ゾイドタクティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾイドタクティクス
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 PlayStation 2
開発元 翔泳社
人数 1人
発売日 2005年8月11日
テンプレートを表示

ゾイドタクティクス』は、2005年8月11日トミー(現・タカラトミー)より発売されたPlayStation 2ゲームソフト携帯アプリ版も配信されていた。

概要[編集]

トミー(現・タカラトミー)が展開するオリジナル玩具「ゾイド」シリーズのシミュレーションRPG

アニメ『ゾイド-ZOIDS-』のストーリーを主軸に、『ゾイドバトルストーリー』の世界観をリンクさせて、ヘリック共和国ガイロス帝国の戦いをプレイする[1]。バトルストーリー編では、ゾイド公式ファンブックの第4巻(2018年時点の最終刊)以降のネオゼネバス帝国に関係するストーリーを「バトルストーリー ネオゼネバス編」[2]と銘打って描いている。販売前には「プレイヤーが共和国か帝国を選べる」と紹介していた雑誌記事もあったが[3][4]、実際には共和国側視点のみでプレイ可能。150種類以上のゾイドと90人以上のキャラクターが登場する[5]

共和国と帝国の戦争を舞台とする都合上、両国に関係するゲームキューブ用ゲーム『ZOIDS VS.シリーズ』の登場人物はストーリーに登場する一方で、全く別の時代や世界観を舞台としたアニメ『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』『ゾイドフューザーズ』『ゾイドジェネシス』のキャラクターは、クリア後特典のゲストとして登場する[6]。なお、バトルストーリーに登場するキャラクターも、アニメのキャラクターデザインを担当した坂崎忠がデザインした[1]

トップビューのマップ画面でターンごとにユニットを操作するスタンダードなタイプのシミュレーションゲームだが、ゾイド同士のバトルシーンは3Dモデルのゾイドにより演出される[1]。また、後述の「携帯アプリ版 ゾイドタクティクス」とは連携しており、シナリオやイベントを通じて入手したパスワード(ゲーム中では「別働隊からの電文が入電した」という演出で通知される)を入力すると、PS2版・携帯アプリ版の相互に隠しゾイドやキャラクター、特殊イベントなどをアンロックすることができる[1]

早期購入者特典として、シールドライガーブロックスのキットが付属する[7]

2007年3月29日に廉価版となる「ゾイドタクティクス トミコレベスト」が発売された。

携帯アプリ版[編集]

iモード対応の携帯アプリコンテンツ版「ゾイドタクティクス i」がPS2版に先立つ2005年5月からサービスを開始[1]。また、2007年6月からはYahoo!ケータイ向けに「ゾイドタクティクス S!」が配信された[8](現在はいずれもサービス終了)。

PS2版と同様に共和国と帝国の戦いをプレイするターン方式のシミュレーションゲームで、PS2版では未登場のゾイドやキャラクターも実装されている。シナリオ/ハンティング/シティランブル/ガレージ/バトルリーグの5種類のモードがある[1]。シナリオモードでは、共和国・帝国・フューザーズ・ジェネシスなどのミッションを選べる。バトルリーグモードでは、全国のプレイヤーとのランキングを競うことができた[7]。月額課金方式。

ストーリー[編集]

アニメ『ゾイド-ZOIDS-』と『ゾイドバトルストーリー』を掛け合わせた「ヘリック共和国・ガイロス帝国・ネオゼネバス帝国の戦争」がメインストーリーとなる。 序盤は、『ゾイド-ZOIDS-』の主人公である少年バンの視点で物語が始まるが、MISSION6「プロイツェンの野望」の選択肢により『ガーディアンフォース編』『バトルストーリー編』の2つにシナリオが分岐する。『ガーディアンフォース編』は、引き続きアニメのストーリーラインに従った展開となってアニメのキャラクターがさらに登場され、後者の『バトルストーリー編』ではバトルストーリー(ゾイド公式ファンブック第2巻以降)のエピソードに準ずる展開となる。ただし、アニメ・バトルストーリーの両方をリンクさせた本作独自の世界観であるため、場面や台詞が大きく省略されたり、公式設定と詳細が矛盾する状況も多い。

登場人物[編集]

『ゾイド-ZOIDS-』[編集]

ストーリー序盤よりバンの仲間やライバルとなる人物が登場。分岐点でシナリオがバトルストーリー編に移行すると、オコーネルやクルーガーといった一部の軍人系キャラクターを除くアニメキャラクターの登場は大幅に少なくなる。

『ゾイドバトルストーリー』[編集]

主にバトルストーリー編で活躍する登場人物。アニメに登場しないバトルストーリーキャラクターにも、下記の通りキャラクターボイスが当てられている。さらに、イベントなどでスティブ・ボーン、デュー・エルド、サヤカ・クーインなどが固有グラフィック無し(モブキャラの共和国一般兵)で登場する。

『ゾイド.VS』[編集]

ストーリー中盤以降は、『ゾイド VS.I/II』に登場する共和国軍ブルーユニコン隊と帝国軍ロットティガー隊のメンバーが登場する。また、ネオゼネバス系組織テラガイストのメンバーは序盤から敵側の人物として登場する。

  • ザン・フェール(声:うえだゆうじ)
  • ティータ・ブリーズ(声:平松晶子
  • アルバーン・ニンバス(声:咲野俊介
  • ショーマ・シュバール(声:野島健児
  • ライナー・グラナート(声:千葉進歩
  • クローディア・ディアマント(声:柚木涼香
  • マックス・ルビン(声:藤原啓治)
  • コウキ・デモン(声:浜田賢二
  • バイパー(声:大塚芳忠)
  • ガルド・クーガル(声:伊藤健太郎)
  • リバイアス・カノーネ(声:川澄綾子
  • レザール・シャル(声:中村大樹)
  • レイカ・ヘクセ(声:渡辺美佐

『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』[編集]

『スラッシュゼロ』のキャラとゾイドはクリア後に遊べるEXステージ内にて敵として登場。

  • ビット・クラウド(声:櫻井孝宏)
  • リノン・トロス(声:川澄綾子)
  • バラッド・ハンター(声:松風雅也
  • ジェミー・ヘメロス(声:斎賀みつき)
  • レオン・トロス(声:千葉進歩)
  • ナオミ・フリューゲル(声:夏樹リオ
  • ハリー・チャンプ(声:高木渉
  • マリー・チャンプ(声:平松晶子)
  • ジャック・シスコ(声:藤原啓治)
  • クリス・タスカー(声:柚木涼香)
  • ケリー・タスカー(声:比嘉久美子
  • カークランド(声:宮下道央
  • ラインバック(声:堀川仁)
  • ストラ・スフィグマ(声:咲野俊介)
  • ピアス(声:玉川紗己子
  • ベガ・オブスキュラ(声:くまいもとこ

『ゾイドフューザーズ』[編集]

『フューザーズ』のキャラクターとゾイドは、クリア後の特典のEXステージで敵として登場。

『ゾイドジェネシス』[編集]

『ジェネシス』のキャラクターとゾイドは、ゲームクリア後のデータ引き継ぎによる再プレイ時にプレイアブルキャラクターとして追加される。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 電撃ホビーマガジン2005年6月号
  2. ^ 雑誌広告の紹介文(電撃ホビーマガジン2005年7月号)
  3. ^ 月刊コロコロコミック2005年6月号
  4. ^ 月刊コロコロコミック2005年7月号
  5. ^ パッケージ裏の紹介文
  6. ^ 電撃ホビーマガジン2005年9月号
  7. ^ a b 電撃ホビーマガジン2005年7月号
  8. ^ Yahoo!ケータイ向けに「ゾイドタクティクス S!」を配信 - ITmedia Moblie(2007年6月1日)

外部リンク[編集]