ネオブロックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ネオブロックスタカラトミー(旧トミー)から販売されているゾイドブロックスを発展させた玩具シリーズである架空の兵器。2006年からの主力シリーズ。

概要[編集]

ブロックスの新機軸。形式番号上、NBZ(ネオブロックス)とLBZ(レジェンドブロックス)とに分けられるが、基本的にネオブロックスコアを使用しているという点は変わらない。従来の5mmジョイントの軸・受け口も随所に存在しているのでゾイドブロックスのパーツを流用する事も可能。バイオゾイドで培われたのであろう関節機構も7mmボールジョイントやPOM製パーツの採用により関節保持力が高くなっているのも大きな特徴である。

なお、コストダウンの目的からなのか今まで付属されていたシールや広告チラシが付属されていない。そして前シリーズ『ゾイドジェネシス(GZシリーズ)』の時とは逆に背景のストーリー性やキャラクターという各種付属要素をごく最低限に留め、純粋に玩具そのものを前面に推し出す方法を取っている。

ビース共和国側機体[編集]

ブレイブジャガー[編集]

ブレイブジャガー
BRAVE JAGUAR
番号 NBZ-01
分類 ヒョウ型
全長 16.6m
全高 6.8m
重量 28.0t
最高速度 230.0km/h
武装 ツインビームキャノン×2
スタビライズアンテナ×2
ブレイブバルカン砲×2
テイルナイフ
ハイパーレーザーガン
バイトファング
ブレイブダガー×2
ストライクレーザークロー×4

ヒョウ型ネオブロックス。高い機動力を持つものの調整が不完全であり、出力を上げたままの運動を続けると短時間で駆動系に障害が現れる。公式の組み換えに単体での組み替えによるライオン型(公式名称なし)、メタルホッパーとの合体形態である「メタルジャガー」が存在する。

ニンテンドーDSのゲームソフト、『ゾイドサーガDS〜legend of arcadia〜』にも、「NEOBLOXパンサー」の名称で登場している。

ハードベアー[編集]

ハードベアー
HARD BEAR
番号 NBZ-02
分類 クマ型
全長 9.7m
全高 5.7m
重量 30.0t
最高速度 180.0km/h
武装 バイトファング
3連ビームキャノン
ビースインパクトキャノン×2
ジャイアントクロー×4
6連衝撃砲
ハードポイント×2
ハードプロテクト×8

クマ型ネオブロックス。大型砲による砲撃戦、分厚い装甲と強力な格闘装備による肉弾戦だけでなく渡河戦でも活躍できる万能機である。キットは後ろ足だけで立つことも可能。

ハリケンホーク[編集]

ハリケンホーク
HURRICANE HAWK
番号 NBZ-03
分類 タカ型
全長 13.3m
全高 7.2m
重量 25.0t
最高速度 マッハ3.0
武装 バイトビーク
2銃身30ミリ機関砲
バーティカルブレード
AZミサイル×4
空対空ミサイル×2
爆撃用ボム×2
バスタークロー

タカ型ネオブロックス。ビース共和国空軍の主力戦闘機サラマンダーに酷似した大型キャノピーにより視界が広く確保でき、首の付け根の赤外線センサーにより、夜間でも高い戦闘力を誇る。

ブライトホーク[編集]

ゾイドジェネレイションズ -ZOIDS GENERATIONS-』に登場。「地の底より這いいでしもの」を封印する役目を持つ、当代の「煌めく獣」にして「封印の刀」。自らの活動を最小限に抑え、残りの力で封印するため封印の間はほぼその生命活動を停止する。一定の周期で封印の力は衰えてしまうが、完全に封印が解けると同時に自身も再生の時を迎える。封印の際には2枚の翼で刃を、尾羽と頭で柄と石突を形成する「封印の刀」となる。

タタラ高地にある火山の火口から目覚め、マグマの中で熱せられていた熱を冷ましてからセキを乗せて最終決戦に参加。対になる当代の「輝く獣」であるライガーブルー・ソウガがくわえることで白装束を発現させマザーバイオを封印、そのままマグマの底へと消えて行った。

ダイナス帝国側機体[編集]

3機共にコクピットブロックは共通であり、単独で飛行が可能。キャノピー式で、脱出装置も兼ねている。

ラプトイエーガー[編集]

ラプトイエーガー
RAPTO JAGUAR
番号 NBZ-04
分類 ヴェロキラプトル型
全長 16.6m
全高 10.4m
重量 24.0t
最高速度 200km/h
武装 バイトファング
マルチプルランチャー×2
ストライクレーザークロー×2
マルチアンテナ
スマッシュテイル
チェイスクロー×2

ヴェロキラプトル型ネオブロックス。装甲を犠牲にした軽量化によって高い機動力を得た機体で、それを活かした格闘攻撃を得意とする。尚、頭部にマルチアンテナを装備した機体は指揮官機である。

ステゴガンツァー[編集]

ステゴガンツァー
STEGO GANZER
番号 NBZ-05
分類 ステゴサウルス型
全長 18.7m
全高 11.5m
重量 32.0t
最高速度 160.0km/h
武装 ロングガンツァーキャノン×2
バイトファング
ストライクレーザークロー×4
ハードプロテクト×4
3Dレーダー×4
放熱フィン×15

ステゴサウルス型ネオブロックス。長い射程距離と高い貫通力を併せ持った長距離砲の装備が一般的だが、他のネオブロックス以上に装備変更の融通が効き、装備を変更した機体が多数存在するとされる(公式設定には具体的なバリエーション機は存在しない)。ステゴサウルス型ゾイドにしては珍しく、背びれはセンサーの類ではなく放熱装置である。

ブラキオラケーテ[編集]

ブラキオラケーテ
BRACHIO RAKETE
番号 NBZ-06
分類 ブラキオサウルス型
全長 20.5m
全高 10.8m
重量 29.0t
最高速度 140.0km/h
武装 地対空誘導ミサイルポッド×2
高射機関砲×2
バイトファング
ストライクレーザークロー×4
スマッシュテイル
捜索・追随レーダー
衝撃制御バーニア

ブラキオサウルス型ネオブロックス。頭部に優秀なレーダーシステムを持ち、対空攻撃用のミサイルや高射砲を備える。高い積載容量故にステゴガンツァー同様仕様変更機が多く、輸送機や大型火器を備えた支援機が配備されているらしい(が、やはり公式設定には具体的なバリエーション機は存在しない)。

合体形態[編集]

バイトグリフォン[編集]

バイトグリフォン
BITE GRIFFON
番号 NBZ-09
分類 グリフォン型
全長 18.7m
全高 6.8m
重量 44.0t
最高速度 マッハ1.8
武装 バーティカルブレード
ツインビームキャノン×2
ビースインパクトキャノン×2
バイトファング
ジャイアントクロー×2
バスタークロー×2
ブレイブダガー×2
ハイパーレーザーガン
2銃身30mm機関砲
AZミサイル×4
爆撃用ボム×2
空対空ミサイル×2
得意技 マグネッサーバースト

ビース共和国がダイナス帝国のチェンジマイズ技術を極秘裏に入手し、三体を合体、新造したグリフォン型ゾイド。幻獣王の異名を持つ。グランドラーゴとは対照的に機動性および格闘戦を重視した設計である。

グランドラーゴ[編集]

グランドラーゴ
GROUN DRAGO
番号 NBZ-10
分類 ドラゴン型
全長 27.4m
全高 8.6m
重量 65.0t
最高速度 140km/h
武装 ロングガンツァーキャノン×2
地対空誘導ミサイルポッド×2
マルチプルランチャー×2
バイトファング
ストライクレーザークロー×2
チェイスクロー×2
高射機関砲×2
スマッシュテイル×3
マルチプルアンテナ×2
放熱フィン×13
得意技 グランドバースト

ダイナス帝国独自のチェンジマイズ技術で三体を強制合体させたドラゴン型ゾイド。暴君竜の暗号名を持つ。設定ではあくまでイレギュラーな合体であるため、常に暴走の危険性を孕んでおり、それゆえ三つのコクピットで制御する必要があるとされる。

ヴァルキリーシーザー[編集]

ヴァルキリーシーザー
VALKYRIE CAESAR
番号 NBZ-11
分類 ライオン型
全長 22.5m
全高 7.5m
重量 57.0t
最高速度 240km/h
武装 ヴァルキリーブレイド
ツインインパクトキャノン×2
ブレイブダガー×2
クラッシュバイト
ストライクレーザークロー×2
ジャイアントクロー×2
3連ビームキャノン
6連装衝撃砲
3連キャノン×2
ブレイブバルカン砲×4
ハードプロテクト×8
Eシールド発生装置×5
放熱フィン×6
得意技 ヴァルキリーズブランド(戦女神の刻印)

ビース共和国が、発掘したムラサメライガーのコアを用いて開発されたライオン型ゾイド。チェンジマイズ機ではなく単体の機体。ナンバリング上はG2レックスよりも若いが、設定上はこちらがG2レックスに対抗して開発された機体である。

キットはLBムラサメライガー、ブレイブジャガー、ハードベアーの成形色変更版のセット商品となっており、LBムラサメライガーは鬣の一部が塗装されている。

G2レックス[編集]

G2レックス
GOJULAS GUN REX
番号 NBZ-12
分類 恐竜
全長 26.5m
全高 8.3m
重量 68.0t
最高速度 180km/h
武装 ロングガンツァーキャノン×2
ロングレンジキャノン×2
ハイパーバイトファング
チェイスクロー×2
ストライクレーザークロー×2
2連装ヘビーマシンガン×2
ADMビーム砲×2
マクサー多用途マシンガン×2
マルチプルランチャー×2
スマッシュテイル
放熱フィン×12
3Dレーダー×4
得意技 G-エクスプロージョン

ダイナス帝国が、発掘したゴジュラスのコアをベースとして対バイトグリフォン用に開発した機体。正式名称はゴジュラス・ガン・レックス。ヴァルキリーシーザーと同じく単体の機体という設定である。

キットはLBゴジュラス、ラプトイエーガー、ステゴガンツァーの3体セットで、それぞれ装甲色が全て赤系で統一されている。

元はマスクド・ライガーDの作例として店頭配布のチラシに掲載された物。

ラプトカイザー[編集]

ラプトイェーガー、ステゴガンツァー、ハリケンホーク、そしてCBZ-04を組み合せて作られたオリジナルチェンジマイズゾイド。

月刊コロコロコミック』で募集されたオリジナルチェンジマイズコンテスト入賞作品の色変え商品バージョンで、サービスとしてLBダークホーンのビーム砲とガトリング砲のパーツを追加してイベントにて限定発売された。

レジェンドブロックス[編集]