比嘉久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひが くみこ
比嘉 久美子
プロフィール
本名 比嘉 久美子[1]
愛称 久美ちゃん
性別 女性
出身地 日本の旗 日本大阪府[2]
生年月日 (1978-10-29) 1978年10月29日(43歳)
血液型 A型[3][4]
身長 159 cm[5]
職業 声優舞台女優
事務所 81プロデュース[2]
配偶者 あり
公式サイト 比嘉久美子 - 81プロデュースの公式サイト
活動
活動期間 2000年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

比嘉 久美子(ひが くみこ、1978年10月29日[3][4] - )は、日本声優舞台女優大阪府出身[2]81プロデュース所属[2]

人物[編集]

代々木アニメーション学院声優科卒業[6]

声種ソプラノ[7]

アニメ、吹き替え、外画アニメなどで活躍している[8]

ロックマンエグゼ』シリーズの光熱斗をはじめ、少年役を多く演じているが、『ジーンシャフト』のミカ・セイドウや『出撃!マシンロボレスキュー』の遥鈴、『極上生徒会』の飯島幸子、『舞-乙HiME』のイリーナ・ウッズ、『タクティカルロア』の阿古屋真夏、『スカイガールズ』の御子神嵐子といった少女役もこなす。劇団はらぐろ団員として舞台活動も行う。

また、『出撃!マシンロボレスキュー』では男女両方のレギュラーキャラを演じていた。

MÄR-メルヘヴン-』ではくまいもとこが休養のためギンタの代役をしていたが、くまいが復帰をしないまま最終回を迎えてしまったため、結果的には比嘉が二代目扱いになった。

2008年から2021年まで、テレビ東京版(第9・10・11・13期)/NHK版(第14-24期[9])の『きかんしゃトーマス』の主人公、トーマスの声優をフジテレビ版(第8期以前)の戸田恵子から引き継ぎ担当していた。

既婚者。2006年夏、女児(第一子)を出産。そのため声優業を一時期休業していた。

2014年、第8回声優アワード「キッズ・ファミリー賞」を受賞[10]

同期には久保さゆり三宅健太がいる。

のりスタ1・2・3』のタイトルコールは「1!」を担当。

趣味・特技は器械体操タップダンス[2]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
  • アニメドキュメント あの日、僕らは戦場で 少年兵の告白
  • ブーブーボーイノルオ
2017年
2018年
2019年 
2020年
2021年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

2002年
  • アンリミテッド:サガ(ルビィ)
  • ZOIDS VS.(ケリー、帝国オペレーター)
  • 虹色ドッジボール〜乙女たちの青春〜(速水飛鳥)
  • 星のまほろば(ニシキ姫)
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2013年
2014年
  • カードファイト!! ヴァンガード ロック オン ビクトリー!!(日田リョータ[13]
2017年
2018年
2020年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

2005年
2006年
2008年
  • てれびくん 仮面ライダーキバ アドベンチャーバトルDVD 〜きみもキバになろう〜(少年の声)

モーションコミック[編集]

ナレーション[編集]

テレビ番組 [編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第9期から第24期まで。日本語吹き替え版の第22期以降はトーマスによるナレーションも担当。日本での放送は第9・10・11・13期はテレビ東京、第14期以降はNHK Eテレで放送。第12期は地上波での放送無し。

シリーズ一覧

  1. ^ 第1シリーズ(2002年 - 2003年)、第2シリーズ『AXESS』(2003年 - 2004年)、第3シリーズ『Stream』(2004年 - 2005年)、第4シリーズ『BEAST』(2005年 - 2006年)、第5シリーズ『BEAST+』(2006年)
  2. ^ トランスミッション』(2003年)、『5DSツインリーダーズ』(2005年)『オペレートシューティングスター』(2009年)
  3. ^ 『SPIRITS』(2007年)、『GENESIS』(2016年)

出典[編集]

  1. ^ 『芸能手帳タレント名簿録Vol.36('01〜'02)』連合通信社・音楽専科社、2001年5月1日、193頁。 
  2. ^ a b c d e 比嘉久美子 - 81プロデュースの公式サイト
  3. ^ a b 挿入歌 レコーディングレポートVol.2”. 東映ヒーローネット. p. 2. 2008年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月29日閲覧。
  4. ^ a b 比嘉久美子(ひがくみこ)の解説”. goo人名事典. 2020年5月30日閲覧。
  5. ^ “比嘉 久美子”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PE4e4418af79a7b84e456f59b21f55605c1a73be13/ 2022年4月9日閲覧。 
  6. ^ 声優・芸能業界で活躍する卒業生. 代々木アニメーション学院. https://www.yoani.co.jp/senior/voice/ 2020年2月25日閲覧。 
  7. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、225頁。ISBN 978-4-09-526302-1 
  8. ^ 比嘉 久美子”. タレントデータバンク. 2020年1月29日閲覧。
  9. ^ “『きかんしゃトーマス』12年ぶりフルリニューアル 新しいキャラデザ&声優発表”. オリコン. (2022年9月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2250444/full/ 2022年9月23日閲覧。 
  10. ^ 第八回声優アワード受賞者一覧”. 声優アワード. 2014年2月28日閲覧。
  11. ^ ロックマンエグゼ”. メディア芸術データベース. 2016年8月22日閲覧。
  12. ^ 古林美明編「ヴァンガード情報」『ケロケロエース』2013年4月号、角川書店、2013年2月26日、 13頁。
  13. ^ キャラクター ゲームの主人公たち”. カードファイト!! ヴァンガード ロック オン ビクトリー!!. 2014年2月21日閲覧。
  14. ^ [ダウンロードコンテンツものまね&武器]”. ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター (2020年8月27日). 2021年1月1日閲覧。
  15. ^ アニメ『映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!』タレント・山口もえさん、お笑いコンビ「麒麟」の川島明さん、田村裕さんがゲスト声優に!コメントが到着”. アニメイトタイムズ. 2019年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]