アタックゾイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アタックゾイドは、タカラトミー(旧トミー)より発売されている『ゾイド』シリーズに登場する玩具、および架空の兵器。製作はトミーだが、元は1987年に食玩として森永製菓より、第一弾・第二弾の16種類が発売されていた。ゾイドシリーズと同じ1/72スケールで展開し、パイロット着脱、商品によってはハードポイントを介した通常ゾイドへの搭載などのギミックを有する。

2000年にはトミーの系列会社ユージンよりカプセルトイコマンドゾイド』として発売[1]。収録内容は前述の「アタックゾイド」からの復刻がメインで、同シリーズ第二弾においては新規キットが2種類収録された。また、2003年には当時運営されていた公式通販サイト『ZOIDS CORE ドットコム』にてキャンペーン品として配布されていた[2]


キット概要[編集]

商品は森永製菓より『メカ生体ゾイド チョコスナック アタックゾイド』という商品名で発売された。第一弾は1987年に北海道、東北、四国、九州、中国地方で先行販売[3]され、同年8月に全国発売された[4]。また、第二弾も同年8月に北海道、東北、四国、九州、中国地方で先行販売されている[4]

アタックゾイドのラインナップ一覧
名称 発売日 発売元 備考
ショットダイル 1987年 森永製菓 第一弾。腕と足の付け根、首、尻尾が可動し、底面に凹型ジョイントがあり、他のゾイドとドッキング可能。
シーバトラス 1987年 森永製菓 第一弾収録。爪と尻尾、2連砲が可動し、底面に凹型ジョイントがあり、他のゾイドとドッキング可能。
カマキラー 1987年 森永製菓 第一弾収録。腕と足の付け根、首、上半身が可動し、底面に凹型ジョイントがあり、他のゾイドとドッキング可能。
キャノッサ 1987年 森永製菓 第一弾収録。翼、首と足の付け根、座席が可動し、着陸状態が再現できるが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
ハイパーシザース 1987年 森永製菓 第一弾収録。腕と足の付け根、尻尾が可動するが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
クロスウイング 1987年 森永製菓 第二弾収録。翼と足の付け根、尻尾が可動し、翼は後方に畳む事も、X字を描くこともできるが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
ウォータースパイダー 1987年 森永製菓 第二弾収録。足の付け根、足首が可動し、背部装甲は大きく開くことが出来るが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
サラディン 1987年 森永製菓 第二弾収録。首、頭部先端の銃が可動する他、足の付け根も前後に可動。底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
シルバーコング 1987年 森永製菓 第一弾収録。腕の付け根、肘、手首が可動。足の付け根、首も可動する。底面に凹型ジョイントがあり、他のゾイドとドッキング可能。
ゴリアテ 1987年 森永製菓 第一弾収録。可動ポイントはまったくないが、底面に凹型ジョイントがあり、他のゾイドとドッキング可能。
グラップラー 1987年 森永製菓 第一弾収録。足の付け根と角の付け根が可動し、底面に凹型ジョイントがあり、他のゾイドとドッキング可能。
ビーシューター 1987年 森永製菓 第一弾収録。足と羽の付け根、胴体後部付け根が可動するが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
クラブラスター 1987年 森永製菓 第二弾収録。腕と足の付け根、右のハサミが可動する他、座席が傾き直立モードにもなるが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
ダムバスター 1987年 森永製菓 第二弾収録。座席部分と頭部が45度傾き降着形態になる他、翼と足の付け根も可動。飛行形態も再現可能。底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
ヘルダイバー 1987年 森永製菓 第二弾収録。ヒレの付け根、尻尾が2箇所可動するが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。
グランドモーラー 1987年 森永製菓 第二弾収録。腕と足の付け根、ドリルと爪が可動するが、底面ジョイントがなく、他のゾイドとドッキング出来ない。


コマンドゾイド
復刻に際し各機の名称を新たに設定し、成型色を変更[注 1]した。各商品にはヘリック共和国・ガイロス帝国の国章などの両軍共通シールが付属する。
ユージンのカプセルトイにて2000年1月に第一弾が発売[5]。第二弾は同年6月に発売された[6]
24ゾイドのほか、通常ゾイドの武器となる新規商品の発売も告知されていたが[1]、実現されなかった。
コマンドゾイドのラインナップ一覧
名称 発売日 発売元 備考
アサルトシーカー 2000年2月 ユージン シーバトラスの復刻版。後部2連砲が銀塗装されている。
アタックコング 2000年2月 ユージン シルバーコングの復刻版。
ディノチェイス 2000年2月 ユージン ショットダイルの復刻版。座席上部が銀塗装されている。
ランディングシェル 2000年2月 ユージン ゴリアテの復刻版。
ライトスパイカー 2000年2月 ユージン カマキラーの復刻版。鎌部分が銀塗装されている。
キャリービー 2000年2月 ユージン ビーシューターの復刻版。
ソルディス 2000年2月 ユージン キャノッサの復刻版。頭部2連砲が銀塗装されている。
サイカーチ 2000年2月 ユージン グラップラーの復刻版。
プロラバーン 2000年6月 ユージン クロスウイングの復刻版。パルスビーム砲が銀塗装されている。
バトルローバー 2000年6月 ユージン 完全新規商品
エイビー 2000年6月 ユージン ハイパーシザースの復刻版。連装ビーム砲が銀塗装されている。
グライク 2000年6月 ユージン クラブラスターの復刻版。
ウォンバム 2000年6月 ユージン ダムバスターの復刻版
ゴーレム 2000年6月 ユージン 完全新規商品


設定[編集]

索敵やスパイ活動といった任務を想定し開発された[7]。前線での信用が厚い小型ゾイド群であり、整備には特殊な工具や環境を必要としない。1機あたりの攻撃力はより大きなゾイドに劣るため、集団戦、奇襲戦、偵察などで活躍する。コストも低く、アタックゾイドが挙げた戦果は24ゾイド開発の起因となっている[8]。また、アタックゾイドは他の大型ゾイドに積載されて移動、敵地に接近すると離脱し、侵入すると言った任務も可能としている[7]。一人乗りの小型機である事から、レーダーに補足され辛い利点も有している[7]。旧大戦(中央大陸戦争第一次大陸間戦争)時代においては基本設計の違いからアタックゾイドは24ゾイドと区分されていたが、第二次大陸間戦争時代においてはコマンドゾイドという総称が存在[8]。同時代には歩兵師団において共和国側で5万機、ガイロス帝国軍で12万機が運用されている[9]

共和国[編集]

ショットダイル[編集]

ショットダイル[注 2] / ディノチェイス
番号 RAZ-01(ショットダイル)
RZS-003(ディノチェイス)
所属 ヘリック共和国
分類 カンガルー型
全長 4.3m
全高 3.1m
重量 3.2t
最高速度 210km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 フォッカー大尉[11]
カンガルー型ゾイド。情報収集を得意とし、そのジャンプ力から立体的な格闘戦も可能な機体。俊敏な機動力から偵察部隊に多く配備された。強靭な脚部を生かした格闘戦が得意。


シーバトラス[編集]

シーバトラス[注 2] / アサルトシーカー
番号 RAZ-03(シーバトラス)
RZS-001(アサルトシーカー)
所属 ヘリック共和国
分類 カブトガニ型
全長 4.5m
全高 0.9m
重量 4.9t
最高速度 水上750kt
乗員人数 1名
主な搭乗者 シュルツ伍長[11]
カブトガニ型ゾイド。水上を音もなく進み、低空飛行も可能。ウルトラザウルス艦載機としても活躍する。ステルス性に優れ、偵察行動にも多用される水陸両用機。装甲も厚く、対弾性も高い。
作中の活躍
ZAC2041年にはコマンド部隊「ブルーパイレーツ」に配備された機体が活躍。キャノッサ、カマキラー、ショットダイルとともにシーパンツァーを鹵獲し、同部隊の砦「ドクロ岩」に回収する。その後ドクロ岩は帝国軍の追撃を受けるが、ダブルソーダの援護やトラップの奇策によってシーパンツァーごと共和国領への撤収に成功している[12]
ZAC2100年7月に行われた第二次全面会戦においては西方大陸出身の傭兵たちが搭乗し、ぬかるみや落とし穴といったトラップをしかけディノチェイスやソルディス、ライトスパイカーらとともに帝国軍のゾイドを撃破していった[13]


カマキラー[編集]

カマキラー[注 2] / ライトスパイカー
番号 RAZ-05(カマキラー)
RZS-005(ライトスパイカー)
所属 ヘリック共和国
分類 蟷螂型
全長 4.3m
全高 2.8m
重量 3.0t
最高速度 150km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 ビッグフット・ジョン軍曹[11]
カマキリ型ゾイド。スパイカーのコンセプトを超小型ゾイドに落とし込んだ格闘専用機種。両手のでの格闘戦を得意とする。森林戦の他、市街地での破壊活動にも威力を発揮。


キャノッサ[編集]

キャノッサ[注 2] / ソルディス
番号 RAZ-07(キャノッサ)
RZS-007(ソルディス)
所属 ヘリック共和国
分類 鳥型
全長 3.9m
全高 1.4m
翼長 5.8m
重量 2.8t
最高速度 M1.5
乗員人数 1名
主な搭乗者 オズベルト中尉[11]
型ゾイド。飛行能力に優れた超小型戦闘機。飛行ゾイド補佐の他、連絡機としても使用される。超小型の軽戦闘機として航空基地には必ずといって良いほど配備されている傑作機。


ハイパーシザース[編集]

ハイパーシザース[注 2] / エイビー
番号 RAZ-09(ハイパーシザース)
RZS-009(エイビー)
所属 ヘリック共和国
分類 ザリガニ型
全長 5.8m
全高 1.0m
重量 3.8t
最高速度 90km/h
乗員人数 1名
エビザリガニ)型ゾイド。川や沼などの湿地戦に向いた機体であり、バリゲーターと共にゲリラ戦を得意とする。連装ビーム砲と、鋼鉄をも切り裂くシザーを備え、また水中だけでなく水上を航行する能力も有する。格闘戦を得意とした水陸両用の超小型ゾイドで、帝国軍クラブラスターのライバル。


クロスウィング[編集]

クロスウィング[注 2] / プロラバーン
番号 RAZ-11(クロスウイング)
RZS-011(プロラバーン)
所属 ヘリック共和国
分類 トンボ型
全長 5.9m
全高 1.5m
重量 2.5t
最高速度 M0.9
乗員人数 1名
トンボ型ゾイド。垂直離着陸も出来、低速度での飛行も可能なため、物資の空輸や偵察に威力を発揮。良好な空中停滞能力を誇り、主に地上攻撃に多用された軽戦闘機。
雑誌てれびくん掲載のストーリーでは無数のクロスウイング航空隊がデスザウラーを絨毯爆撃し、その進撃を遅らせ共和国部隊を救うなど大金星を挙げている。その他、6機のクロスウイングでシールドライガーを空輸し、帝国基地を奇襲したこともあり、機体サイズから考えると驚異的な積載量を誇る事もあり、アタックゾイドの中ではかなり抜きん出た能力を示す機体だと思われる。[要出典]
デザインは24ゾイド用に描き起されたものを転用したもの[14]


ウォータースパイダー[編集]

ウォータースパイダー[注 2]
番号 RAZ-01
所属 ヘリック共和国
分類 アメンボ型
全長 5.3m
全高 1.9m
重量 2.7t
最高速度 水上600km/h
乗員人数 1名
アメンボ型ゾイド。水上を高速移動する能力を持ち、一撃離脱戦法を得意とする特殊ゾイド[10]


サラディン[編集]

サラディン[注 2]
番号 RAZ-01
所属 ヘリック共和国
分類 アルマジロ型
全長 5.5m
全高 1.8m
全幅 不明
重量 6.5t
最高速度 120km/h
乗員人数 1名
アルマジロ型ゾイド。全身が特殊合金の装甲で覆われており、敵の攻撃を跳ね返す防御力に特化している[10]

帝国[編集]

シルバーコング[編集]

シルバーコング[注 2] / アタックコング
番号 EAZ-02(シルバーコング)
EZS-002(アタックコング)
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
分類 ゴリラ型
全長 2.6m
全高 2.4m
全幅 不明
重量 4.4t
最高速度 100km/h
乗員人数 1名
武装 不明
ゴリラ型ゾイド。装甲擲弾兵師団の格闘戦用超小型ゾイド。クラス最強のパワーを誇る。格闘戦に優れ、そのコンセプトは24ゾイドのゴーレムに受け継がれる。


ゴリアテ[編集]

ゴリアテ[注 2] / ランディングシェル
番号 EAZ-04(ゴリアテ)
EZS-004(ランディングシェル)
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
分類 カタツムリ型
全長 3.1m
全高 2.9m
全幅 不明
重量 5.0t
最高速度 120km/h
乗員人数 1名
武装 二連装ビーム砲
カタツムリ型ゾイド。マルダーの超小型版、その厚い装甲と砲撃力の高さから砂漠戦を得意とする。完全装甲下に置かれた機体構造は生存性も高く、兵士たちの人気も高い。


グラップラー[編集]

グラップラー[注 2] / サイカーチ
番号 EAZ-06(グラップラー)
EZS-008(サイカーチ)
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
分類 カブトムシ型
全長 5.8m
全高 1.6m
重量 3.4t
最高速度 110km/h
乗員人数 1名
カブトムシ型ゾイド。サイカーチスの超小型版。陸上での巨大な角を使った格闘戦が得意だが、飛行能力も持っている。森林戦や山岳地帯での砲撃戦にも対応する


ビーシューター[編集]

ビーシューター[注 2] / キャリービー
番号 EAZ-08(ビーシューター)
EZS-006(キャリービー)
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
分類 蜂型
全長 4.5m
全高 1.8m
重量 2.8t
最高速度 M1.9
乗員人数 1名
主な搭乗者 ハンナ・ハンナ(機獣新世紀ZOIDS)
ハチ型ゾイド。空中での機動力に優れた高機動攻撃機。尾のビームニードルによる一撃離脱戦法を得意とし、その威力は中型ゾイドをも仕留める。


クラブラスター[編集]

クラブラスター[注 2] / グライク
番号 EAZ-10(クラブラスター)
EZS-010(グライク)
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
分類 シオマネキ型
全長 2.8m
全高 2.0m
重量 3.8t
最高速度 100km/h
乗員人数 1名
シオマネキ型ゾイド。特殊な溶解液「メルトバブル」で敵の動きを止め、巨大な鋏で切り裂く特殊ゾイド。海辺での戦闘を得意とし、機動性と格闘能力に優れる水陸両用超小型機。


ダムバスター[編集]

ダムバスター[注 2] / ウォンバム
番号 EAZ-12(ダムバスター)
EZS-012(ウォンバム)
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
分類 コウモリ型
全長 2.9m
全高 2.9m
重量 3.0t
最高速度 M0.8
乗員人数 1名
コウモリ型ゾイド。超音波レーダーを装備し、夜間戦闘では無敵を誇る軽戦闘機。広範囲攻撃のソニックブラスターを搭載、格闘戦も得意な夜間攻撃機。


ヘルダイバー[編集]

ヘルダイバー[注 2]
番号 EAZ-14
所属 ゼネバス帝国
分類 シュモクザメ型
全長 6.6m
全高 2.0m
重量 2.9t
最高速度 80kn
乗員人数 1名
シュモクザメ型ゾイド。高性能ソナーを搭載し、高威力の魚雷で敵を仕留める水中戦用超小型機[10]


グランドモーラー[編集]

グランドモーラー[注 2]
番号 EAZ-16
所属 ゼネバス帝国
分類 モグラ型
全長 4.6m
全高 1.4m
重量 6.8t
最高速度 90km/h
地中 40km/h
乗員人数 1名
モグラ型ゾイド。頭部先端に装備されたスピンドリルで地中へと潜行する事が可能な特殊ゾイド[10]


レッドゴーレム[編集]

レッドゴーレム[注 2]
番号 不明
所属 ガイロス帝国
分類 ゴリラ型
全長 不明
全高 不明
全幅 不明
重量 不明
最高速度 不明
乗員人数 不明
武装 不明
特殊部隊に配備されたスペシャルカラーのゴーレム。
月刊コロコロコミック誌2000年3月号ではガイロス帝国の偵察機として共和国基地に潜入、ストームソーダーブレードライガーの情報収集を行った[15]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ フレーム部は共和国:紺は濃い色に、帝国:赤は鮮やかな色に、装甲部は共和国はベージュからグレー、帝国はグレーからシルバー、共和国側は一部部品にメタリックの銀塗装が施された
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 機体諸元は2008年に発売された「月刊ゾイドグラフィックス Vol.9 ゾイドハンマーロック」より[10]

出典[編集]

  1. ^ a b 『ゾイド公式ファンブック』小学館、2000年3月、94頁。(ISBN 4-09-102830-6)
  2. ^ ZOIDS CORE ドットコム 対象商品を予約すると必ず貰える!!コマンドゾイドGETキャンペーン”. 2003年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月6日閲覧。
  3. ^ 『小学三年生』1987年4月号、小学館、88頁。
  4. ^ a b 『小学三年生』1987年8月号、小学館、74頁。
  5. ^ 『月刊コロコロコミック』2000年1月号、小学館、28-29頁。
  6. ^ 『月刊コロコロコミック』2000年6月号、小学館、49頁。
  7. ^ a b c 『SUPER REAL ACTION MAGAZINE ゾイドグラフィックスVOL.10』トミー、1986年、小冊子。
  8. ^ a b 『電撃ホビーマガジン』2002年6月号、メディアワークス、246頁。
  9. ^ 『ゾイド公式ファンブック2』小学館、2001年3月1日初版発行、78頁及び96頁。(ISBN 4-09-102863-2)
  10. ^ a b c d e 『月刊ゾイドグラフィックス VOL.9 ゾイドハンマーロック』タカラトミー、2008年9月、付属冊子。
  11. ^ a b c d 『小学三年生』1987年5月号、小学館、86頁。
  12. ^ 『ゾイドバトルストーリー2』小学館、1987年11月1日初版発行、16-17頁。(ISBN 4-09-104761-0)
  13. ^ 『ゾイド公式ファンブック2』小学館、2001年3月1日初版発行、30頁。(ISBN 4-09-102863-2)
  14. ^ 『電撃ホビーマガジン』1999年4月号、メディアワークス、168-169頁。
  15. ^ 『月刊コロコロコミック』2000年3月号、小学館、10-13頁。