矢追純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やおい じゅんいち
矢追 純一
生誕 (1935-07-17) 1935年7月17日(83歳)

矢追 純一(やおい じゅんいち、1935年7月17日 - )は、日本ディレクターテレビタレント疑似科学作家

来歴[編集]

1935年満州国新京生まれ。電機学園高等学校(現:東京電機大学高等学校)を経て、中央大学法学部法律学科卒業。

1960年日本テレビ入局。制作局在職中に『11PM』や『木曜スペシャル』で超常現象を扱ったドキュメンタリーオカルト番組を数多く手掛け、自らも番組出演する名物ディレクターとして売り出された。

「キワモノ専門の呼び屋」康芳夫と結託して、『石原慎太郎国際ネッシー探検隊』(1973年)、『超能力者ユリ・ゲラー』(1974年)、『オリバー君来日』(1976年)等の話題作を次々と仕掛け、時代の寵児となったが、スプーン曲げで追従した関口少年のトリックが見破られて[1]超能力ブームが一気に終息したため、1970年代末以降はUFOネタを主に扱うようになった。

系列局のアール・エフ・ラジオ日本に出向してディレクター兼ディスクジョッキーを務めた後、1986年9月に退局。以降フリーのディレクターとして活動する傍ら、財団法人地球環境財団の設立発起人に名を連ね、広報兼常務理事を務めた(後に退任)。またバブル景気に乗じて、オーディオ機器製造会社イマジェックス[2][3]や、株式会社ジェイプランナーの社長、有限会社スペース・ラブ取締役などを歴任。著書多数。

非認定株式会社イオンド大学日本校から「理学博士号を授与」され、2000年より教授・未知現象研究学部長[4]の肩書を用いていたが、同社が経営破綻した2007年以降本人のプロフィールから削除されている。

その後、石川県羽咋市コスモアイル羽咋の名誉館長に就任した。 2011年、コスモアイル羽咋が実施した「UFO検定」を監修した[5]

人物[編集]

  • 上記のような企画物を数多く担当し、「怪奇ディレクター」「UFOディレクター」の愛称で知られた。
  • 執筆の際に、頼 秀樹筆名も併用する。またミステル・ヤオイとも呼ばれる[6]
  • 「UFOがホントに出現したら、NHKのニュースで放送しますよ」「UFOそのものをバッチリ撮りたいとか、そういう欲はありません」「日本人の視野の狭さを何とかしたいんだけど、空を見せようという番組作っても視聴率稼げないから」「UFOや超能力がインチキであるとかないとか言うことは、何ら意味がないんだよね」等と明言している[7]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

インターネット[編集]

  • 溜池NowGyaO) - 第9回「エイリアンランキング」に出演
  • 矢追純一アワー(GyaO) - 2009年1月21日~3月6日放送の番組
  • UFO激写ゲーム(日テレ×GAME) - 携帯電話用アプリの監修
  • REIGN郁磨withSadie剣の「悪魔的教育講座」特別篇 矢追純一 スペシャル! - ヴィジュアル系バンドの動画コンテンツに出演

ゲーム[編集]

主著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊朝日で糾弾キャンペーンを打たれた
  2. ^ 現存せず
  3. ^ 東洋現像所 → イマジカコダックイマジェックス → コダックダイヤミック → ケイジェイイメージング(日本ジャンボー)とは無関係
  4. ^ 科目講座紹介3 イオンド大学
  5. ^ コスモアイル羽咋が初のUFO検定―矢追純一名誉館長が監修金沢経済新聞
  6. ^ これは英語Mr.(ミスター)の擬似ドイツ語風誤読、もしくはドイツ語訛りの英語とする説がある。一例として、著書中で彼自身への呼びかけとして使用されている。この記述については何通りもの解釈が可能だが、真相は不明である。ちなみに、ドイツ語で英語のMr.にあたるのはHerr(ヘル)である(ドイツ語でMr.を英米人の名前に付すことはある)。彼の知識不足が原因であると推測し、それを揶揄する意図でこの言葉が用いられる例がある。もっとも、日本人同士でミスター○○と呼ぶことがあるように、ある種の親しみをこめてドイツ人同士がミステル○○と呼びかけるようなケースは、たとえばドイツ映画「ラン・ローラ・ラン」などにも見られる。
  7. ^ スタジオボイス1982年9月号 本人インタビューより抜粋
  8. ^ ゲームというよりはデジタルコンテンツであり、UFOにまつわる各種資料を閲覧することができる。
    株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p88
  9. ^ 『トンデモ本の逆襲』p34

関連事項[編集]

外部リンク[編集]