ZOIDSバトルカード戦士コマンダーTERU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZOIDSバトルカード戦士コマンダーTERU
ジャンル アクション漫画
漫画
作者 溝渕誠
出版社 小学館
掲載誌 別冊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表期間 2000年2月 - 2002年2月
テンプレート - ノート

ZOIDSバトルカード戦士コマンダーTERU』(ゾイドバトルカードせんしコマンダーテル)は、溝渕誠による日本漫画作品。ゾイド(ゾイドバトルカードゲーム)をモチーフとした漫画で、『別冊コロコロコミック』(小学館)で2000年4月号から2002年4月号まで連載された。全2巻。

あらすじ[編集]

テルはどこにでも居るゾイド好きの小学生。いつものようにケンタとゾイドで遊んでいたある日、彼が拾ったという謎のゾイドカードを眼にし、その真偽を確かめるべくトミー本社へ向かう。そこで苑田博士と出会い、ゾイドバトルカードゲームにのめり込んで行く。

登場人物[編集]

テル
主人公。ある日ケンタが拾った「シールドライガー」のカードを眼にしゾイドバトルカードゲームと出会う。
スピードを生かした「速攻」戦術を得意とし、必殺フォーメーション「閃光矢陣(アローファランクス)」を編み出す。
ケンタ
テルの友達。共和国派のテルに対し帝国派。
苑田博士
「ゾイドバトルカードゲーム」を開発したトミーの技術者。
ジン
テルのライバル。帝国ゾイド使いでフォーメーションカード「火炎大槌陣(トールハンマーファランクス)」を駆使する。
苑田ほのか
苑田博士の姪。デスザウラーを愛用し、相手の戦術に合わせ柔軟に戦い方を変える「スパイダーウェブ」の使い手。
テル達と出会うまでキットのゾイドは組んだ事が無かったらしい。
南郷教授
苑田博士とともに「ゾイドバトルカードゲーム」を開発した技術者で、(苑田博士が共和国カードを作ったのに対し、南郷教授は帝国カードを製作したという設定)
「カードは強さこそすべて」という冷酷な考えの持ち主。モデルは実在のゲームデザイナー・南郷隆。
黒木
テルが初めて対戦した相手。当初はケンタの持っていたセイバータイガーを愚弄し、自身のセイバータイガーATを自慢する等尊大な面が見られたが、テルと戦い和解し、良き友となる。
初登場時は帝国ゾイド使いであったが、「ZBGP」での再戦時は共和国使いに。「沿岸警備指令」でマップを水にして相手をロックし、「ハンマーヘッド」で攻撃する戦法でテルを驚かせた。
浦野
W大付属高校シミュレーション研究会を主宰するゾイドバトルカードゲームのテストプレイヤーの一人。
一見好青年に思える風貌だが「ワザと負けて相手の戦術を調べる」「同研究会のメンバーであった黒木を脱退させる」「超小型カメラでテルの手札を盗み見る」等、卑劣な一面も持つ。
金蔵(きんぞう)
全国大会「ZBGP」編にて登場。金倉(かねくら)コンツェルンの御曹司で、上着の裏には特注で作らせた金製の「ゴールドカード」を大量に忍ばせている。
予選でテルに敗退。
田沢
金蔵の使用人。
血祭挙(ちまつり あげる)
ZBGP編にて登場。吸血デッキの使い手で、ポイント制ルールにおいてザバット10機を操りテルを翻弄した。

コミックス[編集]

  1. 2001年2月26日発売 ISBN 4091428312
  2. 2002年4月26日発売 ISBN 4091428320

脚注[編集]

[ヘルプ]