上岡龍太郎にはダマされないぞ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上岡龍太郎にはダマされないぞ!
ジャンル バラエティ番組
企画 渡辺プロダクション
出演者 上岡龍太郎
有賀さつき
小島奈津子
ゆうゆ
山田雅人
ほか
オープニング B'zI Wanna Dance Wicked Beat Style」(イントロ部分)
エンディング 主題歌
製作
プロデューサー 諸岡義明(渡辺プロダクション)
制作 渡辺プロダクション(現・ワタナベエンターテインメント)
(放送局:フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
上岡龍太郎のもうダマされないぞ!
放送期間 1990年2月4日 - 9月30日
放送時間 日曜日12:00 - 12:55
放送分 55分
上岡龍太郎にはダマされないぞ!
放送期間 1990年10月7日 - 1996年10月6日
放送時間 同上
テンプレートを表示

上岡龍太郎にはダマされないぞ!』(かみおかりゅうたろうにはダマされないぞ)は、1990年10月7日から1996年10月6日までフジテレビ系列で毎週日曜日12:00 - 13:00に放送されていたバラエティ番組で、上岡龍太郎冠番組である。略称は「上ダマ」(かみだま)。

概要[編集]

1976年4月から2015年現在まで続く、日曜正午の渡辺プロダクション制作枠の番組である。

上岡が本格的に東京進出した番組であり、1990年2月4日に『上岡龍太郎のもうダマされないぞ!』として放送を開始し、同年10月7日放送分をもって『上岡龍太郎にはダマされないぞ!』に改題した。

出演者[編集]

メイン司会[編集]

サブ司会[編集]

男性
女性

コント[編集]

レギュラー[編集]

エピソード[編集]

  • 当番組枠内でMLB移籍1年目の野茂英雄(当時ロサンゼルス・ドジャース)の登板試合を衛星生中継で放送したことがあったが、現地の放送局のカメラが同試合を現地乗り込みでフジテレビと並列放送していたNHKBS1で放送)の特設放送席を映し出した上、NHKの実況音声が当番組内で流れてしまい、慌てて映像がフジテレビのスタジオにスイッチングされるというハプニングもあった。その際上岡は「この番組は、フジテレビがお送りしております!」とアクセントを強めて視聴者にアピールしていた。この回は、本来なら未ネットの東海テレビにも同時ネットされた。その代わり、三重テレビがこの回の放送を休止し、別番組に差し替えていた。
  • 上岡の持ち味でもある筋を通す性格と話芸は、心霊現象についての特集にて織田無道を呼んだ際に、大槻義彦、大竹まことと共に、乱闘寸前の討論になった。上岡は過去に『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ)において激怒した際はその後、収録中であっても退席した経緯があったが、この時はゲストコメンテーターだったデーモン閣下が過熱した出演者各々の意見を冷静に取りまとめつつ番組進行としての調整も行い放送された。
  • この他1993年に、当時建設省が治水活動を目的として、細川ふみえがびしょ濡れの姿で映ったキャンペーンポスターに対し、卑猥だと抗議をした社会党(当時)の女性議員に対し、上岡が「どこが卑猥や!お前らみたいなんがおるから、社会党はロクなヤツがおらんのや!」と激怒し、番組途中からこの話題のみで押し切られたこともあった。
  • オープニングトークの後のゲストを交えての座りトークにはコーナー名が付いていなかったが、番組のタイトルが『もうダマされないぞ!』から『上岡龍太郎にはダマされないぞ!』に変更された後の1回目だけ「へりくつショー」というコーナー名がついていた。この回に限り、有賀が冒頭で「へりくつショー!」とタイトルコールをしてコーナーが始まったが、翌週からはそれもしなくなった。
  • 1992年には、上岡龍太郎&有賀さつきでCD「愛がきらめく時」をリリースしている。
  • この番組は、1996年春に放送された番組対抗特番である『FNS超テレビの祭典』で優勝した。

主題歌[編集]

オープニングテーマ
エンディングテーマ

ネット局に関する備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
フジテレビ 日曜12時台(通称:ナベプロ枠[要出典]
前番組 番組名 次番組
上岡龍太郎のもうダマされないぞ!

上岡龍太郎にはダマされないぞ!
※ここから上岡龍太郎メイン