きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
きかんしゃトーマス > きかんしゃトーマス シーズン毎制作史 > きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険
きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険
Journey Beyond Sodor
監督 デビッド・ストーテン
脚本 アンドリュー・ブレナー
配給 マテル・クリエイションズ
公開 イギリスの旗 2017年8月25日
アメリカ合衆国の旗 2017年8月8日
日本の旗 2018年4月7日
上映時間 73分
言語 英語
興行収入 イギリスの旗 $265,098[1]
日本の旗1.4億円[2]
前作 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち
次作 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー
テンプレートを表示

きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』(きかんしゃトーマス とびだせ!ゆうじょうのだいぼうけん)は、テレビシリーズ『きかんしゃトーマス』の長編シリーズ13作目の作品である。

概要[ソースを編集]

「きかんしゃトーマス」のフル3DCG製作による長編としては10作目にあたる。メインランドの製鉄所に捕らわれたトーマスと彼を救出しようと奔走する仲間たちを描く。新キャラクター、マーリンの声優には俳優ヒュー・ボネヴィルが起用された。

ストーリーがイギリス本土で展開されるため、イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーブリドリントンなど実在の地名が登場する。また、シリーズ初の試みとして自閉症を表現した機関車「セオ」、「レキシー」、前述の「マーリン」が新キャラクターとして登場している[3]。その他、映像表現上の試みとして機関車達が車体を揺らして感情を表現する演技(アニメーション)を採り入れた。

本作では1939年に米国で公開された映画『オズの魔法使』のオマージュが散見され、 同作の台詞「I've got a feeling we're not in Kansas anymore.」を改変した「I have a feeling we're not on Sodor anymore.」という貨車の台詞が使用される他、「I'm melting! I'm melting!」という新キャラクター、ハリケーンの台詞も「オズの魔法使」にて水をかけられた魔女の台詞を引用したものである。

長編第8作『きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠』以降アニメーション制作を担当したアーク・プロダクションが経営破綻によりジャム・フィルド・トロント社に買収されたため、本作からジャム・フィルド・トロント社にて映像が製作される。

日本での公開[ソースを編集]

日本では2018年4月7日より劇場公開され、ゲスト声優にお笑いトリオの森三中が起用された。前売り特典としてタカラトミー社製の玩具「テコロ プラレールトーマス」が配布された[4]。また、幼児鑑賞者を対象とした劇場鑑賞特典として同じくタカラトミー社製の玩具「トミカ カラフル貨車」(全6種)が配布された[5]

あらすじ[ソースを編集]

ある日、メインランドへ貨物列車を運んでいたヘンリーがソドー島で脱線事故を起こす。自分が一番大切な機関車だと自惚れるジェームスに腹を立てていたトーマスは、ジェームスが代わりに牽く予定だったヘンリーの貨物列車を牽いてメインランドの町ブリドリントンへ向かう。

しかしメインランドは広大でトーマスは道に迷い、やがて石炭を使い果たす。補給所を探していたところ、セオとレキシーという実験用機関車がいる場所へたどり着く。石炭を補給し再出発すると、キラキラと光り輝く建物が現れる。中に入るとそこは製鉄所で、フランキーとハリケーンという2台の機関車がトーマスを歓迎する。貨物列車をブリドリントンへ届ける仕事はハリケーンが引き継ぎ、トーマスは製鉄所で一夜を明かしたが、翌日から2台の態度が一変し、トーマスは仕事を引継いだハリケーンへの恩返しとして製鉄所で働かされることとなった。ある晩トーマスは製鉄所から脱出することに成功し、実験用機関車がいる場所へ戻る。一方、ジェームスはソドー島へ戻らないトーマスを探しに向かうが、道中で偶然出会ったフランキー達に製鉄所へ連れて行かれる。それを目撃したトーマスはジェームスもそこで働かせられると思い、実験用機関車達と力を合わせてジェームスの救出作戦を実行する。

地名[ソースを編集]

ブリドリントン(Bridlington)
実在の地名で、メインランドの東側にある。大きな操車場があり、たくさんのディーゼル機関車が貨車の入れ替えをしている。前作で行われたグレート・レイルウェイ・ショーの会場とセットが同じだが、同一の場所かどうかは不明。
実験的な機関車達の操車場
セオたち実験的な機関車がいる操車場。
製鉄所(The Steal Works)
メインランドの大きな製鉄所。フランキーとハリケーンが働いており、彼ら曰く「町で一番熱い場所」。とても忙しい。高温の溶鉄を扱っているため、危険な場所でもある。

登場キャラクター[ソースを編集]

蒸気機関車[ソースを編集]

トーマス
英国吹き替え - ジョン・ハスラー
米国吹き替え - ジョセフ・メイ
日本吹き替え - 比嘉久美子
青い小型タンク機関車。本作の主人公。
メインランドで楽しく働くはずが大変な事態になる。
エドワード
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ウィリアム・ホープ
日本吹き替え - 佐々木望
青い中型テンダー機関車。
本作ではヘンリーの事故の後始末のため、ジュディーとジェロームを牽引した。
ヘンリー
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 金丸淳一
黄緑の大型テンダー機関車。
本作ではメインランドに行こうとした際にヒロと衝突事故を起こして、整備工場に行く事となり、終盤まで修理を受けていた。
ゴードン
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 三宅健太
青い大型テンダー機関車。
ジェームス
英国・米国吹き替え - ロブ・ラックストロー
日本吹き替え - 江原正士
赤い中型テンダー機関車。本作のもう1人の主人公。
本作ではトーマスに仕事を横取りされて激しく落ち込んだが、音信不通となったトーマスを心配して、トーマスを探す為、メインランドへ向かったところ、途中でハリケーンに目を付けられて製鉄所に連行される。その後、逃げようとしたが、追い回される羽目となる。
また、トーマスがなかなか帰ってこないのを鉛鉱山の穴に転落した[6]か、ファークァー駅長の家に突っ込んで朝ごはんの邪魔していると思っていた[7]
パーシー
英国吹き替え - ナイジェル・ピルキントン
米国吹き替え - クリストファー・ラグランド
日本吹き替え - 神代知衣
黄緑の小型タンク機関車。トーマスの親友。トーマスが帰ってこないことに心配していた。
トビー
英国吹き替え - ロブ・ラックストロー
米国吹き替え - ウィリアム・ホープ
日本吹き替え - 坪井智浩
茶色い小型路面機関車。トーマスの支線の同僚。
エミリー
英国吹き替え - テレサ・ギャラガー
米国吹き替え - ジュール・デ・ヨング
日本吹き替え - 山崎依里奈
深緑の小型テンダー機関車。
ロージー
英国・米国吹き替え - ニコラ・ステープルトン
日本吹き替え - 望月久代
小型タンク機関車。本作からボディカラーがガーネットレッド色に変更され、車体番号とNWR(ノース・ウェスタン鉄道の略)の文字も付け足された。
本作ではトーマスがメインランドに運ぶ貨車を持っていった事をジェームスに話した。
ビクター
英国・米国吹き替え - デヴィッド・ベデラ
日本吹き替え - 坂口候一
ソドー整備工場で働く赤い小型タンク機関車。
本作では衝突事故に遭ったヘンリーを修理した。

新キャラクター[ソースを編集]

マーリン
英国・米国吹き替え - ヒュー・ボネヴィル
日本吹き替え - 三宅健太
銀色の大型テンダー機関車。3つの煙突が特徴。
セオ
英国・米国吹き替え - ダレン・ボイド
日本吹き替え - 村上知子
茶色いトラクション・エンジンがベースの珍しい形の小型タンク機関車。恥ずかしがり屋で人見知り。
予告編では竹内恵美子が担当している。
レキシー
英国・米国吹き替え - ルーシー・モンゴメリー
日本吹き替え - 黒沢かずこ
空色のキャブ・フォワード型機関車。ボディの向きが反転しており、逆の方に顔がついている。性格は陽気。
ハリケーン
英国・米国吹き替え - ジム・ハウィック
日本吹き替え - 祐仙勇
製鉄所で働く茶色い大型タンク機関車。
本作の悪役だが、仲間思いではある。

ディーゼル機関車[ソースを編集]

フィリップ
英国・米国吹き替え - ラスムス・ハーディカー
日本吹き替え - 小林大紀
黄色と緑の箱形ディーゼル機関車。
メインランドのディーゼル機関車
英国・米国吹き替え - ジョン・シュワブ
日本吹き替え - 堂坂晃三
赤に黄色いストライプを施された中型ディーゼル機関車。ブリドリントンの操車場で働いており、そのうち一台の名前をウーリ(英国・米国吹き替え-ジョン・ジュワブ 日本吹き替え - 堂坂晃三)という。前作でもモブキャラクターとして登場している。

新キャラクター[ソースを編集]

フランキー
英国・米国吹き替え - ソフィー・コーフン
日本吹き替え - 大島美幸
ハリケーンと共に製鉄所で働く青緑のディーゼル機関車。
ハリケーン同様、本作の悪役。
予告編では山崎依里奈が担当している。

客車・貨車[ソースを編集]

アニーとクララベル
英国・米国吹き替え - テレサ・ギャラガー
日本吹き替え - 吉岡さくら
トーマスに牽引されて、支線を走るオレンジ色の客車。
いたずら貨車達
英国・米国吹き替え - クリストファー・ラグランド
日本吹き替え - 細谷カズヨシ
悪ふざけが大好きな貨車達。本作では種類や顔のバリエーションが増えている。
有蓋貨車
英国・米国吹き替え - ロブ・ラックストロールーシー・モンゴメリー
日本吹き替え - 石井未紗坪井智浩
荷物を運搬する屋根が有る貨車。CGアニメになって初めて喋る。
標準軌のスレート貨車
英国・米国吹き替え - ルーシー・モンゴメリー
日本吹き替え - 河杉貴志
ノース・ウェスタン鉄道のスレート貨車で、高山鉄道のスレート貨車の外見を大きくした感じでもある。
塩の有蓋貨車
英国・米国吹き替え - ケリー・シェイルウィリアム・ホープクリストファー・ラグランド
日本吹き替え - 山崎依里奈
塩を運ぶ、三角の屋根が特徴の有蓋貨車。今作では何故か自走が出来る。
オイルタンク車
英国・米国吹き替え - ロブ・ラックストローラスムス・ハーディカー
日本吹き替え - 小田柿悠太
オイルを運搬するタンク車。出っ歯のタンク車が多い。

自動車[ソースを編集]

トレバー
日本吹き替え - 酒巻光宏
深緑の蒸気牽引車。
ケビン
英国吹き替え - マット・ウィルキンソン
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 河杉貴志
ソドー整備工場で働く黄色い小型クレーン車。
本作では衝突事故に遭ったヘンリーを修理した。

クレーン[ソースを編集]

ベレスフォード
英国・米国吹き替え - コリン・マクファーレン
日本吹き替え - 坂口候一
運河沿いで働く灰青のガントリークレーン。
少し拍子抜けており、クレーンを振り回しては鼻をぶつけている。

人物[ソースを編集]

トップハム・ハット卿
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 田中完
ノース・ウェスタン鉄道の局長。
ジェム・コール
英国・米国吹き替え - クリストファー・ラグランド
日本吹き替え - 小田柿悠太
トレバーの運転手。
マッコールさん
英国吹き替え - マット・ウィルキンソン
米国吹き替え - ウィリアム・ホープ
日本吹き替え - 中村大樹
ソドー島在住の農業従事者。
セオの機関士
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 三宅健太
セオを運転する乗務員で、TVシリーズでは初の太っちょの乗務員でもある。
製鉄所の作業員
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 小田柿悠太堂坂晃三金丸淳一三宅健太
製鉄所で勤務する作業員。

台詞なし・カメオ出演のキャラクター[ソースを編集]

以下のキャラクターは台詞なし・カメオ出演。

蒸気機関車[ソースを編集]

ダック
黄緑の小型タンク機関車。
ドナルドとダグラス
黒い双子の中型テンダー機関車。
オリバー
黄緑の小型タンク機関車。
ビルとベン
黄色い双子の小型タンク機関車。
フライング・スコッツマン
緑の大型テンダー機関車。
ハーヴィー
紅色の小型クレーンタンク機関車。
本作ではジュディとジェロームと共にヘンリーの事故の後始末をしていた。
スペンサー
銀色の大型流線型テンダー機関車。
ウィフ
深緑の小型タンク機関車。
スタンリー
銀色の小型タンク機関車。
ヒロ
日本から来た黒い大型テンダー機関車。
本作では信号機の故障で待たされていたが、何も知らないヘンリーに後ろから衝突された。その後はメインランドに居り、普通に貨物を牽引していた。
チャーリー
紫の小型タンク機関車。
スクラフ
黄緑の小型箱形タンク機関車。
ベル
青い大型タンク機関車。
スティーブン
黄色い小型テンダー機関車。
コナー
水色の大型流線型テンダー機関車。
ケイトリン
赤紫の大型流線型女の子テンダー機関車。
ポーター
灰緑の小型タンク機関車。
ティモシー
藍青の重油焼式小型タンク機関車。
マリオン
オレンジの蒸気ショベル機関車。
サムソン
灰緑の小型タンク機関車。
グリン
赤い縦型ボイラーの小型蒸気機関車。
ライアン
紫の小型タンク機関車。
メインランドの機関車
メインランドの鉄道で働く機関車。ベルと同型だが、彼女かどうかは不明。
トビーの兄弟
茶色い小型路面機関車。
丸太の機関車
レキシーとセオが歌う歌に登場。丸太を車輪の代わりにして走るらしい。

ディーゼル機関車[ソースを編集]

ディーゼル
黒い中型ディーゼル機関車。
デイジー
黄緑のディーゼル気動車。
メイビス
トーマスの支線の終点あるファークァ―採石場で働く黒い小型路線ディーゼル機関車。
ハリーとバート
双子の黄色い中型ディーゼル機関車。
ソルティー
赤い小型ディーゼル機関車。
デン
オレンジの大型ディーゼル機関車。
ダート
臙脂色の小型ディーゼル機関車。
ノーマン
薄朱色の中型ディーゼル機関車。
パクストン
深緑の中型ディーゼル機関車。
シドニー
青い中型ディーゼル機関車。
ヒューゴ
銀色のプロペラのツェッペリン型の気動車。

電気機関車[ソースを編集]

スタフォード
茶色い蓄電池機関車。

高山鉄道の機関車[ソースを編集]

レニアス
朱色の小型タンク機関車。
ピーター・サム
緑の小型タンク機関車。
ルーク
濃黄緑の小型タンク機関車。
ミリー
水色の小型タンク機関車。
ラスティー
オレンジの小型ディーゼル機関車。

ちんまり鉄道(アールズデール鉄道)[ソースを編集]

マイク
赤い小型テンダー機関車。
レックス
緑の小型テンダー機関車。
バート
青い小型テンダー機関車。

客車・貨車[ソースを編集]

ヘンリエッタ
トビーと走るオレンジ色の客車。
スリップコーチ
クリーム色と小豆色の客車。
トード
よくオリバーと働く灰色のブレーキ車。
ロッキー
赤い大型クレーン車。
ジュディとジェローム
深緑の大型クレーン車。
本作ではハーヴィーと共にヘンリーの事故の後始末をしていた。
ブラッドフォード
サムソンの相棒の薄緑のブレーキ車。

自動車[ソースを編集]

フリン
赤い大型特殊消防車。

クレーン[ソースを編集]

クランキー
灰緑の大型クレーン。
ビッグ・ミッキー
灰色の据え付けクレーン。

[ソースを編集]

スキフ
白い小型の帆船。

人物[ソースを編集]

警察官
大柄な警察官。
マッコールさん
トーマスの支線沿いに住む農夫。
トロッターさん
同じくトーマスの支線沿いに住む農夫。豚を飼っている。
ソドーブラスバンド
行事の度にやって来る楽団。
山高帽の男性
黒いスーツと黒い山高帽子を被った男性。
ベレー帽の女性
ベレー帽を被った女性。
アルバート
ナップフォード駅で働く作業員。
アルバートの奥さん
作業員のアルバートの妻。
ほっそり牧師
原作者ウィルバート・オードリー牧師本人。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ “[https://www.boxofficemojo.com/movies/intl/?page=&country=UK&wk=2017W35&id=_fTHOMASFRIENDSJO01 Thomas & Friends: Journey Beyond Sodor Box Office Mojo]”. 2018年9月7日閲覧。
  2. ^ 映画「きかんしゃトーマス」最新作が19年春公開! ケニアの新しい仲間も登場する特報完成” (2018年9月7日). 2018年9月7日閲覧。
  3. ^ Engine with autism on track for new Thomas The Tank Engine blockbuster film - inews 2017年5月11日掲載
  4. ^ 映画公式ブログ 2017年11月24日掲載
  5. ^ タカラトミー公式サイト情報掲載ページ 2018年5月11日閲覧
  6. ^ 第1シーズン『あなにおちたトーマス』より
  7. ^ 第2シーズン『トーマスあさごはんにおじゃま』より
[ヘルプ]