相対性原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相対性原理そうたいせいげんり, Principle of relativity)は、互いに運動する物体の座標系の間では、物理学法則が不変な形を保つという原理。次の三つがある。

  1. ガリレイの相対性原理
  2. 特殊相対性原理
  3. 一般相対性原理

最小作用の原理によれば、どのような物理現象が生起するかは作用積分によって決まる。そのため、相対性原理は「作用積分が座標変換によって変化しないスカラー量である」ことと言い換えることができる[1]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 吉田伸夫 『明解量子重力理論入門』 講談社、2011年、61頁。ISBN 978-4-06-153275-5 

関連項目[ソースを編集]