ポケモンバトリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポケモンバトリオ / ポケモンバトリオ+
ポケモンバトリオS / ポケモンバトリオ0
ポケモンバトリオV
対応機種 アーケード
開発元 タカラトミー(無印~0)、AQインタラクティブ(無印~V02弾)
タカラトミーアーツ(V)、マーベラスAQL(V03弾~05弾)
発売元 タカラトミー(無印~0)
タカラトミーアーツ(V)
(販売協力:カプコン
発売日 2007年7月14日 - 2012年5月17日
テンプレートを表示

ポケモンバトリオ』 (Pokémon Battrio) は、ポケットモンスターを題材としたアーケードゲームトレーディングカードアーケードゲーム方式だが、カードではなく、円盤状の「パック」と呼ばれるものを用いてプレイを行う。2012年5月の『ポケモンバトリオV』V05弾を以ってサービス終了した。

概要[編集]

ポケットモンスターシリーズ初のアーケードゲームである。ポケモンセンターをはじめ、GMSの玩具売場やトイザらス、主要なゲームセンター系列での展開となっている。

トレーディングカードアーケードゲームのように、ゲーム筐体に硬貨を投入すると、「パック」と呼ばれる直径4cm、厚さ1.4mmのプラスチック製のコインが1枚排出される。プレイヤーはこのパックによって、ポケモンをゲーム内に呼び出し、ポケモントレーナーとしてポケモン同士の対戦を行う。

プレーヤーのゲーム内の分身である「トレーナー」情報や対戦の記録、ゲーム内での冒険の進捗状況を保存する媒体として、「メモリーキー」がある。「メモリーキー」は、ほとんどの店舗がレジカウンターでの販売となっている。

リリース[編集]

  • 2007年7月14日 第1弾『ディアルガ・パルキア激突編』稼動開始
  • 2007年10月19日 第2弾『ダークライ襲来編』稼動開始
  • 2008年1月25日 第3弾『ミュウツーの挑戦編』稼動開始
  • 2008年3月20日 『ポケモンバトリオ+』(- プラス)にバージョンアップ
  • 2008年4月25日 第4弾『神秘なるミュウ編』稼動開始
  • 2008年7月17日 『ポケモンバトリオS』(- スーパー)にバージョンアップ、第5弾『ギラティナ激震編』稼動開始
  • 2008年10月16日 第6弾『シェイミとの出会い編』稼動開始
  • 2008年12月18日 第7弾『デオキシス強襲編』稼動開始
  • 2009年3月19日 第8弾『ジラーチの願い編』稼動開始
  • 2009年5月21日 『ベストセレクション』稼動開始
  • 2009年7月16日『ポケモンバトリオ0』(- ゼロ)にバージョンアップ、第9弾『アルセウス光臨編』稼動開始
  • 2009年10月17日 第10弾『ホウオウ・ルギア飛翔編』稼動開始
  • 2009年10月8日-11月12日 期間限定チャレンジバトル『ルギアチャレンジ』開始
  • 2009年11月19日 第11弾『決戦!カイオーガ・グラードン編』稼動開始
  • 2009年12月10日-2010年1月14日 期間限定チャレンジバトル『グラードンチャレンジ』開始
  • 2010年1月21日 第12弾『空を裂くレックウザ編』稼動開始(一部データの不具合があり後に修正されている)
  • 2010年2月12日-3月11日 期間限定チャレンジバトル『レックウザチャレンジ』開始
  • 2010年3月18日 第13弾『神話への挑戦編』稼動開始
  • 2010年4月16日-5月13日 期間限定チャレンジバトル『アルセウスチャレンジ』開始
  • 2010年5月20日 第14弾『ミュウツー覚醒編』稼動開始
  • 2010年6月3日-7月1日 期間限定エクストラバトル『ミュウ&ミュウツー』開始
  • 2010年7月8日 第15弾『超決戦!伝説のポケモン編』稼動開始
  • 2010年7月29日-9月 期間限定エクストラバトル『カイオーガ・レックウザ・グラードン』開始
  • 2010年9月30日 第16弾『終わりなき激戦編』稼動開始
  • 2010年11月11日-12月16日 期間限定エクストラバトル『ディアルガ(リーダー)・ギラティナ・パルキア』開始
  • 2010年12月 第17弾『伝説&幻のポケモン大集合!炸裂ダブルわざ編』稼動開始
  • 2011年3月 第18弾『伝説&幻のポケモン大集合!変幻フォルムチェンジ編』稼動開始
  • 2011年7月 『ポケモンバトリオV』(- ブイ)にバージョンアップ、V01弾『黒き雷・白き炎』稼働開始
  • 2011年9月 V02弾『灼熱の羽・極寒の牙』稼動開始[1]
  • 2011年12月15日 V03弾『猛き疾風・轟く迅雷』稼動開始
  • 2012年3月8日 V04弾『集いし聖なる剣』稼動開始
  • 2012年5月17日 V05弾『伝説&幻 輝ける勝利』稼動開始

ゲームプレイ[編集]

プレイヤーはパック裏面に印刷されたコードを筐体のセンサに読み取らせることで、パック表面に描かれたポケモンをゲーム内のバトルフィールドにエントリーし、ポケモンバトルを行う。プレイヤーはパックを筐体上に3枚並べ、ゲーム内の3体のポケモンを操作する。

対戦形式はターン制で、交互に相手に攻撃を行う。戦闘の際は、攻撃側、防御側が各々1体のポケモンを自軍の3体の中から選び、それぞれに設定された攻撃力、防御力などからダメージの判定を行う。戦闘のたびに、相手のポケモンのHPの合計値から与えたダメージ分の数値を減少させていき、先に相手のHPを0にした方が勝利となる。

対戦終了後、エントリーしたポケモンのタイプごとに経験値を獲得する。経験値は「メモリーキー」に記録することができ、一定の値に達するとレベルアップし、対戦時に有利になる。

ポケモンパック[編集]

バトリオをプレイするために使用する円形のチップ。内部に金属の円盤がありこれを筐体のセンサーに認識させることによりパックの動きを読み取る。また、裏面に『AQインタラクティブコード』という5×6の組み合わせの微小の点描コードがありこれをスキャンしている。

パックは色によって強さとレアリティが異なる。紫色のマスターパック、黄色のハイパーパック、青色のスーパーパック、赤色のノーマルパックの順にレアリティおよび性能が高い。またそれ以外の色の特殊なパックも存在する。

バトリオVではパックのデザインが一新され、レアリティはシングルレア(☆)、ダブルレア(☆☆)、トリプルレア(☆☆☆)という形に変更された。

またV03弾では、トリプルレアよりさらに上のレアリティであるフォースレア(☆☆☆☆)が追加され、さらに、V04弾では、フォースレアよりさらに上のレアリティであるVレア (☆☆☆☆☆)が追加された。

プロモーションパック全1種類
ノーマル(1種)「ヒコザル(HP42)」
※ポケモンフェスタ2007「ポケモンパルシティ」抽選会の商品
第1弾『ディアルガ・パルキア激突編』全36種類
マスター(2種)、ハイパー(5種)、スーパー(8種)、ノーマル(21種)
第2弾『ダークライ襲来編』全42種類
マスター(3種)、ハイパー(6種)、スーパー(12種)、ノーマル(21種)
スペシャルパック全1種類
ノーマル(1種)「ヒコザル(HP42)」
※トイザらス「ポケモンDEビンゴ」キャンペーン(2007/11/22-12/20)3ライン賞品。「ポケモンパルシティ」抽選会の物とは絵柄が違う。
スペシャルパック全1種類
ノーマル(1種)「エーフィ(HP40)」
※次世代ワールドホビーフェア'08Winterでコロコロコミックや小学一年生・二年生に付いていた券で先着交
第3弾『ミュウツーの挑戦編』全48種類
マスター(2種)、ハイパー(6種)、スーパー(14種)、ノーマル(26種)
スペシャルパック全1種類
ノーマル(1種)「ナエトル(HP52)」
※2008年2月10日に全国のイトーヨーカ堂などで開催された「ナエトルデー」での3連勝賞品。
第4弾『神秘なるミュウ編』全48種類
マスター(2種)、ハイパー(10種)、スーパー(15種)、ノーマル(21種)
第5弾『ギラティナ激震編』全48種類
マスター(3種)、ハイパー(8種)、スーパー(14種)、ノーマル(23種)
第6弾『シェイミとの出会い編』全48種類
マスター(3種)、ハイパー(8種)、スーパー(14種)、ノーマル(23種)
第7弾『デオキシス強襲編』全48種類
マスター(3種)、ハイパー(8種)、スーパー(14種)、ノーマル(23種)
第8弾『ジラーチの願い編』
『ベストセレクション』
第1-4弾の復刻が中心。
第9弾『アルセウス光臨編』
第10弾『ホウオウ・ルギア飛翔編』
第11弾『決戦!カイオーガ・グラードン編』
第12弾『空を裂くレックウザ編』
第13弾『神話への挑戦編』
第14弾『ミュウツー覚醒編』
第15弾『超決戦!伝説のポケモン編』
第16弾『終わりなき激戦編』
第17弾『伝説&幻のポケモン大集合!炸裂ダブルわざ編』
第18弾『伝説&幻のポケモン大集合!変幻フォルムチェンジ編』
V01弾『黒き雷・白き炎』
トリプルレア(3種)、ダブルレア(7種)、シングルレア(38種)、スペシャル(13種)
V02弾『灼熱の羽・極寒の牙』
トリプルレア(4種)、ダブルレア(9種)、シングルレア(35種)、スペシャル(48種)
V03弾『猛き疾風・轟く迅雷』
フォースレア(3種)、トリプルレア(3種)、ダブルレア(8種)、シングルレア(34種)、スペシャル(23種)
V04弾『集いし聖なる剣(つるぎ)』
Vレア(3種)、フォースレア(3種)、トリプルレア(3種)、ダブルレア(13種)、シングルレア(26種)、スペシャル(7種)
V05弾『伝説&幻 輝ける勝利』
Vレア(2種)、フォースレア(1種)、トリプルレア(2種)、レッドスピンのホワイトパック(7種)、グリーンスピンのホワイトパック(7種)、ブルースピンのホワイトパック(8種)、レッドスピンのブラックパック(7種)、グリーンスピンのブラックパック(7種)、ブルースピンのブラックパック(7種)、かけはしパック(7種)
かけはしパックは新機種『ポケモントレッタ』でも使用が可能。

※また、V01弾~V03弾にはシークレットとして、シングルレアのパック1種類がラメ入りになったパックがある。(そのパックは元となったシングルレアとは別のパック扱いなので、同時にエントリーできる。)
V04弾のシークレットはシングルレアのラメ入りパックではなく、新たなポケモンのダブルレアが存在する。

連動アイテム[編集]

メモリーキー
筐体に差し込むことによりデータを保存できるメモリー。バトリオ0では使用できるものの一部機能制限される。データは最初にプレイした際にリセットされるがメダルなど各種ボーナスが付加された。
メモリーキーブースター
メモリーキーと連動した液晶ゲーム機。第8弾まで対応。
バトルメモリーキー
バトリオ0以降対応の新タイプのメモリー。

イベント[編集]

公式大会[編集]

東京ゲームショウ2007以降、各地で大小様々な公式大会が開かれている。

レギュレーションは主に、「3体の合計HPが200以下、マスターパックの使用は不可」のHPレギュレーションと、「ハイパー・スーパー・ノーマルそれぞれのパックを一枚ずつ使用」のパックカラーレギュレーションの2つである。基本的に中学生以下限定での開催だが、年齢無制限で開催されることもある。

大会の形式は予選トーナメント(各ブロック)⇒決勝トーナメントである。決勝トーナメント優勝~3位まで、通常のゲームでは入手不可のスペシャルパックと副賞が贈られる。

イベントキャラクター[編集]

バトリオリーダー ショウ
主に公式大会のメインMCを勤める他、「おはスタ」内でポケモンバトリオの新情報を紹介している。2010年4月に降板。
バトリオリーダー ダイ
ショウ同様公式大会のメインMCを勤める他、「おはスタ」内でポケモンバトリオの新情報を紹介している。

脚注[編集]

  1. ^ パックがスキャンできない不具合があり、2011年11月に修正された。「ポケモンバトリオV V02弾灼熱の羽・極寒の牙」においてパックをスキャンできない不具合について

外部リンク[編集]