劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポケットモンスター (アニメ) > ポケットモンスター (劇場版) > 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ
劇場版ポケットモンスター
アドバンスジェネレーション
ミュウと波導の勇者 ルカリオ
監督 湯山邦彦
脚本 園田英樹
製作 吉川兆二
松追由香子
盛武源
岡本順哉
製作総指揮 久保雅一
鶴宏明
出演者 松本梨香
大谷育江
うえだゆうじ
KAORI
山田ふしぎ
ベッキー
菊池桃子
岡江久美子
山寺宏一
音楽 宮崎慎二
主題歌 はじまりのうたPUFFY
撮影 水谷貴哉
編集 辺見俊夫
製作会社 オー・エル・エム
配給 東宝
公開 2005年7月16日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 43億円
前作 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス
次作 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ
テンプレートを表示

劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ』(げきじょうばんポケットモンスターアドバンスジェネレーション ミュウとはどうのゆうしゃルカリオ)は、2005年7月16日から公開されたテレビアニメポケットモンスター』の劇場版第8作である。

概要[編集]

当初発表されたタイトルは『ミュウと波導の勇者』であったが、後に本作で初公表となるポケモン・ルカリオが加わった『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』が正式タイトルとして発表された。

今作も前売り券を買うことによりGBAシリーズのいずれかの作品でミュウを入手することができたためか、前作の約160万枚を超える約175万枚の売上を記録。観客動員数は393万人(公式発表)、国内興行収入は43億円を記録する。2005年の年間邦画ランキングでは2位(同年公開の邦画では1位)の成績を残した。

本作は劇場版ポケットモンスターシリーズで現在のところ唯一、回想形式ではあるが戦争を描いた作品である。そのため、スポーツであるポケモンバトルとの混合を回避しなければならないこともあってか、初期設定では武器を装備したポケモンがイメージされていた[1]が、最終的には鎧を装備している。その一方でシリーズ内では珍しく、サトシ達と明確に対立する存在(悪役)が登場しない作品でもある[2]

あらすじ[編集]

数百年前、オルドラン城は戦争に巻き込まれる危機に瀕する。城と運命を共にすると誓う女王の元から、その城に仕える波導使いアーロンは弟子のルカリオの元へと立ち去るが、戦いが始まろうとしたまさにその時、世界のはじまりの樹に光が灯り、戦いは防がれるのだった。

現代に至り、アーロンは城を守った波導の勇者の伝説として語り継がれ、オルドラン城ではその年の勇者を決めるためのポケモンバトルの大会が催されていた。その大会へ参加したサトシは見事優勝し、優勝者にのみ握ることの許された「アーロンの杖」を手にする。すると突然杖に光が灯りアーロンの弟子であったはずのルカリオが飛び出してきたのだった。

登場人物・キャスト[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

サトシ
- 松本梨香
本作のレギュラーキャラクター側の主人公。アーロンと同じ波導を持ち、ルカリオは彼の波導を感じ取り現代に復活を遂げる。ポケモンバトルではアーロンと同じ衣装で参戦。
タケシ
声 - うえだゆうじ
世界一のポケモンブリーダーを目指している。舞踏会では牧師の姿になる。
ハルカ
声 - KAORI
本作の準主人公。トウカジムのジムリーダー・センリの娘であるポケモンコーディネーター。舞踏会では貴族のドレスを着用。
マサト
声 - 山田ふしぎ
ハルカの弟。舞踏会では貴族の衣装で登場。一人でいたルカリオにチョコをあげた。
ムサシ
声 - 林原めぐみ
ロケット団の一員。なお、彼女のみポケモンを逃がさずそのままはじまりの樹に取り込まれる。
コジロウ
声 - 三木眞一郎
ロケット団の一員。
ニャース
声 - 犬山イヌコ
ロケット団の一員。2足歩行して人間の言葉を喋るポケモン。ピカチュウと共にミュウに「はじまりの樹」に招待される。
サトシのポケモン
ピカチュウ
声 - 大谷育江
サトシの最初のポケモン。ニャースと共にミュウに「はじまりの樹」に招待される。
ジュプトル
声 - うえだゆうじ
オオスバメ
声 - 石塚運昇
ヘイガニ
声 - 小西克幸
ゴマゾウ
声 - 林原めぐみ
ハルカのポケモン
ゴンベ
声 - 佐藤智恵
ゼニガメ
声 - 半場友恵
ワカシャモ
声 - 西村ちなみ
タケシのポケモン
ミズゴロウ
声 - 林原めぐみ
フォレトス
声 - 石塚運昇
ムサシのポケモン
ソーナンス
声 - うえだゆうじ
コジロウのポケモン
サボネア
声 - 小西克幸
チリーン
声 - 吉原ナツキ
ナレーション
声 - 石塚運昇

ゲストキャラクター[編集]

アーロン
声 - 山寺宏一
数百年前、女王リーンに仕えていた“波導使い”。リーンからの命を受け、従者のポケモン・ルカリオと共に国を揺るがす争いを鎮めるため活躍し、現在では「波導の勇者」として人々に讃えられている。着けている手袋は「波導グローブ」というもので、波導を増幅する力を持つ。伝説では「城を捨てて二度と戻ってくることはない」と言っていたが、実は戦争を止めるためにミュウとはじまりの樹を救うため自らの命を犠牲にし、波動をすべて使い果たし、「できればもう一度、お前(ルカリオ)に会いたい。わが友よ…」と言い残し、そのまま息を絶えた。EDではルカリオと一緒に旅をしているシーンがあり、チョコを食べている。
劇中では触れられていないが行動がやや無鉄砲であり、サトシを彷彿とさせる。
ゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』では彼によく似たキャラクター・ゲンが登場する。
キッド・サマーズ
声 - ベッキー
世界的に有名な女性冒険家。お嬢様育ちだが行動は大胆不敵で、危険な場面ほどワクワクする性格。トレーナーとしての実力も高いようでポケモンバトルでは決勝戦まで勝ち進み鎧騎士の姿でサトシと対戦。その後、ミュウをゲットすべく暗躍するも、ミュウがピカチュウとニャースを連れて消えてしまったため、サトシたちと共に始まりの樹へ向かう。なお乗っていたジープは、漫画版ではレジロックによって大破されたが、映画では無事だった。
手持ちポケモン
マニューラ(2匹)
声 - 阪口大助福島潤
キッドのパートナーの2匹のマニューラ。OPではトロピウスを倒して、決勝戦まで勝ち進みピカチュウと互角のバトルを繰り広げるも10まんボルトで敗れた。バトルになるとムキになる癖があり、キッドからは呆れられている。
アイリーン
声 - 菊池桃子
サトシたちが訪れた国の女王であり、オルドラン城の城主。王としての威厳と優しさをあわせ持ち、国民からも愛されている。アーロンが仕えていた女王リーンの子孫。いつもマイムポケモンのマネネ(声 - 伊東みやこ)を連れている。リーンと顔が酷似しているため、ルカリオにリーンと間違えられる。
リーン
声 - 菊池桃子
数百年前、波導の勇者アーロンが仕えた女王。アイリーンの遠い先祖。争いが続く世に平和が訪れることを願い、アーロンに争いを鎮めるよう命じる。
ジェニー
声 - 岡江久美子
女王アイリーンに仕える乳母。若くして王国を背負うアイリーンをもり立て、時には良き相談相手にもなるオルドラン城のご意見番。怒ると怖そうだが、自分の命に代えても女王を守ろうとする、とても頼りがいのある人物。
バンクス
声 - 青野武
キッドの執事。ルームランナーでトレーニングをするなど、一般的な執事のイメージにはないことをしている。
フレディ
声 - 西野亮廣キングコング
あまりのイケメンぶりに、出会った女性は一目で夢中になる美青年。舞踏会でハルカやムサシと踊ったがムサシには振り回されて目を回していた。
母親と娘
声 - 日高のり子[3]、半場友恵
冒頭にて波導の勇者アーロンの童話を読んでいた親子。なお、この親子は次作以降の映画にも度々ゲストとして登場している。

ゲストポケモン[編集]

ルカリオ
声 - 浪川大輔
本作のゲストポケモン側の主人公。アーロンの弟子でアーロンと共に修行をした。波導の力により、目が見えなくても敵や周囲の障害物を感知することが出来る。争いを鎮めるために戦うものの、自分と運命を共にしないようにしようとしたアーロンにより封印をされ、それによりアーロンは自分達を見捨てたと誤解する。ピカチュウを探すためにサトシ達に協力をする。サトシとは最初は反りがあわず、衝突もしたが彼と行動するうちに打ち解け友情が芽生えていく。終盤にて時間の花のアーロンの幻影を目撃。数百年前にアーロンが自らの命を犠牲にして争いを止めたことを知る。そして自身もはじまりの樹の崩壊を防ぐために波動を全て使い果たし、アーロンの幻影を見たことで彼が最後まで自分の身を案じていてくれたことを知り、涙を流しながらアーロンのいた時代へ消えていった。エンディングではアーロンの肖像画に彼の姿もあり、アーロンと旅をしているシーンがある。
ミュウ
声 - こおろぎさとみ[4]
はじまりの樹に生息する。無邪気でいたずら好きな性格で自身の住処には城から持ち出してきたおもちゃがたくさん置いてある。城のポケモンバトルに勝利したサトシのピカチュウを気に入りエイパムに化けてサトシやハルカのポケモン達と一緒に遊ぶがキッドのマニューラの襲撃を受けてピカチュウとニャースをはじまりの樹に連れ去ってしまう。はじまり樹に来た侵入者(人間)ははじまりの樹に対して毒性があるため、結晶体からプテラカブトプスなど(によく似たポケモン達)によって取り込もうとしている。はじまりの樹とミュウの命は同一しており、ミュウの体力が尽きるとはじまりの樹は崩壊する。様々なポケモンに変身しており劇中ではプロローグではホウオウ、本編ではスバメピチューキモリマネネ、エイパム、ピジョットの順番で変身した。漫画版ではマニューラ、トロピウスに変身した。
レジロックレジアイスレジスチル
声 - 宮下栄治河本邦弘梯篤司
はじまりの樹を守るポケモン。はじまりの樹とミュウの意思に従い行動する。特技はそれぞれ、レジロックは力技と回転による地中からの登場、レジアイスは素早い動きと冷凍攻撃、レジスチルは重い体重と両手から発する電撃。侵入者であるサトシ達を襲撃するが最終的にはミュウ自身がサトシ達を敵ではないと判断したため撤退した。
マネネ
声 - 伊東みやこ
アイリーンのポケモン。ものまねが得意。
ウソハチ
声 - 梶原雄太キングコング
タケシたちの食べ物を盗んでタケシに怒られて嘘泣きをすると言うかわいい一面もある盆栽ポケモン。その後は成り行きでサトシ達に同行。EDではミュウと共にはじまりの樹に残るようになる。なお、漫画版では過去にルカリオとアーロンが出会った経験が描かれていたが、映画版ではそのような経験は描かれていない。
ヘルガー
声 - 坂口候一
冒頭の波動の勇者の童話の戦争に登場したポケモンの一体。ルカリオの目を封じるも、波動が使えるルカリオには通じなかった。なお、ヘルガー以外にもリザードンニドキングイワークなどが登場している。
キノガッサ
OPでピカチュウとバトルし敗れる。
トロピウス
マニューラとバトル。ソーラービームを仕掛けるもシャドーボール一撃で敗れる。漫画版ではミュウが変身し、サトシ達をオルドラン城まで送り届けた。
ムウマ
キュウコンの炎技をしんぴのまもりで防御し、その爆風で砂煙を巻き起こした。
キュウコン
ムウマと対戦。ほのおのうずで攻撃する。
サワムラー
相性では有利なはずなのに、ボスゴドラに破れる。
ボスゴドラ
本来相性不利なサワムラーに勝利。また、冒頭の戦争にも多数登場している。

スタッフ[編集]

原画[編集]

宮田忠明 久高司郎 高橋英樹 二宮常雄 佐藤陵 入好さとる
新岡浩美 小林ゆかり 鵜池一馬 小菅和久 丸山友 田村勝之
沢みなと 増田敏彦 松原京子 星和伸 崎山知明 岡野幸男
増尾昭一 竹田欣弘 
スタジオコクピット
岩根雅明 長縄宏美 案浦達哉 高橋英吉 新城真
スタジオ・ライブ
芦田豊雄 神志那弘志 工藤誉寿治 福士真由美 湯川純 竹内杏子
堺美和 板岡錦 吉田大輔 渡辺敦子
Team IWASA
長岡みどり 武井智子 竹渕正美 中村亜貴子 井坂純子 日野寧子

主題歌[編集]

オープニングテーマ「バトルフロンティア(映画バージョン)」
作詞・作曲 - Rie / 編曲 - 高梨康治 / 歌 - 髙屋亜希那
AGシリーズの映画の中で唯一劇場用OPテーマが使用された。
エンディングテーマ「はじまりのうた
作詞 - PUFFY / 作曲・編曲 - Andy Sturmer / 歌 - PUFFY(Licensed by Ki/oon Records Inc.)
2005年「ポケモンぬりえ&イラストコンテスト」テーマ曲「ポケモンかぞえうた」
作詞 - 戸田昭吾 / 作曲・編曲 - たなかひろかず / 歌 - 金沢明子
テレビシリーズでも6代目EDテーマとして第134話から第148話まで使用された。

その他[編集]

スマトラ島沖地震及び津波被災地に対する支援
ピカチュウプロジェクト(劇場版ポケットモンスター製作委員会)は、日本赤十字社を通じて映画「ミュウと波導の勇者ルカリオ」の収益の一部を、スマトラ島沖地震及び津波によるインド洋沿岸地域の被害に対する復興救援として、526万4964円を寄付することを決定した。

映像ソフト化[編集]

  • 本編のDVDビデオは、2005年12月22日に発売された。
  • 映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 2003-2006」に収録されている。

コミカライズ[編集]

月刊コロコロコミック』に漫画版が掲載された。作画は伊原しげかつ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DVD特典より
  2. ^ レジロック・レジスチル・レジアイスが攻撃してくるが、対立というよりは樹の防衛本能によるところが大きい。
  3. ^ 日高のり子は前年の『裂空の訪問者 デオキシス』においてゲストキャラクターのトオイ役で出演していた。
  4. ^ こおろぎさとみは以前の『無印編』においてカスミトゲピーを演じていた。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]