ポケモンジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポケモンジェット・インターナショナル

ポケモンジェットとは、ポケットモンスターシリーズとタイアップした旅客機の総称。1998年から2016年にかけて全日本空輸(ANA)にて運航され、その後2020年よりANA以外の複数の航空会社にて運航されている。

全日本空輸[編集]

二機のポケモンジェット

ANAでは1993年に登場した「マリンジャンボ」、1995年末に登場したボーイング777-200の垂直尾翼「777」、1996年冬季と1997年冬季に登場した「スヌーピー号」、1998年春に登場したエアバスA321の「日本の風景」に続き1998年より就航しポケモンブームの象徴として、マスコミなどで注目を浴びた。ポケモンジャンボとも呼ばれる。

座席カバーやカーテンにはピカチュウなどのポケモンキャラクターが描かれ、客室乗務員が着用するエプロンや飲み物が供されるカップも対象機限定のポケモン模様で、搭乗記念に機体イメージ入り絵葉書の配布を行うといったサービスが行われていた。

ボーイング747-400ボーイング777-300ボーイング767-300にペイントされ、東京大阪から札幌福岡那覇など国内幹線を中心に運航した。かつては就航予定がANAのウェブサイト時刻表に掲載されていたが、2012年現在では夏季を中心に不定期に公表されていた。2016年4月15日をもってANAにおけるポケモンジェットの運用はすべて終了した。同日、最後のポケモンジェットとなった「ピース★ジェット」は塗装を終了する予定だった。しかしながら、同年4月14日に発生した熊本地震の影響により、機材不足を懸念し「ピース★ジェット」を急遽継続運用することとなった。

期間限定で、ANAの搭乗券の半券2枚で応募できる「ポケモンジェット就航記念 オリジナル ゴールデンボーディングパス」やANAの機体が描かれた「そらをとぶピカチュウ」のポケモンカードがプレゼントされるキャンペーンも実施された。

ANAによる歴代のポケモンジェットはすべて大阪国際空港(伊丹空港)内の全日空整備株式会社で塗装作業が行われた。

ANAでのポケモンジェットで最も多くペイントされているポケモンキャラクターは全機に描かれたピカチュウ、二番目は1998・ピカチュウ・お花の3機に描かれたミュウである。また、エンジンカウルには必ずモンスターボールがペイントされていた。

また「ポケモンジェット ジェットでゲットだ 2000」キャンペーンでは、ANAの副操縦士5人によるバンド「TOLIP」の曲『コントレール』がCFソングになっていた。

ポケモンジェット→ポケモンジェット1998[編集]

劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲』『ピカチュウのなつやすみ』の公開に合わせて1998年6月に就航。ピカチュウ、フシギダネ、ミュウなど人気があり、馴染みの深いキャラクターが描かれた。翌年に「ポケモンジェット1999」が登場したことによって「ポケモンジェット1998」と呼ばれるようになった。

使用機材は747-481DのJA8965[1]と767-381のJA8569。後に767-381のJA8578が加わり、計3機が国内線で運航された。順次通常塗装に戻され、2008年現在は全機運航終了。

ポケモンジェットインターナショナル(旧:ポケモンジェットU.S.バージョン)[編集]

ANAポケモンジェットインターナショナル(2006年3月、成田空港)

1999年2月24日の東京(成田) - ニューヨーク間で国際線に初就航。機体側面の社名表記が「全日空」ではなく英語表記の「All Nippon Airways」で、垂直尾翼が通常塗装(「ANA」ロゴ)である点が初代のポケモンジェットと異なる。唯一の国際線用ポケモンジェットである。
なお、運航開始当初は「ポケモンジェットU.S.バージョン」と呼称されていた[2]

使用機材は747-481のJA8962[3]2006年5月に通常塗装に戻されて運航終了。この再塗装作業は伊丹空港内の全日空整備で施工されたが、この時点で既に同空港では運航規制により「3・4発機の乗り入れ」が禁止となっており、禁止後に初めて飛来した「4発機」となった[4]
通常塗装に戻された後は、成田-パリ線で運航されていた。その後、2011年1月25日にANAの機体としては、登録抹消となった[5]

ポケモンジェット1999[編集]

ANAポケモンジェット1999・JA8288

1999年6月21日の大阪(伊丹)〜東京(羽田)間で初就航。かつての「マリンジャンボ」と同様に絵柄は日本全国の子供たちから一般公募され、のポケモンにもの景色を見せてあげたいとするデザインが当選し、マリルやラプラスなど海のポケモンを中心に描かれた。

使用機材は747-481DのJA8964。後に767-381のJA8288・JA8357が加わり、計3機が国内線で運航された。2001年2月にJA8357がユニバーサル・スタジオ・ジャパン広告塗装「ウッディージェット」に塗り替えられ、2006年2月にはJA8964が通常塗装に戻された。JA8288は2007年5月20日をもって運航を終了、通常塗装に戻された。なお、747-400DであるJA8964は伊丹空港乗り入れ規制前に再塗装が行われた最後の特別塗装4発機である[6]。また、同機は、九州・沖縄サミットで、河野洋平外務大臣のチャーター機に充当されている(本人希望かどうかは不明)。なお、JA8964は2011年11月にANAの機体としては登録抹消となった。

ピカチュウジャンボ[編集]

ピカチュウジャンボ・JA8957

2004年5月24日の大阪(伊丹)〜東京(羽田)間で初就航。黄色いベースに2004年までの歴代ポケモン映画のメインとなるポケモンがペイントされた。また、那覇空港ではピカチュウジャンボを記念した黄色いトーイングカーがある。

使用機材は、1997年2002年までウィングレットを装着して国際線で使用されていた747-481DのJA8957。

2006年3月31日、伊丹空港発着便では「すべての4発機=ボーイング747-400」の有償運用最終日であったが、ANA便では最後の4発機(羽田行38便)として使用された。

2013年9月30日、羽田-沖縄線(ANA127/126)を最後に有償飛行を終えた。

お花ジャンボ[編集]

お花ジャンボ・JA8956(2006年12月、羽田空港にて)

2004年12月5日に羽田空港第2旅客ターミナル開業記念キャンペーンの遊覧飛行で初就航。一般公募により、キレイハナポポッコロゼリアといったに因んだポケモンが描かれている。

使用機材は747-481DのJA8956。2012年11月30日、NH124便で定期便としてのラストフライトを行い、運用から外れた[7]

ピース★ジェット[編集]

ANA Boeing 777-300 Breidenstein-1.jpg

2011年7月18日に就航した。ピカチュウのほかミジュマルビクティニなどイッシュ地方のポケモンがピースサインをしたイラストが描かれている。

当初は3種類のデザインの中から一般公募で選ばれる予定だったが[8]、同年3月11日に発生した東日本大震災を受けて投票が中止になった。

使用機材は777-381のJA754Aで、777型機に初めてポケモン塗装が施された。なお就航にあたっては、「心をひとつに がんばろう ニッポン」のメッセージも入れられているが、これまでのポケモンジェットに入れられていたスターアライアンスのロゴマークは入れられていない。

双発機であり伊丹空港の運航規制に抵触しないため、ポケモンジェットとして約5年ぶりに伊丹空港へ旅客便として就航した。2016年4月15日、契約満了に伴い[要出典]営業運航を終了し、通常塗装に戻される予定だった[9][10]

しかしながら、4月14日に発生した熊本地震の影響により当初は不定期路線に投入するとのことになったが、塗装変更は予定通りとなった。なお、2016年現在でANAで運航されていた唯一のポケモン特別塗装機であったが、契約満了に伴い[要出典]最後のポケモンジェットとなった。

その他[編集]

ナッシーリゾート in 宮崎号[編集]

ソラシドエアの地域振興・機体活用プロジェクト「空恋プロジェクト」の一環として、宮崎県と株式会社ポケモンの連携協力協定事業に関係し「宮崎だいすきポケモン」としてイメージキャラクターに指定された「ナッシー」をデザインした「ナッシーリゾートin宮崎号」を2020年12月19日より運航[11]。ボーイング737-800(登録記号:JA812X)の胴体後方に右側には「ナッシー」・左側には「ナッシー アローラのすがた」と左右で異種のデザインとした横約9m・縦約3mのデカールが貼られており、サイズは同社の中では最大となった。機内のヘッドレスト及び客室乗務員の着用するエプロンも「ナッシー」仕様とした。

ピカチュウジェットBC[編集]

新型コロナウイルスの影響を受けた航空業界・観光業界の振興を目的とした株式会社ポケモンによる沖縄観光キャンペーン「そらとぶピカチュウプロジェクト」の一環として、スカイマークが2021年より「ピカチュウジェットBC」シリーズを運航。737-800型機にピカチュウを中心としたデザインを施し、主に那覇空港下地島空港宮古島)を発着する便に充当、運航期間は5年を予定している。なお、版権使用料は無償とし、塗装費用についても株式会社ポケモンが負担している[12]

ピカチュウジェットBC・JA73AB
1号機
登録記号JA73ABに、黄色を基調にそらをとぶピカチュウを機体左右に各5体あしらったデザインを施す[13]。2021年6月21日に就航。
ピカチュウジェットBC2(2号機)
登録記号JA73NGに、白と青を基調にピカチュウに加えホエルオーを中心にシェイミ(スカイフォルム)などをあしらったデザインを施し、ウィングレットにもピカチュウの顔をあしらう[14]。2022年5月30日就航。

ロコンジェット北海道[編集]

ロコンジェット北海道(アローラロコンサイド)・JA602A

北海道と株式会社ポケモンの包括連携協定事業にAIRDOが賛同し、「北海道だいすき発見隊」として連携事業のイメージキャラクターに指定された「ロコン」を用いて2021年12月1日に就航[15]ボーイング767-300ER型機(登録記号:JA607A)にデザインが施された。

機体右側にはカントー地方のロコン、左側にはアローラ地方のロコンが左右非対称に特別塗装されている。尾翼には、左右それぞれロコン2種の横顔が描かれ、機体のシンボルパーツとなっている。また、ヘッドレストカバー、紙コップ、乗務員のエプロンもロコン仕様となっている[16]。初フライトは新千歳空港から東京国際空港

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ポケモンジェットになる直前まで「スヌーピー号」として就航しており、結果的にキャラクターものの特別塗装を連続して施された。
  2. ^ 『「ANAポケモンジェットU.S.バージョン」いよいよアメリカの空へ!!』 ANA NEWS 第11-20号 平成11年2月18日 2021年6月22日閲覧
  3. ^ 1998年のFIFAワールドカップフランス大会開催期間中は日本代表チーム応援メッセージが描かれ、成田 - パリ線限定で使用された。
  4. ^ 伊丹空港の「3・4発機の乗り入れ禁止」規制は有償飛行が禁止対象で、整備やダイバート飛来等は対象となっていない。したがってこの再塗装作業では伊丹 - 成田間はフェリーフライトとされた。
  5. ^ JA8962 登録情報
  6. ^ 伊丹着の営業路線でそのまま再塗装作業に入り、伊丹発の営業路線でライン復帰した。
  7. ^ 全日空、お花ジャンボのラストフライト - Aviation Wire、2012年11月30日閲覧
  8. ^ 〜 新ANAポケモンジェットが、この夏登場! 〜 新しい機体デザインを、みなさまの投票で決定します! (PDF)”. 全日本空輸 (2011年3月11日). 2014年9月5日閲覧。
  9. ^ ANAのポケモン「ピースジェット」、4年9カ月運航 通常塗装に”. Aviation Wire(旭技研) (2016年4月15日). 2016年4月15日閲覧。
  10. ^ 月刊エアライン編集部 2016年4月15日 17:13(JST)のツイート
  11. ^ ソラシドエア、ポケモン「ナッシー」とコラボした機体を運航開始。約1年半、全就航地を運航”. トラベル Watchインプレス) (2020年12月21日). 2021年6月21日閲覧。
  12. ^ ポケモン社「ピカチュウジェット」版権使用料を無償提供 塗装費用も全負担 苦境の航空・観光業を支援”. ORICON NEWS(オリコン) (2021年6月21日). 2021年6月21日閲覧。
  13. ^ ポケモン、スカイマークと提携『ピカチュウジェット』21日就航 コロナ禍の観光・航空事業へ貢献”. ORICON NEWS(オリコン) (2021年6月21日). 2021年6月21日閲覧。
  14. ^ ピカチュウジェット2号機「BC2」、5月30日より運航決定 - GAME Watch 2022年5月3日
  15. ^ 2匹のロコンがポケモンジェットに! 「ロコンジェット北海道」誕生、12月1日に就航 ITmedia 2021年11月10日配信 2021年11月25日閲覧
  16. ^ ロコンジェット AIRDO 2021年11月25日閲覧

関連項目[編集]

日本航空による類似のアニメタイアップ機

外部リンク[編集]