劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポケットモンスター (アニメ) > ポケットモンスター (劇場版) > 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ
劇場版ポケットモンスター
アドバンスジェネレーション
七夜の願い星 ジラーチ
監督 湯山邦彦
脚本 園田英樹
製作 吉川兆二
松追由香子
盛武源
製作総指揮 久保雅一
鶴宏明
出演者 松本梨香
大谷育江
上田祐司
KAORI
山田ふしぎ
山寺宏一
牧瀬里穂
パパイヤ鈴木
音楽 宮崎慎二
主題歌 小さきもの林明日香
撮影 水谷貴哉
白井久男
編集 辺見俊夫
製作会社 オー・エル・エム
配給 東宝
公開 2003年7月19日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 45億円
前作 劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス
次作 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス
テンプレートを表示

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』(げきじょうばんポケットモンスター アドバンスジェネレーション ななよのねがいぼし ジラーチ)は、2003年7月19日から公開されたテレビアニメポケットモンスター』の劇場版第6作である。同時上映作品は『おどるポケモンひみつ基地』。

概要[編集]

アドバンスジェネレーション』シリーズとしては初の映画。

今作からポケモンの引換券付き前売り券が発売。今作の場合、この券を買うと『ポケットモンスター ルビー・サファイア』にジラーチを受け取ることができた。前売り券の売り上げは100万枚を越え、興行収入45億円と大ヒットを記録し、2003年の年間邦画ランキングでは2位(アニメでは1位)の成績を残した。また、この作品から映画の予告編でロケット団ムサシコジロウ、ニャースが劇場前売り券の宣伝をしている。

舞台となったファウンスのモデルは中国湖南省武陵源である[1]

この作品から、ポケモン映画の制作委員会の名称『ピカチュウプロジェクト』の横に制作年が付かなくなり、以降は『ピカチュウプロジェクト』として統一されている。また、TVシリーズを放送しているネット局が「プロモーション協力」としてクレジットされるのも本作からであり、本作以降の予告ナレーションは、山寺宏一が担当する。タケシを演じる上田祐司ニャースを演じる犬山犬子が次作から改名され、二人が「上田祐司」と「犬山犬子」の芸名で出演する映画は、本作が最後となる。また、ジラーチ役でゲスト出演した鈴木富子が映画公開直前の7月7日に死去したため、今作が彼女の遺作となった。

本作では、過去の無印映画作品のメインポケモンたちが登場する。なお、本作から海外での劇場公開が行われないようになり、ビデオスルーとテレビ放送でのリリースとなっている。

あらすじ[編集]

1000年に1度、7日間だけ夜空に現れるという千年彗星がよく見えるポケモン遊園地を目指して来たサトシ達。着いた先は何もない平原で落ち込むサトシ達だったが、突然現れたトラックの集団があっと言う間に巨大遊園地を作り上げる。

そこの人気マジシャン・バトラーとその恋人・ダイアンと親しくなるが、ダイアンの持っていた眠り繭の声をマサトが聴いた所から物語は展開していく。

登場人物・キャスト[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

サトシ
- 松本梨香
本作の主人公。
ピカチュウ
声 - 大谷育江
サトシの最初のポケモン。
タケシ
声 - 上田祐司
世界一のポケモンブリーダーを目指している少年。
ハルカ
声 - KAORI
本作の準主人公。トウカジムのジムリーダー・センリの娘であるポケモンコーディネーター。姉としてマサトとジラーチを見守る。
マサト
声 - 山田ふしぎ
ハルカの弟。本作では実質的な主人公とも呼べる立場で重要な役割を果たす。
眠り繭状態のジラーチのテレパシーを感じ取ることができた。ジラーチとは親友のように接する。
ムサシ
声 - 林原めぐみ
ロケット団の一員。
コジロウ
声 - 三木眞一郎
ロケット団の一員。
ニャース
声 - 犬山犬子
ロケット団の一員。2足歩行して人間の言葉を喋る珍しいポケモン。
アチャモ
声 - 西村ちなみ
ハルカの手持ちポケモン。

ゲストキャラクター[編集]

バトラー
声 - 山寺宏一野島健児[2](少年時代)
ポケモン遊園地の人気マジシャン。昔はマグマ団で研究員を務めていたが研究を認められず、ジラーチの強大な力を使い研究を認めなかったマグマ団達を見返そうとしている。『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』のエンディングにも登場する。
手持ちポケモン
グラエナ
声 - 坂口候一
ボーマンダ
声 - 小西克幸
キルリア
声 - 西村ちなみ
サマヨール
声 - 小西克幸
ダイアン
声 - 牧瀬里穂吉原ナツキ(少女時代)
バトラーの相方であり恋人。バトラーの計画を知り、昔のバトラーに戻って欲しいとサトシ達に手を貸す。『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』のエンディングにも登場する。
ボギー
声 - パパイヤ鈴木
ヒッピーのような格好をしているポケモン遊園地のメンバーの1人。ハルカに「ウィッシュメーカー」というものを売る。

バトラーとダイアンは、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』と『ポケットモンスター プラチナ』の229ばんどうろで、エリートトレーナーの姿で登場する。名前や対戦前後のセリフはもとより、持っているポケモンも本作と同じ(ゲームではバトラーがボーマンダサマヨール、ダイアンがグラエナキルリアを所持。本作では4体ともバトラーのポケモン)。

ゲストポケモン[編集]

ジラーチ
声 - 鈴木富子
今回のメインとなるポケモン。腹にある「真実の目」と呼ばれる目には強大な力が宿っているらしい。テレパシーのようなもので会話をする。一人称は「僕」。故郷はファウンス。1000年に1度、眠り繭から目覚め、7日間だけ行動することができる。強力なサイコパワーを持ち、自身や他の物体を転移させることが出来る。
アブソル
声 - 林原めぐみ 
バトラーの計画を阻止するため現れたポケモン。サトシ達をファウンスへ案内する。
メタ・グラードン
声 - 小西克幸
バトラーが生み出したグラードンのような巨大怪物。大地のエネルギーを吸収して森を枯らしていき、更に体から触手を伸ばし、多数のポケモンたちやロケット団、更にはハルカ、タケシ、ダイアンまでも取り込んだ。自分を生み出したエネルギー源であるジラーチを狙う。
ファウンスのポケモンたち
ファウンスに住むポケモン。声優は以下の人物が担当。

スタッフ[編集]

原画[編集]

松原徳弘 沢田正人
宮田忠明 久高司郎 栗尾昌宏 佐藤陸 佐藤和巳 井ノ上ユウ子
田口広一 一石小百合

主題歌[編集]

劇場版では初めてオープニングテーマは無く、移動遊園地の組み立てシーンにクレジットが流れる。

エンディングテーマ「小さきもの
作詞 - 三浦徳子 / 作曲・編曲 - 山移高寛 / 歌 - 林明日香
英語版の映画では「Make a Wish」という曲名で歌詞が英語にアレンジされたものが流された(一部で歌っているのは林明日香ではない)。
映画の内容を意識して、エンディング映像には星座が使用されている。なお、本編ではハルカの母(ミツコ)が歌った子守歌として流れている。

映像ソフト化[編集]

  • 本編のDVDビデオは、2003年12月19日発売。
  • 映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 2003-2006」に収録されている。

コミカライズ[編集]

月刊コロコロコミック』に漫画版が掲載された。作画は大内水軍

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本映画のパンフレットのコンテンツ"PRODUCTION NOTE"より。
  2. ^ 野島健児は前年の『ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説』において主人公のケンタ役で出演していた他、次作の『裂空の訪問者 デオキシス』においてゲストキャラクターのリュウ役でも出演していた。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]