ゾイドワイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ゾイドワイルド』(ZOIDS WILD)は、2018年6月より発売が開始されたタカラトミー玩具プラモデル)「ゾイド」のシリーズ[1]。略称は「ZW」[2]

概要[編集]

2006年に終了した『ゾイドジェネシス』以来12年ぶりとなるゾイドプロジェクト。1983年から始まるゾイドシリーズの第3期と位置づけられる[1]

ゾイドシリーズは2018年で35周年を迎えるが、その2月13日にタカラトミーの公式ウェブサイトに「Z」や「最獣要計画」というキーワードを掲げたティザーサイトが開設され [3] [4]、同月15日に発売されたコロコロコミック2018年3月号に「プロジェクトZ起動!!!」という予告が掲載される。

同月27日に行われた発表会で登壇したタカラトミー社長小島一洋により、ゾイドワイルドシリーズが発表された。登壇した小島は、タカラトミーの強みについて「グローバルで展開して愛されるオリジナルIPを自社で創り出せること」であると話し、同社が世界に誇れるグローバルIPとしてトランスフォーマーベイブレードなどを挙げ、これら人気製品に続いて送り出すのが新生ゾイドシリーズのゾイドワイルドであると語っている[5][6]

ゾイドワイルドは、10歳前後の児童層をメインターゲットとしつつ、かつて第1・2期のゾイドシリーズを体験した20・30代男性もサブターゲットに定めている[1]。 このメインターゲットである児童層の視野全体にゾイドの世界を見せるメディアミックス戦略を「360度マルチマーケティング」と銘打って、玩具(リアルムービングキット)・漫画アニメコンシューマーゲームアーケードゲーム(キッズアミューズメント)・スマホアプリなどを順次展開する[7]

なお、この企画自体は発表よりかなり以前から進められており、デザイン原案を担当する徳山光俊による原型は2016年10月には進められていた[8]

本シリーズは、これまでのシリーズとは全く異なる完全新作であり、新規設計の玩具に新しいギミックや仕様を盛り込んだだけでなく、世界観や登場人物などのストーリーも刷新[1][7]。 従来のシリーズでは地球から遠く離れた惑星Ziを舞台にしていたのとは異なり、本作では地球が舞台となり、ゾイドは数万年前に宇宙から飛来した1つのゾイドコアより誕生して生態系の頂点になったメカ生命体に位置づけられた[9]。ゾイドは、地中から発掘した骨(ボーン)に外装(アーマー)を取り付けて「復元」される設定となり、従来のゾイドが動物の形をしたメカ(兵器)であることを強調する「○○型(例:ライオン型)」という表記を改め、より動物的・図鑑的に「○○種(ライオン種)」と表記される[8]。ゾイドに取り付けるアーマーも、競走馬に使うブリンカーに着想を得て、地球人が野生生物としてのゾイドを調教するためのものをイメージしている[8]

主要なシリーズ展開は、同年4月以降に「漫画」の連載、6月に「リアルムービングキット」の発売及び「公式スマホアプリ」の配信、7月に「アニメ」の放映がそれぞれ開始された(詳細は、下記の各節を参照)。

舞台設定[編集]

本作では玩具・漫画・アニメ・公式アプリ[10]などが共通で、地球にあるワイルド大陸という架空の大陸を舞台としている。 そして、ゾイドを戦闘兵器として運用するデスメタル帝国という勢力が支配圏を拡大して主人公やプレイヤーに脅威となっているという点も共通である。

一方で、ゾイドに搭乗(騎乗)する人物を、玩具では「ライダー」、アニメとアプリでは「ゾイドハンター」と呼称されている。 また、漫画とアニメではゾイドハンターたちのグループとしてフリーダム団シュプリーム団が描かれるが、玩具では言及されていない(パッケージや付属ラベルなどにチームエンブレムは表記されている)。アプリではデスメタル帝国の侵略に抵抗する組織「リキッド」や、ゾイドを使う盗賊団などが登場している。

リアルムービングキット[編集]

ゾイドワイルドシリーズで発売されるゾイドのプラモデルキットは、新たなデザインとギミックを取り入れたリアルムービングキット(組立式駆動玩具)と呼称される[7]。 第1・2期のゾイドからさらに進步した特徴として「組み立てる」「動かす」「必殺技を出す」という流れで遊べる玩具となっている。

組み立てるという点では、新しいゾイドの「ゾイドは地中から発掘される」という設定に合わせて、「プラモデルを組み立てる者自身が、ゾイドの化石を発掘して復元する」ことをコンセプトとしている。これを演出するために、キット売り場を「ゾイド発掘基地」、ランナーから切り離された状態でパーツが封入された袋を「発掘パック」、組み立ての説明書を「復元の書」と名付けている[7]。この復元の書は、"カール・K・グスタフ"なる人物が書き残した文書という体裁で、発掘パックを開封して図面でパーツを確認して組み上げる一連の作業を古代生物の復元作業に見立てている。逆に、組み立てるパーツ自体にはパーツ番号などの記載は無く、徹底して"探して組み立てる"ことにこだわった仕様とされる[11]。ランナーレスで組み立てやすくなったこれらの仕様については、プラモデルを組み立てるのが面倒くさいと思われがちな欠点を無くして楽しくなるように工夫されていると評する声もある[12]

また、今回のゾイドのサイズは1/35スケールとなる[7]。従来の1/72スケールから変更した理由として、"ゾイドに乗る人物(ライダー)とメカ生命体であるゾイドの絆"をより強く描くため、搭乗者がゾイドの顔の近くに跨がって乗っている様子がリアリティを持って感じられるサイズ感にするためである。そのため、搭乗者とゾイドが一体になって動くことを、人馬一体ならぬ「人機一体」と表現される[13][2]。人機一体を自然に表現するため、搭乗者のライディングポジションを早く描いてからゾイドのデザインや大きさを考えることで、単に搭乗者を乗せただけ(コクピットを付けただけ)という感じにならないようにしている[8]

旧シリーズのゾイドと同様に、ゾイドは電動モータもしくはゼンマイにより、歩く・口を開閉する・尻尾を振るなど動かすことができるが、ゾイドワイルドではこれらに加えて、必殺技として「本能解放・ワイルドブラスト」と呼ばれる独特のギミックが組み込まれている。これは、搭乗者とゾイドの心がシンクロして両者の闘争本能が最高潮に達した時に展開される必殺技[9]として、ゾイドごとに「大きな爪が勢いよく振り下ろされる」「隠された角が出現する」など、それぞれのゾイドのモチーフとなった生物の特長を活かしたアクションとなっている[7]。この本能解放という新要素は、動物が牙をむく(身体の一部を剥き出しにして本気を出す)というイメージで生み出された[8]

初回発売後の反響[編集]

ゾイドワイルドシリーズの第1弾(全6種)は、2018年6月23日に発売された。タカラトミーの目標を大きく上回るペースで売れており[14]、アニメの主人公機でもある「ワイルドライガー」を中心に、ネットショップ・店頭販売で売り切れが続出するほどの人気振りとなった [15][11]

玩具リリース[編集]

発売日 番号 名称 サイズと動力
2018年
6月23日
ZW01
ZW02
ZW03
ZW04
ZW05
ZW06
ワイルドライガー
ギルラプター
カブター
スコーピア
ガノンタス
ガブリゲーター
M型・モーター動力
M型・モーター動力
S型・ゼンマイ動力
S型・ゼンマイ動力
M型・モーター動力
M型・モーター動力
7月28日 ZW07
ZW08
クワーガ
グラキオサウルス
S型・ゼンマイ動力
XL型・モーター動力

ゾイド[編集]

フリーダム団(ゾイド)[編集]

ワイルドライガー
ライオン種。発掘地域:不明。武器:タテガミクロー。本能解放技:キングオブクロー。
デスメタル軍から逃亡し、アラシと出会いパートナーとなる。
ガノンタス
プロガノケリス種。発掘地域:砂漠地帯。武器:ガノンキャノン。本能解放技:亀光砲(きこうほう)。
スコーピア
サソリ種。発掘地域:砂漠地帯。武器:ポイズンスピア。本能解放技:ヒット&デス。
トリケラドゴス
トリケラトプス種。

シュプリーム団(ゾイド)[編集]

ファングタイガー
サーベルタイガー種。
ベーコンのパートナー。
カブター
カブトムシ種。発掘地域:密林地帯。武器:ギガントホーン。本能解放技:メリケンストライク。
ソース、キャンディのパートナー。
グラキオサウルス
ブラキオサウルス種。発掘地域:密林地帯。武器:ハンマーボーン。本能解放技:グランドハンマー。
クロアメ、イカヅチのパートナー。

デスメタル帝国(ゾイド)[編集]

ラプトール
ヴェロキラプトル種。
第1話ではソダースとその部下が使用。
ギルラプター
ディノニクス種。武器:ウイングショーテル。本能解放技:瞬撃殺(しゅんげきさつ)。
ガブリゲーター
サルコスクス種。発掘地域:密林地帯。武器:クランブルジョー。本能解放技:顎関節地獄噛(がくかんせつじごくかみ)。
デスレックス
ティラノサウルス種。

その他(ゾイド)[編集]

クワーガ
クワガタムシ種。発掘地域:密林地帯。武器:デュアルシザース。本能解放技:四連蟹鋏(よんれんかにばさみ)。
第1話では森に潜む野良ゾイドとして登場。
ナックルコング
ゴリラ種。
ステゴゼーゲ
ステゴサウルス種。

登場人物[編集]

フリーダム団(人物)[編集]

アラシ
- 小野賢章金田アキ(幼少期)
主人公。相棒はワイルドライガー。父親に影響を受けゾイドに憧れる少年で、伝説のライオン種ゾイドと呼ばれるワイルドライガーと出会い相棒となる。ワイルドライガーに攻撃されて岩場にぶつかっても無傷で立ち上がれるほどのタフさを持っている[16]
オニギリ
声 - 小桜エツコ
フリーダム団メンバー。相棒はガノンタス。
ペンネ
声 - 小松未可子
フリーダム団メンバー。相棒はスコーピア。
ギョーザ
声 - 木村昴
フリーダム団メンバー。相棒はトリケラドゴス。

シュプリーム団(人物)[編集]

ベーコン
声 - 櫻井孝宏
シュプリーム団リーダー。相棒はファングタイガー。幼少期にイカヅチと出会い、ファングタイガーを相棒にするための心意気を教えられた。
ソース
声 - 小清水亜美
シュプリーム団メンバー。紅一点。相棒はカブター。
ガーリック
声 - 西山宏太朗
シュプリーム団メンバー。怠けもの。
アボカド
声 - 木村隼人
シュプリーム団メンバー。食いしん坊。
キャンディ
声 - 生田鷹司
シュプリーム団メンバー。相棒はカブター。
クロアメ
シュプリーム団メンバー。相棒はグラキオサウルス。メカニックなボディで無口。

デスメタル帝国(人物)[編集]

ギャラガー
声 - 関智一
デスメタル帝国皇帝。搭乗ゾイドはデスレックス。
ドレイク
声 - 石川界人
デスメタル四天王。搭乗ゾイドはギルラプター。
キャビア
声 -
デスメタル四天王。搭乗ゾイドはガブリゲーター。
ソダース
声 - 内匠靖明
ワイルドライガーの捕獲に来たデスメタル軍の小隊長。搭乗ゾイドはラプトール。

その他(人物)[編集]

イカヅチ
声 - 桐本拓哉
アラシの父親。相棒はグラキオサウルス。ゾイドハンターであり、現在は所在不明。
タイフウ
声 - 梅津秀行
アラシの祖父。アラシがゾイドに憧れるのを反対している。
サンラータン
声 - 三森すずこ[17]
フリーダム団をサポートするフリーの情報屋。男勝りでサバサバした性格の元気な女の子[18]

用語[編集]

ワイルド大陸
地球上にある本作の舞台となる大陸。各地でゾイドが発掘、復元されている。
ゾイド
数万年前に宇宙から飛来した1つのゾイドコアを起源とし、金属の肉体と動物の闘争心を持つメカ生命体。
ソイドキー
ゾイドが絆を結んだ相手(ライダー)に与えるアイテム。本能解放の鍵となる。
本能解放 / ワイルドブラスト
ゾイドとライダーがシンクロし闘争本能が最大級に高まった時に、ゾイドキーを挿し込むことで身体能力の大幅な向上と固有の能力を発揮する。本能解放の際にはゾイドとライダーの左目が炎のように輝く。
なお、玩具パッケージや復元の書などでは「本能解放」と書いて「ワイルドブラスト」とフリガナを振っているが、公式サイト[9]やアニメ・ラジオなどでは「本能解放(ほんのうかいほう)!ワイルドブラスト」と並行して表記・発音している[19]
古大秘宝Z(ゼット)
ベーコン率いるシュプリーム団が狙っている伝説のお宝で「世界の全てが手に入る」と言われている[20]
なお、「古秘宝Z」は誤りだが、公式Twitterでも誤ってツイートされた[21]

テレビアニメ[編集]

ゾイドワイルド
ジャンル ロボットファンタジー
アニメ
原作 タカラトミー
監督 須藤典彦
シリーズ構成 広田光毅
音楽 朝倉紀行
アニメーション制作 OLM
製作 ZW製作委員会
放送局 毎日放送TBS系列
放送期間 2018年7月7日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

2018年7月よりテレビアニメ毎日放送TBS系列アニメサタデー630』第1部[22]にて放送中[23]。TBS系列におけるゾイドシリーズとしては、『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』以来17年ぶりの新作となる。ゾイドシリーズ初のハイビジョン製作でもある。

ストーリー[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - タカラトミー
  • 企画協力 - 森茶小学館『月刊コロコロコミック』連載)、小学館
  • 監督 - 須藤典彦
  • シリーズ構成 - 広田光毅
  • キャラクターデザイン - 村上李香
  • サブキャラクターデザイン - 本田隆
  • プロップデザイン - コレサワシゲユキ、ヒラタリョウ
  • 美術監督 - 加藤浩、保木いずみ
  • 色彩設定 - 佐藤直
  • 撮影監督 - 柏木健太郎、今泉秀樹、蔡伯崙
  • 編集 - 後田良樹
  • 音響監督 - 松岡裕紀
  • 音楽 - 朝倉紀行
  • 音楽プロデューサー - 村田莉恵
  • プロデューサー - 平位俊雄、日比政広、前田俊博、亀井博司、嵯峨隼人、古市直彦、備前島幹人、長尾啓樹
  • アニメーションプロデューサー - 櫻井涼介
  • アニメーション制作 - OLM
  • 製作 - ZW製作委員会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Starting Over」(第1話 - )
作詞・作曲 - 新井弘毅 / 編曲 - 新井弘毅、トオミヨウ / 歌 - DISH//
エンディングテーマ「少年の僕へ」(第1話 - )
作詞・作曲 - 堀江晶太 / 編曲 - 堀江晶太、PENGUIN RESEARCH / 歌 - PENGUIN RESEARCH
挿入歌「WILD BLUE」(第1話 - )
作詞・作曲 - 堀江晶太 / 編曲 - 堀江晶太、PENGUIN RESEARCH / 歌 - PENGUINRESEARCH

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督放送日
第1話本能解放!ワイルドライガー 広田光毅牧俊治
高橋瑞香2018年
7月7日
第2話襲来!デスメタル 大宙征基福元しんいち
  • 菅原浩喜
  • 相原理沙
  • 漢人寛子
7月14日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [24] 備考
2018年7月7日 - 土曜 6:30 - 7:00 毎日放送製作局)ほかTBS系列全28局 日本国内[注 1] 『アニメサタデー630』第1部
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年7月7日 - 土曜 7:00 更新 TVer / MBS動画イズム / GYAO! / YouTube[注 2]
土曜更新 Paravi
2018年7月10日 - 火曜更新  U-NEXT[25]
毎日放送制作・TBS系列 土曜6:30 - 7:00枠
(『アニメサタデー630』枠〈第1部〉)
前番組 番組名 次番組
七つの大罪 戒めの復活
(2018年1月6日 - 6月30日)
ゾイドワイルド
(2018年7月7日 - )
-

コミック[編集]

コロコロコミック2018年5月号より連載。著者は森茶

ゲーム[編集]

公式無料アプリ『ゾイドワイルド』
2018年6月より配信の公式アプリ。ゾイドを撮影して編集加工できるZFX、バトルシミュレーションゲーム、組み立て動画が楽しめる[10]
ゾイドワイルド スイッチ(仮)
Nintendo Switch用ソフトとして発売予定[26]

ラジオ[編集]

アニメ放送と連動したラジオ番組である『ゾイドワイルド〜本能解放ラジオ〜』を同年7月12日から毎週木曜2:00〜2:30(水曜深夜)にMBSラジオにて放送している[27]。パーソナリティは当番組に出演している声優陣が務める。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ TBS系列局が存在しない秋田県福井県徳島県佐賀県を除く(遠距離受信および区域外再放送は含めず)。
  2. ^ タカラトミー公式アカウント・月刊コロコロコミック公式アカウント

出典[編集]

  1. ^ a b c d 発掘、復元される機械生命体、「ゾイドワイルド」、6月始動 GameWatch 2018年2月27日、同3月26日閲覧。
  2. ^ a b 「ゾイドワイルド」新アニメPV!タカラトミー公式YouTubeチャンネル
  3. ^ 弊社のホームページに謎の「Z」を掲載しました ゾイド公式Twitter 2018年2月13日、7月2日閲覧。
  4. ^ 発表まであと1日 ゾイド公式Twitter 2018年2月26日、7月2日閲覧。
  5. ^ ゾイド:新シリーズ「ゾイドワイルド」始動 新たに必殺技アクション”. MANTANWEB (2018年2月27日). 2018年7月2日閲覧。
  6. ^ 【発表会レポート】『ゾイド』第3世代始動!タカラトミーの放つ“最獣要計画Z”こと『ゾイドワイルド』の全貌が明らかに!”. 電撃ホビーウェブ (2018年2月27日). 2018年7月2日閲覧。
  7. ^ a b c d e f ニュースリリース リアルムービングキット「ゾイドワイルド」 2018年6月発売 - 2018年2月27日(タカラトミー)
  8. ^ a b c d e ゾイドの生みの親徳山氏5656万字!?限界ロングインタビュー 第1回 - コロコロオンライン(2018年7月14日)
  9. ^ a b c ゾイドとは - ゾイドワイルド公式サイト
  10. ^ a b ゾイドワイルドアプリ - ゾイドワイルド公式サイト
  11. ^ a b 「ゾイドワイルド ZW01 ワイルドライガー」レビュー”. GameWatch(インプレス) (2018年6月29日). 2018年7月2日閲覧。
  12. ^ 新しいゾイドで考える「プラモの組まれ方」の話 - 超音速備忘録 2017年7月1日(エキサイト公式プラチナブロガー からぱた屋)
  13. ^ タカラトミーのゾイドが12年ぶりに復活!ゾイドワイルドとして6月登場”. IGN Japan (2018年2月27日). 2018年7月2日閲覧。
  14. ^ おかげさまで6月23日に発売になった「ゾイドワイルド」6種ですが目標を大きく上回るペースで売れております…! ゾイド公式Twitter 2018年6月27日、7月2日閲覧。
  15. ^ 「またゾイドが売り切れる日が来るなんて」などみなさんのコメントを読んで、本当にタカラトミーの社員でよかったと胸が熱くなりました タカラトミー公式Twitter 2018年6月24日、7月2日閲覧。
  16. ^ アニメ第2話
  17. ^ ラジオ「ゾイドワイルド~本能解放ラジオ~」の放送決定!! - ゾイドワイルド アニメ公式Twitter
  18. ^ ゾイドワイルド~本能解放ラジオ~第1回
  19. ^ タカラトミーチャンネルにて見逃し配信を始めました - ゾイドワイルド アニメ公式Twitter
  20. ^ キャラクター・ベーコン - ゾイドワイルド アニメ公式サイト
  21. ^ 【プレゼントキャンペーン問題】ベーコンが旅する理由は何?? - ゾイドワイルド アニメ公式Twitter
  22. ^ ゾイドワイルドのアニメ情報が解禁されました! ゾイド公式Twitter 2018年3月24日、同26日閲覧。
  23. ^ ゾイド新アニメシリーズ2018年夏スタート 最獣要計画! KAI-YOU 2018年2月27日、同3月26日閲覧。
  24. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  25. ^ U-NEXT
  26. ^ 第3世代プロジェクト『ゾイドワイルド』始動! 玩具、アニメ、Nintendo Switchとマルチに展開”. 電撃オンライン (2018年2月27日). 2018年7月14日閲覧。
  27. ^ ゾイドワイルド~本能解放ラジオ~ - MBSラジオ公式サイト

外部リンク[編集]