福沢良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふくざわ りょういち
福沢 良一
本名 吉田 勝美[1]
別名義 福沢 良
武村 太郎
生年月日 (1951-10-31) 1951年10月31日(70歳)
出身地 日本の旗 日本京都府[2][3]
身長 170 cm[2]
血液型 A型[2][4]
職業 俳優声優歌手
ジャンル テレビドラマ映画ミュージカル舞台アニメ吹き替え
活動期間 1972年 -
所属劇団 演技集団 朗
事務所 81プロデュース[3]
公式サイト 福沢良一 - 81プロデュースの公式サイト
テンプレートを表示

福沢 良一(ふくざわ りょういち、1951年10月31日[4] - )は、日本男性俳優声優歌手演出家京都府出身[3]。旧芸名は、福沢 良(ふくざわ りょう)。

演技集団 朗/81プロデュース所属[3]身長170cm。体重63kg。

来歴・人物[編集]

作曲家いずみたくに師事。主にミュージカル舞台に出演している。

拓殖大学北海道短期大学客員教授。

第1子の誕生時、姓名判断で字画を一画増やすことを薦められて芸名を「福沢良一」に改名した[5]

1970年代神谷明中尾隆聖内田直哉らとユニット「フォーインワン」を結成し活動。

1973年放送の『ウルトラマンタロウ』では、武村太郎名義で主題歌挿入歌を歌唱した。

『ウルトラマンタロウ』関連[編集]

1973年以前には、『タロウ』でウルトラの母=緑のおばさんを演じたペギー葉山が大家を務めたアパート・ドレミファ荘で部屋を借りていた[5]

書籍類のインタビューを長らく受けなかったために詳細は不明とされていたが、2005年に『タロウ』のDVD発売時にインタビューを受けたのを機に、『タロウ』を取り扱った書籍類などのインタビューを受けている。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

人形劇[編集]

舞台[編集]

  • 芸術座巨人の星」(1972年、花形満
  • おれたちは天使じゃない(1982、1998~2005年)
  • 歌麿(1985年、1988年(アメリカ公演)、歌麿)
  • サクセス・ストーリー
  • プリズム
  • 見はてぬ夢(1990、1997~1999、2001年、主役
  • 風と共に去りぬ(2003年)
  • Steps Musical「boy be…」(2004年1月17~25日)
  • 第9回東京芸術劇場ミュージカル月間 ミュージカル「カーネギーの日本人」(2007年2月10~13日)
  • 2007都民芸術フェスティバル助成公演 ミュージカル「月のしずく」(2007年3月17~21日)
  • Steps Musical「boy be…」(2008年5月15~18日)
  • 歓喜の歌(2008年11月22~30日)
  • 劇団岸野組「か・ら・く・り」(2009年10月16~25日)
  • プリンセス・バレンタイン2~ROCK!PRINCESS~(2011年4月2・3日)
  • 夏休み児童青少年演劇フェスティバル「わらし」(2012年8月4日)※演出
  • 2012生命(いのち)のコンサート 音楽劇「赤毛のアン」(2012年11月3・4日)
  • Steps Musical「組曲楽園」(2012年11月24~28日)
  • オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「グロリアス・ワンズー輝ける役者たちー」(2014年1月22~28日)
  • ブロードウェイ・ミュージカル「日陰でも110度」(2014年10月20~26日)
  • ロックミュージカル「ロミオとジュリエット 復活編」(2014年12月16~21日)
  • KAATキッズ・プログラム2015 親子のためのファミリー・ミュージカル「ピノキオ~または白雪姫の悲劇~」(2015年8月8~16日)
  • 口笛は誰でも吹ける(Anyone Can Whistle)(2015年12月17~23日)
  • 吉田タケオ メモリアル「博品館劇場タップダンスフェスティバル2017」(2017年10月7・8日)※監修
  • 坂戸エンターテイメント グランワルツカンパニー「big the Musical」(2018年4月3~7日)
  • 「ひとり文芸ミュージカル『与謝野ワルツ』~巴里のあなたへ逢いに行く~」(2018年5月9日、第2部『パリの晶子』スペシャルゲスト)
  • あ・うん♡ぐるーぷ 第二回公演「侍三銃士」(2018年8月7~9日)
  • 吉田タケオ メモリアル「博品館劇場タップダンスフェスティバル2018」(2018年10月6・7日)※監修
  • Heart Warming Story「ボクとママと発達障がい/ヘルプマークのトリセツ」(2018年10月17~22日)
  • 俳優座劇場プロデュース「音楽劇 母さん」(2019年3月4~10日)
  • しんゆりシアターミュージカル公演「ミラクル」(2019年10月14~20日)
  • 吉田タケオ メモリアル 25周年記念3「博品館劇場タップダンスフェスティバル2019」(2019年11月2・3日)※監修
  • ラ・テンペスタ(2019年11月20~24日、セバスチャン(その弟))
  • ミュージカル座「マリオネット」(2020年1月15~20日、キノコおじさん)
  • ミュージカル座「アワード」(2020年4月15~19日)※新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ為公演延期
  • 俳優座劇場プロデュース「音楽劇 母さん」再演(2021年11月19~21日)

オーディオブック[編集]

その他コンテンツ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • 雨が降る/永すぎた恋人たち(1972年、CBSソニー 安井かずみ作詞、筒美京平作曲・編曲、「福沢良」名義、デビュー曲)
  • ウルトラマンタロウ(『ウルトラマンタロウ』主題歌)/ウルトラ6兄弟(『ウルトラマンタロウ』挿入歌)(1973年、阿久悠作詞、川口真作曲・編曲、 「武村太郎、少年少女合唱団みずうみ」名義)
  • 自由であれば (1974年 CBSソニー 阿久悠作詞、筒美京平作曲・編曲、「福沢良」名義)
  • 愛は誰の手に(『ゴッドファーザー PART II』主題歌)/Maybe I Love You(1975年、「福沢良」名義)
  • NHK なかよしリズム(1976年 CBSソニー 「福沢良」名義、ひばり児童合唱団との4曲入り17cmコンパクトLP盤2枚発売)
  • 都会の片隅で(『刑事コジャック』主題歌)/青い酒場(1977年、「福沢良」名義)
  • Tomorrow/今・今・今(1977年、「福沢良 & Beans」名義)
  • バタフライ(『おはよう700』挿入歌)/ホテル・カリフォルニア(1978年、「福沢良」名義)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑 2007』(VIPタイムズ社、2007年) 325頁
  2. ^ a b c 福沢良一”. 日本タレント名鑑. 2020年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c d 福沢良一 - 81プロデュースの公式サイト
  4. ^ a b 福沢良一(ふくざわりょういち)の解説”. goo人名事典. 2020年7月9日閲覧。
  5. ^ a b オール・ザットタロウ 2016, p. 91, 「ウルトラマンタロウスペシャルインタビュー 福沢良一(武村太郎)」
  6. ^ “『海賊とよばれた男』オーディオドラマ版”. http://www.febe.jp/documents/special/kaizoku/ 2013年12月20日閲覧。 

参考資料[編集]

  • ウルトラマンタロウ』関連資料
  • 『オール・ザットウルトラマンタロウ』ネコパブリッシング、2016年7月。ISBN 9784777019250

外部リンク[編集]