石川光太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしかわ こうたろう
石川 光太郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1968-06-09) 1968年6月9日(49歳)
血液型 A
最終学歴 日本大学芸術学部卒業
職歴 NHKアナウンサー(高知大分松山ラジオセンター東京アナウンス室)→東京アナウンスアカデミー講師
活動期間 1993年 -
配偶者 石川ナオミ
出演番組・活動
過去 本文参照

石川 光太郎(いしかわ こうたろう、1968年6月9日 - )は、日本アナウンサー、キャスター、リポーター、ディレクター。

東京都出身。81プロデュース所属。コミュー取締役。妻はアナウンサーの石川ナオミ[1]

人物[編集]

私立明治学院高校を経て日本大学芸術学部卒業後、1993年4月NHK入局。高知(1993年 - 1997年)、大分(1997年 - 2000年)、松山(2000年 - 2004年)、東京ラジオセンター(2004年 - 2007年)、東京アナウンス室(2007年 - 2011年)に勤務し、地域情報番組、生活情報番組、阪神淡路大震災新潟県中越地震中越沖地震東日本大震災等の多数の災害報道等を担当。

1998年大分市つかこうへい劇団韓国公演を取材し、現地からの生中継にと共にラジオ40分ドキュメンタリー番組制作でNHKアナウンス室長賞を受賞。

2011年8月、NHKを退職しフリーとなり、妻のナオミが設立した人材育成会社・コミュー取締役に就任し[1]「絆」をテーマにした朗読『絵本めおと朗読』、就職活動(アナウンサー及び一般企業を志望する学生を支援するセミナー)、小学生を対象に放送業界についての定期的な講演・朗読等の活動、企業創立記念イベント、結婚式、出版記念パーティー等多数の司会、コミューでの他に日本工学院八王子専門学校東京アナウンスアカデミーでも講師を務めている。

2014年1月20日81プロデュースに所属。

出演番組[編集]

制作番組[編集]

  • 土曜ジャーナル(NHKラジオ第1放送)制作
  • 10年目のリベンジ〜あるプロ棋士の挑戦〜
  • 学びの原点ここにあり
  • 拝啓 漱石先生〜没後90年〜(2006年) - NHKラジオセンター長特賞受賞。
  • 今聞いておきたい映画監督の言葉 40分インタビューシリーズ(2007年)
  • ドキュメント日本「もう一度学びたい〜札幌遠友塾〜」企画・取材・ナレーション - NHKアナウンス室長賞受賞。
  • のんびりゆったり路線バスの旅(2011年11月、NHK総合)制作

書籍[編集]

  • 人前で5分以上自信を持って話せる方法(2013年、クロスメディアパブリッシング出版)

脚注[編集]

  1. ^ a b 石川光太郎プロフィール 講演依頼.com|講演会の講師紹介”. ペルソン. 2014年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]