サトシのポケモン (カントー・オレンジ諸島編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サトシのポケモン (カントー・オレンジ諸島編)では、任天堂のゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを原作とするアニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するサトシポケットモンスター(ポケモン)のうち、カントー編オレンジ諸島編から登場したものについて記述する。

凡例[編集]

記載されている略号

構成[編集]

本編では、俗に御三家と言われる「草・炎・水」の3タイプの初心者用ポケモンをゲットし、絶えず手持ちとして扱っていた。また、同シリーズ内で最もゲット回数の多いシリーズでもある。

カントー編から登場したポケモン[編集]

※全てカントー地方・オレンジ諸島でゲットされたポケモン。戦績の対象は、ジム戦やポケモンリーグといった公式戦のみ。

ジム戦 ニビジム ハナダジム クチバジム ヤマブキジム タマムシジム セキチクジム グレンジジム トキワジム
バタフリー     ○            
ピジョット   ○   ○         ○     ○
フシギダネ       ○       ○
リザードン       ○   ○   ○  
ゼニガメ           ○   ○

バタフリー[編集]

キャタピートランセルバタフリー

2話から登場。トキワの森でサトシが初めてゲットしたポケモンであり、サトシが最初に別れたポケモンでもある。

2話の終盤でキャタピーを見つけたサトシが、ダメージも与えずいきなりモンスターボールを投げ、そのまま3話でゲットされた[注釈 1]

同話でロケット団アーボドガースを「いとをはく」で撃退した直後、トランセルに進化する。

その後スピアーの大群に襲われた際、1匹のスピアーに攫われてしまう。スピアーの群れから自身を必死に守ってくれるサトシの気持ちが伝わり、初めて「たいあたり」を使ってスピアーの撃退に成功。その時の衝撃でさなぎが破れ、バタフリーへと羽化した。なお、トランセルの時、サトシに「イヤンイヤンセル」と言葉にした。

ピカチュウとは割りと早く打ち解けており、トキワの森での夜、ピカチュウに「いつか綺麗な蝶になる」と夢を語っていた。カスミのことを気に入っているが、キャタピー時代はカスミが虫ポケモンを嫌いであるのを理由に毛嫌いされていた。しかし、バタフリーに進化してからは後のヘラクロスと同様に嫌われず、良き相談相手となっている。

ジム戦などで活躍した後、ヤマブキシティに着く少し前の断崖で気球に乗ったトレーナーたちがバタフリーを放し、子孫を増やすための旅に出させるといった場面に遭遇。サトシのバタフリーもお目当てのピンク色の♀のバタフリー[注釈 2]にアタック。最初はあっさり振られてしまったものの、ロケット団に自分以外のバタフリーが捕まったときに助け出したのをきっかけに絆が芽生え、めでたくカップルが成立した。サトシは寂しい気持ちを堪えつつ、バタフリーに激励の言葉をかけながら大きく手を振り別れを告げる。

その後は劇中でサトシと再会することは無かったが、AG編のEDやBF編のOPでは久々に顔を出している。BF編の方ではピンクのバタフリーの姿も共に見られた。サトシにとってもバタフリーへの想い入れは強かったようで「自分が初めて捕まえたポケモン」として回想する事が度々ある他、『ポケットモンスター ベストウイッシュ』第130話では一匹だけ進化が遅れたキャタピーにサトシは自分のキャタピーを思い出し、進化を手伝いトランセル→バタフリーに進化させ、いつか再会を約束し仲間の元に旅立たせた。 無印97話では別個体のキャタピーをゲットしようとモンスターボールを構えたが、虫嫌いなカスミに止められた。

15話で、サントアンヌ号にてジェントルマン(声 - 中村大樹)のラッタとの交換を提案されたことがあった。その時サトシは軽い気持ちで交換に応じたが、バタフリーへの愛着から深く考え直し、すぐに交換し直してもらっている。以後、サトシはDP55話で自分のエイパムヒカリブイゼルを交換するまでの間、自分のポケモンを交換に出すことはなかった。

ポケモンの中でも進化が早いとはいえ、サトシのポケモンでゲットしてからたった2話で最終進化したのは現時点ではキャタピーのみである[注釈 3]

使用技は「ねむりごな」、「しびれごな」、「たいあたり」、「ふきとばし」、「かぜおこし」。進化前は「いとをはく」や「かたくなる」も使用。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』にも登場しており、こちらはオープニングでのピカチュウとのバトルの末にゲットされ、野生のカイロスとのバトルでトランセルに、オコリザルの群れに襲われた際にバタフリーに進化。その後、オニドリルに襲われていたピンク色のバタフリーを助けたことで相思相愛になり、繁殖により南に旅立つため涙ながらにサトシ達と別れた。

ピジョット[編集]

ピジョンピジョット

3話から登場。キャタピーに続き、トキワの森でゲットした。通常のピジョンより小柄である。ミミズを食べていたところにモンスターボールを投げられるも弾いて拒む。サトシのキャタピーを襲い、退けるも、続くピカチュウの「でんきショック」で体力を減らされ、モンスターボールに収まった。

主にロケット団の追跡係や偵察、他のポケモンを乗せて飛行するサポート役等をこなしている。ロケット団のアーボとドガースの2体を相手に善戦したこともある。ニビジムではタケシのイシツブテ、セキチクジムではキョウのモルフォンに敗退したが、ハナダジムではカスミのスターミー、トキワジムでは自分より遥かに大きく相性が悪いサイドンを倒している。サトシに忠実な性格で、OS1話ではカスミから「素直で良い子」と評されている。

オレンジ諸島編序盤の82話、1話でサトシを襲ったオニスズメオニドリルへと進化し、森のポッポたちに被害を被らせていた事が発覚。オニドリルと空中戦を展開し苦戦を強いられるが、ピジョットへと最終進化を遂げ、進化でのパワーアップによりオニドリルの撃退に成功する。サトシはオニドリルをゲットしようとモンスターボールを投げたが、弱ってもボールを弾く体力が残っており、また襲撃してくる可能性があったため、ポッポたちをオニドリルとオニスズメの群れから守らせることにした。

ジョウト編の131話、ハヤトのピジョットを見た際にも回想で登場。

本編以外では、初代OPで後の展開に先駆けてサトシがピジョットを繰り出してオニドリルと対決させるシーンがある。AG編のEDやBF編のOPにも登場している。

ピジョットに進化してからサトシと再会したことは一度もないが、BW2Nの8話ではサトシの回想でピジョンとして久々に登場(ピジョットの姿に似た髪形で登場しているが、当時はピジョンだったためか、サトシには「ピジョン」と呼ばれている)。

使用技は「かぜおこし」、「ふきとばし」、「でんこうせっか」、「つばさでうつ」、「すなかけ」、「すてみタックル」。

フシギダネ[編集]

フシギダネ
  • 声 - 林原めぐみ[1]
  • 性別:♂
  • 登場時期:PM・AG・DP・BW・SM・SS・OA・MV
  • 戦績:5勝3敗2分

10話から登場。隠れ里のポケモン保護施設の女性・ミドリ(声 - 兵藤まこ)のポケモンであり、用心棒のような存在であった。当初はサトシに反感を示していたが後に心が通じ合い、サトシのバトルの実力を試した上でゲットされる。以降サトシの主力として数多くのバトルで活躍。

当初はサトシを信用していなかったのか、17話では他のポケモンたちとの協調性に欠ける面を見せており、サトシに捨てられたと疑い、ピカチュウと言い合いになっている。50話ではフシギソウに進化しそうになるも断固として進化を拒んだりするなど、少々頑固で捻くれた性格。一方で、付き合いの長かったゼニガメが消防団として働くためメンバーから離脱する際には、その別れを惜しんでか、顔はそっぽを向けながらもツルでさりげなく握手をして見せるなど、シャイな一面も見せている。

酒癖が悪いのか、17話でのヤドンが切り盛りするおでん屋台のシーン(夢の中)では、自棄酒を始めゼニガメに対して絡んでいた。通訳字幕によると一人称は「おれ」。

金銀編に突入して以降も長い間活躍していたが、226話にて、オーキド研究所のポケモン農場の草ポケモンと水ポケモンたちの縄張り争いを鎮めた件がきっかけで、オーキド邸のポケモンたちのまとめ役となり、サトシの元を離れ研究所に残ることとなった[注釈 5]

ゲットしてから約4年半もの間ずっとサトシの手持ちに加わっており、これはピカチュウを除くと最長記録である。

その後、ハルカが別個体のフシギダネをゲットした際や、公式戦などで何度か一時的に呼び出されている。バトルフロンティア編では、バトルピラミッドのジンダイ戦に備えるサトシに呼び出され、昔ながらの仲間のピカチュウ、リザードン、ゼニガメと再会を喜び合い、3日間の合宿を共にした。ジンダイのサマヨールを倒し、ソルロックとも引き分けた。

DP182話でシンオウリーグエントリー後サトシに呼び出されてはいないものの、オーキド研究所で順番を抜かされたヘラクロスには相変わらず種の蜜を吸われている場面がある。

BW2N8話ではサトシの回想の中、リザードン、ゼニガメ、ピジョン(現在のピジョット)と並んで登場。

DA最終回でも登場。パンジーのインタビューを受けていたが、サトシが帰ってくると嬉しそうにサトシの元に駆け寄った。また、「ソーラービーム」の打ち上げ方で、各地方でゲットしたサトシのポケモンを集めることができることが判明した。

SM42話でも登場。草ポケモン達の争いを鎮めている最中に、カスミやタケシと共に研究所のポケモン達を探していたサトシと再会し喜んでいた。その後、ムサシのミミッキュに対して一瞬怖気づいていた。

アニメの総監督を務める湯山邦彦はフシギダネのファンであることを公言している[2]他、サトシの担当声優の松本梨香は、「彼氏にするならフシギダネ」と語っている[3]

現在の使用技は「つるのムチ」、「はっぱカッター」、「ソーラービーム」、「やどりぎのタネ」。以前は「たいあたり」や「ねむりごな」も使用。

リザードン[編集]

ヒトカゲリザードリザードン

サトシがゲットした最初の炎タイプ。第11話から登場。

元々は不良トレーナーのダイスケ(声 - 緑川光[注釈 7]のポケモンだったが、「弱い」という理由から捨てられ[注釈 8]、雨の中に置き去りにされていたところをサトシたちに救出され、自分が捨てられたことを知るとダイスケを見限り、サトシにゲットされる道を選ぶ。

17話での通訳字幕では敬語で話しており、物腰も控えめで穏やか。バトル以外でも、尻尾の炎は洞窟などの暗い場所での明かりとして重宝した。

タマムシジムでウツドン、セキチクジムでゴルバットを倒す活躍をし、42話で暴走するナッシーの大群を「かえんほうしゃ」の連続攻撃で正気に戻した直後、リザードに進化。サトシがゲットしたカントー地方の御三家の中で唯一進化したポケモンであり、メインキャラクターの手持ちとしての御三家の中で最も早く進化したポケモンでもある。間を置かずして45話にてグランパキャニオンで自由に飛ぶことが出来ないことをプテラに侮辱され、悔しさをこみ上げるよう、自在に空を飛べるリザードンに進化した。リザードからリザードンに進化する前にバトルに出したのは2回のみだが、最終進化が早いわけではなく、BW2の回想シーンでサトシは「言う事を聞かないけど、俺は諦められなくてリザードをバトルに何度も出し続けた」と言っていることから本編では描かれていない話で出していたことになる。

ヒトカゲ時代は忠実だったが、リザードに進化して以降はサトシの実力がまだ低かった点も相まって、指示を聞かなくなってしまう。さらにリザードンに進化してからは、傲岸不遜で暴力的な性格になってしまう。ただし、自分が強敵と判断したポケモン相手にはやる気を出してはいるものの、サトシの指示は無視してバトルを行っている[注釈 9]

サトシも反抗的で大きな被害を出しかねないリザードンを迂闊に出せなくなり、セキエイ大会のヒロシ戦ではサトシの最後の使用ポケモンとして使用され、ジッポ(ヒトカゲ)を一方的に退けるが、その後繰り出されたレオン(ピカチュウ)を格下と見なした途端、戦闘中に寝転んで戦う気を失くし、それが戦意喪失とみなされサトシの敗退が決まってしまった。

転機が訪れたのはオレンジ諸島編の107話。ヒデ(声 - 真殿光昭)のニョロボンとのバトルで完全敗北を喫し、かなりのダメージを被った上、「れいとうビーム」で凍らされてしまう。オレンジ諸島の名も無い僻地の島で、周りにポケモンセンターも無かった為、サトシは仲間たちの協力もあって徹夜で必死の看病をする。それをきっかけとして、ヒトカゲの頃の恩を思い出しサトシに再び心を開くようになった。ヒデのニョロボンとの再戦でリベンジを果たして以降はその高い実力を遺憾なく発揮し、リュウチンジムやオレンジリーグ、キキョウジムで活躍。

その後も周囲からは文句なしの実力者として見なされていたが、金銀編135話で多数のリザードンが生息している「リザフィックバレー」を訪れた際、他のリザードンに全く手も足も出ず、自分の弱さと上には上がいることを思い知らされ[注釈 10]、「世界一強くなりたい」と思うようになる。その際、意を汲んだサトシから突き放され、「リザフィックバレー」で修行することになった。

あくまでジークが管理しているリザードン保護地区「リザフィックバレー」に預けられた立場であるため、サトシのポケモンであるのは変わらず、リザードンのモンスターボール自体はサトシが所持している模様。現在は谷で一緒に住む♀のリザードン「リサ」の彼氏として付き合っている様子(ジークの台詞からでイブキ曰く「彼女のボディーガードとのこと」)。

その後は、映画『結晶塔の帝王』での戦いや、フスベジム戦やジョウトリーグ、バトルファクトリー戦やバトルピラミッド戦など、数多くのバトルで応援に駆けつけている。

高い飛翔力と多彩な大技を操り、その実力に関してはサトシも「いざという時にはリザードンが頑張ってくれる」と述べ、ピカチュウと並ぶ最強のパートナー的存在。

「リザフィックバレー」に預けられて以降は再登場のたびに強さが増しており、多くのバトルでサトシを勝利に導いている。バトルフロンティア編においては伝説のポケモンであるフリーザーさえも1VS1で倒している[注釈 11]。呼び戻された際は、ほぼ毎回親愛の表現としてサトシに「かえんほうしゃ」を浴びせるのがお約束。

BW2N編の8話で、カントーフェスティバルで進化前のヒトカゲを見たサトシが会いたくなり、リザフィックバレーからオーキド研究所を介して、ケンホロウと交換して呼び戻され、再び旅をする事になる。その前に、サトシがN達にヒトカゲの頃からの出会いを語る回想シーンはすべて新規映像で再現された。呼び戻された直後、実力のある者同士としていきなりアイリスカイリューと一触即発になり、そのままバトル。激しいバトルの末、新たに習得した「ドラゴンテール」でカイリューにかなりのダメージを与えた所でお互いの実力を認め合い、バトルを終了した[注釈 12]。また、無印編からBF編まで登場したときは低い鳴き声だったが、イッシュ編で登場したときは高めの鳴き声になった。

BW2DA編でも引き続きサトシ達との旅を続けており、2話ではアイリスのカイリューと共に逸れたピカチュウ達を捜索した。[注釈 13]また、サトシがアイリスと大喧嘩してしまった際は、仲直りの為の後押しするような素振りも見せている。[注釈 14]最終回では記念写真には写っているが、サトシがカロス地方に旅立つ際に再びリザフィックバレーに戻ったのか、オーキド研究所に預けられたのかは描かれていない。 現在の使用技は「かえんほうしゃ」、「きりさく」、「つばさでうつ」、「ドラゴンテール」。以前は「りゅうのいかり」、「ほのおのうず」、「メガトンパンチ」、「メガトンキック」、「とっしん」、「じごくぐるま」、「たいあたり」[注釈 15]、「いかり」、「ロケットずつき」、「ひのこ」、「ちきゅうなげ」、「オーバーヒート」、「りゅうのいぶき」、「はがねのつばさ」も使用。炎技よりも「ちきゅうなげ」が決め技になることが多い。 またバトルでは使用してはいないが「そらをとぶ」も使える。[独自研究?]

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』では、クロスのポケモンという設定で、こちらはリザードになってからもサトシの指示を聞いている。また、クロスを完全に見限ったわけでは無く、終盤ではマーシャドーに操られたポケモン達に攻撃された彼を守っている。

ゼニガメ[編集]

ゼニガメ
  • 声 - 愛河里花子
  • 性別:♂
  • 登場時期:PM・BF・BW・SM・OA・MV
  • 戦績:6勝4敗

12話から登場。元はトレーナーに捨てられたゼニガメたちによって構成された非行集団、「ゼニガメ団」のボス。捨てられたばかり故か人を信じられず、町で悪戯ばかりしていたが、ロケット団との騒動をきっかけに仲間を地元のジュンサーに託し、自分をロケット団の攻撃からかばったサトシになつき、仲間に加わる。以降多くのバトルで主力として活躍。

カントーのジム戦では相性のいいカツラのキュウコンに敗北するなどあまり活躍できなかったが、リーグ戦では2回戦でニドリーノを下し3回戦進出を決める活躍を見せた。オレンジ諸島編でもユズジムで二番・三番勝負で、オレンジリーグでユウジのイワークを倒し、カイリューにもダメージを与えるなど、活躍を見せている。

148話にて、改心して消防団の一員となったかつての「ゼニガメ団」の仲間たちと再会、彼も共に消防団に入団することになり、サトシと別れカントーの街へと旅立って行った。サトシもゼニガメのことが忘れられないのか、150話でイワークの洞窟を抜けるために、いもしないゼニガメのみずでっぽうで打倒しようとしていた。

ジョウトリーグのモエ戦では、元々出場するはずであったキングラーが直前の負傷により出場不可となってしまい、そこにたまたま応援に現れ、そのまま試合に出場。相性の悪いエレブーを破り、彼女の切り札であるマグマラシとも交戦し、勝利。

BF編ではバトルピラミッド攻略の際、久々にサトシに呼び寄せられる。そこで同じくサトシに呼ばれたフシギダネやリザードンと再会し、全員で山篭りをし、ジンダイのテッカニンを倒すが、ソルロックには敗れた。BW2Nの8話ではサトシの回想に再登場。現在も消防団に入団しているためBW2のDAの最終回の集合写真にも写っていなかったが、SM第42話で消防団として活動していた所をロトム図鑑に写真を撮られていた。

義理堅く友情に厚い性格のようで、ゼニガメ団を率いていたこともあってか、時には親分肌な一面も見せる。フシギダネとは初期からの付き合いもあってか特に仲が良く、ジョウト編でゼニガメ団に戻る際に別れの握手をしたり、ジョウトリーグで再会した時には互いに喜ぶ様子などが見られる。ゼニガメ団時代に着用していたサングラスは甲羅の中に隠し持っており、時たま出す事があった。一人称は17話によると「おれ」。サトシが多く使うノーマルタイプの「ロケットずつき」は止めを刺すことに使うことが多い(ニドリーノやイワークなど)。また、「ハイドロポンプ」は大抵口から出すポケモンが多いが、彼は甲羅に引っ込んで回転しながら水を出すという演出になっている。

現在の使用技は「みずでっぽう」、「ハイドロポンプ」、「こうそくスピン」、「ロケットずつき」。以前は「たいあたり」、「からにこもる」、「バブルこうせん」、「あわ」も使用。

キングラー[編集]

クラブキングラー
  • 声 - 愛河里花子→石塚運昇
  • 登場時期:PM・HT・BW2・SS
  • 戦績:4勝1敗

13話から登場。カスミ、タケシ、自分のポケモンたちに馬鹿にされたサトシが自分一人の力でゲットした。差し出された木の枝を切り刻んだ直後にゲットされた。その時点で手持ちポケモンが7匹に達したためオーキド博士の研究所に転送される。研究所では博士のお茶くみをしたり、茶の間でお茶を飲む博士に電話を渡す場面が見られた。

76話におけるカントーでのリーグ戦1回戦で初めて戦闘要員として呼ばれる。それまで全くバトルの描写が無かったにも拘らず、初戦でコームのナッシーを倒し、キングラーに進化した上、「クラブハンマー」や、巨大なハサミから発射される「はかいこうせん」等強力な技を次々と披露し、続くシードラ、ゴルバットも撃破して1匹で完封勝利を収める大活躍を見せた。その後、3回戦で使用され、パルシェンを「クラブハンマー」で倒すもウインディの「りゅうのいかり」で倒される。

後に渦巻きカップでも活躍。ジョウトリーグにも参加する予定だったが、直前に人助けをした時の事故で怪我をしてしまい、出場できなかった。

使用技は「クラブハンマー」、「あわ」、「はかいこうせん」、「ふみつけ」、「にらみつける」、「はさむ」、「かたくなる」、「みずでっぽう」。

ラッタ[編集]

ラッタ
  • 登場時期:KT
  • 親:ジェントルマン

15話に登場。サントアンヌ号でバトルしジェントルマンから、「バタフリーと交換して欲しい」と持ちかけられ代わりに受け取った。だが、バタフリーに対しての想いを改めて考え直し、その日のうちに再度交換してもらっている。これ以降、サトシはヒカリとブイゼルを交換するまでポケモンの交換を断るようになる。今までサトシがゲットしたポケモンが集合するイラストにはのっていないことが多い。

使用技は「とびひざげり」、「いかりのまえば」、「ひっさつまえば」。

ゴースト[編集]

ゴースト

23、24話に登場。ポケモンタワーでナツメ対策としてサトシの仲間になる。

サトシのゼニガメは自らサトシの仲間に入り、その後のエピソードではボールの中に入っている。それに対してサトシのゴーストは、自らサトシの仲間になるものの、サトシのピカチュウ同様、ボールの中には入らず自由に動いている。そのため、ロケット団のニャースのように行動を共にしている立ち位置なのか、サトシのピカチュウのようにボールには入っていないだけで一応正式なゲットなのか判定が難しい。そのためサトシの過去のポケモンが登場するAGのOPやEDにも登場していない。

かなりのお笑い好きでいたずら好き。更に忘れっぽく気まぐれな性格のため、バトルを2度もすっぽかしている。ポケモンタワーにいた頃は仲間のゴースゲンガーと共にお笑い番組鑑賞を楽しんでいた。ゲンガーとは自身の漫才も披露するが、サトシには全くウケなかった。持ちギャグは、目玉を飛び出したり、外した目玉をから出したりなど、ゴーストポケモンらしいものである。

肝心のジム戦では初っ端から姿を見せず、唐突にやって来たと思えばナツメに対してシュールかつ大胆なネタをぶつけ、ナツメに初めての笑顔を提供した。ナツメを気に入ったのかジム戦の後、ヤマブキジムに残りサトシと別れる。作中では、ナツメと一緒にサトシに別れの挨拶をするシーンにいきなり突入しており、ゴーストがサトシと別れた理由は明確には描かれていない。

使用技は「したでなめる」。

オコリザル[編集]

マンキー)→オコリザル

25話から登場。サトシたちが昼食をとっていたところに登場し、タケシからおにぎりを分けてもらう。些細なことで怒り出すというポケモン図鑑の説明に仲間は警戒していたが、笑顔で食べているところを見て、サトシがゲットを試みる。モンスターボールを投げるも、マネをしたマンキーがおにぎりを投げ、そのままおにぎりをゲットしてしまい、怒り始める。その後サトシの大事な帽子を強奪。ロケット団の登場に更に一悶着あり、コジロウに蹴り飛ばされ更に機嫌を悪くし、オコリザルへと進化。ロケット団を吹き飛ばし、サトシたちを執拗に追いかける。サトシはゼニガメ、フシギダネ、ヒトカゲで応戦するがゼニガメの「みずでっぽう」やフシギダネの「はっぱカッター」は通用せず、ヒトカゲも一方的な攻撃を喰らってしまう。窮地に立たされたヒトカゲが新技「いかり」を発動し、パワーアップした「かえんほうしゃ」を浴びて倒され、ゲットされた。

気性の荒い性格から、当初は初期のリザードン同様の行動を見せており、モンスターボールから出ては暴れていた。26話のタマムシジム戦ではエリカとのバトルで出そうとしたが、すぐ暴れる性格を思い出し止めている。

29話でP1グランプリ(ポケモンによるプロレス大会)に、娘のマナミ(声 - 麻見順子)を放ったらかしてエビワラーの修行に明け暮れるトレーナーのアノキ(声 - 立木文彦)と共に出場。その回でワンリキーの「ちきゅうなげ」で投げ飛ばされたときにサトシが体を張って自分を助けてくれたことに心を動かされ、サトシのために本気で戦うことを決める。

ムサシサワムラー(他選手から横取り)と決勝戦に持ち越されるが優勝。その後アノキに格闘の素質を見込まれ本格的な修行を薦められる。一流のかくとうポケモンを目指すためサトシと別れることになった。

その後はバタフリー、ピジョットと同様にサトシと再会する事はなかったが、AG編のOP、EDやBW2編のOPに登場し、AG編のEDではサトシの帽子を被っていた。サトシの手持ちポケモンの中でもっとも一緒にいた時期が短いポケモンである。

BWN2の8話ではサトシの回想で久々に登場。

使用技は「メガトンキック」、「ちきゅうなげ」、「あばれる」、「みだれひっかき」。

ベトベトン[編集]

ベトベトン
  • 声 - 石塚運昇
  • 登場時期:PM・AG・DP・BW2・SM・SS
  • 戦績:1勝1敗

30話でグンジョシティの発電所に大量発生したベトベターの親玉として登場した。ピカチュウとコイルの強力な電気技で倒されサトシにゲットされるが、モンスターボール越しでも漏れて来る臭いに耐え切れず、その場でオーキド研究所に転送された。弾力があるため物理攻撃ではダメージを受けにくく、ゲットされる前は発電所にいたためか、電気技に対する耐性もある。

その後しばらくは同じ立場のケンタロス・クラブたちと共にオーキド博士の研究所で留守番をしていた。サトシのセキエイ大会参戦の時には戦力を見込まれて呼び出され、4回戦にて登場。フシギダネ・ピカチュウを続けて倒した強敵、カオルコのマダツボミの物理技や格闘技、「はっぱカッター」を弾力で吸収し、「のしかかり」で倒す活躍を見せる。

オレンジ諸島編では、サトシに下水道の案内役として呼ばれ、モンスターボールから出した途端、サトシにのしかかった。

ジョウトリーグシロガネ大会でのシゲル戦でもメンバー入りして活躍を見せている。一勝も出来なかったものの、カメックスの体を包み込んだり、ハッサムの「でんこうせっか」や「メタルクロー」をべとべととした体で和らげるなどした。

研究所暮らしが長いためか、オーキド博士によく懐いており、サトシがオーキド博士に電話する度に博士にのしかかるシーンが度々存在する。後にオダマキ博士にも懐いた様子で、本来の親であるサトシとはほとんど一緒にいたことがないが、懐いている。愛情表現として「のしかかり」を使い、主にオーキド博士やサトシがのしかかられ、AGではオダマキ博士にものしかかっている。

サイドストーリーではヤマトとコサブロウ、カモフラージュとして置いていたベトベトンを本物だと思い、盗まれたモンスターボールの上に覆い被さった。他のサイドストーリーの話では、ハナコに会いに研究所のドアを開けたケンジにものしかかった。

べとべとした身体故動きは遅く、バトルの回数が少ないこともあるがサトシのバトルスタイルとの相性もあり、活躍は薄め。

BW2N第1話で久々に登場し、相変わらずオーキド博士にのしかかっている。

SM第42話では、アローラのすがたのベトベトンとの比較のために呼び出され、サトシと再会し喜んで抱き着いた。

使用技は「のしかかり」、「ヘドロばくだん」、「どくガス」。

ケンタロス[編集]

ケンタロス

35話でゲットされた30匹の個体。元々は、サファリゾーンに群れで生息していた。

サトシは1体目をゲット後、続いてサイホーンのゲットを試みるが、誤って2体目をゲットしてしまう。そして、終わってみれば計30体をゲットしてしまい、その全個体がオーキド研究所へ転送された。

オーキド研究所の庭を走り回っていることが多く、オーキド博士によれば、それで体が鍛えられているらしい。1回だけ群れで突進してロケット団を撃退した事がある。時折屋内でも暴走している模様。

オレンジリーグのユウジでは、戦線離脱したカビゴンの代わりに急遽呼び出され、公式戦デビューを果たす。

3番手として登場し、強力な地面技や得意の力業で活躍し、ゲンガーには退却を余儀なくされるも、続くフシギバナを打ち倒す。切り札であるカイリュー相手に奮闘するも敗れてしまったが、ピカチュウの勝利に繋げた。

ジョウトリーグのシゲル戦で久々に登場するものの、ニドクインの「はかいこうせい」一発で呆気なく倒されてしまう。

バトルタワー戦で登板するが、初戦でフーディン相手に惨敗する。しかし、再戦時は相性の悪いメタグロス相手に奮闘し、どうにか相打ちに持ち込んだ。

AG133話の様子から、30匹全員がサトシに懐いているようである。DA最終回ではオーキド研究所に行こうとしたサトシの前を横切り吹っ飛ばした他、30匹全員サトシとの記念写真に写っていた。

SM第42話でも登場。サトシの再会に喜んだあまり、30匹全員でサトシを吹っ飛ばした。

ポケモン☆サンデー』で「サトシは何匹のポケモンを持っているのか?」という議題があった際、ケンタロスは「1匹」として扱われていた。

現在の使用技は「とっしん」、「つのでつく」、「かげぶんしん」。以前は「じわれ」、「じしん」も使用。新潟県中越地震後、地面を揺らして攻撃する技は、自粛された[要出典]

オレンジ諸島編から登場したポケモン[編集]

ラプラス[編集]

ラプラス
  • 声 - 愛河里花子
  • 登場時期:OS・KG

85話から登場。嵐が原因で仲間の群れとはぐれてボンタン島の海岸に漂着し、不良少年たちにいじめられているところをサトシたちに助けられる。当初はいじめられたことが原因でサトシを警戒していたが、ロケット団に捕まったときに必死に自分を助けたサトシに心を開き、そのまま群れに帰す目的でサトシが預ることになった。以降、オレンジ諸島編ではサトシたちの海での移動手段にもなる。ケンジ曰くまだ子供だったこともあり、人を乗せるのが好きらしく、はしゃいだりする。バトルでも、各ジム戦やオレンジリーグで得意の「れいとうビーム」を駆使し、氷を活用しての活躍を見せる。

114話ではぐれた群れと悲願の合流を果たし、群れを狙う海賊から群れを守った後、サトシたちに別れを告げた。257話では偶然サトシたちと再会。以前と違い子供の姿から大人の姿になっていたため、サトシは一緒に旅をしたラプラスだと気づかなかった。この時のロケット団が起こした事件で群れを守ったのがきっかけで、群れの新リーダーに任命されることになった。

以降本編には登場していないが、AG編のED、BF編のOPでは他のポケモンたち同様に登場している。

使用技は「れいとうビーム」、「みずでっぽう」、「なみのり」。

カビゴン[編集]

カビゴン
  • 声 - 小西克幸
  • 登場時期:OS・KG・AG・DP・BW2・SS
  • 戦績:8勝3敗

95話から登場。ザボン七島のザボンを食い荒らすため、撃退法が練られるが、結局捕獲が考えられた。特別にプリンに協力してもらい、少し離れた歌が聞こえない場所でサトシがスタンバイ、眠ったところをゲットしてサトシの手持ちとなる。

当初はサトシの指示を聞かず食欲と睡眠欲を優先するが、後にサトシのトレーナーとしてのレベルが上がったためか指示を聞くようになる。出場したバトルで必ず1勝するほど実力が高く、サイドンを「メガトンパンチ」の一撃で吹っ飛ばしてしまうほどのパワーや桁外れの体力を持つため、持久戦が得意。多彩な技を覚えており、カビゴンとは思えないスピードも持ち合わせる。バタフライで泳ぐことができる。そのためか、水中戦は得意としている。

食事や昼寝の邪魔をされることを嫌がっており、ロケット団を吹っ飛ばしたり、寝起きが悪いときは他のポケモンに攻撃した。

オレンジリーグ出場の際、眠り込んでバトルに参加できなくなってしまった為、代役をケンタロスが務めている。

ジョウト地方では「ポケモン相撲大会」なる物に出場した事もある。ルールは、体重計で出た数値が特定の数値以上の体重なら参加可能という内容だが、カビゴンが乗ると体重計が壊れたため、問答無用で参加する事になった。

その後はフスベジム、ジョウトリーグに出場。BF編ではその耐久力を見込まれバトルアリーナ戦に登場。本来苦手な格闘タイプのハリテヤマチャーレムを立て続けに倒す大活躍をした。

DP182話でサトシがシンオウリーグエントリー後に研究所のポケモンを順に送ってもらった際に呼び戻されている。シンオウリーグ2回戦ではブーピッグを相手に「のしかかり」で勝負を決め、サトシに勝利をもたらしている。

現在の使用技は「れいとうパンチ」、「はかいこうせん」、「ねむる」、「まもる」、「のしかかり」、「たいあたり」。以前は「メガトンパンチ」や「ずつき」も使用。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ カスミ曰く「相手がたまたまトロかったから」。
  2. ^ 放送当時はポケットモンスター 金・銀は未発売なので色違いもニドラン以外の♂・♀のポケモンの設定も存在しない頃である。
  3. ^ サトシがゲットした個体ではないが、AG・DAでは1話でキャタピーからバタフリーに進化したものがいた。
  4. ^ アニメ本編ではカットされているが、当時発売された書籍で「セキエイ大会で2勝2敗」という記述があるため。
  5. ^ 同話でサトシはフシギダネがいなくなったことに違和感を覚える描写が見られている。
  6. ^ もう1つの特性「サンパワー」の効果(技の威力が上がる代わりに、その都度ダメージが蓄積していく)と思しき描写がないため。
  7. ^ ダイスケはたくさんのポケモンを集めているが、「育てるのが面倒」という理由で捨てており、サトシ達は「同じポケモントレーナーとして恥ずかしい」と怒りを露わにしていた。
  8. ^ ダイスケは「後で迎えに行く」と嘘をついていた。
  9. ^ カツラブーバーやコピーのリザードンなど。
  10. ^ 一番大人しいと評されたリザードンにさえまるで歯が立たなかった。
  11. ^ 現在の所、伝説のポケモンを1VS1のバトルで破ったのはピカチュウの他はリザードンのみ
  12. ^ なお、アイリスはリザードンのタイプを知らず、ドラゴンタイプだと勘違いしていた。
  13. ^ BW2DA編第124話「甘いハニーミツには危険がいっぱい!」
  14. ^ BW2DA編第131話「サトシとアイリスが絶交!? 別れの1本道!」
  15. ^ ゲームでは覚えられない。
  16. ^ ケンタロスに♀は存在しないため。

出典[編集]

  1. ^ 映画『ピカチュウのなつやすみ』エンディングクレジットより[出典無効]
  2. ^ 「ポケモンストーリー」より[要ページ番号]
  3. ^ ポケモン☆サンデー』出演時の発言より[出典無効]