大槻義彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大槻義彦
人物情報
生誕 1936年6月18日(80歳)
宮城県角田市
居住 Flag of Japan.svg 日本
国籍 Flag of Japan.svg 日本
出身校 東京教育大学
東京大学大学院
学問
研究分野 物理学
研究機関 早稲田大学
主な業績 α線の弾性散乱での「水切り運動」発見
大槻デイチャネリング理論提唱
火の玉の物理学的研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

大槻 義彦(おおつき よしひこ、1936年6月18日 - )は、日本物理学者放射線物性核物性大気電気学)。早稲田大学名誉教授、同理工学部客員教授理学博士東京大学1965年)。テレビタレント。身長169cm。

概要[編集]

火の玉プラズマ)の物理学的研究の第一人者。1990年電磁波で火の玉を作ることに世界で初めて成功。それまで鬼火狐火などと呼ばれ心霊的現象とされてきた火の玉(怪火)を科学現象として証明した。

宮城県角田市出身(その後茨城県古河市に在住し、東京都に拠点を持つ)。

長男の大槻東巳は父親同様に物理学者(上智大学理工学部物理学科教授)となった。長女の大槻奈那も東大卒で名古屋商科大学経済学教授。

略歴[編集]

兼職

学外における役職

  • 日本物理学会理事
  • Japan Skeptics副会長(他会員との確執により[3]一時退会。現在は会員として復帰している)
  • 『パリティ』(丸善が発行する物理学雑誌)編集長

その他

業績[編集]

放射線物性を研究、 α線の弾性散乱での「水切り運動」を発見した。 加えて、陽子線 α線のデイチャネリングの理論を提唱。「大槻のデイチャネリングの理論」として知られている。英文の専門書『Charged Beam Interaction with Solids』(Taylor and Francis, London)を発刊、世界的な教科書として各国で翻訳され、使用されている。これとは別に「火の玉」の理論的、実験的研究を行い、室内ではあるが、電磁波プラズマによって火の玉のほとんど[5]の特性を示すことに成功した。

発言[編集]

映像メディアへの出演も多く、非合理・非科学・非論理的な事象や主張、例えば超自然現象超能力などを科学者として徹底的に批判する学者としても知られるが、下記の「月の石はアメリカの砂漠の石」発言のように、発言や著作では科学界の通説とは違う独自の説を唱えて、オカルト肯定派からだけではなく懐疑主義者から批判や疑問を受けることも多い[6]。反オカルト、月の石捏造説など、彼の専門外の話題発言が多い。

  • マスコミに登場した当初は、再現実験を行い科学雑誌『ネイチャー』に論文が掲載された「火の玉=プラズマ説」に続いて、当時超常現象として話題になっていたミステリーサークルがプラズマによるものだと唱えた[7]。その後、空飛ぶ円盤ポルターガイスト人体自然発火現象キャトルミューティレーションなど様々な超常現象をプラズマで説明するようになった[8]。しかし、1990年代になってイギリスのミステリーサークルが人間のいたずらだと判明して以降は、かつてのような「何でもプラズマ」な傾向は少なくなった。日本でも1990年に福岡県粕屋郡の稲田で発生したミステリーサークルは大槻が現地調査をして「自然現象であるプラズマによって出来た本物」と太鼓判を押したが、翌年に別件の窃盗で検挙された地元の高校生集団が「自分たちが踏み固めて作った」と自白し、いたずらだったことが判明している。
  • 教育に関する発言も多く、科学技術立国として理数系の教育を重視すべきであり、理工系特に技術者の教育を優先すべきと主張している。ゆとり教育には批判的だが、PISA調査についても経済的な成功や高等教育の良し悪しと余り関係なく当てにならないと懐疑的である。授業での実験観察の重視にしても全否定はしないものの、数学的な検証や理論面を疎かにすることは却って科学の本質的な理解を妨げると批判している。物理教科書についても、現代物理学では必須とも言える相対性理論量子論を取り上げるべきと主張し、ニュートン力学電磁気学など古典物理学に偏重している現状には批判的であるほか、ブログで作家の山口敏太郎に対して批判する際に「オカルトバカは大抵は文系」と文系全体を批判したこともある。[9]
  • 小保方晴子に関するメディアの報道姿勢に否定的であり、2014年8月23日付の自身の公式ブログでは笹井芳樹の自殺もNHK特番の恣意的編集が原因としている。「マスコミなどからの不当なバッシング」との記述が遺書にあり、日本分子生物学会のことを示唆しているのだろうとした。
  • 原子力発電については、安全神話や事故隠し・データの捏造といった政府や電力業界の不祥事を批判しながらも、「あらゆる物理学の発展のうち、人類のために応用・利用してはならない特定の分野などあるはずもありません」[10]「物理学者が物理学で発見された理論を産業に利用されることを歓迎するのは当然」[10]と原子力発電や原子力研究について肯定的な立場に立っている。高レベル放射性廃棄物の処理や廃炉問題についても「それを克服する科学的・技術的努力もまた科学技術の発展によって成果をあげるでしょう」[10]と楽観的で、脱原発運動など一連の原子力否定論に対しては[要出典]「文明を拒否する誤った態度」と逆に批判。代表的論客の一人である広瀬隆に対しても、原子力工学の大学院を出ている人間でも解からないことが多いのに理工学部応用工学科しか出ていない人間が原発の安全性について断定的に言えるのか?と疑問を呈している。
    • また原子力以外の代替エネルギーについても否定的で、例えば太陽光発電については「太陽光パネルの寿命は意外と短い。その前に、4,5年経つと部品の劣化・接続不良などの故障が起こる。15年で元をとるとか20年では優に元がとれるというがこれは眉唾、というよりウソ」としている[11]
    • 福島第一原子力発電所事故にあたっては、水素爆発などの事故対策の手抜かりなどを批判したものの、地震対策については概ね評価。むしろ津波対策への手抜かりが事態を悪化させたという見解を持っている。事故発生後に農作物の出荷規制が起きた際には、そもそも出荷規制の根拠となる暫定基準値が最悪のケースを想定したものであって、さほど問題にすべきものではないと発言[12]。出荷停止になったホウレンソウを食べるとまで言っている[13]
      • ただ、その後の調査で事故の全体像が明らかになると、全電源喪失が起きる事態を想定しなかったばかりか、最後の安全装置とも言うべきイソコンダクター(非常用復水器)の操作手順すら現場の人間が知らなかったことを指摘。東京電力が組織ぐるみで起こした人災だと批判している[14]
    • ちなみに、大槻自身も原子力関係の団体に呼ばれて講演している。[2]同じ物理学者で尚且つオカルト批判の中心的な人物でもある安斎育郎が原子力について概ね批判的であるのとは、対照的であるとも言える[15]
  • アポロ宇宙船が持ち帰ったとされる「月の石」はアメリカの砂漠の石と同じもので、世界中の物理学者が分析しても何の科学的成果も得られていないと主張している[16][17]。アポロ月着陸捏造説については「自分はアポロ宇宙船の月着陸が捏造だと認めたわけではない」としているが、捏造は否定しておらず、「ノーコメント」を強調している[16]有人宇宙飛行について、投下した費用の割に目立った研究成果が無い、宇宙滞在の実績の意義が見出せないことから、『ブードゥー科学英語版』と否定的である。
  • 2003年に、白装束集団としてパナウェーブ研究所が話題になった際、ニュース番組のインタビューでパナウェーブ研究所がスカラー電磁波を防ぐとしている模様は自分の書いた本の表紙がモデルになっているという旨の発言をしている[18]。また、それらのインタビューの際、スカラー電磁波とは何かと質問されて「物理学のどこを探してもスカラー電磁波などは存在しない。しいて言えば静電気の類ということになる」と答えている[19]
  • 2004年に、寺澤有が起こした速度超過事件の裁判に弁護側の証人として出廷。自動速度違反取締装置(通称オービス、三菱電機製RS-2000)について「同装置に使われている半導体チップは、大気中に現れる電磁気や電波で、誤作動を起こす」と証言したが、メーカー側の「装置には信頼性がある」との主張が認められ2006年4月26日さいたま地裁川越支部で寺澤に罰金8万円の有罪判決。同年10月23日東京高裁で控訴棄却となり判決が確定した。大槻は、同装置には誤作動が起こる可能性がある以上、証拠としての科学的信頼性がないとして、「全国からオービスを全廃しろ」「これによって検挙された人たちを無罪としろ」と主張している[20]
  • 2008年NHKためしてガッテンにおいて熱湯が室温の水より早く凍るという「ムペンバ効果」が放映されたことに関し、その内容を自身の公式ブログにおいて批判[21]。結論として「『ムペンバ効果』の議論はナンセンス」であり「優秀な人材を抱えるNHK科学文化部がこんな放送をするとは、どうしたのだ?」と記事を結んでいる。
  • 江原啓之のテレビや著作における発言を「幼稚、ばかばかしい、インチキ」と自身のウェブサイトで批判している。(非科学的な)江原の本がベストセラーになってしまうことなどについて、一般読者の幼稚さに驚き、日本人の後進性に落胆しているという。彼を「霊感商法の根源」であると批判し、弁護士らと連携の上、出版や放送の差し止めなど法的手段に訴える意向であるという。「法廷で検証実験を行い、インチキを暴く」と語っている。
  • 地球温暖化については、その真偽についての判断を留保[22]しながらも「結論を急ぎすぎないことが重要」「科学が政治力学に左右されるとろくなことはない」と、COP15の枠組みによる政治合意や早急な対策を取ることについては批判的な姿勢を取っている。
    • ただ2012年1月に、ウォルフ黒点相対数が増加する時期にも関わらず太陽黒点が増えていないことを根拠として、「(太陽黒点が)少ないと太陽からの磁束が弱く、また太陽外部に漏れにくくなり、太陽系に降り注ぐ宇宙線が磁束に捕捉されにくくなり、地球大気に当たる宇宙線の強度が増します。大気に当たる宇宙線によって大気中には雲が発生しますから・・・・・地球大気の雲の量が増え、地球は寒冷化します」と、温暖化ではなく、寒冷化を心配すべきと言及している[23]。しかしこの意見は大槻のオリジナルではなく、デンマークのスヴェンスマルク博士のものであり、日本では丸山茂徳などが紹介し、数名の学者が2007年ころから地球寒冷化を心配を呼びかけている。
  • 2010年4月、自身の公式ブログにおいて、大槻が以前から批判していた茂木健一郎池田大作創価学会名誉会長と往復書簡を取り交わしていることに言及[24]した。さらに、池田・創価学会・公明党を「政教分離の原則」の観点から批判し、「(それらを)好きになれないのは国民を騙すからです」と発言している[25]
  • また、同ブログでは2010年8月に、アグネス・チャンを慈善活動や教育に名を借り、それらを隠れ蓑にしているオカルト芸人であり霊能者の江原啓之よりもタチが悪いと批判。チャンの経営する販売会社チャンズ(CHAN'S)の商法をオカルト宗教団体と変わりがない霊感商法と評した[26]
  • 2011年8月4日に発生した、東海テレビ放送の「ぴーかんテレビ」での放送事故(セシウムさん騒動)について、同月7日付の自身の公式ブログにて、謝罪ではすまされず放送局自体が解散すべきだと批判した。その上で近年のテレビ番組は、低予算がゆえの人件費削減により、制作現場がかなり劣悪化しているといった、テレビ放送における深刻な問題を指摘している。
  • 2014年1月、やしきたかじんの死去が報じられた際、かつて関西でのやしきの冠番組に出演していたこともあり、大槻はブログ上で追悼コメントを発表している[27]

出演[編集]

爆報ザフライデー - 2016年6月10日放送

著書[編集]

  • 『原子を見た 開かれた極微の世界』講談社ブルーバックス 1976
  • 『ぶつり 新しい物理学へのアプローチ』共立出版 1976
  • 『こまとスピン』共立出版、1977
  • 『力・作用力・反作用力』共立出版 1979
  • 『放射線の話 核からのメッセージ』日本放送出版協会 NHKブックス 1980
  • 『相対性原理の視点』共立出版、1981 
  • 『エックス線』大月書店 1982
  • 『透明人間の科学―SFから物理学へ』講談社ブルーバックス、1984
  • 『基礎教養物理学』学術図書出版社、1984
  • 『理工基礎電磁気学』サイエンス社 ライブラリ理工基礎物理学 1984
  • 『物理学』学術図書出版社 1984-85
  • 『サーカスの科学―なぜできる離れ技』講談社ブルーバックス、1986
  • 『先端技術と物理学』日本放送出版協会 NHKブックス 1986
  • 『「火の玉」の謎 人魂の正体を追って40年科学とロマンの奮戦記!』二見書房 サラ・ブックス 1986
  • 『物理学総論』学術図書出版社 1985-86
  • 陽電子の世界』丸善 1986
  • 『基礎物理』共立出版 1987
  • 『物理学演習』学術図書出版社 1987
  • 『SF量子論入門―ψの魔術とはなにか』講談社ブルーバックス、1988
  • 『時間の物理』共立出版 1988
  • 『第5の力 物理探究の最前線』日本放送出版協会 NHKブックス 1988
  • 『「火の玉」の科学―なぞの正体にせまる』大日本図書 子ども科学図書館 1989
  • 『物理学への招待』培風館 1989
  • 『超科学で変わる人間の5年後10年後 驚いてはいけない、これは現実だ』青春出版社 プレイブックス 1991
  • 『火の玉を見たか』筑摩書房 ちくまプリマーブックス 1991
  • 『物理学概論』学術図書出版社 1991
  • 『物理学入門』学術図書出版社 1991
  • 『ミステリーサークル 瞬間、空は光った 最新調査・鮮烈の90日間 極秘写真、追跡資料が明かす決定的新事実』青春出版社 1991
  • 『UFOはどこまでわかったか? 宇宙へのゆめとロマン』大日本図書 子ども科学図書館 1991
  • 『超常現象を科学する 自然は不思議の遊園地』勁文社 1992
  • 『UFO解明マニュアル』筑摩書房 ちくまプリマーブックス 1992『火の玉を見たか』
  • 『疑惑の霊能者 宜保愛子の謎』悠飛社 1993
  • 『現代物理とわたしたち』学術図書出版社 1993
  • 『div,grad,rot,…』共立出版 1993
  • 『超能力・霊能力解明マニュアル』筑摩書房 ちくまプリマーブックス 1993
  • 『超能力ははたしてあるか 科学vs.超能力』講談社ブルーバックス 1993
  • 『大槻博士のふしぎ・おもしろ科学 日常生活』三笠書房知的生きかた文庫 1994
  • 『怪奇現象の正体 プラズマの謎』悠飛社 1994
  • 『学校の怪談に挑戦する』ちくま文庫 1995
  • 『パリティ物理学コース セメスター物理』1- 2 丸善 1996
  • 『電磁気学』学術図書出版社 1996
  • 『力学』学術図書出版社 1996
  • 『「霊の世界」を科学で究める 霊界・異界・あの世…への挑戦』ベストセラーズ ワニの本 1996
  • 『アッという間に解ける微分方程式』共立出版 1997
  • 『「神秘と超能力」の嘘』講談社、1997 
  • 『神々のトリック』悠飛社 1997
  • 『現代物理学』学術図書出版社 1997
  • 『おとぎ話を科学する―“玉手箱の煙”の正体は「反物質」だった!?』PHP研究所 1998
  • 『セメスター物理 熱・統計力学』学術図書出版社 1998
  • 『セメスター物理 波動』学術図書出版社 1998
  • 『物理・こんなことがまだわからない 宇宙から身のまわりのハテナまで』講談社ブルーバックス 1998
  • 『「文科系」が国を滅ぼす―この国の明日に希望はあるか』ベストセラーズ 1998 
  • 『新物理学入門』学術図書出版社 1999
  • 『日本人よ、お金を使うな! 健全な日本社会を創る処方箋』ベストセラーズ 1999
  • 『ゴルフ上達の科学 スコアをもう3つよくする科学的ヒント』講談社ブルーバックス 2004
  • 『大学院のすすめ 進学を希望する人のための研究生活マニュアル』東洋経済新報社 2004
  • 『大槻教授の反オカルト講座』(ビレッジセンター出版局 2004年 解説・岡留安則 休刊した『噂の眞相』連載分を収録)
  • 『大学生のための基礎力学』共立出版 2005
  • 『理工系の基礎教育物理学』学術図書出版社 2005
  • 『大槻教授のまったく初めてのゴルフ 理屈がわかればカンタンだ!』日本放送出版協会 2007
  • 『プロのボールはなぜ重い?―ベストスコアを出す、お騒がせサイエンス』ゴルフダイジェスト新書 2007
  • 『江原スピリチュアルの大嘘を暴く』鉄人社 2008
  • 『大槻教授の最終抗議』集英社新書 2008
  • 『子供は理系にせよ!』日本放送出版協会 生活人新書 2008
  • 『カラー図解でわかる科学的ゴルフの極意 理屈がわかればどんどんうまくなる!』ソフトバンククリエイティブ サイエンス・アイ新書 2009
  • 『カラー図解でわかる科学的アプローチ&パットの極意 「寄せて」「沈める」ゴルフ上達の法則』ソフトバンククリエイティブ サイエンス・アイ新書 2011

共編著[編集]

  • 『理工教養物理学』1-2 松平升,和田正信共著 培風館 1975-76
  • 『セミナー物理』編 青野修ほか著 共立出版 1981
  • 『物理学最前線』全31巻 編 共立出版 1982-93  
  • 『物理学対話 物理学者vs科学史家』渡辺正雄共編 共立出版 1982
  • 『物理の世界』小山慶太共著 開成出版 1982
  • 『物理便利帖』小出昭一郎共著 共立出版 1984
  • 『物理学通論』青野修共著 培風館 1987
  • 『物理数学』青野修共著 培風館 1990
  • 『角運動量保存則』有馬朗人共著 共立出版 1991
  • 『科学常識ウソ、ホント 学校で教えない 知ってるつもりで大間違い』編著 経済界 Ryu books 1993
  • 『おれたちがホームレスになる日』野坂昭如共著 悠飛社 1994
  • 『超常事件簿―大槻義彦vs大槻ケンヂ』小学館 少年サンデーグラフィック 1995
  • 『現代物理最前線』全7巻 編 共立出版 2000-01
  • 『地球大循環とエルニーニョ』責任編集 丸善 パリティブックス 2003
  • 『本気で本当のクラブ選び』青山薫共著 ゴルフダイジェスト社 2005
  • 『新・物理学事典』大場一郎共編 講談社ブルーバックス 2009

翻訳[編集]

  • R・H・マーチ『詩人のための物理学―物理学に美的世界を求めて』木名瀬亘共訳 講談社 1971 のちブルーバックス
  • ウィリアム・R・デリック『複素関数論とその応用』講談社 1973
  • デビッド・パインズ『固体における素励起』三沢節夫共訳 吉岡書店 物理学叢書 1974
  • H.ホックシタット『特殊関数 その理・工学への応用』岡崎誠共訳 培風館 1974
  • マックス・ヤンマー『質量の概念』葉田野義和,斉藤威共訳 講談社、1977
  • ヤンマー『力の概念』高橋毅共訳 講談社、1979 
  • ヤンマー『空間の概念』高橋毅共訳 講談社、1980  
  • ハーバート・F.ヨーク『ドキュメント大統領指令「水爆を製造せよ」 科学者たちの論争とその舞台裏』塩田勉共訳 共立出版 1982
  • グラドシュ、リジク『数学大公式集』丸善 1983
  • テレンス・ミーデン『ミステリーサークル―円環効果とは何か』丸善 1990
  • SOBEPS『五万人の目撃者 消えた未確認飛行物体!』監訳 二見書房 サラ・ブックス 1995

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文データベース
  2. ^ 早稲田大学の定年は70歳だが、66歳で退職している。早稲田物理会会報のPDFファイル(2003年3月発行)
  3. ^ 大槻本人は「ストーカー行為をされたり、車をパンクさせられる等の執拗な嫌がらせを受けた」と主張している。
    大槻義彦のページ ―大槻義彦公式ブログ― 9月 第3回 【デタラメ Wikipedia】
  4. ^ “秘密保持体質が見え隠れ 故人にノーベル賞授与”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2011年10月4日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/111004/art11100423220009-n1.htm 2014年6月17日閲覧。 
  5. ^ 大槻義彦先生講演会
  6. ^ オカルトに懐疑的な立場で知られると学会は著作『トンデモ本の世界』シリーズにおいて初期から大槻の著作をトンデモ本として何度か取り上げている。また、1994年には「超常現象研究を混乱させ、自分も珍妙な理論を発案し広めた功績」を理由に日本トンデモ本大賞の特別賞を大槻に贈った(大槻は賞状と賞品をと学会に送り返したので「受賞」はしていない)。これ以降大槻はと学会を「反オカルトのふりをしたオカルト」「オカルトモドキ」であるとしている。
  7. ^ プラズマ成因説自体は、ミステリーサークルの地元であるイギリスの気象学者ジョージ・テレンス・ミーデン博士が最初に提唱したものであり、大槻が元祖ではない。
  8. ^ たとえばキャトルミューティレーションについて大槻は自著『超常現象を科学する』の中で「プールの水を一瞬で蒸発させることすら簡単にやってのけるプラズマパワーですから、動物の血液を一瞬のうちに蒸発させることがあっても、驚くことはありません。それがプラズマなのです」と書いている。キャトルミューティレーションの記事にもあるように、死体から血液が消えているのは「傷口から流れ出して地面に吸収された」という解釈が主流であり、自然現象としてのプラズマ説を唱えているのは大槻くらいである。
  9. ^ 【山口敏太郎のアタマ】。これに対して山口は「大槻さんはなんであそこまで文系を馬鹿にするのか、わかりません。」「理系の地位向上、育成をやって頂くのはいいけど、それと同時に文系を馬鹿にするのは筋違いですね」と反応している[1]
  10. ^ a b c 大槻義彦 (2010年2月1日). “【原発に賛成か反対か】: 大槻義彦のページ ―大槻義彦公式ブログ― powered by ココログ” (日本語). The Internet Archive. 2016年4月5日閲覧。
  11. ^ 「パリティのココロ──太陽光発電の損得」(『パリティ』2010年5月号掲載)
  12. ^ 「放射能の暫定基準値」
  13. ^ 「ホウレンソウ、いただきます!」「放射能『汚染』食品」
  14. ^ 原発事故は東電ぐるみの人災
  15. ^ ちなみに安斎は自らのゼミ生を引き連れて原子力発電を見学しようとしたところ、拒否されたと自ら語っている。(「科学者の社会的責任と『日本の科学者』」、『日本の科学者』2009年9月号)
  16. ^ a b 大槻義彦の叫び アポロ月面着陸(2013年12月26日)
  17. ^ 2003年12月31日にテレビ朝日系で放送された特別番組『世界はこうしてダマされた!?』に出演した際に主張。ASIOSが執筆した『検証 陰謀論はどこまで真実か』(文芸社)の257ページ(「アポロ計画で持ち帰った「月の石」は地球の石だった:真実度0%」の項)で大槻の発言が引用されている。
  18. ^ パナウェーブ研究所の使用しているマークは直径の違う「C」型を互い違いに重ね合わせたものに電気用図記号のコンデンサとアースが付いている回路図(疑似科学の一種である「ヒエロニムスマシン」は紙に書かれた回路図は実際の部品で製作された回路と同じ効果を発揮するとされている。)であるが、大槻の本の表紙のマークは切れ目のない同心円を縦線が貫いてるだけで回路図らしきマークは存在せず、明らかに別物である。(『トンデモ本の世界T』、P198)
  19. ^ 【ウィキペディアのでたらめ】
  20. ^ 大槻義彦のページ(2005年11月29日)
  21. ^
  22. ^ ただ、2010年1月にアメリカ海洋大気局のグループが、近年の地球温暖化の鈍化の原因に成層圏二酸化炭素が減少していることを発表した際には、「アメリカ海洋大気局もCO2増加による気温上昇を否定しているわけではない」「成層圏の水蒸気減少によって地球の温暖化が一時凍結されても、だからと言ってCO2を勝手気ままに出し続けて良いという結論にはならない」二酸化炭素による温暖化を否定していない。
  23. ^ 地球寒冷化?!
  24. ^ 茂木健一郎と池田大作の往復書簡
  25. ^ 茂木・池田 騙しの手口
  26. ^ 「アグネス チャンの正体」「アグネス チャンの霊感商法」
  27. ^ [ブログ『大槻義彦の叫び』より『たかじん逝く』2014年1月8日http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-284.html]
  28. ^ ナンシー関『聞く猿』(朝日新聞社)
  29. ^ 毎日放送の番組
  30. ^ よみうりテレビの番組
  31. ^ スタジオに電子レンジを持ち込み、『火の玉』発生実験を行ったこともある。
  32. ^ ナンシー関『聞く猿』(朝日新聞社)
  33. ^ 小林『ゴーマニズム宣言(扶桑社のち幻冬舎文庫)』第3巻第65章『昔、火の玉 今、UFO』

外部リンク[編集]