ゾイドタクティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゾイドタクティクス
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 PlayStation 2
開発元 翔泳社
発売元 トミー
発売日 2005年8月11日
テンプレートを表示

ゾイドタクティクス』は、2005年8月11日トミー(現・タカラトミー)より発売されたPlayStation 2ゲームソフト。携帯アプリに移植されている。

概要[編集]

同社の展開する玩具シリーズ「ゾイド」を操作するシミュレーションRPG。早期購入者特典としてシールドライガーブロックスのキットが付属する。

ストーリー[編集]

アニメ『ゾイド-ZOIDS-』を軸に、『ゾイドバトルストーリー』とリンクした独自の世界で、メインストーリーが展開される。ゲームの進行次第で『ガーディアンフォース編』『バトルストーリー編』の2つに、中盤の展開が大きく分岐する。

登場人物[編集]

『ゾイド-ZOIDS-』[編集]

序盤はこのバン達の視点で物語が進むが、シナリオがバトルストーリー編に移行するとオコーネルやクルーガーといった一部のキャラクターを除いてバン達アニメオリジナルキャラは後半まで登場しなくなる。

『ゾイドバトルストーリー』[編集]

本作では一部のキャラクターに声が付けられている。他にもスティブ・ボーン、デュー・エルド、サヤカ・クーインなどキャラクターが名前だけかあるいはインターミッションのイベントキャラとして登場することもある(ただし彼らには固有デザインはなく、共和国一般兵士と同じでデザインになっている)。

『ゾイド.VS』[編集]

シナリオが進むと共和国の追加戦力としてブルーユニコンのメンバーが加わり、さらに後半よりガイロス帝国からロットティガーも共和国軍に加わる。テラガイストはどのシナリオにおいても敵として登場する。

  • ザン・フェール(声:うえだゆうじ)
  • ティータ・ブリーズ(声:平松晶子
  • アルバーン・ニンバス(声:咲野俊介
  • ショーマ・シュバール(声:野島健児
  • ライナー・グラナート(声:千葉進歩
  • クローディア・ディアマント(声:柚木涼香
  • マックス・ルビン(声:藤原啓治)
  • コウキ・デモン(声:浜田賢二
  • バイパー(声:大塚芳忠)
  • ガルド・クーガル(声:伊藤健太郎)
  • リバイアス・カノーネ(声:川澄綾子
  • レザール・シャル(声:中村大樹)
  • レイカ・ヘクセ(声:渡辺美佐

『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』[編集]

『スラッシュゼロ』のキャラとゾイドはクリア後に遊べるEXステージ内にて敵として登場。

  • ビット・クラウド(声:櫻井孝宏)
  • リノン・トロス(声:川澄綾子)
  • バラッド・ハンター(声:松風雅也
  • ジェミー・ヘメロス(声:斎賀みつき)
  • レオン・トロス(声:千葉進歩)
  • ナオミ・フリューゲル(声:夏樹リオ
  • ハリー・チャンプ(声:高木渉
  • マリー・チャンプ(声:平松晶子)
  • ジャック・シスコ(声:藤原啓治)
  • クリス・タスカー(声:柚木涼香)
  • ケリー・タスカー(声:比嘉久美子
  • カークランド(声:宮下道央
  • ラインバック(声:堀川仁)
  • ストラ・スフィグマ(声:咲野俊介)
  • ピアス(声:玉川紗己子
  • ベガ・オブスキュラ(声:くまいもとこ

『ゾイドフューザーズ』[編集]

『フューザーズ』のキャラとゾイドはクリア後に遊べるEXステージ内にて敵として登場。

『ゾイドジェネシス』[編集]

『ジェネシス』のキャラはゲームをクリア後のデータ引き継ぎによる再プレイ時にPCとして使用ゾイドと共に追加される。

外部リンク[編集]