金谷ヒデユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かなや ヒデユキ
金谷ヒデユキ
プロフィール
本名 金谷 英孝
(かなや ひでゆき)
性別 男性
出生地 日本の旗 日本群馬県安中市
生年月日 (1965-10-04) 1965年10月4日(51歳)
職業 声優お笑い芸人ミュージシャン
所属 81プロデュース
声優活動
活動期間 2007年 -
俳優活動
活動期間 1991年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

金谷 ヒデユキ(かなや ヒデユキ、1965年10月4日 - )は、日本お笑い芸人ミュージシャン声優である。本名、金谷 英孝(かなや ひでゆき)。

群馬県安中市出身。81プロデュース所属。以前はプロダクション人力舎に所属していた。

来歴[編集]

ボキャブラ芸人時代

『タモリのSuperボキャブラ天国』などの演芸番組では、「黒猫のタンゴ」の替え歌蓮舫の「生意気ぶり」をネタにして「生意気蓮舫」と歌っていた。『ボキャブラ天国』ではキャッチフレーズを、毒舌が目立つため『地獄のスナフキン』。同番組での芸風は、ギターを演奏しながら他者(主にボキャブラ天国の出演者)をネタにした替え歌を歌うというものだった。一方ライブではオリジナルの歌も発表していた。

BOOMERの伊勢浩二と仲が良く、ボキャ天の替え歌でも伊勢の事を盛り込んだ歌を披露した。現在でも伊勢の舞台に参加する等の親交がある。

『家族そろってボキャブラ天国』の最終回(1998年9月8日)では、ボキャブラ最強王座決定戦にて1位をとり、賞金100万円を獲得。その後インディーズレーベルよりCDを発売、芸人としての活動を休止し、ミュージシャンになり、ライブを中心に活動する。

ミュージシャン・声優としての活動

2004年3月より、『金谷ヒデユキ&JAF』(邪道アコースティックファクトリー)として活動開始。

2006年5月8日から2007年6月まで、声優の山口勝平とともに、インターネットラジオ配信サイト音泉にて『勝平・金谷のディナーショー』(毎月第2・第4月曜日更新)に出演。2007年、『黒田崇矢&大塚明夫 Knock Out Voice!!』に、所属事務所の関係から大塚明夫の代役として黒田崇矢の相手役を務めて以後、2007年11月16日に放送終了となるまで、番組へ参加するようになる。

2008年2月1日付けでウォーターオリオンを退所し、2008年5月1日付けで81プロデュースにジュニア所属となった。

芸人としての活動再開

2008年9月28日に、『タモリのボキャブラ天国大復活祭』が放送された際には、同番組には出演しなかったが、過去の映像に金谷が映っていたほか、またTake2のネタにも金谷の名前が使われた。

2009年12月10日に、BOOMER主催のライブに出演し、11年ぶりにネタを披露する。R-1ぐらんぷり2010に出場し、2009年12月30日の1回戦、2010年1月29日の2回戦をいずれも突破した。

2011年1月3日に、年初め雑学王 雑学芸人VS伸び悩み懐かし芸人 大バトルスペシャルに出演、時事ネタの替え歌をアコースティックギターによる弾き語りで披露した。

2011年8月12日に、新宿・「ハイジアV-1」にて『金谷ヒデユキ単独ライブ〜やっぱり、お笑い好きみたい〜』というタイトルで芸人・金谷ヒデユキとしての単独ライブを開催した。

2016年6月21日TBSラジオ爆笑問題カーボーイ」のコーナー「私も福山歌ってみました」に自らネタを投稿、それを発見したスタッフのオファーによりサプライズゲストとして出演。「アンパンマンのマーチ」の替え歌で笑点ネタを披露した。同年、漫才協会に入会。

現在の活動状況[編集]

ウォーターオリオンでの扱いは「ミュージシャン」だったが、声優が中心のプロダクションなので、最近では音楽活動の他に、パチスロ機やゲーム、アニメなどで声優としても活躍している。また『東京国際アニメフェア』の中の「アニメーション事業者協会」のマスコットである「キャラ丸くん」で、初めてのアニメテーマとなる「あしなみみマーチ〜足並み揃わず歩いてゆこう」を作詞作曲している。

また『ドラゴンカフェ声優塾』でも講師を務めていた。

本人は「もう替え歌は唄わない」と公言しているが、『ボキャブラ天国』で競演した爆笑問題太田光も、その才能には一目を置いているという。しかし2009年からのクロガネでは「地獄のスナフキンコーナー」がありそこで生放送でしかきけないあぶない替え歌を披露している(オンデマンドではほぼカット)。その他、単独ライブや、R-1ぐらんぷりへのエントリー、浅草東洋館など演芸場での特別公演に客演で出演するなどの活動も行なっている。

現在活動中の「邪道アコースティックファクトリー」のメンバーは

  • 小澤オサム(ヴァイオリン、コーラス。本名:修)
  • えのっち(パーカッション、ドラムス、コーラス。別名:池田“えのやん”幸範)

を加えての3人編成をメインとしている。タイミングによって、ミュージカル・ディレクターとしても参加している

他も、レコーディングやライブで時々サポートしている。

主な出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

  • リコーダーとランドセル ミ☆(ナレーション[1]、駅員、亀、カフェ店長)

2015年

2017年

OVA[編集]

2009年

2015年

  • 山田くんと7人の魔女(長髪ヤンキー)※コミックス第17巻アニメDVD同梱特装版

劇場アニメ[編集]

2011年

ゲーム[編集]

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2012年

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

金谷ヒデユキ
  • 満員御礼(1992)
  • Do The Rollong(1996)
  • 走り出せ若者よ(1997)
  • 天国のスナフキン(1997)
  • 地獄のスナフキン(1997)
  • マホロバケイション(2000)
  • 水のリズム/ゲノム(2004)
  • HONEY BEE 羊でおやすみシリーズ 特別編 「モテるオヤジのときめきベッドルーム」
金谷ヒデユキ&邪道アコースティックファクトリー
  • チャージ完了(2005)
  • そして僕は歯を磨いている/面接の歌(ミュージカル「With You」合格曲/挿入歌)(2006)
  • 原寸大(2008)
金谷ヒデユキ&邪道アコースティックファクトリー with 黒田崇矢
  • 今度の水曜日/夜を行こうぜ/黒田崇矢という男(2007)
ネットラジオ「黒田崇矢&大塚明夫のKnock Out Voice!!」エンディング曲/オープニング曲)

DVD[編集]

金谷ヒデユキ&邪道アコースティックファクトリー
  • 出産(2008・町田cloveでのライブ)
  • 詩吟JAF(2009・赤坂GRAFFITIでの、詩吟アーティスト・井口弘子とのコラボレーション・ライブ)

ビデオ[編集]

  • 超世代!笑芸ビデオシリーズVol.1『金谷ヒデユキ』(1998年
  • MUSIC LIFE(1998年

映画[編集]

WEBラジオ[編集]

インターネットテレビ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ「リコーダーとランドセル ミ☆」公式サイト. 2013年5月23日閲覧。
  2. ^ “喪黒福造に「ドーン!」されるゲストキャラに江口拓也、阿澄佳奈ら6人”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年3月22日). http://natalie.mu/comic/news/225437 2017年3月22日閲覧。 

外部リンク[編集]