1978 - 1979年 12ch
八丁堀暴れ軍団 1979年 12ch
乳姉妹 1985年 TBS
おんな風林火山 1986 - 1987年 TBS
幡随院長兵衛お待ちなせえ 1974年 MBS
影同心 1975年 MBS
影同心II 1975 - 1976年 MBS
新選組始末記 1977年 MBS
雪姫隠密道中記 1980年 MBS
運命峠 1974 - 1975年 KTV
戦友 1963 - 1964年 NET
孤独の賭け 1963 - 1964年 NET
アスファルト・ジャングル 1965年 NET
刑事さん(第1シリーズ) 1967年 NET
徳川三国志 1975 - 1976年 NET
風鈴捕物帳 1978 - 1979年 テレビ朝日
柳生あばれ旅 1980 - 1981年 テレビ朝日
柳生十兵衛あばれ旅 1980 - 1981年 テレビ朝日
三匹が斬る! 1987 - 1988年 テレビ朝日
続・三匹が斬る! 1988 - 1989年 テレビ朝日
続続・三匹が斬る! 1990年 テレビ朝日
噂の刑事トミーとマツ(第1シリーズ) 1979 - 1981年 TBS 次回予告のみ
秘密のデカちゃん 1981 - 1982年 TBS 次回予告のみ
噂の刑事トミーとマツ(第2シリーズ) 1982年 TBS 次回予告のみ
婦警さんは魔女 1983年 TBS 次回予告のみ
高校聖夫婦 1983年 TBS
不良少女とよばれて 1984年 TBS
〜泣き虫先生の7年戦争〜 スクール☆ウォーズ 1984 - 1985年 TBS
ポニーテールはふり向かない 1985 - 1986年 TBS
パパはニュースキャスター 1987年 TBS
パパは年中苦労する 1988年 TBS
スクールウォーズ2 1990年 TBS 第5話以降は城達也が担当

テレビ(ドラマ以外)[編集]

ラジオ東京
  • グランドテレビパレード(KRテレビ開局の1955年4月1日に放送。司会)[16]
  • タレント・スカウト(1956年)[16][16]
  • 東宝スクリーントピックス(1955年)[16]
  • 似てるでショウ(1956年)[15][16]
  • 小唄教室(1957年)[15][16]
フリー

ラジオ[編集]

ラジオ東京時代
フリー
  • TBSナイターTBSラジオプロ野球中継。1963年 - ?。試合終了後の穴埋めプログラム『ナイタージョッキー』の進行役を担当[27]
  • オハヨー! 日本列島(1971年 - 1975年、文化放送)司会
  • お元気ですか 芥川隆行です(1974年 - 1978年、文化放送)
  • 芥川隆行の演歌だヨ!(1974年、ラジオ日本
  • 芥川隆行演歌ひとすじ(ラジオ日本)
  • 芥川隆行お昼の名作文庫(ラジオ日本)

CM[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

舞台[編集]

  • 里見浩太朗 '82オンステージ(明治座

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 人事室厚生部の一員として「芥川節子」として掲載された情報より、「飛行機嫌いの浪花節亭主(隆行氏)に日本をまかせ、海外ツアーも数十度」と記述。[8]
  2. ^ 『新撰芸能人物事典 明治〜平成』には一人息子となっているが誤り[11]

出典[編集]

  1. ^ 名前の読み・生没年月日ともに、外部リンク(allcinema)を参照。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『スポーツニッポン』1990年10月3日。
  3. ^ a b c d e f g h 『日刊スポーツ』1990年10月3日。
  4. ^ 外部リンク(allcinema)を参照(東京都と明記)。
  5. ^ a b 『現代物故者事典 1988〜1990』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、1993年9月28日、19頁。ISBN 4-8169-1178-2
  6. ^ a b 「III. 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、2002年1月、235頁。「1951.10<1期生> 15人入社(男9・女6) 芥川隆行 池谷三郎 稲川英雄 市原信義 沢 弘三 財前和夫 高野啓二 永井資久 若林 漸 大野方子 高杉恵津子 玉井和子 楢木昭子 本田節子 武藤和子」
  7. ^ a b 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、2002年1月。「51.10 <1期生>15人入社(男9・女6) 芥川 隆行 池谷 三郎 稲川 英雄 市原 信義 沢 弘三 財前 和夫 高野 啓二 永井 資久 若林 漸 大野 方子 高杉恵津子 玉井 和子 楢木 昭子 本田 節子 武藤 和子」
  8. ^ 「TBS紳士録 人事室厚生部の巻」、『TBS社報』NO.435、TBS、1976年10月12日、 7-8頁。
  9. ^ a b 芥川隆行さん、肺ガンで急死。〝ふたりの妻〟節子夫人兼高かおるが明かした顔なき名優の素顔」、『週刊明星』第33巻第40号、集英社、1990年10月、 37頁。
  10. ^ a b c d e f g h i j 「明日は明日の風が吹く、と 芥川隆行さん逝く(先週今週・追悼)」、『アエラ』1990年10月16日、 64頁。
  11. ^ a b c d e f g h i j 『新撰芸能人物事典 明治〜平成』 日外アソシエーツ編集部、日外アソシエーツ、2010年11月25日、12頁。ISBN 978-4-8169-2283-1
  12. ^ a b “”名声”永遠に・・・ 芥川隆行さんの葬儀に七百人”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社): p. 23. (1990年10月6日) 
  13. ^ a b “ナレーター芥川隆行氏―無言で飲むのが一番、1分間うがいも励行(マイヘルス)”. 日本経済新聞夕刊: p. 6. (1989年5月20日) 
  14. ^ a b 『私とTBS』1ページに掲載された芥川のコメントを参照。
  15. ^ a b c d e f g 「III. 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、2002年1月、235頁。「芥川隆行[1959.12退社]『スポーツ番組、ラジオドラマの語り手、芸能番組』 R「ラジオ浮世亭(1952)」「ドレミファゲーム(1954)」「東京ダイヤル(1959)」 TV「タレント・スカウト(1955)」「似てるでショウ(1956)」「小唄教室(1957)」」
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、2002年1月、2頁。「芥川 隆行…[57.6 編成局TV演出部映画課兼アナウンス部][58.5TV編成局演出部兼アナウンス部][59.5 TV編成局編成部兼アナウンス部][59.12 退社][90.10 死去] 『スポーツ番組、ラジオドラマの語り手、芸能番組』 R「ラジオ浮世亭(52)」「ドレミファゲーム(54)」「タレント・スカウト(55)」「あてまショウ(56)」「20万円の扉(56)」「夕げのひととき(56)」「愛のジョッキー(59)」「東京ダイヤル(59)」 TV「タレント・スカウト(55)」「東宝スクリーントピックス(55)」「似てるでショウ(56)」「小唄教室(57)」 ☆55.4.1 テレビ開局日「グランドテレビパレード」司会 ☆退社後フリーアナウンサー。テレビ「兼高かおる世界の旅(61.1〜)」のホスト、テレビドラマ「水戸黄門」「大岡越前」のナレーターなど。」
  17. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、2002年1月、1頁。「1951年12月25日 『ラジオ東京』放送開始 午前6時30分 『編成局アナウンサー室』 開局時 23人(男15・女8)」
  18. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、2002年1月、5頁。「1953年2月 『編成局アナウンス課』43人(男31・女12)」
  19. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、2002年1月、7頁。「1953年8月1日 『部』に昇格。『編成局アナウンス部』となる。」
  20. ^ 『新撰芸能人物事典 明治〜平成』 日外アソシエーツ編集部、日外アソシエーツ、2010年11月25日、12-13頁。ISBN 978-4-8169-2283-1
  21. ^ a b c d e 『新撰芸能人物事典 明治〜平成』 日外アソシエーツ編集部、日外アソシエーツ、2010年11月25日、13頁。ISBN 978-4-8169-2283-1
  22. ^ 「芥川隆行さん通夜」『日刊スポーツ』1990年10月5日。
  23. ^ 「芥川隆行さん告別式」『日刊スポーツ』1990年10月6日。
  24. ^ 「夫を失った悲しみのはてに・・・。未亡人たちが迎えたそれぞれの新年 芥川隆行さん 節子夫人「主人と支えあって生きていたことが分かりました」」、『週刊明星』第34巻第3号、講談社、東京、1991年1月24日、 233頁。
  25. ^ 『日刊スポーツ』1990年10月4日。
  26. ^ 「ラジオ番組リストより、「出演者別リスト」→「あ」→「芥川隆行」」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM)。「1952年5月10日の『関東学生陸上競技選手権大会実況』(共演:小坂秀二=同局アナウンサー)などを担当」
  27. ^ 『TBS50年史』、212頁。

参考文献[編集]

  • 『現代物故者事典 1988〜1990』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、1993年9月28日ISBN 4-8169-1178-2
  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録のDVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録されたPDFファイル
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
      • 『TBS社報』再録(東京放送から発行された社内報掲載記事からの再録。)
        • 「私とTBS -TBS20周年におもう-」、『TBS社報』No.360、TBS、1971年5月10日、pp.20-29。(創立20周年を記念した、TBSゆかりの人物によるコメントが掲載)
        • 「TBS紳士録 人事室厚生部の巻」、『TBS社報』NO.435、TBS、1976年10月12日、pp.6-13。
  • 『新撰芸能人物事典 明治〜平成』 日外アソシエーツ編集部、日外アソシエーツ、2010年11月25日ISBN 978-4-8169-2283-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]