ポケットモンスター 赤・緑の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポケットモンスター 赤・緑の登場人物(ポケットモンスター あか・みどりのとうじょうじんぶつ)では、『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』と『赤・緑』のリメイクである『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』に登場する人物を扱う。『赤・緑・青・ピカチュウ』の続編である『金・銀・クリスタルバージョン』と、そのリメイクかつ『ファイアレッド・リーフグリーン』の続編でもある『ハートゴールド・ソウルシルバー』に継続して登場する人物については、ポケットモンスター 金・銀の登場人物も参照してほしい。

リメイク版の登場人物の公式イラスト、ゲーム内のドット絵いずれもオリジナル版とは異なる服装をしているキャラクターが多く、主人公に至っては髪型や髪の色など一部の身体的特徴にも若干の違いがある。

主要人物[編集]

主人公
マサラタウンに母親と暮らす11歳の少年(リメイク版では性別はプレイヤーの選択による)で、ライバルとは幼馴染の関係にある。『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では、オーキド博士からフシギダネヒトカゲゼニガメのいずれか1匹をもらい(ピカチュウ版ではピカチュウ)、ポケモン図鑑完成を目指して旅に出る。
ゲーム的な都合によって基本的に主人公が発言することはないため、作中で立ち寄る豪華客船「サント・アンヌ号」ではボーイ(給仕)に無口と評される。ヤマブキシティのモノマネ娘の家では娘にモノマネをされた時に喋っており、その時に一人称が「僕」だとわかる。そのほか年相応の好奇心旺盛さや無邪気さがわかるセリフ(調のシステムメッセージ)が見受けられる。
主人公の名前はプレイヤーが自由に決める事が可能だが、名前の候補がバージョンごとにいくつかあり、『赤』にはレッド、サトシ(田尻智が由来)、ジャック、『緑』にはグリーン、シゲル(宮本茂が由来)、ジョン、『青』にはブルー、ツネカズ(石原恒和が由来)、ジャン、『ピカチュウ』にはイエロー、サトシ、ジャックが用意されている。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では、『赤・緑・青・ピカチュウ』にはいなかった女の子の主人公(新規デザイン)も選べるようになっている。一人称は「私」。『赤・緑』の公式ガイドブックの表紙用に作られた少女[1]も意識したデザインになっている[2]。顔つきは後髪が長い以外は男と似ており、服は上下反転したカラーリングになっている。
名前は『赤・緑・青・ピカチュウ』のように名前候補が表示されず、自分で直接名前を入力するようになっている。何も入力せずに終了したときには、自動であらかじめ用意された十数種類の名前(男ならサトシ、女ならキヨミなど)からランダムに割り当てられる。また性別を問わずに候補となる名前として、『ファイアレッド』ではレッド、ファイア、『リーフグリーン』ではグリーン、リーフが用意されている。
ライバル
オーキド博士の孫で主人公とは幼馴染。幼少時代は主人公と一緒に遊んでいたが、年齢・身長・成績が同じの主人公に対して挑発的な態度を見せている。『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公同様、オーキド博士からヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネのいずれか1匹をもらい(ピカチュウ版では、博士が主人公に与えようとしていたイーブイを横取りする)図鑑完成のための旅に出る。ライバルが選ぶのは、主人公のもらったポケモンに対してタイプの相性で有利なポケモンである。
性格は自信家であり、お調子者。軽口を叩くことも多い。一人称は「俺」。
主人公同様にライバルの名前もプレイヤーが自由に決める事が可能だが、名前の候補がバージョンごとにいくつかあり、『赤』にはグリーン、シゲル、ジョン、『緑』にはレッド、サトシ、ジャック、『青』にはレッド、グリーン、ヒロシ、『ピカチュウ』にはブルー、シゲル、ジョンが用意されている。なおこのライバルの『赤』と『緑』での候補は、『赤』と『緑』での主人公の名前候補を入れ替えたものとなっている。
作中で何度か主人公と対戦する機会があり、当初は言われた通りポケモン図鑑のためのポケモン集めに励んでいたが、ロケット団によるシルフカンパニー占拠事件の際、主人公に対しポケモンリーグで四天王を倒し最強のトレーナーになるつもりであることを告げる。主人公が各町のジムに訪れるたびにすでにジムリーダーに勝利したことが入口付近に刻まれたライバルの名前からわかる通り、常に主人公の一歩先を行く存在として描かれている。最終的には主人公よりも先に四天王全員を倒しチャンピオンになるも直後に主人公に敗北し三日天下に終わる。その際にオーキド博士から「ポケモンへの信頼と愛情が足りなかったから負けた」と指摘されている。ただし、実際に信頼と愛情が不足していることを示すような明確な描写があるわけではない。
前述のとおり『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では、オーキド博士より3種類のうちの1匹を最初のポケモンとして手に入れているため、使用するポケモンのパーティは3パターン存在する。最終的にチャンピオンとしての彼が使用するパーティは、ピジョットフーディンサイドンが共通、ウインディ(ほのお)、ナッシー(くさ・エスパー)、ギャラドス(みず・ひこう)のうちから2体、残りの1体はウインディ、ナッシー、ギャラドスのうちからの2体とタイプ(ほのお、くさ、みず)が重複していないポケモンで、なおかつ彼が最初にオーキド博士からもらったポケモンの最終進化形であるカメックス(みず)、フシギバナ(くさ・どく)、リザードン(ほのお・ひこう)のいずれかの合計6体である。
サント・アンヌ号での対戦で繰り出すラッタ(ハナダシティでの主人公との対戦で繰り出すコラッタが進化した個体と思われる)は、ポケモンタワーでの対戦以降主人公と戦う時の戦闘メンバーから離脱したままとなる。
『ピカチュウ』版においてもイーブイの進化形が3種類あるためパーティも3パターン存在する。シルフカンパニーで戦う時に繰り出すイーブイの進化形がどれであるかは、序盤の主人公とライバルとの戦績によって決まる。オーキド研究所での最初の勝負にプレイヤーが負けた場合はシャワーズ、最初の勝負にプレイヤーが勝ち、なおかつ22番道路での勝負に勝たない(負ける、またはスルー)まま進んだ場合はブースター、最初の勝負と22番道路での1回目の勝負の両方に勝った場合はサンダースになる。最終的にチャンピオンとしての彼が使用するパーティは、サンドパン、フーディン、ナッシーが共通、パルシェン(みず・こおり)、キュウコン(ほのお)、レアコイル(でんき)のうちから2体、残りの1体はパルシェン、キュウコン、レアコイルのうちからの2体とタイプ(みず、ほのお、でんき)が重複していないポケモンで、なおかつ彼が最初にオーキド博士からもらったポケモンの進化形であるサンダース(でんき)、ブースター(ほのお)、シャワーズ(みず)のいずれかの合計6体である。
また、『赤・緑・青』と同様にハナダシティでの主人公との対戦で繰り出すコラッタがポケモンタワーでの対戦を最後に戦闘メンバーから離脱するが、それに加えてオニドリル(最序盤から連れていたオニスズメが進化した個体と思われる)も離脱する。
『ファイアレッド・リーフグリーン』ではナナシマのイベントをクリアした後に2回目のポケモンリーグ挑戦が可能となるが、そこでの使用ポケモンはピジョットがヘラクロスに、サイドンがバンギラスに変更されている。なおヘラクロスとバンギラスの進化前であるヨーギラスはナナシマにのみ生息しているポケモンで、カントー図鑑ではなく全国図鑑に含まれている。
「図鑑を集めながら完璧なポケモンを探した」「いろんなタイプのポケモンに勝ちまくるようなコンビネーションを探した」と語る通り、最序盤から連れていたポッポの進化形であるピジョットと最初にもらったポケモンの最終進化形以外のポケモンは各タイプにおいて特に能力(ポケモンの種類ごとの能力)が高い傾向にあり、またパーティメンバーのタイプも多彩で、パーティ全体に一貫した弱点が存在しないバランスのよい構成となっている。
ライバルがチャンピオンになるのは、シリーズを通しても『赤・緑・青・ピカチュウ』と『ファイアレッド・リーフグリーン』のみである。
カロス地方に留学していたことが『X・Y』で判明。
オーキド博士
マサラタウンに研究所を構えるポケモン研究の世界的権威で、ライバルの祖父。ゲーム開始直後にプレイヤーに対し世界観などを説明する案内役でもある。主人公とライバルに与えたポケモンは、ポケモントレーナーとしての現役を退いた後も所持していた最後の3匹である。昔馴染みである四天王のキクコからは「強くていい男だった」と評されており、トレーナーとしても腕前はかなりのものだったと思われる。
ポケモンを主人公とライバルに与えた後、自身が作ったというポケモン図鑑を2人に託す。シナリオ中では図鑑の完成度を気にかけており、研究所を訪れたりパソコンでコンタクトをとったりすると図鑑の完成度に応じたコメントを残す。基本的に自身がマサラタウンの外に出ることはなく主人公に渡すべきアイテムは助手に持たせるが、主人公とライバルがポケモンリーグで対決した際には直接駆けつけた。
ナナミ
オーキド博士の孫娘でライバルの姉。優しい性格で、主人公に対してはライバルから「主人公には渡すな」と釘を刺されたにもかかわらずタウンマップを渡してくれる。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、過去にポケモンコンテストで優勝したことや、紅茶を毎日飲む習慣がありたまにタマムシデパートに買いに行く姿がタマムシデパート管理人のお婆さんに目撃されていることがわかる。またポケモンにとても好かれる性質であるようで、殿堂入り後にはポケモンのなつき度を高める毛づくろいをしてくれる。

ジムリーダー[編集]

タケシ
ニビジムのリーダーで、いわタイプの使い手。キャッチコピー(ポケモンジム入口付近の看板に書いてあるフレーズ)は「つよくて かたい いしの おとこ」。『赤・緑・青』のグラフィックでは上半身が裸で腕を組んでいる。
主人公との対戦では、イシツブテイワークの2体を使用する。イワークは『赤・緑・青・ピカチュウ』では「がまん」を、『ファイアレッド・リーフグリーン』では「がんせきふうじ」を覚えている。いずれのポケモンもいわタイプで「ぼうぎょ」に優れ、本人が豪語する通り物理攻撃には強く打たれ強い。
勝利すると、グレーバッジと「わざマシン34(がまん)」(『赤・緑・青・ピカチュウ』の場合)または「わざマシン39(がんせきふうじ)」(『ファイアレッド・リーフグリーン』の場合)を渡してくれる。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、「おつきみやま」で化石を掘っている人の手伝いをすることがあること、めったに笑わないが一度笑い出すと止まらなくなるらしいことがわかる。
カスミ
ハナダジムのリーダーで、みずタイプの使い手。キャッチコピーは「おてんば にんぎょ」。みずタイプのポケモンで攻めまくることを信条としている。
主人公との対戦では、ヒトデマンスターミーの2体を使用する。『赤・緑・青・ピカチュウ』ではスターミーが「バブルこうせん」を、『ファイアレッド・リーフグリーン』では2体両方が「みずのはどう」を覚えている。特にスターミーは、序盤に登場するポケモンとしては圧倒的な能力を持つ強敵となる。
勝利すると、ブルーバッジと「わざマシン11(バブルこうせん)」(『赤・緑・青・ピカチュウ』の場合)または「わざマシン03(みずのはどう)」(『ファイアレッド・リーフグリーン』の場合)を渡してくれる。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、時々「ふたごじま」の付近へ修行に行くこと、ハナダシティより北の岬のデートスポットに憧れていること、最近は四天王のカンナに憧れていることがわかる。
マチス
クチバジムのリーダーで、でんきタイプの使い手。キャッチコピーは「イナズマアメリカン!」。アメリカから来日した元軍人で、英語交じりの片言の日本語で話す。架空の世界を舞台とするポケットモンスターシリーズにあって、現実の国家と同じ名前の国の国籍を持つことが明らかになっている唯一の人物である(ゲーム中では日本、アメリカ、中国、ロシアなど現実の国家の名前が散見されるが、これらは後のシリーズには見られない)。軍人時代の階級は少佐で、「戦争でエレクトリックポケモンを使って生き延びた」と語る。また、ジムのトレーナーからは軍人だったころから用心深い性格であることが聞け、それを示すようにマチスのいる部屋は二重ロックが施された電気仕掛けの扉で閉ざされている。
『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公との対戦で、ビリリダマ、ピカチュウ、ライチュウの3体を使用する。『赤・緑・青・ピカチュウ』ではライチュウが「10まんボルト」を、『ファイアレッド・リーフグリーン』では3体すべてが「でんげきは」を覚えている。特に「10まんボルト」は序~中盤では極めて高い威力を持つ攻撃技である。
『ピカチュウ』版ではライチュウ1体のみだが、レベルが『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』よりも高く、「10まんボルト」のほかに高威力の「メガトンパンチ」と「メガトンキック」も覚えている。ライチュウ単体であるのは、アニメ版に基づいているためである。
勝利すると、オレンジバッジと「わざマシン24(10まんボルト)」(『赤・緑・青・ピカチュウ』の場合)または「わざマシン34(でんげきは)」(『ファイアレッド・リーフグリーン』の場合)を渡してくれる。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、アメリカ在住だったころにポケモンに発電させて飛行機を飛ばしていたらしいことがわかる。
エリカ
タマムシジムのリーダーで、くさタイプの使い手。キャッチコピーは「しぜんを あいする おじょうさま」。着物を着た若い女性。ジムでは生け花教室も開いている関係から、くさタイプを専門に扱っているとされる。対戦を申し込んできた主人公を目の前にして、わずかな間とはいえ居眠りをするほどおっとりとしており、好みのポケモンについては、「綺麗なポケモンしか欲しくならない」と発言している。ジムのトレーナーによればタマムシジムは男子禁制であるようで、門下生はすべてが女性のトレーナーとなっている。
『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公との対戦で、ウツボットモンジャララフレシアの3体を使用する。『赤・緑・青・ピカチュウ』ではラフレシアが「メガドレイン」を、『ファイアレッド・リーフグリーン』では3体すべてが「ギガドレイン」を覚えている。「メガドレイン」と「ギガドレイン」はともに与えたダメージの半分を自分のHPに転換する効果を持つ。
『ピカチュウ』版では、モンジャラ、ウツドンクサイハナの3体を使用する。モンジャラは「メガドレイン」を覚えている。マチス同様、こちらもアニメ版に基づいた手持ちとなっている。
勝利すると、レインボーバッジと「わざマシン21(メガドレイン)」(『赤・緑・青・ピカチュウ』の場合)または「わざマシン19(ギガドレイン)」(『ファイアレッド・リーフグリーン』の場合)を渡してくれる。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、昼寝をしている姿が頻繁に目撃されているらしいことがわかる。
キョウ
セキチクジムのリーダーで、どくタイプの使い手。キャッチコピーは「どくの ことなら なんでも ござれ」。伊賀忍者の子孫で、纏っている装束も忍者のそれである。ジムは見えない壁で仕切られたからくり屋敷であり、そこには「ジプシージャグラー」(『ファイアレッド・リーフグリーン』ではジャグラー)と「もうじゅうつかい」(猛獣使い)が集まっている。特にジプシージャグラーの使うポケモンのタイプはエスパーであり、どくタイプのポケモンを使うトレーナーは「もうじゅうつかい」のみとなる。
『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公との対戦で、ドガースベトベトン、ドガース、マタドガスの4体を使用する。『赤・緑・青』ではマタドガスが、『ファイアレッド・リーフグリーン』では4体すべてが「どくどく」を覚えている。
『ピカチュウ』版では、コンパン、コンパン、コンパン、モルフォンの4体を使用し、4体すべてが「どくどく」を覚えている。こちらもアニメ版に基づいた手持ちとなっている。
勝利すると、ピンクバッジと「わざマシン06(どくどく)」を渡してくれる。
『金・銀・クリスタルバージョン』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』のジムリーダーの一人であるアンズの父親であり、『ファイアレッド・リーフグリーン』でのセキチクシティには、ジムリーダーになる前のアンズが登場している。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、薬にも詳しくポケモンが傷つく自分で作った薬で癒していること、サファリゾーンの見回りを時々していることがわかる。
史実において毒(薬)の扱いに長けていたのは、伊賀流ではなく甲賀流のほうとされている。
ナツメ
ヤマブキジムのリーダーで、エスパータイプの使い手。キャッチコピーは「エスパー しょうじょ!」。本人曰く、何気なくスプーンを投げたら曲がって以降、超能力を発揮するようになったという。また、戦うのは好きではないとのこと。主人公に敗れた際には、超能力は限られた人のみに与えられた力ではないと話している。
ヤマブキシティには過去に現在のヤマブキジムと格闘道場の2つがポケモンジムとして認められていたが、統一試合で格闘道場を仕切るカラテ大王がナツメに敗れ、現在の形となった経緯がある。
『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公との対戦で、ユンゲラーバリヤード、モルフォン、フーディンの4体を使用する。『赤・緑・青』ではフーディンが「サイコウェーブ」を、『ファイアレッド・リーフグリーン』ではユンゲラー、バリヤード、フーディンが「めいそう」を覚えている。4体のうち、モルフォンのみエスパーではなくむし・どくタイプだが、レベルアップでエスパータイプの攻撃技をいくつか習得するポケモンであり、このモルフォンは「サイケこうせん」を覚えている。
『ピカチュウ』版では、ケーシィ、ユンゲラー、フーディンの3体を使用し、ユンゲラーとフーディンは「サイコウェーブ」を覚えている。
勝負後に、ゴールドバッジと「わざマシン46(サイコウェーブ)」(『赤・緑・青・ピカチュウ』の場合)または「わざマシン04(めいそう)」(『ファイアレッド・リーフグリーン』の場合)を渡してくれる。通常はジムリーダーに勝利しない限り、バッジとわざマシンをもらうことはできないが、ナツメに限っては勝負に負けた場合でも勝利扱いとなり、勝った場合とまったく同じようにバッジとわざマシンももらうことができる。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、勝負の時にポケモンに声をかけずとも気持ちを伝えることができるらしいことがわかる。
カツラ
グレンジムのリーダーで、ほのおタイプの使い手。キャッチコピーは「ねっけつ クイズ おやじ」。グレン島に現在の研究所ができる前から住んでいて、島の住人には変人として知られている。丸い眼鏡をかけたスキンヘッドで白衣を着ているが、『赤・緑』の取扱い説明書の初版にはメガネをかけておらず頭部の周りに髪の毛が生えている風貌のイラストが掲載されている。ジムには鍵をかけており、「ひみつのカギ」を持っていないと入れず、内部にはクイズマシンを設置している。このクイズマシンが出すクイズに正解するとジムのトレーナーと戦わずに先に進めるが、間違うと強制的に戦わされる。ジムのトレーナーは「かじばどろぼう」と「りかけいのおとこ」で占められている。
ジムのトレーナーによると、カツラがほのおタイプのポケモンを使うようになったのは、過去に本人が山登りで遭難したとき暗闇に包まれた山道を照らしながら火の鳥のポケモン(ファイヤー)が飛んでいき、それによって無事に下山することができた経験があるからであるという。
『赤・緑・青』と『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公との対戦で、ガーディポニータギャロップ、ウインディの4体を使用する。『赤・緑・青』ではウインディが、『ファイアレッド・リーフグリーン』では4体すべてが「だいもんじ」を覚えている。
『ピカチュウ』版では、キュウコン、ギャロップ、ウインディの3体を使用し、ウインディは「だいもんじ」や「リフレクター」を覚えている。
勝利すると、クリムゾンバッジと「わざマシン38(だいもんじ)」を渡してくれる。この時に「だいもんじ」(大文字)についてのくだりで京都という単語が出てくるが、ポケモンの世界に京都(エンジュシティのモチーフではあるが)は存在しないため、プレイヤーそのものに対するメタ的なセリフであると解釈できる。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、元科学者のフジ老人とは旧知の仲であること、クイズを考える時だけメガネをはずすことがわかる。
サカキ
秘密結社ロケット団のボスであるが、トキワジムのリーダーという表の顔も持つ。じめんタイプの使い手。すべてのポケモンはロケット団のために存在し、金儲けの道具に過ぎないという考えを持つ。ロケット団を率いてヤマブキシティを占拠し、ポケモンを必ず捕獲できるという試作品「マスターボール」を目的にシルフカンパニーを襲撃したが、主人公に阻止され失敗に終わる。一連の事件後は、体制を立て直すためにトキワジムを隠れ家としていた。ジムリーダーとして臨んだ主人公との勝負に敗れると、ロケット団の解散を宣言すると同時に一からポケモンの修業をし直すことを明かし行方をくらます。
主人公とは3度戦う機会があり、『赤・緑・青』において、一度目の対戦ではイワーク、サイホーンガルーラの3体を、二度目はニドリーノ、サイホーン、ガルーラ、ニドクインの4体を、三度目のジムリーダーとして戦う時はサイホーン、ダグトリオ、ニドクイン、ニドキングサイドンの5体を使用する。『ファイアレッド・リーフグリーン』でも基本的に同じポケモンを使用するが、ジムリーダーとして戦うときに使うポケモンの5体目(手持ちポケモンの5番目)が、サイドンから進化前のサイホーンに変更されている。特にジムリーダーとして戦う時のポケモンは、『赤・緑・青』ではサイドンが「じわれ」を、『ファイアレッド・リーフグリーン』では5体すべてが「じしん」を覚えている。
『ピカチュウ』版では、ガルーラがペルシアンに変更されており、ジムリーダーとして戦う時のパーティでは、一番手のサイホーンがペルシアンに代わり、二番手だったダグトリオが1番手に入れ替わっている。特にジムリーダーとして戦う時のポケモンは、ペルシアン以外の4体が「じしん」を覚えており、ダグトリオは「じわれ」、ニドクイン、ニドキングは「じめん」タイプが苦手とするみずタイプのポケモンに有効な「かみなり」も覚えている。
勝利すると、グリーンバッジと「わざマシン27(じわれ)」(『赤・緑・青・ピカチュウ』の場合)または「わざマシン26(じしん)」(『ファイアレッド・リーフグリーン』の場合)を渡してくれる。基本的に技マシンはシルフカンパニーの製品という設定ではあるが、これらの技マシンは過去にジムをやっているときに自身が作ったものだという。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、赤い髪の毛の子供がいるらしいことがわかる。『ハートゴールド・ソウルシルバー』において、2010年に上映された『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』の上映館内でワイヤレス配信されたセレビィをウバメの森に連れていくと起こるイベントで、赤い髪の毛の子供が『ハートゴールド・ソウルシルバー』およびそのオリジナル版である『金・銀・クリスタルバージョン』のライバルであることが明らかになった。
「ウルトラサン・ウルトラムーン」ではエピソードRRで登場。ウルトラホールの存在を知ってアローラ地方に渡り、エーテル財団の乗っ取りを企図してルザミーネの自宅を占領し、他の世界の組織ボスを呼び寄せてレインボーロケット団を結成しボスになっている。手持ちはダグトリオ、ニドクイン、ニドキング、ドサイドンミュウツーで、ミュウツーはメガシンカするがバージョンによってメガシンカ先が異なる。

四天王[編集]

カンナ
ポケモンリーグに君臨する四天王の一人目で、こおりタイプの使い手。メガネを掛けた若い女性。本人によれば、「こおりタイプを使わせたら右に出る者はいない」とのこと。
主人公との対戦では、ジュゴン、パルシェン、ヤドランルージュララプラスの5体を使用する。『赤・緑・青・ピカチュウ』では、ラプラスが「ふぶき」を覚えている。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では2回目のポケモンリーグ以降、ヤドランがイノムーに変更されている。
使用するポケモンのうち、ルージュラとイノムー以外はすべてみずタイプでもある。
『ファイアレッド・リーフグリーン』ではカンナに関するイベントと設定が追加された。ナナシマの「4のしま」出身で実家もこの島にあり、家にはたくさんのぬいぐるみを飾っている。ラプラスとは幼少のころに島にある「いてだきのどうくつ」で出会って以来、ずっと一緒にいることを島の住人より聞くことができる。「いでだきのどうくつ」では、主人公とともにポケモンの密漁をしていたロケット団を討伐し、事件の解決に尽力している。
『金・銀・クリスタルバージョン』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』では一切登場しない。
シバ
四天王の二人目で、かくとうタイプの使い手。諸肌を脱いだ風貌の男性。人もポケモンも鍛えればどこまでも強くなるという信念を持つ。
主人公との対戦では、イワーク、エビワラーサワムラー、イワーク、カイリキーの5体を使用する。『赤・緑・青』では、カイリキーが「じわれ」を覚えている。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では2回目のポケモンリーグ以降、イワークが2体ともハガネールに進化している。
かくとうタイプのポケモンは他にもオコリザルやニョロボンが存在するが、別なタイプのポケモンであるイワーク(と進化形のハガネール)を2体使用することはある意味で特徴的といえる。
ルビー・サファイア・エメラルド』では、過去にホウエン地方のジムリーダーであるトウキとともに修行していたことが明かされ、『ファイアレッド・リーフグリーン』においても、「しっぽうけいこく」にて同様の話をする人物が存在する。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、強いトレーナーと勝負するために四天王になったこと、「2のしま」で「いかりまんじゅう」が買えず落胆して帰ったことがあったことがわかる。
キクコ
四天王の三人目で、ゴーストタイプの使い手。杖をついた老婆で、オーキド博士がトレーナーとして現役だったころはライバル関係にあった。対戦前の主人公との会話では、現在のポケモン研究家としてのオーキド博士をジジイと呼び、見る影もないと評している。また、ポケモンは戦わせるものという考えを持ち、ポケモン図鑑を作っている主人公に対して駄目出しをしたものの、対戦後は主人公の実力とそれを見抜いていたオーキド博士の見識を認める発言をしている。
主人公との対戦では、ゲンガーゴルバットゴーストアーボック、ゲンガーの5体を使用する。『赤・緑・青』では、2体目のゲンガーが「どくどく」を覚えている。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では2回目のポケモンリーグ以降、ゴルバットがクロバットに、ゴーストがムウマに変更されている。また、手持ちポケモン5体すべての性別がメスからオスへ変更されている。
ゴーストタイプのポケモンは、カントーにおいてはゴースとその進化形のみが存在するため、ゴーストタイプの使い手ではあるが、実質的にはどくタイプのポケモンを多用する形になっている。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、気が短くてすぐ怒鳴ること、四天王の最年長記録を打ち立てたことがわかる。
『金・銀・クリスタルバージョン』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』では一切登場しない。
ワタル
四天王の四人目(大将と自称)で、ドラゴンタイプの使い手。マントをまとった青年。ドラゴンを聖なる伝説の生き物と呼び、高い能力を持つ自身のポケモンに厚い信頼を寄せている。
主人公との対戦では、ギャラドス、ハクリュー、ハクリュー、プテラカイリューの5体を使用する。『赤・緑・青』では、カイリューが「バリアー」を覚えている。ちなみにこれは例外であり、本来カイリューにバリアーを覚えさせる方法は存在しない。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では2回目のポケモンリーグ以降、2体のハクリューが、カイリューとキングドラに変更されている。
使用するポケモンのうち、ギャラドス、プテラ、カイリューはすべてひこうタイプでもある。
『金・銀・クリスタルバージョン』では、ジョウト地方のフスベシティのドラゴン使いで有名な一族の出身であることが明かされた。フスベシティのジムリーダーであるイブキとは従兄弟の関係である。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、たまにタマムシデパートでマントを買う姿が客に目撃されていることがわかる。ヤマブキシティのある女性からは、正義感が強くて熱血で格好いいと評されている。

その他[編集]

マサキ
25番道路にある岬の小屋に住むポケモンマニアの青年で、ポケモン預かりシステムの開発者でもある。ある実験に失敗しポケモンと融合してしまっていたところを訪れた主人公に助けてもらい、知己となる。関西弁(作中ではコガネ弁と呼ぶ)で話すことについて、『金・銀・クリスタルバージョン』でジョウト地方のコガネシティ出身(大阪府がモデル)であることが明かされた。セキチクシティに祖父が住んでいる。
現在のコレクションとして特にお気に入りなのは、イーブイ、ブースター、サンダース、シャワーズである。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、最初に捕まえたポケモンはケーシィであること、ミルクが飲めない(苦手である)ことがわかる。
フジ老人
シオンタウンで捨てられたポケモンの世話をしている男性の老人。ロケット団がいるにも関わらず、彼らに殺されたガラガラの幽霊を慰めるためにポケモンタワーに赴いていた。ロケット団員によれば、タワーにくる直前はロケット団のアジトに乗り込み、ポケモンを虐待しないよう抗議していたとのこと。ポケモンタワーでロケット団を撃退した後は、主人公に寝ているポケモンを起こすという「ポケモンの笛」を渡す。
『ファイアレッド・リーフグリーン』のボイスチェッカーでは、シオンタウン出身ではないこと、ジムリーダーのカツラと旧知の仲であることがわかる。
『赤・緑』をアニメ化した『ポケットモンスター THE ORIGIN』では、グレン島のポケモン屋敷(元は研究施設)でミュウの子供であるミュウツーの遺伝子を組み替えた科学者「フジ博士」であったことが明かされた。また、「ポケモンだいすきクラブ」の特設サイトにおいても「フジ博士」との関連が示唆されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 杉森 建 (@SUPER_32X)”. Twitter (2012年11月17日). 2017年1月21日閲覧。
  2. ^ 杉森 建 (@SUPER_32X)”. Twitter (2012年11月17日). 2017年1月21日閲覧。
  3. ^ ミュウとミュウツーのヒミツ~研究員カズキのレポート~ FLLE04 だれがミュウツーを生み出したのか?”. ポケモンだいすきクラブ. 2017年1月21日閲覧。

関連項目[編集]